CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

スマホの画面が割れたまま使っている女性の25個の心理や特徴


近年個人の保有率が年々上昇しているスマホ。

高価ではあるものの、見た目のスマートさやその便利さから今では我々の生活に欠かせない必需品となっています。

とは言え、落とすと簡単に液晶画面がバキバキに割れ 「バキフォン」 になってしまうのはデメリットの一つと言えるでしょう。

実は統計によると、 画面が割れたままのスマホを使っているのは男性より女性のほうが多い ようです。

画面が割れたままだと使いづらいはずなのに、なぜそのままにしておくのでしょうか。

この記事では、スマホの画面が割れたまま使っている女性の25個の心理や特徴についてご紹介します。

この記事の目次

スマホの画面を割れたまま使ってる女性の特徴って?あなたは大丈夫?

 割れたスマホを使い続ける女性というのは、あまりポジティブな印象ではないようなので、その女性の特徴についてこちらではまとめていきたいと思います 

もしもこちらの女性の特徴にあてはまるような方は、是非注意してみてください。

もちろん当てはまる項目、当てはまらない項目が人によって異なりますのでご注意ください。

1.周りの目を気にしていない

割れたままのスマホを使い続けている人は、 周りの人からどう見られるかというのを意識していないタイプの女性が多いようです 

割れたままのスマホを持っているのを、彼氏や職場の上司、そして女友達に見られてしまったら「恥ずかしい」という感情を抱いている女性というのは、なるべくすぐにでもスマホを替えに行くでしょう。

しかし、誰に見られたとしても何も感じないからこそ、割れたままのスマホを使い続けることができるのです。

良い意味で言えば自分を持っていると言えるかもしれませんが、割れているスマホは見る人によってはだらしないという印象を与えてしまうため、なるべくならば買い替えを検討したほうが良いでしょう。

2.自己中心的なところがある

スマホを割れたまま使っている女性は、 性格的に自己中心的なところもあります 

なぜそう思われてしまうかというと、たとえば仕事の件でスマホで職場や取引先の人に何かを案内するときがあるかもしれないのに、そのような場面を想定せず、「自分が使っていて不便じゃないからこのままで良い」と自分のことしか考えることができないのです。

もしも自分以外の誰かが割れた画面のスマホを覗き込めば、もちろん画像や文字はとても見えにくいでしょう。

自分以外の誰かが、割れたスマホ画面を見るかもしれないということを想定することができる人は、すぐにでもスマホ画面を直すと思います。

自分のことばかり考えていると、スマホを直さないという選択をしてしまうかもしれません。

3.整理整頓が苦手


整理整頓が苦手な女性も、スマホの画面が割れてしまったとしても気にしない傾向があります。

整理整頓が苦手な女性の場合、自分の会社のデスクの周りすら片付けることができないので、必要書類を簡単に無くしてしまったり、筆記用具などもすぐに紛失してしまったりします。

このような女性の場合、物を大切に使えない傾向があります。

日頃からだらしがなく、物を大切にできない女性は、 物に対する執着心が薄いため、自分のスマホの画面が割れたとしても特に気にならないのでしょう 

わざわざお金をかけてまで修理を出すのはもったいないし、割れたからといって使えないわけではないので、替えに行くのも面倒臭いと思っています。

総合的に見てだらしない女性ということになるかもしれません。

4.落ち着きがない

スマホが割れたまま使っているということは、スマホを割ってしまうだけの行動をしてしまう女性ということになるので、日頃の生活が落ち着きがないのかもしれません。

たとえば、朝の仕事へ行くための支度をしているときなど、テーブルの上にふとスマホを置いておくことがあると思いますが、そんなときにテーブルでメイクを始めたらスマホを誤って落としてしまったなど、もっと慎重に注意をすれば防げることをしてしまうのが、この特徴にあてはまる女性です。

普段から落ち着きがない行動ばかりをしているために、スマホを落としやすい傾向があります。

このような女性は周囲からもそのように思われている可能性が高く、 仕事の関係者からは不安視されているかもしれません 

また、もしもスマホが割れてしまっても「またやってしまうかも」と考え、直さずに割れたままのスマホを使っていることもあるようです。

5.大雑把

性格が大雑把な女性は一緒にいておおらかで楽しいので、神経質で物事に細かい性格の女性よりも同性からの人気は高い傾向がありますよね。

スマホを割れたまま使い続けるには、 自分で「まぁいいや」と思えるだけの大雑把な気持ちがないとできないことだと思います 

そのため、スマホを割れたまま使い続けている女性は基本的に性格が大雑把な女性が多いようです。

女性のなかには、大事に使っている自分のスマホに少しの傷がついただけで修理に出したり、汚れがついただけですぐにウェットティッシュで綺麗にしたりと、自分の持ち物なだけに細やかに気にする方もいるでしょう。

