この記事では「大まかな」という言葉について見ていきたいと思います。

「大まか」という言葉の意味、使い方などを例文や類語を用いて解説していきます。

あなたのボキャブラリーを豊富にするためにも「大まかな」をマスターしてしまいましょう。

「大まかな」の意味や使い方を学ぼう!

今回は「大まかな」という言葉を解説いたします。

意味や使い方を学んでコミュニケーションをより向上させていきましょう。

「大まかな」の読み方

「大まかな」は「おおまかな」と読みます。

特に難しい読み方ではありません。

使いこなせると便利な言葉

「大まかな」という言葉は、日常会話において頻繁に使用する言葉です。

よって使いこなせると非常に便利な言葉であることが分かると思います。

「大まかな」の意味


それでは「大まかな」という言葉の意味について解説していきましょう。

物事を大体で捉える様子

「大まかな」とは、「物事を大体で捉える」という意味になります。

この「大体」という言い方は、厳密性や細かさなどといった概念がない状態をいいます。

例えば机のサイズを正しい数字で教えるのではなく、大体40センチだとか、高さは大体50センチ、といった言い方です。

このように、現寸法から大きく逸脱していなかったら「大体」という言い方が成立するのです。

細かいことに拘らない様子

「大まかな」には「細かいことに拘わらない様子」とも説明できます。

例えば、ワニという動物を説明する際、その体格や生息地、気性や獰猛性などの説明を割愛して、単に水辺に生きる大きな爬虫類、という言い方をすることを指します。

真実が含まれていたならば意味は通りますので、大まかな説明として成り立つわけです。

緻密ではない様子

「大まかな」の意味として「緻密ではない様子」というものも存在します。

「緻密でない」とは、すなわち大雑把で精巧さが欠けている状況ですね。

「大まか」な状態に「緻密さ」が含まれていたら、それは「大まか」とは言えなくなってしまうというわけです。

「緻密」とは?

それではここでもう一度「緻密」について説明しておきましょう。

「緻密」とは、「細かいところまで注意が行き届いていて、手落ちがない状態」ということになります。

つまり隅から隅まで目が行き届いている状態、とでもいえるでしょう。

例えばサッカーの試合。

敵の攻撃を想定して味方の防御態勢を完璧にする作戦を「緻密な作戦」ともいいますよね。

要するに、穴の無い状態を指していうわけです。

ほころびだらけのやり方だったら、とても緻密な行動とはいえないのと同じことだからです。

「大まかな」の使い方

それではここからは「大まかな」の使い方を紹介していきましょう。

曖昧に表現をしたいときに使う

「大まかな」を用いるシーンとしてまず思いつくのが「曖昧な表現をしたい場面」ということになります。

人はいついかなる時でも正しい表現で相手とコミュニケーションをとるべきなのですが、時としてこちら側に正しい情報が揃いきれていない時もありますね。

そういった時に「大まかですが」と但しておいて使うわけです。

重要なのは、使っている時は必ず相手にその旨を言っておくことです。

そうでないと、相手に不十分な情報のみを供与していることになってしまいますからね。

ビジネスシーンでは使える?

「大まかな」という言い方は、ビジネスシーンにおいても使われます。

但し、その際は必ず前もって断っておいてから使うことが求められます。

取引先の顧客に対して伝えたい情報が準備不足で不十分だったりした場合、予め断っておいてから「大まかなのですが」という言い方で説明するのです。

勿論、後日その不十分な部分の説明を行う必要があります。

「大まかな」と言っておいて、あとの処置をそのままにしておくと、あなたやあなたが所属する会社の信用を落としてしまう可能性があることを忘れないようにしましょう。

論文や正式な書類で使用できる?

「大まかな」という言い方を論文や正式な書類で使用するのは避けた方がいいでしょう。

避けたい理由の大きな要因は、「記録に残る」という点があるからです。

論文にしろ公的な文書にしろ、いずれも真実とそれを裏付ける根拠が揃っている必要があります。

例えば役所から交付される住民票。

名前や住居欄が「大まか」などという記載になっていたら根本的に通用しなくなってしまいます。

「大まかな」という表現は、使われる場面によっては使えなくなる、という事を頭に入れておきましょう。

目上の人に対して使用できる?

