CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

真心のある人の15個の特徴。真心をもって人に接するための心得15個


真心がある人に憧れる人も多いでしょう。

真心がある人とはどのような人だと思いますか?

今回は真心がある人について見ていきましょう。

この記事の目次

真心のある人とは

真心のある人と言うとどのような人を思い浮かべますか?

真心のある人は非常に真摯で人間的に魅力的に映る方が多いのではないのでしょうか。

したがって、真心のある人間を目指していきたいものですし、真心のある人間に憧れますよね。

良い行いや良いことを心からやっているのは非常に良いですよね。

では、真心のある人について解説していきます。

真心のある人の15個の特徴

真心のある人の特徴は15個あります。

もちろんそれ以外にも色々と特徴はあるでしょうけれど、絞り込むとそれぐらいの項目になってくるでしょう。

では真心のある人の特徴を15個解説していきます。

1.信頼されている


信頼は日々の積み重ねです。

真心のある人は心から良い行いをしようとしているところがあり、信頼されています。

したがって、日々の行いが良く信頼を勝ち取ることができていると言う特徴があります。

そしてその信頼に応えるように日々努力をしている点からも、さらに信用される良い循環があります。

したがって、非常に人望がある人も多いです。

仕事上の関係であれば、出世をしていることもあるでしょう。

プライベートにおいても何かしらのグループで中心的な存在になっていることもあります。

2.真面目

基本的に真面目な人が多いのは、真心がある人の特徴です。

真面目ゆえに頼まれた事はきちんとこなしたりもしますし、時間に遅れると言うこともそんなにありません。

このように真面目だからこそ人からの信頼を勝ち得ていくと言うところもあります。

友達関係などは、一緒にいて楽しい人のほうが魅力的です。

ただその一方で楽しいだけではどうにもならないこともあります。

辛い時や苦しい時に、真面目にきちんと物事を行うことができる人の方が信頼を勝ち得ることができる一面があるでしょう。

だからこそ、真面目と言うことも真心のある人の特徴の1つと言っても良いのではないのでしょうか。

3.聞き上手


話を聞くのが上手な人は、人が集まる傾向にあります。

例えば、良かれと思って色々とアドバイスをする人もいます。

ただその一方で、ただ話を聞いて欲しいだけでアドバイスを求めていないと言うこともよくあります。

ただ聞いて欲しいと言う気持ちがあったにもかかわらず、色々とアドバイスをされることによって逆に気分を害してしまったと言うこともあるのではないのでしょうか。

確かに良い人ではあるけれど、話し上手な人かというと決してそうでもありません。

聞き上手な人は、人の心に寄り添うようにうまく話を聞くことができるのです。

その上でうまく相槌をうったりして人の心をつかむところがあります。

話を聞くときにアドバイスが欲しいのか、ただ話を聞いて欲しいのかを瞬時に分けることができると非常にすんなりといくところがあります。

しかし、もしどうしてもそのような区別が難しいと言うことであれば、初めにどのように話を聞いて欲しいのかを聞いてみても良いでしょう。

4.自分の役割を把握している

自分がどのような役割なのかを把握してうまく立ち回ることができるのも、真心のある人の特徴です。

例えばグループの中でも癒しを感じるような人になるのか、決断力があってリーダーシップを取れるような人になるのかと言うような感じで、どのグループにおいてもそこそこに役割分担があります。

