「わかりみ」という若者がよく使っている言葉の意味をみなさんはどれくらい理解されていますか?

若い子に「わかりみ〜」と言われても、それがどういう意味なのがハッキリとわかっていないため、曖昧なリアクションをしかできず、思い切って「わかりみってなに?」と聞く勇気もないという人も多いと思います。

今回は、そんな若者言葉である「わかりみ」の意味や具体的な使い方についてご紹介していきます!

「わかりみ」の意味や使い方を学ぼう!

「わかりみってどういう意味?」と思い切って聞くことができればよいのですが、「え?そんなことも知らないの?」とおばさん扱いされるのがなんとなく嫌という大人女子は意外と多いと思います。

こちらで詳しくわかりみの意味と使い方を解説していきますので安心してくださいね。

意味と使い方を理解してしまえば、明日からはあなたも若者言葉をなんでもない顔で使うことができるはずです♪

若者言葉である「わかりみ」

若者言葉というのはどの世代でも必ずあるもので、自分たちが若者だった頃は当然のように流行にのってその若者言葉を使っていたと思います。

しかし、それが歳を重ねると今では流行の若者言葉についていけない…という人も多いのではないでしょうか。

2017年頃から使われるようになった若者言葉である「わかりみ」というのは、今では当然のように若者の間で使われていますよね。

LINEやTwitterなどのSNSで流行


主に若者の間でよく見かけるのは、LINEやTwitterなどのSNSかもしれません。

SNSでは、若者が自分の言葉を好きなように発信するものなので、自分たちが使っている日常語をそのまま発信することが多いため、若者言葉が自然と多くなる傾向があるのでしょう。

「わかりみ」の意味

では、実際に「わかりみ」という若者言葉の意味について詳しく解説していきます。

知ったような気になって使ってしまうと、間違っていた場合にとても恥ずかしい思いをしてしまうので、正しい知識を持って使うようにしましょうね。

「わかる!」というニュアンス

わかりみという言葉は、2017年頃から使われるようになった若者言葉ではありますが、夏目漱石の小説「道草」に出てくる表現で「淋し味(さびしみ)」という言葉があります。

これは、夏目漱石が寂しさを表現する言葉を名詞化させたものなのですが、同じように「わかりみ」は「わかる」というニュアンスになります。

「わかる」を名詞化させたもの

誰かの発言に対して、自分も同じ意見であるということを伝えたいときなどに、「わかるわかる!」と相槌をうつことがあると思いますが、このような場合に使うことができるように「わかる」を名詞化させたものが「わかりみ」という言葉なのです。

若者の間でとにかく流行りだしたわけですが、いつ誰が発信したのがきっかけかというのはハッキリと分かっていません。

「わかりみ」の使い方


では実際に、「わかりみ」はどのような場面で使うことができるのでしょうか?

「わかりみ」の使い方について詳しくご紹介していきます。

相手の価値観や考え方に合ったとき

「わかりみ」という言葉は、相手の言葉に共感を伝えたいときに使うことができるため、相手と自分の価値観や考え方が同じだ!と自分で感じたときに「わかりみ〜」と使うことができます。

自分とあなたと同じ意見ですということが一言で伝わりますね。

驚くほど自分の中で共感したとき

テレビの内容などでも、自分の中で驚くほど共感できるときがありますよね。

そんなときに「すごいわかりみ!」と使うことができます。

両親や祖父母からしたら「何を言っているの?」と意味が伝わらないこともあるかもしれませんが、その場合はわかりみの意味を解説してあげてください。

文章よりも相槌として使うことが多い

「わかりみ」という表現は、日頃の人との会話で相槌がわりに使うことが多いため、手紙などの文書で使う場面というのはあまり多くないかもしれません。

「すごくわかりみなんだけど、それってさ、こうだよね」という表現なら使うことができますが、文章にするのにあえてそこでわかりみと表現する人は少ないのかもしれません。

相槌として使うからこそノリがよく楽しく使うことができるのです。

友達との会話などフランクな場で使う

わかりみを使う場面としてふさわしいのは、もちろん友達との会話などフランクな関係の相手のみになります。

目上の人と会話をするときに「わかりみ」を使ってしまうと、TPOに合っていない場合が多くなってしまうため気をつけましょう。

「わかりみ」を使ったフレーズ

では、わかりみを実際に使う場合にどのようなフレーズがあるでしょうか?

