「ピーク」という言葉は、恐らく皆さんも一度くらいは使ったり、見聞きしたことがあると思います。

比較的、日常会話に溶け込んでいる言葉ですが、さて、本当の正しい意味や使い方はどうでしょうか?正しい意味や使い方を例文や反対語などを使って解説していきましょう。

ピークの意味とは?

「ピーク」の意味は、「物事の最高潮。絶頂。頂点。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AF/より引用

つまり、ある物事の最盛期、最繁盛記、最強期という意味合いになります。

ピークの使い方


では、「ピーク」の使い方をみていきましょう。

実際の使用例で考えたほうが分かりやすいと思います。

1.レストランの混雑のピークは13時頃なのでその時間より早めに行く予定を立てた

この例文の「ピーク」の意味合いは、「最繁忙の時間帯」です。

つまりそのレストランが最も忙しくなる時間帯のことをいっています。

最もお客さんで混雑する時間帯が13時頃ということなので、その時間帯よりも早めに行くということを意味している例文となります。

2.ピーク時を避けたのでゆったりと過ごすことができた

この例文に出てくる「ピーク」は、飲食店の一番、忙しい時間帯を指しているようです。

そんな時間帯を避けて入店したので、ゆったりとした気持ちでそのお店で時間を過ごすことができた、ということを言っています。

飲食店の最も混む時間帯に入ってしまったら、席は相席になったり、ゆっくり食事もできないという事態になりかねませんからね。

3.彼女が経営している店のジェラートの売上のピークは夏だ

こちらの例文の「ピーク」は、ジェラートの売上金額が最も高くなる額と時期のことをいっています。

商品の売上額は季節によって変動します。

年間を通してコンスタントに売れる商品というのは、思った以上に少ないものです。

売上の最も高くなる時期に、売れ筋商品を品切れさせずにお店に投入する。

商売の鉄則ですね。

4.3月には仕事の忙しさがピークに達する

こちらの「ピーク」は、3月の仕事量が1年間を通して最も多い、忙しい、残業が増える、といった事態を表しています。

3月という時期は、多くの企業にとって年度の切り替え時期です。

それに関わって仕事量が大きく増加します。

この状況を「ピーク」という呼び方をしているということになります。

5.朝のピーク時には電車で座ることは不可能に近い


この例文の「ピーク」は、会社への出勤時間のことを表しています。

日本の会社のほとんどが9時始まりだとすれば、どうしてもその1時間くらい前から、電車には通勤客で膨れ上がります。

俗にいう「満員電車」です。

すし詰めのギューギュー状態です。

そんな状態の時に電車の座席に座るなどということは、まさに奇跡のようなものなのです。

これが、朝の電車のピーク時の実態となるのです。

ピークの類義語

それではここからは「ピーク」の類義語を集めて、解説していきましょう。

1.頂上

「頂上」とは、文字通り「一番上」の上体を指します。

山の頂上、という言い方がお馴染みでしょう。

しかし、「頂上」という言葉は、対象を選びません。

人の運気の最高点も「頂上」という表現を使えます。

「頂上」はオールマイティに使える言葉として重宝されます。

まさに「ピーク」と同じ意味合いとなるのです。

2.最盛期

「最盛期」とは、これも文字通り、そのものの最も栄えている時期をいいます。

この「最盛期」も対象となる物事を限定しません。

日常のあらゆる事象にあてはまります。

例えば「江戸時代の最盛期は元禄時代と呼ばれていた」や、「あの人の最盛期は20代の頃だった」といった使い方です。

「ピーク」と全くもって同じ使い方といっていいでしょう。

3.賑わう

「賑わう」とは、「人が集まるなどしてにぎやかになる。豊かになる。繁盛する。」という意味になります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E8%B3%91%E3%82%8F%E3%81%86/より引用

つまり、「繁盛する」という意味合いにおいて「ピーク」と類義語扱いになるということです。

また「繁盛」するためには多くの人が集まってお金を使ってくれる必要があります。

ピーク時になれば人で賑わっている状態はまさに同じ状況といえるでしょう。

4.栄える

「栄える」とは、「勢いが盛んになる。繁栄する。繁盛する。」という意味になります。https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E6%A0%84%E3%81%88%E3%82%8B/より引用

つまり「繁栄」「繁盛」という意味合いです。

これはお店などの「繁盛」と全く同じ意味となります。

ただ、言葉としての使うシーンのイメージは少々、異なってくるでしょうから、その場の状況に応じて使い分けたいところです。

5.活気あふれる

「活気」とは、「生き生きとした気分。生気。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E6%B4%BB%E6%B0%97/より引用

これはつまり、お店などのピークどきは「活気あふれる」状況だといっているわけです。

人が大勢いる状況は明らかに「活気があふれて」います。

よって、「ピーク」と「活気あふれる」は類義語扱いとなるのです。

6.勢いのある

「勢い」とは、「盛んな意気。元気。」「他を圧倒する力。活気。気勢。」となっています。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%8B%A2%E3%81%84/より引用

「盛んな意気」や「活気」という意味からして、「ピーク」と意味上の違いはみられません。

類義語としてみてもらっていいでしょう。

7.本番

「本番」とは、「本格的にその時期になること。その物事の最盛期であること。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E6%9C%AC%E7%95%AA/より引用

例えば「夏本番」という言葉があるように、何かの最も最盛期といった意味で捉えます。

そうなると「ピーク」とほぼ、同じ意味とみなしていいでしょう。

8.本格的な

「本格的」とは、「本調子になるさま。」「本来の格式・方式に従うさま。本式。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E6%9C%AC%E6%A0%BC%E7%9A%84/より引用