プライベートの集まりでもそのようなものがありますので、会社などの企業になるともっと役割は出てきます。

例えば新入社員の方であれば、色々と雑用をこなしたりする必要も出てきます。

しかしその一方で、中には「こんな仕事やっていられない」と言うようなことを言う人もいます。

真心のある人であれば、このような役割の人も必要だと熟知しているタイプの人もいるでしょう。

仮にそうであれば、例え雑用であってもそこそこに一生懸命こなすところがあります。

このように、うまく役割をこなすことができることから、真心のある人は評価をされやすい一面があります。

5.決断力がある

真心のある人は決断力のある人が多いです。

したがって、自分がこうだと決めたことに対しては、うまく突き進むことができる人が多いです。

従って必然的に決断力のある人になりやすい一面があります。

例えば、堀北真希さんは結婚してから引退をし、専業主婦に専念しています。

あんなに売れていたのに、いきなり辞めると言うのは非常に勇気がいったのではないのでしょうか。

本人がおっしゃってたことではないので定かではありませんが、芸能界でこれくらい稼いだらもう引退しようと決めていたのではないかと言うような憶測が出ています。

それほどに思い切った引退だったと言っても良いでしょう。

彼女は芸能界をやめて普通に暮らしていくことをあっさりと決断しています。

仕事も非常に良いけれど、家庭に専念すると言うことによって、家族にその真心を向けているのではないのでしょうか。

このように思い切った決断ができるもの真心のある人の特徴です。

6.相手に共感する

確かに、理想に向かって突き進むのは非常に素晴らしいことです。

ただ人間はやはり一辺倒にはいかないもので、ときにはつまずいてしまうこともあるでしょう。

そんな時に、共感ができるというのが真心のある人です。

そこで「何をやっているんだ!しっかりしろ!」と言う人は、基本的に人の心に寄り添うことができていません。

真心のある人はその人の辛い状況に共感してあげることができる点で、人間的に非常に魅力のある人が多いです。

7.見えないところでも努力している

見えないところでの努力ができるのも真心のある人の特徴です。

確かに努力をすることは素晴らしいですが、中にはその努力をパフォーマンスのようにしている人もいます。

中には努力をすること自体が目的になってしまっていて、何かを達成するということが二の次になりやすい方もいます。

最近はSNSなども発達していますので、努力している様子をアップすることによって見てもらうこともできます。

したがって、SNSはその努力を見てもらいたい人には非常にふさわしいツールであると言えるでしょう。

しかし、見えるところでないと努力ができないと言う事は、見えなくなると途端に努力をするのが難しくなります。

しかし真心のある人であれば、その本来の目的をしっかりと持っているので、見えないところでも努力することができます。

8.相手の立場に立って行動できる

真心があると相手の立場に立って行動することができる人も多いです。

したがって、本当に思いやりのある行動をとることができるところもあり、人間的に魅力的な一面があります。

例えばプレゼントをする事は、その人への気持ちを表すところもありますよね。

ただプレゼントをすることもいきすぎると、このプレゼントと言う形にあるものでしか気持ちを表せないような状態になってしまうのです。

そしてそのプレゼントを貰う時も、皆が本当に喜んでいるかというと意外とそうでもないところがあります。

さりげなくプレゼントは欲しくないと言うことを言っているにもかかわらず、贈られてくるプレゼントにむしろ怒りを感じているとか、どうしようと言う悩みを抱いている人もいます。

家の中でフェイクものに対してどうしたら良いのかというのがわからなくなっていると言う人もまたいるのです。

プレゼントする側も、される側の方がきちんと使っているかどうかということに関しても確認をするようなタイプの人もいる点からも、悩んでいる人が本当に多いです。

このように、本当にその人が物の管理に苦労していることがわかれば、プレゼントを食べ物にしてあげると言うような配慮ができます。

食べ物に関しては食べてしまえばもうありませんので、管理が難しい人に対してそのようにプレゼントを工夫する感じで思いやれる人の方が真心があると言っても良いでしょう。

9.約束を守る

真心のある人は約束は基本的に守ります。

時間の約束はもちろんですが、誕生日に〇〇を買うというような約束をすれば、必ず誕生日にプレゼントを購入するようにします。

やはり、約束しているのであれば、その約束を果たされるべきものとして計画が立てられているところもあるでしょう。

例えばお店などに行ってとある商品を取り寄せた場合、その日に入ってこないと困る事はよくありますよね。

このように約束というのは非常に重要です。

10.思いやる心がある

また思いやる心があるのも真心のある人の特徴です。

この思いやる心も大変難しいところがあり、良かれとして思ってやったことが結果的に良くなかったこともあるかもしれません。

ただ、優しさがパフォーマンスなどではなく、本当に思いやりのある心があるのはやはり人間としては非常に重要なのではないでしょうか。

11.誰にでも平等に接する

真心のある人は基本的に誰にでも平等に接するところがあります。

例えば上司と部下の前では態度が大きく違うとか、発言が大きく違う場合だと信頼されないところがあります。

強い人に媚びて、弱い人に威嚇すると言うような人はやはり人間としては魅力的に見えないところがあるでしょう。

真心のある人は、誰に対しても同じところがあります。

発言も立場によって変えると言うこともなく、信頼される一面があります。

社会人として働いていくにはもちろんですが、プライベートにおいても非常に信頼されやすい人です。

真心のある人はある意味、芯のある人と言っても良いのではないでしょうか。

12.人間関係が広い

どの人に対しても真心を持って接するところから、人間関係が非常に広い傾向があります。

会社の友人はもちろんですが、趣味でつながった友達や学生時代の友達など、いろいろな友達がいて人間関係が広いことが特徴です。

皆さんのお友達や同級生の中には、同級生等の話題などに非常に詳しい人はいませんか?