こちらで、わかりみを使ったフレーズをいくつかご紹介したいと思います。

わかりみが深い

「今回のドラマの主人公の気持ちはわかりみが深いよ!」というのは、簡単に言うと「すごくよくわかる!」という意味合いです。

わかるよりも凄さを表現したいために「深い」を付け足していると考えて良いでしょう。

「わかりみが深い」と言われたときは、その人はすごく共感してくれて、自分の言葉をよく理解してくれたと解釈して良いでしょう。

わかりみしかない

「わかりみしかない」というのは、共感しかしていないという意味です。

あなたの考えや価値観に対してまったく自分は反対意見がないということです。

これを友達に言われたらその人とはとても気が合うのかもしれませんね。

「うんうん。わかりみしかない!ほんとにそうしたいよね」などと、相手に同調するフレーズで使うことができます。

めっちゃわかりみ

「めっちゃわかりみ」は、わかりみが深いによく似ていますが「とても共感できる」という意味です。

ただのわかりみだけではどうしても物足りないときに、付け足して使うことでどれくらい強く自分が共感しているかを表現することができるのです。

「それめっちゃわかりみなんだけど〜」など、友達に言われたら盛り上がりそうです。

わかりみが強い

こちらの「わかりみが強い」は、わかりみが深いにとてもよく似ています。

「わかりみ」よりも強調したいときに使うと良いでしょう。

「話を全部聞いてみたけど、わかりみが強い!」などと友達の意見に同調したいときなどに使うことができます。

わかりみがすごい

「わかりみがすごい」とは、こちらも同じくわかりみが深い、強いによく似ています。

「最近自己啓発本にはまってるんだけど、この本のわかりみがすごいんだよね」などと使うことができます。

「わかりみ」以外の「〇〇み」

わかりみの使い方やフレーズをご理解いただけたところで、わかりみ以外の「み」のつく若者言葉をご紹介したいと思います。

なにかの感情を表す若者言葉は、じつは「わかりみ」以外にもたくさんあります。

同じようにどれも「み」が語尾につくのが面白いんですよ。

それでは、ご紹介していきます。

「バブみ」

「バブみ」と聞いて最初に連想するのは赤ちゃんの喃語の表現として使われる「バブバブ〜」という言葉ではないでしょうか。

この言葉の通り、「バブみ」とは赤ちゃんにお母さんが抱く母性を表現したいときに使われる若者言葉のようです。

一般的に、女性が男性に対して「可愛い」という母性を感じたときに「バブみを感じる」と言ってみたり、逆に男性が女性を「あの女の子はバブがあるよね」と言う場合はその女の子は優しいお母さんのような子だという意味になったりします。

