CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

のらりくらり生きていくための26個の方法


「のらりくらり」と聞くとあまり良いイメージを持たないのではないでしょうか。

のらりくらりとは、「何もしないでいる様」とか、「巧みにはぐらかす」というような意味が辞書には載っています。

のらりくらり生きているとなると、働かずに生きているように受け止められてしまいますが、良い意味でのらりくらりしていたいというのも本音のところではないでしょうか?

そこで今回はのらりくらり生きていくための方法をまとめてみました。

この記事の目次

のらりくらり生きるとは?

のらりくらり生きている人はダメ人間だと思いますか?

実はのらりくらり生きることができる人はバランス感覚がすぐれていたり、肝が据わっていたりと優れているとも言えるのです。

たとえば、自分で何もかも背負ってしまうより、誰かにやってもらうまで耐えられるという技や図太さです。

これってできる人にはできるけれど、自分でやってしまったほうが早いと思っている人はどんなに心身がきつくても自分で背負いこんでしまいますよね。

案外難しいものです。

そもそも誰かがやってくれると思っていたのがやってくれなかったらどうするのでしょう?

土壇場になって自分でやらなければいけませんよ。保証はないのです。

今日できることは今日しよう!ではなく、明日できることは明日しよう!という生き方です。

能力と言えます。

能力がないからのらりくらりしているのではなく、のらりくらりする能力がないからのらりくらりできないのです。

のらりくらりしている人を見てうらやましいと思った人も多いはずです。

ちょっとしたコツをマスターすればのらりくらり術が手に入ります。

のらりくらり生きていくための26個の方法


のらりくらり生きていくための方法をぜひ身につけてみてください。

1.物事を楽観的に考える

のらりくらり生きることができる人は物事を楽観的に考えられる傾向があります。

出来ないものは出来ないと開き直れるところがあります。

のらりくらりしている人は、結果として周りに迷惑かけるかもしれないけど、ちゃんとその人の居場所があったりいるだけで価値があるという場合が多いです。

本当は仕事はできるのにやらないように見られるため、周りとのトラブルになりがちなところもあるかもしれませんが、それでもOKと言ってもらえたりします。

たとえOKと言ってもらえなくても気にしない楽観的な人がのらりくらりしている人には多いです。

なんでも自分でひっかぶらないと落ち着かない人は、のらりくらりしている人を見習ってみるといいかもしれません。

2.小さなことを気にしない

のらりくらりしている人が楽観的にいられるのは小さなことを気にしないからです。

小さなことを気にしないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

気にしないようにしようとすればするほど、できない自分を責めてしまっては元も子もありませんからね。

まずは小さなことを気にしてしまう自分を認めてみましょう。

のらりくらりしている人はその自己肯定感があるのです。

彼らも結構気になることはあるものですが、すぐに「まっいいか!」と割り切れるのです。

一度「まっいいか!」を口癖にしてみてください。

口癖や心の癖はいつか続けると習慣になり浸透していきますよ。

3.周りの目を気にしすぎない

のらりくらりできる人は周りの目を気にしすぎない傾向があります。

のらりくらりできるようになりたければぜひ見習いたいですね。

自分に対して完全主義だと周りの目を気にしてしまいがちです。

しかし、自分が思っているほど周りはたいして気にしていません。

自分だけが理想の自分にこだわっているだけなのです。

4.こだわりすぎない

何事にもこだわりすぎないようにしましょう。

こだわりすぎると苦しみの元になってしまうこともあります。

「こだわりは苦しみの元」という言葉も心の中で唱えてみましょう。

5.誰に対しても平等に接する

のらりくらりできる人は誰に対しても平等に接する傾向があります。

こだわりが少ないので、この人となら!というような人へのこだわりもあまりないのかもしれません。

多大な期待を人に寄せるわけではなく、この人がやってくれなければ他の人にやってもらえればいし、この人に嫌われたとしても別に死ぬわけじゃないし、という具合です。

ということは、自分に与えてくれる人に特別な対応をするわけではないということです。

ある意味クールなのですね。

6.何に対しても依存しすぎない

