CoCoSiA(ココシア)

うるうるした目で見つめてくる犬の気持ち25個。愛犬のウルウル攻撃にキュン!


可愛くて愛おしい愛犬…そんな愛犬は、あなたのことをうるうるした瞳で見つめてくることはありませんか?

なんだか自分に何かを求めているような気はするものの、しっかりと愛犬の言葉を聞くことはできないですよね。

愛犬があなたのことをうるうるした瞳で見つめてきているときの理由やそのときの気持ちが分かれば、さらに愛犬に対して何かしてあげられることがでてくることでしょう。

ということで、この記事ではあなたの愛犬がどうしてあなたのことをうるうるした瞳で見つめてくるのかをご紹介します!

犬にうるうるした目で見つめられたことはありますか?

あなたは、愛犬でも別の家庭の犬でも、さらに野良犬でも…犬からうるうるした瞳で見つめられた経験はありますか?

犬からうるうるした瞳で見つめられると、それがたとえ一緒に暮らしている愛犬ではなかったとしても「かわいい!」と心を癒されますよね。

犬にうるうるした目で見つめられたとき、あなたはその愛犬に対してどのような行動をとりますか?

また、愛犬はあなたに対して何を思ってそのように見つめてくると受け取っているでしょうか。

「抱きしめてほしいのかな」「遊んでほしいのかな」「私のことが好きでたまらないのかな」「どこか痛いのかな」…なんて飼い主だからこそ、家族の一員である愛犬の気持ちを悟っては、いろいろな悩みを抱えてしまうものです。

その悩んでいる時間こそ愛犬とかかわりたいですよね!

うるうるした目で見つめてくる犬の気持ちにはこんなものがありました


では、あなたの愛犬はどうしてあなたのことをうるうるした瞳で見つめてくるのでしょうか?

もしかしてあなたに会いたい気持ちが募って涙を流したのか、それとも他にあなたに伝えたいことがあったのか…。

ここでは、あなたの愛犬がどうしてあなたに対してうるうるした目で見つめてきたのかその理由をお伝えします!

1.遊んでほしい

愛犬とあなたは、よく一緒に遊んでいませんか?愛犬が目をうるうるさせてあなたのことを見ている場合、あなたに「遊んでほしい」という気持ちを伝えている場合が多いです。

過去にあなたのことを見つめた後に、あなたが遊んでくれた記憶があり反射のように記憶しているんですね。

あなたと遊んで楽しかった記憶もあるため、「早く遊んで!」と尻尾を振りながらあなたのことを見つめています。

2.お腹が空いた


犬といえばお腹が空けば、自分のご飯のお皿を持ってくることもあります。

しかし、なかには飼い主の目を見つめることでご飯をもらおうとしている子たちもいるんです。

つまり、お腹が空いているために、飼い主のあなたを見つめエサの催促をしているということになります。

もしもうるうるした目であなたのことを見つめてきた場合、あげたエサが少なくなっていないのか、エサをあげ忘れてないかを確認しましょう。

3.興味津々

あなたが持っているものや、やっている行動に対して興味を持っている場合、あなたのことをうるうるした瞳で見つめることがあります。

あなたも、あなたが気になることを行っている人がいる場合「なにしてるんだろう?」とその人をじっと見てしまいませんか?

まさにその心境と同じことを愛犬も感じているんです。

4.興奮している

愛犬は何かに興奮している場合にもうるうるした目であなたのことを見てきます。

たとえば、あなたのことを見つめる前にお気に入りのおもちゃで遊んでいたとか、散歩に行って仲良しのわんちゃんに出会ったとか、さらに大好きなご飯を食べたばかりなどなど…愛犬の気持ちがワクワク&ドキドキしている場合にうるうるした目になりやすいです。

または、あなたが帰宅してうれし過ぎて興奮しているケースもありますよ!

5.甘えている

愛犬は常にあなたに対して甘えてきませんか?あなたに甘えたいので目をうるうるさせて、あなたのことを見ている可能性があります。

甘やかしすぎは禁物

大好きな愛犬だからこそ、ついつい甘やかしてしまうもの。

かわいいという理由で、おやつをあげすぎたり、しつけを甘くしていませんか?

甘やかしすぎると愛犬の寿命が縮んでしまうことがあります。

甘やかしすぎには注意しましょう。

6.期待している

あなたに何かを期待している場合にも、うるうるした目であなたのことを見つめてくることがあります。

「おいしいご飯をくれるかな」「なにかお土産を買ってきてくれたかな」「今日は何して遊んでくれるんだろう」「そろそろ散歩かな」なんて、まるで人間のようにあなたに対して愛犬が期待してくれているんです。

「待て」の指示をされているときなどに多い

あなたの愛犬は、もしかするとご飯をあげる前の「待て」をしている際にうるうるした目であなたのことを見つめてくるのではありませんか。

これは、目の前にあるご飯を食べること、さらにそれがおいしいと分かっているのでわくわくして期待している気持ちを表しています。

こんなときには、焦らさずにご飯を早めにあげてくださいね♪

7.好きという気持ち

あなたが愛犬を愛しているように、愛犬もあなたのことを愛しています。

その「愛している」気持ちを伝えるために、好きという気持ちをあなたに伝えています。