CoCoSiA(ココシア)

「完膚なきまで」とはどういう意味?...(続き4)

今回は「完膚なきまで」という言葉について解説してまいりました。

本文中に何度も申しましたが、「完膚なきまで」という表現は殺伐とした雰囲気とやってはいけない攻撃性を助長する言葉でもあります。

確かに過去の国家間での戦争や紛争は、このような状況が何度も起こりました。

そうしないと今度は自分がそうされてしまう危険性があったからです。

よって、今の時代ではせいぜい、スポーツの世界や議論の場における論戦程度に使用場面を留めるべきでしょう。

もし、世の中全般でこの言葉が当たり前のように使われるようになってしまったら、それはそれで恐ろしい時代になってしまったと、言わざるを得ないでしょう。