のらりくらりと生きられる人は何に対しても依存しすぎない傾向があります。

自分以外の人間や状況、物など何かに依存しないと生きていけない人、常に依存できる対象を探しているような人もいます。

のらりくらりした人は、「まっいいか」というスタンスで生きているため依存しすぎません。

人間関係に関しては最初からある一定の距離感を維持するようにするといいでしょう。

人間関係は6分くらいがちょうどいいと言われています。

自分が思うこと、感じること、行動すること、体も心もすべてが10割としたら、どんなに好きでも、気が合おうとも自分の心が占める割合を6割くらいに収めるようにしてみましょう。

7.自分を追い込まない

のらりくらりと生きられる人は自分を追い込みません。

自分を追い込むとはどういうことかと言うと「自分を苦しい立場に持っていくこと、追い詰めること」です。

人に追いつめられることは嫌ですよね。

それなのにその嫌なことをどうして自分がしてしまうのでしょうか?

ただ、自分を追い込むといってもポジティブな追い込み方もあるものです。

一方ポジティブに自分を追い込める人というのは、大変なこと、苦痛を感じることをまるでゲーム感覚で喜びを見つけられる人、目の前のタスクに集中していてその結果として質の高い仕事をすることができる人、自分の限界に挑戦することがとにかく好きな人です。

一方、ネガティブな追い込み方と言えば、頼まれると断れなくてついつい自分を追い込んでしまう人、真面目で責任感が強すぎる人、要領が悪くて手抜きができず完璧を求めすぎる人です。

良い人ではあるのですが、結局は体を壊したり燃え尽き症候群、鬱になりかねません。

8.精神を鍛える

自分は精神力があるほうだと思いますか?精神力とは、簡単に言えば気力があること、心の強さや胆力、持続力があることです。

精神力がある人はつらいことがあっても、簡単に諦めたりマイナスに考えたりせず前向きです。

その結果行動力もあります。

また、都合の悪い事態に遭遇してもあたふたしたり、取り乱したりせず落ち着いてそのときに適した行動が取れるでしょう。

精神力のある人は仕事や恋愛、家族間の人間関係、仕事そのもの、趣味などどんな場面にでも力を発揮できます。

少しのことでパニックに陥っていては自分も周りの人もやってられません。

人からは信頼されず自分も疲れてしまいます。

精神を鍛える方法は、何度も何度もいろんな経験に相対して慣れていくことが一番の近道です。

慣れるほどに経験するということは時間を要することかもしれませんが、習うより慣れろです。

のらりくらりしている人はどこかで「どうでもいい」といういい加減さがあるから、パニックに陥ることがないのです。

9.時間を気にしない


時間を気にしないということものらりくらりした人の特徴です。

何度も言いますが、のらりくらりするためには「どうでもいい」という開き直りが必要です。

少々時間に遅れようと命まで取られないという達観があるものです。

確かに面接時間や試験会場に遅れていくことはないようにしなければいけません。

仕事でお得意先に遅れて行くとまとまる商談もまとまらないかもしれません。

のらりくらりしている人も押さえるところは押さえているはずです。

10.思い切って自分のこだわりを捨てる

のらりくらり生きるためには、思い切って自分のこだわりを捨ててみましょう。

こうでなければならないというこだわりを意識的に捨ててみるのです。

料理は手作りでないといけない、お弁当を持っていかなくてはいけない、女はいつ誰にあ会っても最高の自分でいなければいけない、仕事はミスしてはいけない、部屋はいつも片付いていなければいけないなどなど。

こうでなければいけないをこの際捨ててみましょう。

11.やりたくないことはしない

今日はなんだか気乗りしないな、と思ったらやらないことです。

仕事でも友人関係でも家のことでもやりたくないことはしないことです。

やらないという選択をすることはいけないのではありません。

やらなくてはいけないことをやらなくてもいい方法を見つけてみましょう。

12.やりたいことをする

どうせ1度の人生、やりたいことをやる勇気を持ちたいものです。

やりたいと思ったらすぐに行動に移す

自分を変えたければ自分の考え方を変えなければいけませんが、考え方を変えるより手っ取り早いのが行動を変えてみることです。

行動そのものを変えるというより、やりたいと思ったらすぐに行動に移す決心をしてみましょう。

やろうと思ったのにどうしても行かなければいけない用事が入ってしまい、何も出来なくなってストレスがたまってイライラがつのったという経験はありませんか?