そのような人は人間関係が広く、幅広く情報収集などをしているところもあるのでしょう。

13.物を長く大切にする

最近は断捨離と言うような言葉がよく聞かれるようになり、いろいろなものを処分してすっきりと暮らすのが良いと言うような流れになってきています。

確かにいろいろなものを処分してすっきりとすることが大切です。

ただその一方で、短いスパンで物を循環させるのではなく、物を大切に長く使うということができるのは真心のある人の特徴です。

どのような好きものが好きなのかと言う事で好みがぶれる事はありませんし、物を上手に大切に使うことができる人が多いことも真心のある人の特徴です。

好きなものが変わらないので「やっぱり気に入らない」と言うことで処分することもなく、扱いも丁寧ということで必然的に物が長く扱えるようになるのです。

14.相手のいいところを見つけられる

つい心に余裕がないと欠点をあげつらうようなことになってしまうこともあるでしょう。

しかし、真心のある人は基本的に相手の良いところを見つけられるという特徴があります。

だからこそいろいろな人間関係をよく見るところがあります。

また人の良い所に注目をしてきちんと接することができる人は、いろいろな人に人気です。

学生時代においてもそのようなタイプの人は、基本的に人の輪ができていましたね。

このような人は社会人になっても人間関係をうまく形成することができます。

中には「八方美人だ」とか、「いい子ぶってる」と言うような人もいるかもしれませんが、そのような人はどちらかと言うと人間関係がうまくいっていないような人が多いです。

したがって、もし何かあったとしても、真心のある人の方が悪いと言うよりかは、ひねくれた見方をされて嫌われているだけだから、悪い人ではないと理解してもらえることができます。

15.心に余裕があり、落ち着いている

真心のある人は基本的に心に余裕があります。

現代は特に心の余裕がなくなりがちです。

SNSもあることから人の生活を見ることが出来るようになってきました。

いろいろな人の生活を見ることが簡単にできるようになってきたため、この人に比べて自分はダメなのではないかと落ち込んでしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、このような比較をすると幸せにはなれません。

