洗濯物って畳むのが面倒くさいから嫌い!という方も多いのではないでしょうか?

洗濯物を畳むという行為は、どうしても1枚1枚の手作業になります。

子供がいる大家族の場合、量もたくさんあるのでとても時間がかかりますよね。

今回は、洗濯物を畳むのが嫌いだという方のために、洗濯物を畳まなくてもよくなるいくつかの工夫をご紹介していきたいと思います。

洗濯物を畳むのって面倒…

毎日仕事に着ていく洋服も、毎日着て寝るパジャマも、そして下着も、自分の体の清潔を保つためには日々きちんと洗濯をしなくてはいけません。

しかし、仕事もして育児もして、家事のすべてを自分で行なっていると、洗濯物をするのもとても大変に感じますよね。

洗濯機を回すのはボタン1つで済んでしまいますが、それが終わったら濡れた洗濯物を干して、それが乾いたら畳むという3ステップが必要になるため手間がかかります。

とくに、丁寧さと綺麗さが求められる「洗濯を畳む」という作業は、1つ1つが手作業となるため時間がもったいないような気がしてしまいますよね。

もちろん洗って乾いた洗濯物をそのままにしておくと綺麗な状態で着ることができませんし、収納するためにも綺麗に畳んで整える必要があります。

それならば、なんとかその面倒くさい作業を簡潔に終わらせたいものです。

洗濯回数を減らして溜め込むと逆に負担に!?


たとえば洗濯物を畳むのが面倒だと思っていると、だんだんと洗濯自体をするのが嫌になっていくものです。

旦那さんのワイシャツや子供の体操着など、数が限られていて必ず毎日着るものは仕方がないですが、それらがない場合は洗濯回数を減らすことができるので、つい毎日せずに洗濯物を溜め込む人も多いでしょう。

しかし、じつは洗濯回数を減らして溜め込むことは、逆に負担になる可能性があることも覚えておきましょう!楽するつもりがあとから大変なことになることもあり得るのです。

乾きにくくなってしまう

洗濯回数を減らしても、日々自分たちが着ている洋服の数は減らないものです。

そのため洗濯をしない日があれば、その分次回の洗濯物の量が増えて、干す量も倍になってしまいます。

干す量が増えるということは、いつも干しているスペースにその分多く干さなくてはならないため、洗濯物が密着し乾きにくくなってしまいます。

雨の日などは、とくに生乾きの洗濯物が密着すると湿気くさくなってしまうこともありますし、まとめて洗うときには注意が必要です。

本当なら天日干しで簡単に乾くはずが、乾ききらなかったために乾燥機を使うということにもなり兼ねないので、それだと電気代がその分無駄になってしまいますよね。

洗濯物が乾きにくくなることで、様々なデメリットが生じてしまうので、あまり洗濯物を溜め込みすぎるのはやめておきましょう。

着る服がなくなってしまう可能性も

旦那さんから「今日はワイシャツの日だって言ったよね?」と朝からワイシャツが洗濯されていないことを注意されてしまったという経験のある奥さんも多いのではないでしょうか?

洗濯物をする頻度を減らすと、ときにはその日着ようと思っていた服がなくなってしまう可能性もあります。

とくに毎日仕事で着ていかなくてはいけない洋服や、1着しか持っていない特別な洋服の場合、その代わりとなる洋服があれば良いのですが、そうではない場合は大変なことになってしまいます。

人によっては着る服がないために慌てて洗濯機を回して乾燥機をかけたという経験がある方もいるかもしれません。

時間的にそれで間に合えば良いのですが、出かける前に気が付いた場合は万事休すになりかねないので、その日に着なくてはならない洋服が決まっている場合は、そのような失敗をしないように気をつけましょう。

洗濯物を畳まなくても良い10個の工夫ご紹介します!

洗濯物を畳むのが面倒だからといっても、洗濯をせず汚れた服をそのまま着続けることは不衛生になってしまいます。

自分が良くても、ときに洋服から漂う異臭を作ってしまったり、見た目が汚れていたりしては、私生活で周りの人にも害が及ぶこともあります。

そのため、どんなに面倒くさくても洗濯をしないわけにはいきません。

それでも洗濯物を畳むことが日々のストレスになるくらいなら、いっそのこと畳まなくても済むように工夫してみるのはどうでしょうか?