しかし大雑把な女性の場合、自分のスマホに傷があろうが割れていようが気にしない傾向があります。

細かいことを気にしない

大雑把な性格の人というのは、 細かくて神経質な性格の人よりも友達や周囲の人からしてみれば付き合いやすく、好まれやすい傾向があります 

「これくらいどうってことない」と言って笑っていられるだけの爽快さが気持ちが良いものですが、本人の持ち物であるスマホの画面がもしもバキバキだった場合、「本当に大丈夫なの?」と心配する周囲の人はいるかもしれません。

いくら他人の持ち物といっても、見ていてあまり気持ちの良いものではないので、大雑把もたまに傷になることがあるため気をつけましょう。

6.ケチなところがある

スマホの画面が割れていても使い続けている人は、金銭的にケチなところがある傾向があります。

通常、壊れたらば買い直すというのは基本だと思いますが、 お金に対してケチで節約志向のため「スマホが割れたくらいで、まだ使えるのに買い換えるのはもったいない」と考えているのでしょう 

現代のスマホの購入は1台数万円もしてしまうため、とても高価な買い物にはなってしまいます。

女性は特に節約志向な人が多いということもあるため、スマホが多少割れてしまっても使い続けている人がいるのは、ケチなところがあるのが原因とも言えるかもしれませんね。

7.物は壊れるまで使う

子供のころから大人に「物は大切に使いましょう」と教わったことがある経験は誰しもがあると思います。

お金を出してせっかく購入したものなので、そのお金を大切にするという意味にもなりますが、買った物は壊れるまで使うのが当たり前だと考えている人もいます。

スマホの場合、画面が割れただけではまだまだ電話もできるし、LINEやネットも繋がるというケースもありますよね。

そうなれば 画面が割れていても、動作に支障がないのならまだ使えるだろうと考えてしまう のも仕方がないかもしれません。

このタイプの女性の場合、画面も割れて、電源が急に落ちるようになった、通話ができないなどの他の部分も壊れたとき初めて買い替えを検討するのでしょう。

8.物の扱い方が雑

スマホを割れたまま使える女性というのは、基本的に物に対する扱い方が雑な傾向があり、その結果スマホの画面を割ってしまうということもあります。

スマホ以外にも、家の食器などもよく落として割ってしまうという女性もいるかもしれませんね。

このタイプの女性は、 いつもどこか急いでいて落ち着きがない傾向がある ため、スマホ以外のものも壊してしまったり、紛失してしまったりということが日常茶飯事なのです。

さすがにスマホのように高価なものを割ってしまったときにはショックを受けると思いますが、それでも買い替えの必要性を感じず、画面が割れたくらいならいいやと思えるのもこのタイプの女性の特徴とも言えるでしょう。

9.面倒くさがり

スマホが割れてしまって、このままでは画面が見えにくいし、今すぐにでも買い替えに行かなくては…と思っていても、買い替えに行くというのはそれなりの時間を要するため、それが面倒くさいと考えている人もいます。

また、もしも買い替えではなく割れてしまったため無償で交換できないかな?と、使っているスマホのメーカーによっては保証制度がついているものもあるため、その保証内容を確認するのも意外と億劫だったりするようです。

日頃の仕事をこなしながら、休日を使って電話をかけたり、買い替えに出かけたりという手間がかかるため、 面倒くさがりの性格の人からすれば、「あとでいいや」と先延ばしにしがち になってしまうのでしょう。

それを繰り返しているうちに、画面が割れているだけでまだ使えると思って使い続ける人もいるようなので、割れた画面に見慣れてしまうということがあまりよくない傾向なのかもしれません。

10.ポジティブな思考を持っている

ポジティブな思考を持っている人は、スマホの画面が割れたくらいならば「別に自分が使うんだからいいよね」と思って、そのまま使い続ける傾向があります。

逆にネガティブな人は、スマホの画面が割れてしまったとなるとそれをとても気にして落ち込むため、仕事があるけど明日にでも替えに行きたいとそればかり気になってしまったりもします。

