CoCoSiA(ココシア)

「完膚なきまで」とはどういう意味?使い方や例文、注意点を解説します


この記事では「完膚なきまで」という言葉について解説してまいります。

「完膚なきまで」とはどういう意味なのか。

使い方や例文を紹介してじっくりと説明していきましょう。

「完膚なきまで」の意味や使い方を学ぼう!

「完膚なきまで」の意味や使い方について学んでいきましょう。

この言葉は使い方を間違えてしまうと、険悪なムードになってしまう可能性があります。

「完膚なきまで」の正しい意味をよく理解して使うようにしましょう。

「完膚なきまで」の読み方

「完膚なきまで」の読み方は「かんぷ」と読みます。

マンガやアニメでもよく見る表現

「完膚なきまで」という言葉は聞いたことがある人もいると思います。

それはマンガやアニメで頻繁に使われる言葉だからです。

特に格闘シーンのある作品に出てくることが多い言葉です。

「完膚なきまで」の意味


それでは「完膚なきまで」の意味について紹介していきます。

徹底的にやっつける様子

「完膚なきまで」は「徹底的にやっつける」という意味になります。

相手に手加減を加えず、足腰立たなくなるまでやっつけてしまうということです。

または、相手に反撃の余裕を与えないくらいやっつけてしまう、といった意味にもとれます。

よってこの言葉には明かに攻撃性を含んだ、好戦的なイメージがついてきます。

実際にどのようなシーンや場面で使っていいのかをよくよく把握しておく必要がある言葉だと認識しましょう。

完膚がないほどにやり込める様子

「完膚なきまで」の意味は、「完膚がないほどにやり込める様子」ということにもなりますね。

それでは、ここで取り上げられている「完膚」について少々、説明していきましょう。

「完膚」とは?

「完膚」とは、「無傷の皮膚」という意味になります。

つまり傷ついていないまっさらな皮膚ということになります。

その皮膚を、無傷のところがないくらいコテンパンに痛めつけるということです。

「完膚なきまで」の使い方

「完膚なきまで」の使い方について説明していきましょう。

「完膚なきまで〇〇する」と文章が続く

使い方の基本は「完膚なきまで〇〇する」という形式になります。

〇〇の部分に目的となる言葉を当てはめるのです。

自発でも受け身でも使用可能

「完膚なきまで」という言葉は、自発的な場面でも受身的な場面でも使用できます。

そういった意味では応用性の高い言葉といえるでしょう。

戦いや議論などの場面で使える

「完膚なきまで」が最も使いやすい場面は、「戦い」や「議論」などの場面です。

主に自分と相対する人物と、何らかの攻防戦があるときに使う言葉になります。

肉体的にも精神的にも使用可能

「完膚なきまで」は肉体への攻撃、精神的なダメージの両方に使えます。

相手がやられる時というのは、多くは肉体面での敗亡でしょうが、精神面が降参していなかったら戦いが終了することはないかも分かりません。

心身両面において相手を叩きのめしてこそ、完膚なきまでに相手をたたいた、という状況に追い込めるのです。

「完膚なきまで」の例文


それではここからは「完膚なきまで」を使った例文を紹介していきたいと思います。

彼の強い拳に完膚なきまで打ちのめされた

この例文に出てくる「完膚なきまで」は、相手の拳によって本当に足腰立たないくらい打ちのめされた様子が伺えます。

そういう意味では肉体面を表現した使い方になっています。

拳という言葉が出てきますから、恐らくボクシングの試合だったのでしょう。