ちょっとした工夫をしてみることで、洗濯物を畳むという嫌いな作業がいらなくなり、毎日の家事の効率もよくなることがあります!

こちらでは、洗濯物を畳まなくても良い10個の工夫を詳しくご紹介していきたいと思います。

1.収納方法を変える

洗濯物をしまうとなると、洗濯したものをすべて畳んでタンスや衣装ボックスに収納する人が多いと思います。

面倒くさいからといって、洗濯物を畳まずにそのまま収納ボックスにしまってしまうと、次に着るときにはしわがついてしまい、アイロンが必要になってしまったりもっと面倒なことになる可能性があります。

そのため、どんなに面倒でも洗濯物を畳むという作業はどうしても必要になってしまいます。

しかし、それならばその収納方法を少し工夫して変えてみてはいかがでしょうか?

タンスや衣装ボックスにしまうということをやめるだけで、洗濯物を畳むという作業がいらなくなり、今よりも洗濯が楽になるはずですよ!

畳むのではなくハンガーなどにかけるようにする


まず、洗濯物を畳むのが面倒くさくて嫌いだという人は、思い切ってすべての洗濯物を畳まずにハンガーなどにかけるようにしてみてはいかがでしょうか。

実際に上着やワンピースなどはハンガーにかけて収納している人が多いと思いますが、それ以外のTシャツやインナー、パンツズボンもすべてハンガーにかけて収納をすれば、その分シワになりにくく、綺麗な状態のまま次に着られるというメリットもあります。

ハンガーをたくさん用意しなくてはいけませんが、一度買ってしまえば長く使えるものですし、今では100円均一でもお得に様々な種類のものが売っています。

畳むという作業がいらなくなり、さらにしわがつかないという利点しかないので、トップスもボトムスもすべてのものがかけられるよう色々な種類のハンガーを揃えておきましょう!

しわになるもの、ならないものそれぞれに合わせた収納をする

洋服の種類や素材によって、収納方法を変えてみるのもおすすめです。

たとえば、しわになりやすい素材のものを畳んで収納すると、どんなに綺麗に畳んでも必ず畳シワができてしまうものです。

せっかく手間をかけて畳んだのに、着るときにもアイロンが必要になってしまっては畳んだ時間が無駄になってしまいます。

このようにあとからアイロンをかけるようなものは、最初から畳んで収納せずにアイロンの近くにまとめて置いておくだけでも良いでしょう。

アイロンをかけたくないのなら、畳まずにハンガーがけにしておくというのも良いでしょう。

しわになる素材のものは十分気をつけてくださいね。

さらに、インナーの上に羽織るようなシャツや羽織りものはコートと同じ役割をしているので、最初からハンガーがけにしてしまいましょう。

すべてをハンガーがけにするのは収納場所も必要になってしまうので、洋服の中でもしわになりにくい素材のものは畳んで収納すると良いと思います。

最初からすべての洗濯物を畳まなくてはと硬く考えずに、まずは素材や用途ごとに分類をしてみましょう。

かけて収納することで服を探しやすくなる

洋服を収納するときに、たとえばそこがタンスや収納ボックスだったりすると、どうしても手前ではない奥のほうに入れた洋服は探しにくいものです。

さらに、重ねて収納した場合は重なっている服をわざわざどかして探すようになるので、これらの収納方法では着たい洋服を出すだけで手間がかかってしまいますよね。

似たようなデザインの服を持っている場合はなおさら大変です。

このような手間を省くためにも、洗濯した洋服はタンスや収納ボックスにはしまわずに、ハンガーなどにかけて収納することで服が探しやすくなります。

ハンガーにかかった服は、全体を見ることができますし、カラーバリエーションも一望でき一石二鳥です。

しまうために畳むという作業もいらなくなるため、畳むのが面倒くさい人はハンガーをたくさん購入しておきましょう。

今では100円ショップなどでも安価にハンガーを購入することができますよ!