何かをやってストレスになるより、やりたいことができなかったストレスをかかえるほうが後々まで響きます。

でも、そんなストレスはどこ吹く風とばかりに世の中渡り歩いてるのらりくらりな人もいます。

すぐ行動に移す人です。

のらりくらりしているのでまずストレスを抱えませんし、他にもうひとつ、なにかと得をすることが多くなることです。

のらりくらりできるから本当にやりたいこと興味のあることにはすぐに飛びつけるのです。

会いたいなと思う人がいたら、すぐに会いに行くのものらりくらりした人なのです。

自分の気持ちに正直だからでしょうね。

やってみてたとえ失敗したとしても経験が手に入ります。

交友関係が広がり友達が増えるというメリットもあります。

のらりくらりしながら新しい趣味も増えます。

自分の実力もある程度どのくらいかはわかります。

思った瞬間すぐ行動に移す人は、何かとこのようにお得なことが多く満足度の高い生き方になります。

13.自己中心的になってみる

のらりくらり生きるために自己中心的な人になってみましょう。

友人の中にまた会社の同僚の中に、なんて自己中心的なんだろうと感じさせるような人が一人や二人いませんか?自己中心的な人は人から迷惑な存在だと思われがちです。

ただ一口に自己中心的な人、自己中心的な生き方と言っても良い自己中心的と悪い自己中心的があるのです。

自己中心的という意味は世界の中で自分が中心になっている、世界は自分中心で回っていると思っている人です。

人様の迷惑を考えずに行動してしまう様子のことを言っています。

お釈迦様の言葉に「天上天下唯我独尊」というのがあります。

それは自分だけが尊いという意味ではなく、私たちの性別や人種や地位や、健康かそうでないかなどとは関係のないところの人としての尊厳は皆平等に尊いということです。

それこそが本当の自己中心的ですね。

そのような気持ちで、自分を頼りに生きてみる。

少々人から陰口をたたかれようが、自分が良いと思うことや考えることを人の目を気にせず行動に起こしてみたり、反対に行動しないことを選択することがあってもよいのです。

14.人に頼る

のらりくらり生きるために人に頼ってみましょう。

人にものを頼むことが得意な人と苦手な人がいます。

人にお願いをするくらいなら自分の体が悲鳴をあげようか精神的に追い詰められようが、その方がマシという人はとても多いです。

ただ、人にものを頼める人は優秀な人が多いのです。

事業で成功を収めているような人は確かに本人の実力が優れているというのはあります。

その実力、能力の中に、人を使うことがとても上手だという共通点があります。

適材適所を見分ける力、そして自分以外の人に物を頼んでその人がちゃんとやってくれるかどうかということを気にせず信頼できるという能力に長けているのです。

先にもお話ししましたが、人が上手にきちんとやってくれるという保証はありません。

それを待つ能力があるとも言えます。

15.何も考えずにぼーっとする時間を作る

のらりくらり生きるために、何も考えずにぼーっとする時間を作ってみましょう。

日本人は特に、ぼーっとするのが苦手な人が多い傾向があります。

南の島など海外旅行している欧米人は海辺でにお気に入りの本を持ち込み、一日中日光浴をしながらぼーっとしているということがよく見られます。

日本人は海外旅行をすると、グルメ、ショッピング、お土産など朝から晩まで旅先で時間に追われているという旅をしている人がとても多いです。

長期のバカンスを取り慣れていないためと、狭い日本の中で勤勉に働いてきた習慣、そういう国民性なのですが、いつも時間に追われる生活を意識的に止めてみましょう。

16.他人と比較しない

のらりくらり生きるために必要なこと、その中の一つは他人と比較しないということです。

人からどう見られるのかということを考えるということは、人よりも優れている、自分は人よりも幸せだ、そう信じたいという思いがあり、その幸せ自体も人の幸せとの比較から生まれています。

