「請け負う」という言葉について紹介していきましょう。

言葉の意味や使い方を例文を用いて解説していきます。

また、言い換え方も紹介していきますね。

「請け負う」の意味や使い方を学ぼう!

「請け負う」の意味や使い方について学んでいきましょう。

「請け負う」の読み方

まず「請け負う」の読み方ですが「うけおう」と読みます。

特に難しい読み方ではないと思います。

「請け負う」の意味

「請け負う」の意味について解説していきます。

2つの単語がくっついた言葉

「請け負う」という言葉は、2つの単語から構成されています。

それではそれぞれについて、詳しく解説していきましょう。

「請け」の意味

「請け」の意味は、相手からの働きかけを承諾して、受けることを意味します。

つまり、自分自身が納得して、相手からの要望や頼みごとを引き受ける、という解釈になります。

「負う」の意味

「負う」とは、自らの意思によって受ける、引き受ける、かぶる、といった意味になります。

背中に負うという言い方も、自らの身に受ける、という解釈になります。

「負う」には自分以外のものの意思に関係ない様子が伺えます。

「請け負う」の意味

つまり「請け負う」は、自らの判断と意思によって、その身に引き受ける、あるいは最後まで責任を持ってやり通す、といった意味合いになってくるでしょう。

「請け負う」という状況は、納得して受け入れるという形になります。

安易に安請け合いで引き受けた内容とは大きく異なるということになります。

仕事を引き受けること


「請け負う」という言葉を説明する上において、分かりやすいのが「仕事」を引き受ける状況で使われることが多い、という事でしょう。

仕事というものは、本人が納得した上で受け入れて行われるものです。

だから、そこには責任というものが発生してくるのです。

依頼主は賃金や報酬の支払いの義務が生じますし、受け入れ側は、納期を守り、且つ依頼主の注文内容にそった仕事を完遂させる義務が生じるのです。

請け負うという言葉には、これだけの重みがある、ということを理解しておきましょう。

義務を負うこと

「請け負う」には、義務を負う、という解釈も当然ながら起こります。

先ほどの例で説明しました通り、納得した(請け)うえで受け入れる(負う)のですから、当然、そこには義務が発生するわけです。

請け負うという概念は、一種の契約関係にある、と思ってもらってもいいでしょう。

役目を担当すること

「請け負う」という意味には、役目を担当するという解釈も存在します。

義務というものが発生するのですから、何らかの役割や役目を担当することは、その請け負った仕事を完遂させるために必要になることなのです。

義務感を持って役目の担当もできない様では、仕事を請け負う、ということは遠く及ばないことになるでしょう。

「請け負う」とは、完成・完遂を目的として賃金・報酬を受け取り、期日までに納品するという形の上で成り立つのですからね。

「請け負う」の使い方

それではここからは「請け負う」の使い方についてみていくことにしましょう。

文章では動詞として使用する

「請け負う」の使い方を紹介していく前に、一つ約束ごとです。

「請け負う」は動詞として文章内で使うようにする、ということです。

「請け負う」とは、契約関係がベースになっています。

相手があってこちらが存在しています。

そして義務事項を達成していかなければなりません。

これらの流れは明らかに動いています。

じっと静観して止まっていては「請け負う」という概念が成立しなくなってしまうからなのです。

「請け負う」を使うシーン

それでは「請け負う」を実際に使うシーンについてみていきます。

仕事に対して

「請け負う」という言葉を最も多く使うシーンは「仕事に対して」ということになるでしょう。

実際、世の中において仕事を請け負うというシーンは日常茶飯事として登場してきます。

そもそも「請け負う」には「契約」という概念があります。

依頼者と引受人があって、契約書を交わして仕事が成立する。

その一連の流れを「仕事を請け負う」という意味で捉えているということです。

「請け負う」という言葉の説明に困った時は、迷わず仕事を引き合いに出して説明するのがいいでしょう。

金銭に対して


金銭も「請け負う」という概念が発生する要因となります。

「金銭」にも「仕事」から派生したものという意味があるからでしょう。

「今回の仕事を〇〇円で請け負った」といった言い方が一般的です。

金銭授与が起こる、ということは何らかの権利関係が発生するということです。

権利が発生すればそこには当然、義務も発生します。

それらのものを受け入れるという意味合いで「請け負い」という概念が生まれるわけです。

