中間子であるそこのあなた!そして気になる相手が中間子である場合に、「中間子ってどうして他の生まれ順の人たちに比べると○○なんだろう」と自分や自分以外の中間子の人に感じたことがあるのではないでしょうか。

中間子は、長子や一人っ子、末っ子とは性格が異なります。

特に中間子は、親にとって一番目の子供や、末っ子には感じられない何かを感じながら生きてきたのです。

だからこそ他の人たちが理解しにくい中間子の性格的特徴を持っています。

さらにその特徴を持っているからこそ、恋愛傾向もそれぞれ異なるのです。

ということで、この記事では中間子の性格的特徴と恋愛傾向をご紹介しています。

中間子の性格を理解しておけば、恋愛傾向もわかり、さらに中間子にピッタリの相手がどのようなタイプなのかまでもわかります!

ぜひこの記事を読んで、中間子の性格を読みほどいていってくださいね。

間に挟まれる中間子は謎が多い?!

中間子とは、生まれる兄弟の順番において上の兄や姉と下の妹や弟に挟まれている人をいいます。

例えば、3人兄弟で2番目に生まれた場合、4人兄弟で2番目および3番目に生まれた場合が中間子ということになります。

そのように中間子と呼ばれる人たちは、そうではない人たちに比べると「どこか変わっている」と思われがちです。

あなたが中間子である場合には、友達やこれまでにかかわった人たちから「変わってるね」「見た目と違うんだね」なんて言われた経験があるのではないでしょうか。

それは中間子だからこそ持っている特徴によるものでしょう。

なので、「変わっているね」とか「謎が多い人だからあまり関わりたくない」なんてマイナス要素を含んだ言葉をもらったとしても落ち込む必要はありません。

では、どうして中間子の方はそのように思われてしまうのでしょうか。

その理由がわかったとき、あなたはご自身のことをよく理解できるとともに、周りの人から向けられている視線も気にならなくなるかもしれません。

起業家や政治家に多い

企業の社長さんや起業家、さらには政治家には中間子が多いと言われています。

中間子ってちょっと変わっているよね…と言われる”人とは違う変わっている部分”を利用することで、他の人が行わないことを実行することができているということになります。

社長になる人には変わっている人が多いとも言われます。

会社をまとめ、働く人々を引率するのには多大な苦労をともなうものです。

そこでド真面目に働いてしまったり、それらに取り組んでしまうと心が折れてしまうこともあります。

しかし、中間子はその面において少し変わった感情を持ちやすいため、継続することができるんです。

さらに他の人では思いつかなかったようなすばらしいアイディアを出すため、多くの人望を集めることもあります。

中間子の15個の性格的特徴


周りにいる中間子の方たちを見て、あなたは彼らの性格をどのように見ているでしょうか。

なんでも持っていて、それでいて自分の意見も主張できてすごいなあ…なんて感じている人もいれば、なんだか何を考えているのかわからなくてなかなか近づきにくい存在だとマイナスで捉えている方もいるかもしれません。

