CoCoSiA(ココシア)

「頻繁に」とはどのくらい?例文や使い方も解説します


「頻繁に」という言葉について学習していきましょう。

「頻繁」という言葉は日常会話において非常によく使う言葉です。

例文や使い方を通して正しい意味を理解し、正しく使えるように頑張りましょう。

「頻繁に」の意味や使い方を学ぼう!

「頻繁に」という言葉の意味や使い方について学びましょう。

「頻繁に」よく使うけど曖昧な言葉

「頻繁に」という言葉はよく使われる言葉なのですが、もうひとつ数の確認がとれない曖昧な表現ともいえます。

そのあたりも踏まえて理解していきたいと思います。

「頻繁に」の読み方は?

「ひんぱん」と読みます。

特別に難しい読み方ではないと思います。

書く時の方が難しい漢字でしょう。

「頻繁に」の意味


それでは「頻繁に」の意味についてみていきましょう。

形容動詞「頻繁だ」の連用形

文法上でいいますと、「頻繁に」は、形容動詞である「頻繁だ」の連用形ということになりますね。

短期間に複数回繰り返して行うこと

「頻繁に」とは、短期間のうちに複数回にわたって繰り返す行為をいいます。

例えば1週間の間に風邪を何度もひいていたら「頻繁に」という表現になるでしょう。

ひっきりなしに行う様子

もう一つの意味として「ひっきりなしに行う様子」もあります。

ひっきりなしとは、間をおかず何回も繰り返すことですね。

電話が短時間で何回もかかってきたら「ひっきりなしに」という言い方をしますよね。

次から次へと起こる様子

次から次へと起こる様子も「ひっきりなし」の意味となります。

あってはいけないことですが。

ある特定の道路で自動車事故が何回も起こるとしたら、それは次から次へと起こる、という表現になり「頻繁に」という解釈になるのです。

「頻繁に」の使い方

それではここからは「頻繁に」の使い方について紹介していきます。

回数や頻度が多い状態の表現として

まず最も「頻繁に」を体現する理由として表現されるものですね。

回数や頻度が多い状態のときを表現する理由として使います。

回数や数といった、カウントできるものが対象となりますから使う場合、迷うことは少ないでしょう。

物事や人の言動の様子の表現として

次に、物事や人の言動の多さ加減に対して使います。

何かの物事が短期間のうちに何度も起こったり同一人物が短時間に同じ発言を何度もするといった様子ですね。

その状態をより強調する表現として

その物事の状態をより強調して相手に訴える手段として使う場面もあります。

相手が訴えたがっている物後に熱意がこもっていたら自然と何度も訴えてきますよね。

そういった場面でも「頻繁に」を使うということです。

「頻繁に」とはどれくらい?


さて次に「頻繁に」という言葉が具体的にどれくらいの回数を指しているのか。

これについてみていきましょう。

回数などハッキリとした定義はない

「頻繁」にはハッキリした回数の定義はありません。

なのでかなり曖昧な表現の言葉ということになります。

自分の中で頻繁と感じたかどうか?

つまり、各人の判断によって「頻繁」のイメージは変わってくるということです。

例えばボクシングの試合などでパンチを頻繁に出したつもりでも相手にしたらそれほどパンチは打ってこなかったな、という解釈の違いが起こる、ということです。