ポジティブな人は スマホの画面が割れたくらいでは、落ち込むことも少なく、交換に行くというアイデアさえも浮かばない のかもしれませんね。

むしろ、「画面が割れただけでよかった!」と、通話やその他の機能が正常に動くことを喜んでいるケースもあります。

11.いつも忙しくしている

仕事や育児などでいつも忙しくしている女性も、スマホを落としてしまって画面が割れてしまったとしても、なかなか交換に行かずそのまま使い続けている場合も多いようです。

たとえば仕事をフルタイムでこなしていて、保育園のお迎え、家の家事などすべてを終わらせるには相当の時間とスキルが必要になってきますよね。

そのため休日に携帯を買いに行くなんてことはせずに、ゆっくりと子供と休みたいと考える女性も多いでしょう。

この場合、 忙しすぎて物理的に困難 というのも挙げられます。

12.スマホ自体に関心やこだわりがない

スマホは現代では様々なデザインや機能のものがあり、使いこなしている人からすれば「最新機種がほしい」「おしゃれなものがほしい」というこだわりを持っている人もいると思います。

しかし、スマホの画面がバキバキに割れてしまってもすぐに交換に行かない人というのは、そもそも スマホ自体に関心がなく、こだわりも持っていない 傾向があります。

ケースや保護フィルムなども簡単なものを使用している

スマホには、液晶画面の部分を割れにくくするために貼っておく保護フィルムなどが別で売っていますよね。

なかにはかなり高性能なものも売っているのですが、そもそもスマホの液晶画面が割れてもあまり気にしないタイプの人は、スマホ自体に関心やこだわりがないため、わざわざこの 保護フィルムにお金をかけることをしません 

とりあえずついていれば、安価なものでもなんでも良いと考えがちで、ほとんど保護フィルムの役割を果たさないものをつけている可能性もあります。

それゆえに、スマホを落とせば簡単に割れてしまうのかもしれません。

13.鞄に物がたくさん入っている

鞄に物がたくさん入っている女性も、スマホ画面が割れていても気にしない場合が多いです。

このタイプの女性の場合、 スマホを落として割ってしまう理由の1つに鞄から他の物を取り出すときに誤って一緒にスマホも落としてしまう というケースがあります。

日頃から鞄の中を綺麗にしておけばこのようなことにならないのですが、鞄に物がたくさん入っていると1つのものが取りにくくなってしまうので、他のものと一緒になってスマホを鞄から落としてしまうのです。

14.現状を変えるのに抵抗がある

スマホの画面が割れてしまった場合、スマホの買い替えをしなくてはならないのですが、場合によっては機種が変更になるケースも出てきてしまいます。

スマホの機種が変われば、これまで保存していた画像も見れなくなってしまいますし、使い方も写真の画質などもすべて変わってしまいます。

このように、スマホを機種変更するだけで、 今まで慣れていた自分の使い勝手が悪くなることを嫌い 、今の自分の現状を変えるのに抵抗がある人もいるようです。

15.新しいことを受け入れるのに抵抗がある

スマホを新しくするということは、 今まで使っていたものとお別れをする ということになるので、たとえば物ではなくても新しいなにかを受け入れるのにすごく時間がかかってしまうタイプの人も、スマホを交換するのに抵抗があるようです。

勇気をだして新しいものにしてみれば、もしかすると今使っているものよりも使いやすかったりするものですが、それをするまでの時間がどうしてもかかってしまうのでしょうね。

16.取捨選択ができない

自分が愛用しているものは、使いやすいものや気に入っているものもあれば、なかにはあまり気に入っていないものや、もう使わないものなどもありますよね。

取捨選択とは、 自分にとって良いものは残し、よくないものやいらないものは捨てる ということですが、この選択がうまくできない女性も意外といるようです。

取捨選択がきちんとできれば、スマホの画面が割れて見えにくいものを使い続けることがいかによくないことかと自分で考えることができ、買い替えをするはずです。

この判断ができるかどうかは、その人の性格や生活の環境によるため難しい問題なのかもしれません。

17.優柔不断

女性のなかには優柔不断な性格の人もいます。

優柔不断な人がもしもスマホを落として画面を割ってしまった場合「スマホを買い換えるべきか?」「まだ使えるからもったいないかな?」と悩み、どうするかをなかなか判断することができません。 自分にとってどちらのほうが最良なのかが分からない ため、悩んでいるうちにズルズルと割れたままのスマホを使いつづける傾向があります。