そんな謎の多い中間子の性格的特徴をこれからご紹介していきます。

あなたが中間子である場合には、あなたには本来どのような力が備わっているのかを確認するつもりで確認してみてください。

1.世渡り上手

中間子は、世渡り上手な人が多いです。

よく一般的には、末っ子が一番世渡り上手だ…なんて言われるものです。

時には、長子(一番上に生まれた人)のほうが親から様々なことを一番にたくさん習っているので世渡り上手なんて意見もあります。

しかし、実際に世渡り上手なのは中間子と言われています。

理由として、中間子は長子の周りとの関わり方を見ています。

そして「こういうときにはこうするべきだ」と常に学んでいるんです。

さらに、弟や妹ができることによって、両親からはお兄さんお姉さん扱いされるようになります。

そうすると本当は両親にまだ甘えていたい気持ちがあるものの、それらを強制されるようになるわけです。

そんなことを受け入れるわけにはいかないために、自分を両親に見てもらえるように怒られない程度にアピールする方法を学びます。

その結果として、世渡り上手な大人へと進化していくのです。

自分の売りどころをわかっている、ということですね。

2.前向き

中間子は、前向きな性格をしている傾向があります。

いわゆるポジティブな性格をしていることが多いのです。

これまた兄弟の関係図に由来します。

今は中間子であっても、一時はいわゆる末っ子の時期もありました。

その際には、両親の愛情だけではなく兄や姉の愛情も受けて育ちます。

さらに下に新しく兄弟がうまれると、その新しい生活の中でも両親に自分の存在を見せつけることを自然と身に付けます。

つまり、「どうにか行動することによって自分の願望をかなえることができるんだ」と小さいながらに知ってしまうわけなんです。

その気持ちが軸となっているので、幼少期から「これはできる」という根拠のない自信を持って前向きに挑戦することができます。

たとえ失敗するようなことがあっても、常に前向きでいる姿勢は変わらないため大人になってもポジティブ思考を持つ機会が多くなるんです。

3.芯が強い


中間子には「これはこうするべきだ」「こういうことは絶対に手を出すべきではない」など、ゆるぎない信念のようなものがあります。

中間子は、両親だけではなく上の兄弟からも「これはこうするべきなんだよ」と教えられて育っています。

さらにそのことについて下の弟や妹たちにも伝えているため、2重にも3重にもその事項を確認していることになります。

大人になればその効果は薄らぎますが、子供の時点であることに関して何度も何度も繰り返し言われたり、自分でもそのことについて誰かに解説するような機会があると、次第に自分自身にその情報を刷り込むことになります。

つまり、自分自身の軸のようなものが出来上がるのです。

そのため、中間子は必然的に芯の強い性格へと成長しています。

4.面倒見が良い

中間子は、上の兄弟だけではなく下の兄弟もいます。

なかには、下に数人の弟や妹がいるケースもあるでしょう。

それに弟や妹が生まれるとたいていの家庭において、その両親たちは中間子にも「兄や姉になること」を自然と強要してしまいます。

さらに、優しい心の持ち主であったり、両親が困っている姿を放っておけない気持ちを持っていると、両親が言わなくても勝手に弟や妹のお世話をすることもあるんですよね。

なので、中間子は面倒見が良い性格をしています。

特に上の兄弟がその中間子に対して、面倒見の良い状態でいると「こうするのが当たり前なのだ」と感じます。

そして、中間子は自分より幼い子供たちに対しては面倒見の良くなる傾向があります。

5.要領が良い

中間子は、いつだって上の兄弟の失敗を見てきました。

上の兄弟が失敗してさらにそのことに対して両親から怒られている姿も見ています。

その結果、自分自身は絶対にあのような失敗をするべきではないと教訓にすることが多いのです。

さらに下の兄弟の面倒を見ておけば、両親からとがめられる回数が減ってくることも次第に理解します。

3人以上の子供をお世話する親にとって、少しでも育児の負担が減ることは精神的なイライラを遠ざける最良のやり方でもあるんです。

そのようにやってはいけないこと、やるべきではないことを学び、さらに自分自身が生きやすい状況を作り出すことができます。

そのため、中間子は”要領が良い”と言われるのです。

6.仲介役になることが多い

中間子は、大人になるほどに仲介役になることが多いです。

仲介役とは、喧嘩している2人の間に入るとか話し合いを求めている両者の間に入ることにより、その両者の抱えているわだかまりを解消するために、話をまとめる役割のことです。

あなたも実際に経験したことがあるのではないでしょうか。

誰かが喧嘩していてその間に入って仲介するなんて、はっきりいってめんどうくさいものです。

相手の意見を代弁し、また別の相手が理解しやすいように伝える役割も持っているからです。

しかし、中間子は幼いことから上の兄弟と下の兄弟の間に入り、仲介する機会が多かったんです。

時には両親同士の喧嘩、さらには両親と兄弟の喧嘩…などなど。

その経験から大人になっても、ついつい喧嘩しているような人たちを見ると間に入ってあげたくなってしまうんですよね。

7.負けず嫌い

中間子は負けず嫌いであることが多いです。

なぜならば、上の兄弟にも下の兄弟にも両親からの愛を奪われたくないという心理を持っていたからなんです。

上の兄弟は下の兄弟である中間子に対してその座を奪おうという考えを持っている方は少ないものです。

それでも兄弟の人数が多ければ多いほどに、「お母さんは僕だけを見ていてほしいんだ!」なんて思っていた方が多いのです。

あなたもそのような経験はありませんか?