スペースの確保が必要になることに注意

ハンガーにかけて収納をすることは、確かにとても便利で簡単なことですが、難があるとすればそれだけのスペースが必要になるということです。

クローゼットに綺麗に納まれば良いのですが、なかにはクローゼットなどの収納場所がない家もあります。

その場合は、オシャレな洗濯棒などを使って部屋にその分のスペースを確保する必要があります。

便利な分、スペースをとってしまうのは大変ですが、畳む手間がかかるのとスペースの確保で比較すると、後者のほうが妥協できるという人も多いかもしれません。

ハンガーの種類を変えるなどの工夫でスペースを確保

部屋のスペースを確保するにも、ちょっとした工夫をすることでその場所幅をあまりとらずに済む場合もあります。

たとえば、洋服をかけるという同じ用途のハンガーだとしても、その種類によっては1つのハンガーで複数の洋服がかけられる商品もあります。

また、子供服ならば子供用の小さいハンガーを使ってみたり、大人ほどの幅が必要にならないので、ちょっとした空きスペースに干すこともできます。

様々な工夫ができるハンガーが100円均一にもあったりするので、いろんなハンガー商品をまずはチェックしてみてくださいね!

2.家族に手伝ってもらう

現代では共働き家庭が増え、働くお母さんが増えていますよね。

そんななかで、昼間はフルタイムで仕事をこなし、家に帰ってから洗濯物を取り込んでそれを畳み、夕飯の支度をするというのはとても大変なことです。

家事はお母さんの仕事という固定概念がある人は、とくに自分ひとりで頑張ってしまいがちです。

家族が多い場合は、その分洗濯物の量が多いはずなのでそれをすべて畳むのはとても時間がかかります。

これらをすべてこなしていると、休憩する間もないまま1日があっという間に終わってしまいますよね。

しかし、たとえば洗濯を畳むのを家族の誰かに手伝ってもらうことができれば、その分お母さんの負担が減って楽になりますよね。

洗濯物を畳むのは早ければ保育園でも教えることですので、小学校入学前の子供でも手伝うことができます。

お手伝いの最初のスタートとして、親子で一緒に洗濯物を畳む時間を作れば、子供の成長にも繋がって一石二鳥です。

嫌いな洗濯物をストレスを抱えて頑張るよりも、まずは家族に頼ることからはじめてみましょう!

手伝ってもらいやすいように仕分けボックスを作成しても◎

洗濯物には、洋服のトップスやパンツ、インナー以外にも、タオルや靴下など種類に分けると様々なものが混合しています。

それらをまずは仕分けしなくてはなりませんが、頼まれた人が畳みやすくするために、畳んだものを分けて入れる仕分けボックスなどを用意しておくと便利でしょう。

いろいろなものをごちゃ混ぜに畳むのではなく、種類ごとに分けることで畳む人も作業がしやすくなります。

また仕分けボックスをそのまま持ち運び、それぞれの収納場所にしまうことができるので作業が円滑に進みやすくなります。

各自の部屋に仕分けボックスごと置いてくるようにし、部屋で受け取った各自が自分で畳んで自分の部屋に収納をするというやり方でも良いですし、あればとても便利なのでぜひ使ってみましょう。

収納場所まで共有しておくとさらに楽に

洗濯物を畳むのは確かにとても時間がかかってしまうので、畳むことが嫌いという人は多いかもしれません。

しかしそれと同時に、畳んだ洗濯物をそれぞれの収納場所へしまうという作業も面倒くさいものです。

洗濯物を畳むのが嫌い、だけどしまうのも面倒くさいという人は、こちらもまた家族に手伝ってもらいましょう。

手伝ってくれる家族に畳んだ洗濯物の収納場所を共有しておくことで、畳んだものをそのまま一緒にしまってもらうことができます。

「面倒くさい」と家族が嫌がったとしても、せっかく畳むのを手伝ってもらっているので「収納までしてくれたらお小遣いをあげる!」など、相手が承諾してくれるサービスをつけると家族もしぶしぶ手伝ってくれるかもしれません。

自分が疲れないためにも、最後の収納まで手伝ってもらえるなら一石二鳥ですよね!

手伝いを簡単にするためにも、畳んだものをそれぞれの種類に分けて畳み、わかりやすい収納スペースを作っておいたほうが良いかもしれません。