自分がどうなりたいからどうしたいかという方が1番重要なのです。

だからこそ自分の心を持ち、ぶれないことが大切なのです。

真心のある人はそれを自然とできているので落ち着いています。

SNSをしてても心に平静を保てる人もいるかもしれませんが、そもそもSNSをしていないかもしれません。

その一方で自分を知り、このような情報を知ると心がざわざわするかもしれないと言うことを知って遠ざけることも賢い知恵の1つです。

真心のある人はそのようなことも自然にできます。

真心をもって人に接する15個の心得

真心を持って接する人にはどのような心得があるのでしょうか。

この心を持っていることによって、真心のある人に近づいていくところがあります。

人にはそれぞれキャラクターがありますので、そうなれないことを責める必要はありません。

ただそれに近づく努力をすることによって、真心のある人に近づいていくことができます。

では真心を持って人と接する心得について解説していきます。

1.嘘をつかない

嘘をつかないということは基本中の基本です。

といっても一口に言っても色々とありますので、ある程度どのような嘘が良くないのかと言うことを分けることが大切です。

例えば入院される方のお見舞いにいかれた時に、具合が悪そうと思ったとしても、具合が悪そうに見えた点について具体的に言うのはよくありません。

そのような時は「元気そうだね。」と言ってあげたりすることもあります。

それは具合が悪そうと言うと、言われた側が不安になってしまうからです。

だからこそ、何でもかんでも正直に言えば良いと言うわけではありません、

自分が責められないために嘘をつくとか、人を陥れるための嘘はよくないのです。

やはりそのような人は真心があるとは言えません。

2.何事にも真剣に取り組む

何事も真剣に取り組むことができるのは真心のある人です。

たとえ雑用であっても一生懸命にこなすと言うところがあります。

特に新人期は、この雑用というのが多いこともあります。

そこで「こんな仕事やっていられない」と投げ出してしまうのか、真心を込めてやっていくのかでも違いがあります。

何事にも真剣に取り組むことができるのは非常に大きなメリットです。

意外とそのような雑用から色々とチャンスが出てくると言うところもあると言われています。

昔、ショムニと言うドラマが流行りました。

いわゆる追い出部屋のような感じのところなのですが、お茶くみや気分によってやって、やりたくないことはやらないと言うようなスタンスのOLたちが主役でした。

当時、非常に人気がありました。

特に、お茶くみなどは女性の仕事と思われていることに女性が不快感を感じている人が多かったところに、お茶くみのことがクローズアップされていたために、そのようなドラマセンセーショナルな感じで取り上げられたのです。

ただ、とある書物によるとこのお茶くみと言うのは決して悪いものではなかったと言う女性の意見もありました。

例えば新人の時は、人の顔覚えるためにお茶くみがあったので助かったと言うところもありました。

そして、偉い方と接する機会があるのもお茶くみだったと言うようなことも言われています。

そのようにお茶くみという仕事を侮ることなくこなすことで大きなメリットを見出していることもあるのです。

それはお茶くみのみならず、いろいろな場面であります。

仕事自体はなんともないと思っていても見ている人がいると言うことで、良い印象持ってもらえることがあります。

例えば、トイレの掃除などを見てもらうという目的でやってなかったとしても、このように嫌な仕事を率先して受けてくれている人と言う印象を受けていることもあります。

3.相手の目を見て話を聞く

相手の目を見て話を聞くということも、人の話を聞こうとしている姿に好印象を抱く人もいます。

真心のある人はそのように真面目にきちんと話を聞くことが大きなメリットです。

その一方でじっと見つめられることが苦手な人がいるので、時折目を合わせ鼻あたりを見ると、人を不快にさせることなく話を聞くことができると言われています。

確かに目を見て話を聞くことも非常に重要ですが、利用しすぎないように気をつけましょう。

なぜじっと見られるのが苦手な人がいるのかというと、中にはそのようなじっと見られることを威嚇と感じる人もいますし、怖いとか怒りを感じる人もいるのです。

4.相手に共感するよう心がける

確かにちょっと一言言いたいと思ってしまうこともあるでしょうけれど、まずは相手に共感することを心がけるようにしましょう。

たとえ何か違う意見があったとしても、この共感と言うステップがあるだけで人はずっと話を聞きやすくなるのです。

何か言ったときに「でも」などと言われると少し腹が立つと言う事はありませんか。

言ったことに関してすぐに反論が出ると言うことに怒りを感じる人がいます。

そんな時に、「そうですね」「確かにその意見も一理あるのですが」と言うような感じでワンクッション置くことによって、ひとまずは気持ちを聞いてもらえたと思うことからだんだんと納得してもらえたりするところがあるのです。