「大まかな」という言い方は、目上の人に対しても使えます。

但し、その際は必ず丁寧な表現とあとで必ず正しい情報を提示するなどの処置を迅速に行うことです。

ただ、目上の人であっても使いやすいのは日頃から懇意にしている方々になってくるでしょう。

普段、あまり接触頻度の無い方や、位があまりに高い方たちには使用を慎んでおいた方が無難でしょう。

「大まかな」という表現は、こちら側に説明すべき情報が不足しているために起こる言い方です。

よって、いつでも自由に使える言葉、という認識は持たない方がいいと思います。

「大まかな」の例文


それではここからは「大まかな」を使った例文を紹介していきながら、「大まかな」の更なる説明を加えていきましょう。

大まかな計算では1人3000円くらいになると思う

会社の同僚や親しい友人同士で飲み会などに参加する際の予算をあらかじめ伝えておく言い方です。

飲み会や食事会といったものは、終わってみないと正確な金額はわかりません。

そこで参加メンバーに対して、おおよその予算を伝える際に使用するのです。

大まかであっても一応予算を聞かされていれば、参加メンバーもお金を用意しやすくなります。

ひとまず大まかなスケジュールを組んでみよう

仕事でも旅行でも、複数人で何かを行う際には予定やスケジュールが必須になります。

しかし、さすがに細かい行動まで決めるのは難しいでしょう。

そこでスケジュールを作るときは、必ずといっていいほど「大まかな」ものになるわけです。

このゲームの大まかな流れを説明しておきます

こちらの例文では、あるゲームを用いた大会か運営のやり方を説明する際の言い方として使用しています。

大まかな流れとはつまり進行具合です。

例えば運動会では、どういった行程で進めていくのか。

玉入れ競技は何番目でどういった具合に行うのかなどを、簡略的に説明する様子を表しています。

このあとに更に詳しい進行ルールが出来上がって、参加者に伝えられるという流れになるわけです。

本を読む前に大まかなストーリーを把握したい

この例文は、ある本を読む前に既に読んだ人からその本のストーリーを簡単に聞いておいて、自分が読んでいく助けにしたい、という趣旨になっています。

この時、細かく本の内容を聞いてしまったら本を読む醍醐味が薄れてしまいます。

ほどほどの加減をするからこそ、面白味が倍増するということでしょう。

大まかでいいので今日の予定を教えてください

恐らくこの例文に登場する両名は、人間関係が良好なのでしょう。

それが特に問題ないのであれば「大まかな」という言い方は遠慮せずに使えます。

また、それほど間柄が親密でなかったとしても、何らかの共通目的を持っている間柄なら使うことに抵抗感は起こらないはずです。

さほど親しくない職場内の関係であっても、仕事上の行事予定は把握しておかなければいけない事項です。

大まかでもいいから予定を掴んでおく事はプロとして重要ですからね。

「大まかな」の類義語

それでは次に「大まかな」の類義語をご紹介していきます。

だいたいの

「だいたいの」は、ほぼ「大まかな」と同類の類義語です。

ということは「大まかな」でも「だいたいの」と使っても、聞く方からしたらどちらでも同じ意味として伝わるということです。

この言葉は特に意識して使い分ける必要もないでしょう。

大雑把な

「大雑把な」も「大まかな」とほぼ同じ意味に捉えられる言葉です。

「大雑把な」とは、つまり「雑」であり、それがかなり大がかりな雑さ加減ということです。

細かさや精緻さは全くない状態ということですね。

おおよその

「おおよその」も「大まかな」とほとんど意味の違いはありません。

英語で表記すれば「アバウト」ということになります。

キッチリしていないというか、精巧さを含んでいない表現の言葉といえます。

ざっくり

「ざっくり」とは、全体像だけを捉えて表現した言い方であり、大雑把という意味にもなります。

つまり細部にわたる細かさや精巧さがない状態です。