役職に対して

役職というものにも「仕事」や「金銭」の関係があって成り立っています。

だから、この「役職」を受け入れる際に「請け負う」という言葉が成り立ってくるのです。

そもそも「役職」というものは、ある一定の報酬に対して付与された権限や責任の遂行義務が付随して発生してきます。

だから「請け負う」という概念がここでも生まれるのです。

仮にその役職就任に対して、報酬がゼロだったら責任もゼロということになります。

そういったものならば「請け負う」という表現にはならないでしょう。

単に「受け入れた」程度で済む話になるからです。

期限や報酬が決められている

「請け負う」という言葉には、期限や報酬というものが決められています。

それは「請け負う」「契約」という概念の元にある言葉だからです。

「請け負う」の例文

それではここからは「請け負う」を使った例文を紹介していきます。

我が社の今後を決める大事な仕事を請け負うことになった

この例文では、ある会社が仕事を受けたことを表しています。

そして、この仕事は相手先から正規ルートにそった責任ある仕事です。

おまけにその会社の今後を左右するほどの大事な仕事でもあるようです。

このように「請け負う」という意味には、仕事を請け負うという表現に代表されるように契約関係が発生してきます。

だから、「請け」て「負う」という重さを提供するわけなのです。

単に口約束だけで受けるような簡単なものとは違うということですね。

我が社は有名なマンションの新築工事を請け負う予定だ

この例文に登場してきます「請け負う」も、しっかりと契約関係が存在しています。

つまり、完成報酬として金銭を受ける代わりに、相手が望むようなマンションを、完成させてお渡しする、ということになります。

よって、どちらにも義務と権利が発生しているということをしっかり押さえておきましょう。

マルチタスクが得意な彼女はあらゆる任務を請け負っている

マルチタスクという意味は、全ての業務、複数の業務という意味になります。

例えば経理の仕事。総務の仕事。営業の仕事といった具合です。

会社というところは、役割分担を行って業務を効率的に遂行するものです。

しかし、組織内の人材不足が起こると各部門に相応しい人材がいなくなる可能性もあります。

そこでどんな分野の業務でもこなせる能力の高い彼女に白羽の矢が立ったのです。

彼女は会社から正式な辞令を受けてマルチタスク業務に取り組む決意をしました。

つまり、自分だけの判断でそのような仕事を行うというわけではないということです。

会社と彼女との合意があったから、「請け負う」という表現になったのですね。

今回の幹事は彼が請け負っているから期待できそうだ

この例文に出てくる「幹事」は、会社の飲み会を任されて行動する程度の内容ではないのでしょう。

つまり、会社の仕事の一環としての催しやイベントを取り仕切る立場の「幹事」を仰せつかったのでしょう。

だから「請け負う」という表現になったようです。

このように「請け負う」は、「個」と「個」の関係程度ではないということです。

組織や事業所などとの関係において約束を取り交わして動いている、という事だと理解しましょう。

今回の企画は田中さんに請け負ってもらいたいと思う

企画を「請け負う」という事ですから、その企画は会社としての公務、つまり仕事なのです。

仕事である以上、その企画は重要な案件となっているはずです。

雇用主と従業員の雇用契約がありますから、田中さんはその企画を請け負う義務が発生するのです。

しかし、その企画を無事に成功させれば賞与などで評価の対象となるでしょう。

このように、義務と権利の関係性を包括したものが「請け負う」ということの実態になるのです。

「請け負う」の言い換え方7個

それでは「請け負う」という言葉を言い換えた言葉について紹介していきましょう。

任される

「任される」とは、仕事などを自分自身に委ねられる行為をいいます。

よって、そこには責任と信用というものが根底にないと成立しなくなります。

さらに、仕事を任されるのですから雇用関係と同等の契約が必要になります。

見ず知らずの人に大事な案件をやらせるわけにはいかないという事を考えれば、理解しやすいのではないでしょうか。

任じられる

「任じられる」とは、会社などから仕事や勤めなど、責任を負ったり、任務などを受け入れる行為をいいます。

よって、「任じられる」は「請け負う」という表現と同じだということになります。

一般的に、個人同士ならば何かを頼むときは、あとでご飯をご馳走したり、または今度は自分が反対にその人の頼みを聞くなど、貸し借り関係のようなもので済む場合が多いです。