特に下の兄弟ができると、それまでにはほぼ独占することができていた両親の愛情を奪われる危機を感じることになります。

その結果として、他の兄弟との競争を勝ち抜くことで心の安定さを保ってきました。

そのため、何をするにしても負けず嫌いである傾向は、大人になってからも変わることはないんです。

幼い頃にご両親が別け隔てなく子どもたち全員に同じ愛情を注げればいいのですが、誰しも初めて親になることが多いためそれができません。

だからこそ、中間子は大人になってもずっと負けず嫌いでいる事が多いのです。

8.空気を読む力がある

これまでにもお伝えしてきましたが、中間子は上の兄弟の失敗や人との関わり方や下の兄弟の人への甘える方法を見て育ってきました。

そのため、人一倍他の兄弟に比べると空気を読む力を持っている傾向があります。

こんなときはこうしておくべきだ・・・なんてもともと持っている考え方から、リアルタイムで起こっている現象に対してどのように接するべきなのかを考え、さらにその状況に適した方法で対応することができます。

そのように適した方法を判断するためには、周りにいる人達の気持ちをおおまかでも読み解く必要があるんですよね。

中間子は、幼い頃からよく周りにいる人たち(兄弟や両親)の気持ちを察して行動しているために、周りの人たちの気持ちを読み解くのもとても上手です。

9.人間関係の達人

中間子は、空気を読む力だけではなくそのために周りにいる人達に気持ちを読み解くすべも持っています。

それは中間子として生まれたからこそ、幼い頃に知らないうちに獲得した能力でもあるんですよね。

だからこそ、それらをまとめていうと中間子は人間関係の達人ともいうことができるんです。

相手の立場になって考えることができて、更に周りにいる人達の気持ちを害することなく、自分の意見を述べて出世街道を歩むことができるからです。

他の人達が手に入れたいと感じていることを、すんなりとこなしては手に入れることができるのが中間子でもあるんです。

もしも、あなたが中間子であっても「そんなことない!」と思うのであれば、まだその才能が開花されていないだけです。

もっと自分を信じて、前に突き進む力も必要となります。

10.策略家

中間子はとても考えるのが上手です。

何をするにしても計画的に進めていくので、いわゆる策略家ということができるでしょう。

成功するためにはどのような条件が必要なのか、今何をするべきなのか、どうしたらいいのか・・・を考えることができます。

これまた、先を見通す力がなければできないことです。

中間子の方は、幼い頃から兄弟や家族との関係を培う中で未来を予見し、更に計画して行動することの大切さを学んでいることもあるんです。

そのため、中間子の方がトップに立つと何事も計画はうまくいくようになります。

11.自立心が強い

自立とは、経済的にも精神的にも1人で立つことができる状況を言います。

もっとわかりやすく言うと、自分の気持ちを自分でしっかりコントロールして、怒りの感情などを消化することができる、人に当たり散らすのではなく、自分の心の中もしくは自分特有のやり方によってその気持ちを解消することができる状況です。

さらに経済的自立といえば、実家に住み続けるのではなく自分の名前で家を借りたり購入し、自分一人でも生計を立てていける状況をさします。

中間子は、幼い頃から「早く働きたい」とか「一人暮らしがしたい」と夢見て、それを実現しているケースが多いです。

1人でなんでもできることが分かっている、それも行動力も持ち合わせているからこそそう感じるのでしょう。

12.協調性がある

中間子は、一人っ子に比べると協調性があると言われています。

兄弟がいると社会生活に出る前にプレ社会生活を過ごすことにもなるんですよね。

相手が何を考えているのかをなんとなくでも察して、その気持ちに対して行動する。

喧嘩をしないでお互いに気持ちの良い状況でいられるようにする。

そのように幼い頃から、さまざまな人々と関わる機会を持ってきたために協調性のある大人に育ちやすい傾向があります。

さらに中間子は、上の兄弟と下の兄弟とに挟まれる間にいるために両者の仲介役をする役割も担ってきました。

自然と協調性が育つのもなんとなくわかりますよね!