「本調子になる」という意味合いが「ピーク」と同じ意味合いとなります。

飲食店のピーク時の忙しさも、お店側の人にとったら「本調子」というわけです。

勢いの最もある状態を表しているということになるでしょう。

9.シーズン

「シーズン」とは日本語いうところの「四季」であり、特定のある期間のことになります。

例えば、夏のシーズンは7月から9月頭ぐらいまで。

お店の忙しい時間帯(ピーク時)のシーズンは、だいたいで12時から13時頃、という表現の仕方です。

大局的にみたら同じ意味にとれますが、狭い範囲で限定すると、ニュアンスが微妙に違うかも分かりません。

その場の状況に応じて使い分けましょう。

10.黄金時代

「黄金時代」とは、「あるものの歴史の中で、それが最も繁栄した時期・時代。最盛期。」となります。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E9%BB%84%E9%87%91%E6%99%82%E4%BB%A3/より引用

「黄金時代」という表現の仕方は、最も繁栄した時期を言い表していますから「ピーク」とほぼ同意味で捉えられるでしょう。

よって「ピーク」と「黄金時代」は類義語として理解してください。

ピークの反対語

それではここからは「ピーク」の反対の意味をなす言葉を紹介していきましょう。

1.普段通り

「普段通り」とは、いつもと同じ状態で特に変化もなく、良くも悪くもない状態。ということになります。

このような状態は「ピーク」と呼ばれる繁忙時期がありません。

ただ、安定していますから商売をやられている方にとっては、ありがたい状態ともいえるでしょう。

いずれにしても何かの最高点はない、ということになります。

2.底

「底」とは書いての通り、物事の一番最低限の状態です。

「景気の底」「財布が底をついた」などという表現も聞いたことがあるのではないでしょうか。

「底」の状態はまぎれもなく「ピーク」はありません。

ただ、「底」があるから「ピーク」も起こるわけで、両者は陰と陽の関係ともいえるでしょう。

3.落ち着く

「落ち着く」はまさしく「ピーク」のあとにやってくる状態です。

つまり大忙しだった状態から「普段通り」の状態になったことを意味しています。

ただ、落ち着いているからこそ次の作戦を練ったり、休養をとって英気を養ったりもできるのです。

「落ち着く」という行為は人間にとったら非常に重要なタイミングなのです。

4.衰退

「衰退」はそれまでの忙しさが落ち着いてきた、といったレベルではありません。

それどころか「ピーク」の状態になることすら定かではない危険な状態といえるでしょう。

つまり、それまでの勢いや元気さがなくなってきた状態ということです。

早く、衰退の症状を脱出して「ピーク」を迎えられるよう、手を打ちたいところです。

5.衰亡

「衰亡」は「衰退」のあとに訪れる末期的症状です。

もはや、どういった処置を行っても復活できない状態といえるでしょう。

かつて栄えたローマ帝国も衰退の果てに衰亡して滅亡しました。

まさに「ピーク」の正反対の意味をもつ言葉といえるでしょう。

6.寂れる

「寂れる」とは、今までの栄華繁栄から一変して、衰退への道をたどってしまった状態です。

活気があった頃は、街の雰囲気は人があふれて賑やかなのですが、一旦寂れてしまうと、人影もまばら。

街の清掃も行き届かなくなり殺風景さと侘しさがだけが残る風情になるのです。

7.廃れる

「廃れる」とは、かつての繁栄が終焉を迎え、今では見るに忍びない落ち目な状況を晒していることをいいます。

街は荒れ放題。

人々は飢えて街を放棄して国外へ逃亡します。

まさしく「ピーク」が過ぎ去った後にやってくるなれの果て、といった風情でしょう。

8.活力を失う

「活力を失う」とは、人が活動するためのエネルギー源である「ヤル気」、それを失ってしまい行動を起こすことができなくなる状態をいいます。

まさに「ピーク」の時の人々の活力源と正反対の様相をいいます。

人は忙しくなればなるほど、何かの不思議な力によって身体が自然と動くようになっています。

その不思議な力とは「向上心」「奉仕」「サービス精神」「勤勉性」などが挙げられるでしょう。

つまり、自分のためでなく他者のために動く。

それによって「ありがとう」などの言葉をもらうことによって、更に自身の心に火をつけて何かのために貢献したくなる。

この気持ちがあってこその「活力」なのです。

活力を失う状況は、まさしく「ピーク」の正反対といえるでしょう。

9.活気がなくなる

「活気がなくなる」と「活力がなくなる」は、ほぼ等しい状態といえるでしょう。

どちらが先にやってくるのかは、その時の状況によるでしょうが、いずれにしても「ピーク」時のような活気にあふれた生き生きとした状態の正反対であることは容易に想像がつきます。

10.低調

「低調」とはまさしく「ピーク」時の反対の状態です。

忙しさはなく、暇があたりを充満している状態です。

このような環境下に長く身を置くと、ためにならないことだらけです。

人間はピーク時のような忙しさを定期的に経験しないと、頭の回転もどんどん衰退してしまうかもわかりませんよ。

ピークを正しく使おう

今回は「ピーク」という言葉についてみてまいりました。

「ピーク」という言葉は今や、日常生活の中に密接に絡み合っています。

また類義語の類も非常に多い言葉です。

それぞれの意味を正しく理解して、自身のコミュニケーションに生かしていきましょう。