「うれしみ」

「うれしみ」というのは、嬉しいという感情を名詞化させた若者言葉です。

これは自分が嬉しいというときに「まじうれしみなんだけど」と言ったりします。

嬉しいという言葉をただ言うだけではなく、このような言い方にするだけでなんだかとても現代っぽい楽しさが生まれますよね。

「つらみ」

「つらみ」というのは、辛いを名詞化させた若者言葉です。

SNSは個人の愚痴などを綴る機会が多いものなので、SNSなどで見かけることが意外と多いのがこちらの「つらみ」かもしれません。

「明日はバイトが朝から入っててつらみ」「元彼のことを思い出してつらみ」と言ったり、つらみと書いてあったら「辛い」のだと認識して良いでしょう。

「むりみ」

「むりみ」というのは「無理」を表現した若者言葉です。

無理な感じ、という意味と同じことです。

こちらはわかりみと同じく「無理みが深い」とも表現されることがあり、その場合は無理な感じがとても強いと解釈して良いでしょう。

「やばみ」

「やばみ」というのは、だいたい想像がつくかもしれませんが「やばい」という意味です。

「やばいかんじ」「やばいね」などの意味があり、こちらも「やばい」と「深い」を合わせて「やばみが深い」とも言えます。

この場合は、とてもやばいという意味となり、深いを合わせることでそれぞれの若者言葉が「すごい」ことを表現できるのでしょうね。

「よさみ」

「よさみ」とは、とても感じが良いということや、奥深い良さを感じる、とても好ましいなど、とにかく何かを「良い」と思ったときに使うことのできる若者言葉です。

他の若者言葉と同じように「深い」を加えることで「とても良い」という意味に繋がるようです。

絵画展などに行き「この絵画はよさみ深いね」と言ったりするのが使い方としては正解です。

「わかりみ」の類語

「わかりみ」にはいくつかの似たような意味を持つ類語が存在します。

それぞれをどのように使い分けても意味に大差はありませんので、類語を覚えておくと便利かもしれません。

それではいくつかご紹介していきましょう。

「それな」

友達との会話で「それな」と相槌をうつ若者もいると思います。

「それな」の意味には、「それわかる!」「それだよね」という共感が込められています。

わかりみも共感の表現を表すことから、こちらはわかりみの類語といえるでしょう。

「あーね」

「あーね」というのも、友達との会話でよく聞かれる相槌の言葉です。

たとえば、「昨日、バイトで店長がうちらを6連勤にするとかやばみなこと言ってたんだけど」「あーね、それはないわ」というように繋げることができます。

こちらの会話例からわかるように、「あーね」というのは「あぁ、なるほどね」という意味があります。

「なるほど」というのは相手の意見を理解した、受け止めて考えたという意味になるので、こちらもわかりみにとてもよく似ていることがわかります。

「禿同」

こちらは「はげどう」と読みます。

2ちゃんねるの掲示板などで見かける機会が多い言葉かもしれません。

こちらは、激しく同意するの略語です。

わかりみも相手の意見に共感したときに使える若者言葉であるので、こちらの禿同も類語となります。

「激しく同意」という意味なので、わかりみで表現するならば強い共感を表す「わかりみ深い」のほうが適切かもしれません。

「共感」

こちらは、よく一般的に使われる言葉です。

「わかりみ」の本来の意味合いである「共感」ですね。

わかりみは友達同士など気を使わない相手に使える言葉ですが、職場や目上の人との会話のときにわかりみを表現したいなら「共感できます」と言うのが正解でしょう。

かしこまった場所で「わかりみ〜!」と言ってしまうと、相手が凍りついてしまう可能性も…。

「理解」

「理解」という言葉も、相手の意見を自分が理解したということで共感を表す言葉に似ています。

相手の話や意見に、もしも自分が共感できない場合は当然ながら自分の感情のなかで反発が起きてしまい、「理解する」には到底遠いものとなってしまいます。

相手の話しを聞いて、共感できたからこそそれを受け入れられるので、共感と理解はとてもよく似ているのです。

そのため、こちらの「理解」も「わかりみ」の類語と言ってよいでしょう。

「納得」

「納得」という言葉は、相手の話を聞いて理解して受け止めたことを表します。

人は相手に自分がなにか話をするときに、相手に自分の意見を伝えます。

それに対して、人にとってはまったく違う考えを持っているため、その意見は受け入れられないということもありますよね。

人が誰かの意見に「納得」ができたときというのは、当然その意見に自分の中で大きな「共感」がないと難しいものです。

そのため、人の話を聞いて納得しているときは、自分が相手に共感しているということになるため、わかりみの類語といえるのです。

「同意」

「同意」という言葉は、よくインターネットの規約を一読して「同意」をする場面があったり、就職のときの約束事などで目にする機会が多いかもしれませんね。

この文章を読んで「同意する」か「同意しない」かによって、契約が結ばれないこともあるような重要な事柄になることもあります。

同意するというのは、漢字の言葉のまま同じ意見だということを相手に伝える言葉であり、その内容に自分が「承諾」をするということになります。

もちろんその内容に自分が強い共感を抱いていないといけません。

もしもどこかに疑問があったり、疑いがある場合は、同意してはいけないものになるためとても重要なものになります。

そのため、共感と同意はとてもよく似ていますが、同意のほうが少し堅いものと考えてよいでしょう。

「わかりみ」をSNSや会話で使ってみよう!

「わかりみ」の意味や類語、使い方の例文などをご紹介させていただきましたが、「わかりみ」についてご理解いただけたでしょうか?

従来から、若者はどうしてこんなに変わった表現の言葉が思いつくのか、おじさんおばさん世代には理解し難いところですが、若者言葉を少しでも知っておくだけで、若者に近い感覚で楽しく過ごせるかもしれませんよね。

もしも周りに若者がいたら、きちんとした正しい場面で「わかりみ」をぜひ使ってみましょう!

きっとその若者も、あなたに親近感を抱いてくれること間違いなしです!