13.冒険心がある

中間子は、冒険心も持っています。

もっとやってみたい!あれにチャレンジしてみたい!なんて、周りの人であれば誰も手を出さないようなことにさえも手を出すのです。

そのため、政治家や起業家になるとこれまでにこの世の中に登場しなかったような政策や会社の業績を残すことができるようになるんです。

冒険心が持てるということは、何に対しても前向きに捉えることができるということでもあります。

つまり好奇心旺盛であって、世界を常に新しい視線で見ることができるような心の柔軟さも持ち合わせているということなんです。

14.現実主義

冒険心があり周りの人たちが手出ししないようなことでもやってしまう中間子。

しかし、ときに現実的に物事を見すぎてしまい前に進めなくなってしまうこともあります。

つまり、中間子は好奇心旺盛な部分も持っていれば、その反面で冷静に物事を見てしまうような現実主義の面を持っているんです。

その冷静な目は、上の兄弟が怒られていたことを見ることで「自分が怒られないためにはどうするべきか」を学んできたことに由来します。

常に冷静に物事を見てジャッジするため、失敗する回数も減らすことができます。

そのため、中間子の人はいつも失敗なんてしないように感じるのです。

15.ムードメーカー

中間子は、兄弟の中でも家族の中でもムードメーカーでいることが多いです。

なぜならば、周りの人たちが笑っていてくれることが一番の嬉しさである可能性が高いからなんです。

中間子は、良くも悪くも家族の悪い面や兄弟や両親の喧嘩などを見てきました。

そんな状況では誰もが居心地が良いと感じないもの。

そこで自分だけでも明るく面白くいるだけで周りの人たちを癒やすことができたとわかると、「こうやって周りの人たちを明るくしていけばいいのか」と少し無理してでもおちゃらけきゃらを演じていることも多いものです。

中間子の10個の恋愛傾向

これまでに中間子の性格についてお伝えしてきました。

では、そんな性格を持っている中間子が恋愛をしたらどのように変わっていくのでしょうか。

恋愛面においても変わった人として捉えられやすいのでしょうか。

ここでは、中間子の恋愛傾向をお伝えします。

1.ロマンチスト

中間子の方は、ロマンチストであることが多いです。

まるで映画やドラマに出てくるような恋愛の状況に陥るだけでドキドキして夜も眠れないほどに!