幸せの種類も大きさも内容も、人それぞれです。

ある人にとっては心地よいことでも、ある人にとっては不快だということもあります。

あの人がこういうところが優れている、と思えばその部分が羨ましく見え、この人のこういうところが羨ましいと妬んだり、いつも他人と何かを比較している。

そんなことをしている限り私たちに満足はありません。

他人と比較しないということは難しいことだと思うなら、視点を変えて自分の目標や目的、本当にやりたいことに意識を向けてみましょう。

人と自分を比べる人は比べて自分の方が勝っていれば優越感に浸る安心できる自分の価値を比較することで見出しているのです。

そうではなくて自分の価値は自分の行動で見つけていきましょう

17.自分らしさを追求する

のらりくらり生きるために自分らしさを追求していきましょう。

自分らしさを追求するということは自分が周りの人や社会にどのように貢献できるかを考えることでもあります。

どのような人でも強みがあり、弱いところもあります。

その強みを活かして価値を生み出していくそれが自分らしさの追求です。

よく何をしていいのかわからない、自分は何をすべきなんだろうか?と言う人がいます。

それは自分らしさの追求ができていないのです。

自分らしさを本当の意味で表現できたらやりたいことは見えてきます。

18.嫌な過去は忘れる

のらりくらり生きるためには過去を忘れてみましょう。

特に嫌な過去を忘れましょう。

嫌なことを忘れるために一番有効な方法は「感謝」です。

感謝はどうして生まれるかと言うと人智を超えた力、自分の力ではどうしようもなかったそういうものが与えられている時に感謝の念が湧いてきます。

自分が幸せになるためだと思って感謝できることを探してみましょう。

感謝探しをしてみるのです。

誰のためでもない、まずは自分だけのために感謝をします。

あなたの身の回りでなんだかのらりくらりしてるよなという人をよく観察してみてください。

不平不満があるような顔をしながらのらりくらいとはしていないと思いませんか?のらりくらりした人はある意味感謝上手なのです。

自分の力でなにがなんでも前に進もうという傲慢さがないと言えます。

不平不満だらけののらりくらりとした人というのはただの怠け者です。

感謝をすることのメリットはたくさんあります。

私たちは感謝している時は不平不満の気持ちが持てないのです。

それがわかれば不平不満のない人生を過ごそうと思えば感謝すればいいということになりますよね。

19.無理に将来の事を考えない

あなたは将来のことが心配ですか?朝のラッシュ時、周りを見渡してみるとみんなつまらなそうなしかめっ面をしている人がとても多いですね。

これからまた仕事に行かなければいけない、何かわからないけれどもイライラや不安を募らせている人もとても多いです。

この不安こそが私たちの心を不自由にさせる原因の一つなのです。

不安を感じるなと言われてもそれじゃあどうすれば良いのでしょうか?

私たちの悩みのほとんどは人間関係、お金、健康です。

これらの悩みのほとんどは今を生きることで悩まなくていいことです。

もちろん、健康を害して明日をも知れぬ命だという場合は、残された人のことを考えると苦しいかもしれません。

でも今生きてるという真実にのみ焦点を合わせればその苦しみも軽減されるのではないでしょうか?

それは健康な人が言うセリフであって実際その立場になってみろ、と言われるかもしれません。

ただこの世の中の人誰一人として死なない人はいないのです早いか遅いかの違いです。

将来どうなるかを考えるのではなくあえて考えないようにしてみましょう。

腹をくくるとのらりくらり生きていけるのです。

何も考えないということときちんと計画を立てるということは両立できます。

やることだけをやったら後はあれやこれや考えない。

なにもずっと何も考えないでいろ!というのではありません。

あれやこれや考える時間を意識して保つようにする、それが大切です。

20.今を楽しむ

今を楽しむ秘訣は自分は隣の芝生が青く見えないということです。

今を楽しめない人は隣の芝生は青い、自分の家の芝生は枯れている美しくない、そう思っているのです。

明日死ぬとわかったら何をしたいですか?明日死ぬとわかったら後悔はないですか?