そして周りから「画面割れているのに交換しないの?」と指摘をされて初めて恥ずかしくなり、慌てて交換するというパターンも多いようです。

18.メンタルが強め

メンタルが強い女性の場合、スマホを落として画面が割れてしまったとしてもまったく気にしません。

スマホの画面が割れただけという状況では、ただ見栄えがよくないだけなので、 自分が我慢すれば良い とポジティブに考えているのでしょうね。

通話機能が故障している、文字が打てなくなったなどの故障がおこって初めて買い替えを検討するくらいかもしれません。

19.リスクを考えない

スマホの画面が割れたまま使い続けることで、ただ 見栄えが悪い というだけ以外にリスクがあることをこのタイプの女性は考えてもいません。

そのリスクとは、たとえば仕事上で自分のスマホを大切な取引先の人や、上司に見られてしまった場合に、「この女性はとてもだらしのない人だ」という悪印象を持たれてしまう場合もあります。

また、割れたスマホがさらにヒビが割れて、通話中に自分の顔に傷がつく恐れもないとは限りませんよね。

このように、ただスマホの画面が割れているだけといってもあらゆるリスクがあることを想定している人は真っ先に新しいものへと交換するはずです。

このようなリスクをまったく考えない女性だけが、割れたスマホを使い続けるのです。

20.自分をしっかり持っている

いくら周りから「それどうしたの?」「早く交換したほうがいいよ」」とアドバイスをされても、自分をしっかり持っている女性はこのような周りの言葉にまったく耳を傾けません。

優柔不断で周りに流されるタイプの女性は、周りの人から少し指摘されただけで今すぐにでも変えてこなくちゃ!と焦り出すものですが、自分をしっかりと持っている女性には どんな言葉も響かない ようです。

自分は自分。他人は他人。

このようなタイプの女性の根源にあるものは、「自分は自分」「他人は他人でしょう」という信念です。

他人がいくらスマホが割れたままではよくないと思っていても、実際に使っている自分が不便ではないのだから良いでしょうと思ってしまうのです。

実際に、 自分の持ち物のことで他人に口出しされることのほうが嫌 だと思う女性も多いようなので、もしも割れたままのスマホを使っている女性がいたとしても、決して口出しをせずにそっとしておいたほうが良いかもしれません。

21.自分ルールを持っている

自分ルールというものを誰しもが少しでも持っているかと思います。

他人と自分で決めるものではなく、自分のなかで勝手に決めてしまうルールのことです。

「もしもこうなったら、こうしよう」と自分なりに条件をつけて、本当に物事がそうなった場合に決行するような、一種の掛けのようなものですね。

自分のスマホを落としてしまいスマホ画面が割れてしまったとしても、この自分ルールを持っている女性の場合、 スマホの画面は割れているけどその女性なりのルールの範囲内 だからまだ買い替えないというケースもあります。

たとえば、「画面も割れてしまって、通話もできなくなったら交換しに行く」と電話ができるか出来ないかを基準にしている人もいます。

さらには、「普通の通話ができなくても、ライン通話があるからラインが使えるうちは交換しないでもいいや」という人もいるでしょう。

自分ルールを持っている人は、それに忠実なので、性格的にも信念の強い人というのが伺えるでしょう。

このタイプの女性の場合、周りからの指摘があってもまったく自分のルールを変える気がない頑固さをもっていることも多く、周りからすれば使いにくいタイプだと思われている傾向もあります。

自分ルールを持っていそうな女性のスマホ画面が割れている場合は、指摘をせずほっとくのが1番かもしれませんね。

22.忘れっぽい

物事に対してとても忘れっぽくて少し抜けた性格の女性っていますよね。

一見、とても愛らしく感じますが、この特徴を持っている女性もスマホの画面が割れていたとしてもすぐに買い替えに行かないケースが多いようです。

スマホは日常的に毎日使っているものなので、もちろん画面が割れているのも目には見えているわけですが、 使っているうちに自分のスマホが割れていることにだんだんと慣れてきてしまう 人もいます。

見慣れてしまうと「交換しなくては」という気持ちさえも忘れてしまったり、今使えるのだから急がなくても良いと感じるものです。

そして、それが数ヶ月もたてば周囲さえも見慣れてくるので、自分のスマホはこういうものだという認識が強くなっていきます。

このようになれば、スマホの画面が割れているという感覚がないので、買い替えにいくという行動がなかなかできなくなるのでしょうね。

もともとの性格が忘れっぽい女性というのは、このように日常で自分のスマホが割れていることに見慣れてしまうと、「交換にいったほうが良いのかな?」と自分が思っていた気持ちさえも忘れてしまう傾向があります。