そのため、お付き合いをスタートさせる愛の告白やプロポーズには、とてもロマンチックな情況にすることを想像しています。

そのため、少しでもロマンチックではない状況になるとその恋も冷めてしまうこともしばしばです。

2.一目惚れしやすい

中間子は、常に周りの状況を見て動いています。

そのため、周りに対する洞察力は人知れぬもの。

だからこそ、周りの人とはちょっと違う雰囲気をしていたりすると、それだけで「他の人とどこか違う」といって恋に落ちてしまう傾向があります。

それも一目惚れしてしまうために、一瞬でも好きになってしまえば周りの声は聞こえなくなってしまうこともあります。

通常モードの際には、絶対に近づかないような異性でも好きになるので恋愛に関しては問題を起こすこともあるのが中間子です。

3.恋の駆け引き上手でモテる

中間子は、相手の心を読むのが上手です。

それに駆け引きなるものは、通常の会話でも取り入れては楽しんでいるもの。

そのため、恋の駆け引きでモテることがあります。

実はそれも中間子の計算通りなんていうことも…。

恋愛するにあたって注意すべき人物こそ中間子なのかもしれません。

4.相手の好みに合わせて自分が変わる

中間子は、両親に気に入られるために両親の求める姿に変わってきました。

そのやり方は今でも変わっていないため、気になる人ができるとその人の好みをリサーチし、さらにその好みの相手に変化します。

つまり、相手の好きな色に染まることができるということです。

5.付き合ってから結婚までが早い

中間子は、付き合ってから結婚までが早い傾向があります。

それは、その相手を他の誰かに取られたくないという独占欲からきています。

また、なかには少し手が早いために子供を授かってからの結婚になるケースも少なくありません。

6.素の自分でいられることにこだわる

中間子は、幼い頃は自分を偽ってきた部分も持っています。

本当はそんなことしたくないのに両親に気にいれられたいがためにやってきた、なんてこともあるんです。

そのため、素の自分でいることにこだわり、そうさせてくれる相手を選ぶ傾向があります。

7.1人の時間も大切にしたい

恋愛をすると常に好きな人と一緒にいたくなるものです。

しかし、中間子は自分のひとりの時間も大切にしているため、長い時間好きな人といるのが苦痛に感じることもあります。

嫌いになったわけではないため、そのことで恋人としばしば喧嘩になることもあります。

8.積極的

恋愛に対して積極的に行動するのも中間子の特徴です。

もともと気になることには周りの目を気にせず行うところがありますから、好きな異性ができてしまえばどうしても「もっと知りたい」気持ちで一杯になってしまうからです。

9.相手の肩書きにこだわらない

誰しも少しは相手の肩書きが気になってしまうものです。

しかし、中間子は肩書きにこだわらない傾向があります。

なぜならば、肩書なんてあまり意味をなしていないことに気づいているからです。

幼いころに怒られていた姉よりも、自分が成長してその真似をしないことだけで自分自身が優位に立つこともあったからです。

10.愛してほしい気持ちが人一倍大きい

中間子は、両親からの愛情を得るために必死に生きてきました。

その中で愛情を獲得することができたとしても、それは不確かなものでした。

そのため、何歳になっても愛情不足が続いています。

なので愛してほしい気持ちが人一倍強い傾向があります。

だからこそ恋人とお別れすると、すぐに新しい恋人ができるということもよくあります。

中間子と相性の良いタイプは?

中間子の性格や恋愛傾向を知って、あなたはどのように感じましたか。

あなたが中間子である場合には、「まさにそのとおりだ!」と感じたこともあるのではないでしょうか。

また、あなたの周りに中間子がいる場合には「ふむふむ・・・」なんて初めて知るところも多かったかもしれないですね。

では、そんなちょっとわがままでわかりにくい面を持っている中間子と相性が良いのはどのようなタイプなのでしょうか。

ここでは、中間子の相性と良いタイプをご紹介していきます!

恋愛は「末っ子」

もしも中間子が恋愛するのであれば、相手は末っ子が相性がいいでしょう。

なぜならば、中間子はこれまでに自分の兄弟・・・それも特に上の兄弟の失敗を教訓に生きてきました。

そのため、自分の兄弟ではなくても相手が長女・長男ある場合にはどことなく見下してしまっていることが多いのです。

しかし、末っ子だと「何もできないところ」などを見ていましたし、自分の兄弟のお世話もしていたことから「しっかり大切にしていこう」という気持ちが芽生えやすい傾向があります。

友達と結婚は「中間子」

もしも中間子と結婚を考えている場合には、相性が良いのは同じ中間子です。

友達になるのも同様です。

結婚も友達も長い付き合いになるものであり、良いところも悪いところも含めてお互いのことをしっかり把握する必要があります。

お互いに中間子であれば、お互いに同じ境遇で生きてきたこともありますから、いわゆる”あうんの呼吸”で関係を築き上げることができるのです。

仕事は「一人っ子」

仕事をするパートナーは、一人っ子が相性がいいでしょう。

一人っ子は常に自分の考えを持ち、さらにその考えをもとにマイペースに行動しています。

中間子は、相手の心を読みつつ一緒に行動できる人がいいため、とても相性が良いのです。

例えば、中間子の方がアイディアを出し、一人っ子の方がそのアイディアをどんどん売り出していくなんていうのが理想のスタイルになります。

不思議な魅力を持った中間子と仲良くなろう!

今回は、謎が多いと言われている中間子について特集してきました。

中間子の性格や、中間子が恋愛した際にはどのように変化してしまうのかまでもお伝えしてきました。

また、相性の良いタイプもお伝えしてきました。

あなたが気になっている人との相性はいかがでしたか。

とはいえ、どのような人間関係においてもお互いがお互いのことをしっかり尊重し、さらに大切にすることで長続きしていくものです。

中間子であるという特徴を自覚し、その良さをどんどん伸ばしていけることを願っています。