5.約束を破らない

基本的に約束を破る事はなく、きちんと約束を遂行しようとします。

ただその一方で、やはりどうしても交通事情によって遅刻をしてしまったりと致し方ない事情があるでしょう。

そのような時は心からの謝罪をし、もしその約束がダメになってしまった場合の埋め合わせなどもきちんとできるのが真心のある人の特徴です。

したがって、なるべく約束をきちんと守ろうとするということも非常に大切です。

守ってもらえる人の方が信頼できますし、仕事を任せる上でも非常に信頼することができますよね。

そしてプライベートにおいても、この人に頼み事をしても大丈夫と言う絶対の信頼を得ることができます。

6.努力を欠かさない

基本的にこのような人は努力を欠かさないところがあります。

だからこそ、いろいろなことをやり遂げることができるというところがあります。

何かを頼むときにも、この人に頼んでおけば絶対に大丈夫と言う特徴があるのは、努力を欠かさないところがあるからです。

きちんとやろうとすることを遂行できるとか、努力をしている様子があるところに人は安心を覚えるのです。

7.思いやりの心を忘れない

また、思いやりの心を忘れないことも非常に大切です。

つい余裕がない時は自分のことばかりになりやすいところもあります。

例えば貧すれば鈍すると言う言葉がありますよね。

貧しいことで経済的な余裕がなくなることによって、思考の余裕もなくなってくるところがあるのです。

そうすると、目先のことしか考えられなくなり、長期的にはこうした方が良いと言うことがだんだんとわからなくなると言われています。

例えば交際費を捻出することができず、友達との関係を断ってしまうようなことも言われています。

しかし、やはり人間同士の助け合いは何事にも変えがたいところがあります。

平時のときは気がつかないかもしれませんが、災害が起きるとこのようなことを実感します。

結果的には人と人とのつながりがあり、助け合いが全てと言うところがあります。

だからこそ、めぐりめぐって人との付き合いが非常に重要なのです。

ある人はこのように精神的な余裕がある人も多く、人に思いやりの心を持ちいざと言う時に助け合えるような素晴らしい人脈を築くことができるのです。

8.誰にでも平等に接する

平等に接することから非常に人脈があります。

こちらは心がけによっては実行することが難しくありません。

自分がこうであるべきと言うように決めたとしたら、誰に対しても同じように接するようにしましょう。

上司に対しての発言と部下に対しての発言が違うと言うふうになると、信頼をなくしてしまうことがありますので、自分がこうだと言う事はどのような人であっても貫くことが非常に大切です。

9.相手のいいところを探す

基本的に人の欠点ばかりが見えてしまうのは繊細な人が多いです。

だからこそ、傷つきやすく、人の良くないところが見えてしまうところもあります。

ただそのようにしては自分が生きにくいばかりです。

だからこそなるべく人の良いところを探して、楽に暮らすようにしましょう。

10.見えないところでもルールを守る

例えば、赤信号だけどみんなが見ていないとか車も全く通っていない時についつい渡ってしまう事はありませんか?

このように見えないところであってもルールをきちんと守ることができるのはやはり真心のある人の特徴と言っても良いでしょう。

ちなみにですが、日本人は見えないところであっても信号をきちんと守る人が多いです。

このようにしてみると日本人は真心のある人が多いのかもしれませんね。

11.決断力を身につける

決断力を身に付けると言うのはそう簡単にはいかないでしょう。

自分で決めていても「本当にこれで良かったのだろうか?」と迷ってしまうこともありますよね。

ただ人生は決断の連続です。

例えば今日のお昼ご飯はうどんにするかそばにするかと言う事だって、決断の1つです。

このように決断一つ一つをきちんとこれで良かったのだと納得し、決めた自分を褒めてあげることによってだんだんと決断力がついてくるところもあるでしょう。

12.常に感謝の気持ちを持つ

常に感謝の気持ちを持ち、現状の良いところを見つけ出せる人こそが幸せを見出せ、真心が育っているところもあります。

やはり人生はそのように良いところや恵まれているところをピックアップして生きていったほうが楽しいですよね。

13.物を大事にする

物の扱いに関してはあまり良くないかもと思っているところがあるのであれば、物を大切にするように意識しましょう。

買ったけれどすぐに気に入らなくなってしまうというのは、自分の真心と向き合えていないのかもしれません。

ただ流行だからと言うだけではなく、本当は自分がどんなものが好きなのかと言うことも分析することによって大切に使うことができます。

14.自分の立場を理解する

またグループに属したときに、どのような立場なのかという事はしっかりと把握しておくようにしましょう。

例えば仕事先で新人として働くのであれば新人らしい振る舞いをするということが大切です。

どんなところにも、この新人らしい態度が取れないことによってせっかく仕事ができるのに人望がない人がもいます。

プライベートではそこまで顕著じゃないにせよ、やはり立場を理解しうまく立ち回ることができる人の方がうまくグループ内でも行っていることが多いです。

15.自分の心に余裕を持つ

また自分の心に余裕を持つことが大切です。

例えば家計的に苦しくて余裕がない時であれば、家賃やスマホ代などの固定費を減らすことによって経済的な余裕を持つようにしましょう。

仕事がどうしても辛いのであれば転職を視野に入れることも考えてもいいかもしれませんし、大企業であれば人事異動を考えてもいいかもしれません。

このように自分に無理のない状態を作り出すことによって、経済的な余裕は心身ともに余裕を取り戻すことも大切です。

なかなかそれが難しい場合でも、極力心に余裕を持つように心がけるだけでもだいぶ違うのではないのでしょうか。

真心を持てる人を目指そう

真心がある人はやはり良いですよね。

真心を持てる人を目指し、良い人間関係を築き、良い生活をしていきましょう。

ページトップ