ところが「任す」「任じられる」という言葉を使うものというのは、対組織が相手です。

そこには口約束だけの軽い関係は存在しません。

契約というものを取り交わして、双方が義務と権利を共有しなければならないのです。

よって、組織から一旦、任じられてしまったらそう簡単にはいかない重責を負う、という覚悟をする必要があるのです。

引き受ける

引き受けるとは、第三者からの依頼や頼みごと受けることを意味します。

ただ、事と内容によっては安易に引き受ける行動を取ってしまうととんでもない結果が返ってくるともあります。

すなわち、言葉の表現としたら「請け負う」よりも簡単な印象を受けてしまうのですが、「引き受ける」も立派に契約関係が成り立つ表現といえるからです。

よって、事の真相を詳しく聞きもせずに安易に引き受けてしまうと、あとでとんでもない責任が却ってくる、という事態になりかねないということになります。

担当する

担当するとは、複数以上の人たちによって運営される催しや仕事などの一部を受け入れて行動する、ということになります。

そこには当然ながら「請け負う」と同等の責任が発生することになります。

よって、依頼を受けたならば安易に引き受けるのではなく、じっくりと中身を吟味してから決断することです。

安請け合いで引き受けてしまって、あとになってから自分には無理だから担当を降ろさせてほしい、などという理屈は通らなくなります。

人間が一旦、引き受けて担当まで与えられてしまったら、責任を果たすのが使命になりますからね。

負担する

負担するという意味は、自らの金銭や能力を提供してその事業や仕事に参加するということになります。

金銭負担だけならば、その事業に参加する必要はないかも分かりません。

しかし、自身の能力を何らかの形で参画させるのであれば、それは「請け負い」と同じような意味合いになってきます。

つまり、結果が求められるということです。

負担する内容がどのようなものなのか。

しっかり事前に聞いておく必要がありますね。

受託する

受託とは、第三者から何かを頼まれて、それを引き受けることになります。

つまりものをもらう、といった行為にはあたらず、そこには自身の判断という意思が関わってくるのです。

そういった意味では「請け負う」とほぼ同一の意味と捉えられます。

ただ、受託には金品を受け取るといった意味合いのほうがあるかも分かりません。

よくニュースなどで政治家や公務員の賄賂受託といったことを耳にするからでしょう。

本来の言葉の意味からいえば、受託は「請け負う」の言い換えにできる言葉なのです。

ただ、相手方の解釈が不明な場合もあり得るでしょう。

状況をみて使うかどうか判断しましょう。

受任する

受任するとは、任務や任命などを受けること、という意味になります。

任務や任命を受け入れれば、そこには当然契約関係が発生してきます。

つまり「義務」と「権利」が存在するようになるということです。

言葉の言い換えをしたところで、一旦引き受けた事柄は、あとに引けないものです。

内容が果たして自分の能力内でできることなのかどうかを正しく判断してくださいね。

「請け負う」を正しく使いこなそう!

今回は「請け負う」という言葉について説明してまいりました。

「請け負う」は仕事に関した事柄で使われることが多い言葉です。

「工事を請け負う」「ビル建設を請け負う」などといった使い方です。

一旦、請け負ってしまえば、そこには契約にまつわる細かいルールや順守事項が付随してきます。

それらを納期までにやり遂げるのが請け負い契約の要になってきます。

多くの仕事上の請負にはお金が絡んできます。

あとでトラブルにならないように、責任を持って請け負うことを決定しましょう。