また、仕事が忙しくて日頃からいろいろなことを考えている人も、このタイプにあてはまります。

キャリアウーマンでバリバリ仕事ができるのに、肝心のスマホ画面が割れたまま使っているとしたら、その女性は仕事が忙しすぎてスマホを買い替えにいくということを忘れてしまったのかもしれませんよ。

23.他人に言われたら行動する

スマホの画面が割れたくらいなら自分だったら全然平気だという女性もいます。

しかし、たとえばその画面を自分の彼氏がみて「早く交換したほうがいいよ」と、彼氏は気にする性格で小言を言うケースもありますよね。

他人に言われれば「やっぱりこのままじゃだめなのかな?」と気になりだし、そこで初めて買い替えを検討しますが、 他人に言われないと行動する気がおきない のもこのタイプの特徴です。

スマホの液晶画面が割れただけで、動作はすべて今まで通りできるという場合は、確かに買い替えまでするのはもったいない気もしますが、見た目が悪いと他の人からの印象も悪くなってしまいます。

場合によっては「お金がないから修理しないのかな?」「貧乏くさいな」「だらしないな」と思われて、異性からドン引きされてしまうこともあります。

他人に指摘される前に行動することが望ましいのですが、言われないと行動する気が起きないのがこのタイプの女性なので仕方がないでしょう。

24.自分からはあまり積極的に行動しない

女性の性格にも、普段の生活のなかで人に言われたら行動するタイプと、自分で考えて行動できるタイプがあると思います。

スマホの画面が割れていても気にせずそのまま使い続けるタイプの女性というのは、もともとの性格が自分からはあまり積極的に行動できないタイプの女性です。

「買い換えるか?」「もったいないしまだ使えるから使い続けるか」という判断を、自分で決めて素早く行動できたら良いのですが、 自分で考えて行動することが苦手なので、現状維持の状態が続いている ということなのでしょう。

誰かからアドバイスをされたりすれば、その人の考えにしたがって動くことはあっても、自分から積極的にこうしようとは決めることができないので、いつまでも割れたままのスマホを使い続けるのです。

自分でどうしたいかがハッキリと決められない性格の女性も意外と多いので、この特徴にあてはまる女性は案外身近に多いかもしれませんよ。

25.他人に影響されることが多い

日本人はとくに他人と同じ行動をすると安心する人が多いようですが、スマホの画面が割れたままでも平気という女性は、とくに他人に影響されやすい性格です。

自分的には「スマホの画面が割れてしまったので変えたほうがいいかも」と思っても、たとえば旦那さんや家族、友人から「まだもったいないからそのまま使っていたら?」と言われたら、それもそうかもしれないと思ってしまって買い換えるのを伸ばしてしまうのです。

自分で使っているのが不便だったり、人から割れたスマホ画面を見られるのが恥ずかしいと思っているのならすぐに変えるべきなのですが、 他人から言われるとそちらの考えのほうが正しいのでは? と思ってしまいつい影響されてしまうのでしょう。

他人に流されることなく、もっと自分の信念をもって行動することができれば良いのですが、スマホの場合買い換えるにもなかなか高価な買い物になってしまうため、自分でも躊躇している部分があるために思い留まってしまうのかもしれませんね。

スマホの画面が割れたままだとずぼらなイメージを持たれる!?

日常生活を送っていて、スマホをポケットに入れていたら、しゃがんだ瞬間にポケットからするりと落ちてしまって画面が割れてしまったというのは、わりとよくある失敗談だと思います。

それ以外にも、スマホの液晶画面の部分はわりとヒビが入りやすく、小さい子供が遊んで落としたりするケースなどもありますよね。

しかし、 スマホの画面が割れてしまったらすぐに買い替えにいくか、交換できる保証がついているかをすぐ確認する など、直ちに新しいものにするような行動が起こせるのならよいのですが、そうではない場合は注意が必要です。

なぜなら、とくに女性の場合スマホの画面が割れたままなのにそれを使い続けることで、ずぼらでだらしないイメージを周りから持たれてしまうのです。

好きな男性にがっかりされてしまったり、取引先の人や会社の上司からの評価が下がってしまったりと、ネガティブなことしか起こらないと思って、女性の場合はできれば速やかにスマホを交換したほうが良いかもしれませんよ。 自分の持ち物はその人の内面を写す鏡 だと思って、いろいろと注意しながら行動してみましょう。

ページトップ