よく「ざっくりと説明してくれたらいいよ」といった感じで使われます。

相手に時間がないので、手短に要点だけを掴みたいときなどに用いられる言葉です。

ただ余談ですが、ざっくりとした説明をするというのも結構難しいものなのです。

相手がどこまで要求してくるのか、話している最中に話し手が判断しなければならないからです。

もしかしたら、あなたの説明に興味を持って核心の部分まで説明を求められるかも分かりません。

事実の外面だけを要領よくまとめて話しをするということは、かなり高度なコミュニケーション能力が必要である、と思いましょう。

ラフ

「ラフ」とは、「大まかな」とか「形式ばらない」という意味があります。

まさしく「大まかな」と同じ意味を持つ類義語ですね。

よく「ラフな図面です」とか「ラフな計画書となります」という言い方をします。

ビジネスのシーンで使う場面が多い言葉の一つでしょう。

ある意味、業界の専門用語的な使い方をする言葉なのかも分かりませんね。

アバウト

「アバウト」は日本語でいうところの「だいたい」や「大まか」です。

精巧さや精緻さとは反対の意味となります。

「アバウト」という言葉は今や「大まか」よりも日常的に用いる言葉になっているかも分かりませんね。

一般家庭でもビジネスの現場でも学校でも会社内でも、使う場面や相手に制限はないでしょう。

ただ、便利だからといって「アバウト」や「大まかな」を頻繁に使い過ぎることは自身のコミュニケーション能力の成長を妨げるかも分かりません。

会話の基本は相手に正しい情報を伝え合うことです。

こちらが情報不足でアバウトな言い方ばかりだったら、信用というものが育まれなくなってしまいます。

ぞんざい

「ぞんざい」とは、「いい加減」「投げやり」「粗略」という意味があります。

言葉の意味からは「大まかな」よりも印象が悪いように感じます。

「ぞんざい」からは、分からないなりにも一生懸命、相手に意味を伝えようという真摯さは感じられません。

最初から手を抜いてわざとそうしている節が見えます。

よって、大義的には同じ意味でも伝わるニュアンスは違ってきますので、的確に言葉の使い分けをしましょう。

粗雑

「粗雑」は、「いい加減で大雑把」という意味があります。

こちらも「ぞんざい」同様、真摯に相手に物事を伝えようとする姿勢を感じられない言葉と捉えられます。

また「粗雑」に扱ったり伝えるということは、相手に対する悪意すら覚えてしまいます。

例え「大まかな」と類義語であっても、極力使うのを避けるべき言葉でしょう。

粗大

「粗大」とは、「荒っぽい」「大雑把」「大まか」という意味になり、「大まかな」と見事に同じ意味の言葉となります。

しかし、実際に会話の中で用いると印象が大きく違ってきてしまいます。

なにせ「粗大」のあとに「ゴミ」をつけて用いる言葉です。

あまり印象が良くないので、会話では使わない方が無難でしょう。

使う場合は、ものなど人間以外のものを対象にしている場合に限定して使った方がいいでしうね。

不正確

「不正確」は、「正確」の反対の意味ですね。

すなわち「正しくない」という事になります。

正しくないのですから「大まかな」という意味でよろしいのですが、会話において使う場合は、その時の状況や場面に合わせて使いましょう。

また「不正確」という言い方は、物事の結果が出てから使う事が多いです。

これから起こり得る事に対して「不正確」と使うと、会話が通じなくなる可能性もあります。

そういった場合は、「大まかな」を使っておいた方が無難でしょう。

「大まかな」を正しく使いこなそう!

今回は「大まかな」という言葉について解説してきました。

「大まかな」は、日常的にあらゆる場面で頻繁に使われる言葉です。

特に人間同士においてこれから起こってくる予定や計画、スケジュールなどの概要説明においては重宝される言葉です。

しっかり言葉の意味を覚えて、正しい使い方をマスターしましょう。