CoCoSiA(ココシア)

中間子の性格的特徴15個と恋愛傾向!相性の良い相手はどんなタイプ?


中間子であるそこのあなた!そして気になる相手が中間子である場合に、「中間子ってどうして他の生まれ順の人たちに比べると○○なんだろう」と自分や自分以外の中間子の人に感じたことがあるのではないでしょうか。

中間子は、長子や一人っ子、末っ子とは性格が異なります。

特に中間子は、親にとって一番目の子供や、末っ子には感じられない何かを感じながら生きてきたのです。

だからこそ他の人たちが理解しにくい中間子の性格的特徴を持っています。

さらにその特徴を持っているからこそ、恋愛傾向もそれぞれ異なるのです。

ということで、この記事では中間子の性格的特徴と恋愛傾向をご紹介しています。

中間子の性格を理解しておけば、恋愛傾向もわかり、さらに中間子にピッタリの相手がどのようなタイプなのかまでもわかります!

ぜひこの記事を読んで、中間子の性格を読みほどいていってくださいね。

間に挟まれる中間子は謎が多い?!

中間子とは、生まれる兄弟の順番において上の兄や姉と下の妹や弟に挟まれている人をいいます。

例えば、3人兄弟で2番目に生まれた場合、4人兄弟で2番目および3番目に生まれた場合が中間子ということになります。

そのように中間子と呼ばれる人たちは、そうではない人たちに比べると「どこか変わっている」と思われがちです。

あなたが中間子である場合には、友達やこれまでにかかわった人たちから「変わってるね」「見た目と違うんだね」なんて言われた経験があるのではないでしょうか。

それは中間子だからこそ持っている特徴によるものでしょう。

なので、「変わっているね」とか「謎が多い人だからあまり関わりたくない」なんてマイナス要素を含んだ言葉をもらったとしても落ち込む必要はありません。

では、どうして中間子の方はそのように思われてしまうのでしょうか。

その理由がわかったとき、あなたはご自身のことをよく理解できるとともに、周りの人から向けられている視線も気にならなくなるかもしれません。

起業家や政治家に多い

企業の社長さんや起業家、さらには政治家には中間子が多いと言われています。

中間子ってちょっと変わっているよね…と言われる”人とは違う変わっている部分”を利用することで、他の人が行わないことを実行することができているということになります。

社長になる人には変わっている人が多いとも言われます。

会社をまとめ、働く人々を引率するのには多大な苦労をともなうものです。

そこでド真面目に働いてしまったり、それらに取り組んでしまうと心が折れてしまうこともあります。

しかし、中間子はその面において少し変わった感情を持ちやすいため、継続することができるんです。

さらに他の人では思いつかなかったようなすばらしいアイディアを出すため、多くの人望を集めることもあります。

中間子の15個の性格的特徴


周りにいる中間子の方たちを見て、あなたは彼らの性格をどのように見ているでしょうか。

なんでも持っていて、それでいて自分の意見も主張できてすごいなあ…なんて感じている人もいれば、なんだか何を考えているのかわからなくてなかなか近づきにくい存在だとマイナスで捉えている方もいるかもしれません。

そんな謎の多い中間子の性格的特徴をこれからご紹介していきます。

あなたが中間子である場合には、あなたには本来どのような力が備わっているのかを確認するつもりで確認してみてください。

1.世渡り上手

中間子は、世渡り上手な人が多いです。

よく一般的には、末っ子が一番世渡り上手だ…なんて言われるものです。

時には、長子(一番上に生まれた人)のほうが親から様々なことを一番にたくさん習っているので世渡り上手なんて意見もあります。

しかし、実際に世渡り上手なのは中間子と言われています。

理由として、中間子は長子の周りとの関わり方を見ています。

そして「こういうときにはこうするべきだ」と常に学んでいるんです。

さらに、弟や妹ができることによって、両親からはお兄さんお姉さん扱いされるようになります。

そうすると本当は両親にまだ甘えていたい気持ちがあるものの、それらを強制されるようになるわけです。

そんなことを受け入れるわけにはいかないために、自分を両親に見てもらえるように怒られない程度にアピールする方法を学びます。

その結果として、世渡り上手な大人へと進化していくのです。

自分の売りどころをわかっている、ということですね。

2.前向き

中間子は、前向きな性格をしている傾向があります。

いわゆるポジティブな性格をしていることが多いのです。

これまた兄弟の関係図に由来します。

今は中間子であっても、一時はいわゆる末っ子の時期もありました。

その際には、両親の愛情だけではなく兄や姉の愛情も受けて育ちます。

さらに下に新しく兄弟がうまれると、その新しい生活の中でも両親に自分の存在を見せつけることを自然と身に付けます。