細かな後悔はあるでしょう、小さな残念だと思うこともあるでしょう。

でも概ねこれでよし、まあまあ楽しめたな、やりたいことはあったな、そう思えればいいのです。

明日死ぬとわかったらあなたは大きく後悔しないでしょうか?

まだ死なないと思っているから色々な事を先延ばしにし、不平不満の気持ちが出てくるのです。人生楽しんだ者勝ちです。

ないものを数えるのではなく、自分がどれだけのものを持っているのかを数えてみましょう。

長い人生のようですが人生は短いのです。

いつまでも続くと思わず明日死んでもいいと思えるような生き方をしましょう。

のらりくらりとした人はのらりくらりとしているだけではなく、自分がやりたいこと楽しみたいことに焦点を当てて自分がやりたくないことに焦点を当てない、そういう面があるから周囲からのらりくらりと見えるのです。

21.苦手な人と距離を置く

苦手な人と距離を置いてみましょう。

先ほどお話ししたように人生は短いのです。

嫌いな人に煩わしい思いをさせられる必要はないのです。

距離を置くというのはもちろん肉体的物理的な意味もありますが、会っていない時はその人のことを思い浮かべたりあれやこれや考えないようにするのです。

会っていない時、目の前にいない時に「今度あいつに会ったらこういう事を言ってやろう」「あいつはあの時こんなことをした」と考え続けるより、自分の一分一秒を大切にしましょう。

22.諦める勇気を持つ

のらりくらりと生きるために諦める勇気を持ちましょう。

不治の病、大失恋、仕事の失敗や破産、ちょっと極端なお話ですがどんなに大きな困難でも諦めてしまえばそれは悩みとは言えないですよね。

今この記事を読んでくださる方はそこまで切羽詰まっていらっしゃらないかもしれません。

でも今ちょっと気になってること、困ってること、小さな悩み、全てはないかと諦めてしまえばそれで解決すると言っても過言ではないですよね。

のらりくらりしている人は諦め上手です。

諦めると弱虫で情けない人そういうイメージがあるのかもしれませんが、諦められる人というのはとても勇気のある人で、本当は強い人なのです。

23.周りの価値観や意見に左右されない

諦める勇気を持つことが難しい理由のひとつに、周りの価値観や意見が邪魔をするからということがあるでしょう。

周りの価値観や意見が自分の価値観や意見にすり替わってしまい、がんじがらめになることがあります。

しかし周りは周り、自分は自分と諦めることも大切です。

24.1日1日を大切にする

これらのことを自分自身に言い聞かせ実践すると、自分の1日1日が大切に思えてくるはずです。

「今日しかない」という意識で過ごしてみてください。

まずは1日目、自分の人生は今日しかない、そして次の日も今日しかない、そういうことを続けてみてください。

25.自分に自信を持つ

1日1日を大切にしていけば自分に自信が持てます。

自分に対する愛情のようなものを感じ、自分を大切にすることの喜びを感じることでしょう。

才能があるから自信があるのではないのです。

人より優れているから自信を持てるわけではないのです。

ただここにいて息をして生きているそれが許されている自分は何もしなくても存在価値があるんだ、そう思えることが自信なのです。

26.小さな幸せを見つける

最後に一つ毎日やっていただきたいことは小さなことでいいので幸せをみつけていくことです。

本当に小さなことでいいのです。

「今日はあれを食べたいな、と思って食べられたら食べたいものが食べられた!」
「今日はあの人とお話をしたいなと思って話ができたらお話ができた!」
「部屋に飾ってる小さな花がかわいいな」

本当に何でもいいので、そんな日々の小さな幸せを見つけましょう。

せっかくの人生をのらりくらりと生きてみよう!

せっかくの人生です。

あくせくしても仕方ありません。

誰の目も気にせずのらりくらりと生きてみましょう。

もちろん人に迷惑をかけることは悪いことですよ。

でも人への気遣いを一旦脇に置く勇気を持って、のらりくらりと生きていく練習をしてみてください。

ページトップ