CoCoSiA(ココシア)

「大まかな」とはどういう意味?使い...(続き3)

ざっくり

「ざっくり」とは、全体像だけを捉えて表現した言い方であり、大雑把という意味にもなります。

つまり細部にわたる細かさや精巧さがない状態です。

よく「ざっくりと説明してくれたらいいよ」といった感じで使われます。

相手に時間がないので、手短に要点だけを掴みたいときなどに用いられる言葉です。

ただ余談ですが、ざっくりとした説明をするというのも結構難しいものなのです。

相手がどこまで要求してくるのか、話している最中に話し手が判断しなければならないからです。

もしかしたら、あなたの説明に興味を持って核心の部分まで説明を求められるかも分かりません。

事実の外面だけを要領よくまとめて話しをするということは、かなり高度なコミュニケーション能力が必要である、と思いましょう。

ラフ

「ラフ」とは、「大まかな」とか「形式ばらない」という意味があります。

まさしく「大まかな」と同じ意味を持つ類語ですね。

よく「ラフな図面です」とか「ラフな計画書となります」という言い方をします。

ビジネスのシーンで使う場面が多い言葉の一つでしょう。

ある意味、業界の専門用語的な使い方をする言葉なのかもしれませんね。

アバウト

「アバウト」は日本語でいうところの「だいたい」や「大まか」です。

精巧さや精緻さとは反対の意味となります。

「アバウト」という言葉は今や「大まか」よりも日常的に用いる言葉になっているかもしれませんね。

一般家庭でもビジネスの現場でも学校でも会社内でも、使う場面や相手に制限はないでしょう。

ただ、便利だからといって「アバウト」や「大まかな」を頻繁に使い過ぎることは、自身のコミュニケーション能力の成長を妨げるかも分かりません。

会話の基本は相手に正しい情報を伝え合うことです。

こちらが情報不足でアバウトな言い方ばかりだったら、信用というものが育まれなくなってしまいます。

ぞんざい

「ぞんざい」とは、「いい加減」「投げやり」「粗略」という意味があります。

言葉の意味からは「大まかな」よりも印象が悪いように感じます。

「ぞんざい」からは、分からないなりにも一生懸命、相手に意味を伝えようという真摯さは感じられません。

最初から手を抜いてわざとそうしている節が見えます。

よって、大義的には同じ意味でも伝わるニュアンスは違ってきますので、的確に言葉の使い分けをしましょう。

粗雑

「粗雑」は、「いい加減で大雑把」という意味があります。

こちらも「ぞんざい」同様、真摯に相手に物事を伝えようとする姿勢を感じられない言葉と捉えられます。

また「粗雑」に扱ったり伝えるということは、相手に対する悪意すら覚えてしまいます。

例え「大まかな」と類語であっても、極力使うのを避けるべき言葉でしょう。

粗大

「粗大」とは、「荒っぽい」「大雑把」「大まか」という意味になり、「大まかな」と見事に同じ意味の言葉となります。

しかし、実際に会話の中で用いると印象が大きく違ってきてしまいます。

なにせ「粗大」のあとに「ゴミ」をつけて用いる言葉です。

あまり印象が良くないので、会話では使わない方が無難でしょう。

使う場合は、ものなど人間以外のものを対象にしている場合に限定して使った方がいいでしう。

不正確

「不正確」は、「正確」の反対の意味ですね。

すなわち「正しくない」という事になります。

正しくないのですから「大まかな」という意味でよろしいのですが、会話において使う場合は、その時の状況や場面に合わせて使いましょう。

また「不正確」という言い方は、物事の結果が出てから使う事が多いです。

これから起こり得る事に対して「不正確」と使うと、会話が通じなくなる可能性もあります。

そういった場合は、「大まかな」を使っておいた方が無難でしょう。

「大まかな」の対義語

大まかなの対義語は「細か(こまか)」となります。

細かには「詳しいさま。きわめて小さいさま。粗くないさま。」という意味があります。