CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

「ランクアップ」とはどういう意味?使い方や類義語、言い換えを紹介


今回は「ランクアップ」という言葉について解説していきたいと思います。

学生の頃にはそれほど馴染みのない言葉かもしれませんが、社会人になれば嫌というほど思い知らせる言葉です。

意味や使い方、類義語や言い換えなどを紹介していきますので「ランクアップ」について学びましょう。

この記事の目次

「ランクアップ」の意味って?


まず「ランクアップ」の意味について紹介していきます。

「ランクアップ」とは地位や階級が上に上がっていくことを意味します。

俗にいう出世というものです。

ランクとは

「ランク」とは、地位や階級という意味の他に、順位、格付け、所属部署の優越さ加減といった意味合いも含まれてきます。

大学のランク別種類とか、ランキングといった言い方も「ランク」を理解するうえで参考になる意味となるでしょう。

「ランクアップ」の例文

ここで「ランクアップ」の例文をご紹介していきます。

正しい意味を理解していきましょう。

1.ゲーム内でたくさん敵を倒したおかげでランクアップした

こちらの例文は、ある対戦型のゲームを行うことによって、自分のランクが上がったことを意味しています。

例えば強さの序列をA級、B級、C級とした場合、敵を倒して一定の得点を獲得できたらC級からB級へと上がることを意味しています。

2.ランクアップしたことでさらに強い敵を倒すことができた

こちらもゲームを対象とした例文となります。

ゲーム内で敵を倒せば自身のランクが上がるので、その強度に応じた敵を倒せる、ということです。

Aランクの敵とBランクの敵とでは強さの比較がかなり違っているため自身もランクアップしなけれなゲームにならない、ということをいうわけですね。

3.多くの人からアドバイスをいただいたおかげでランクアップできた

こちらの例文に出てきます「ランク」は、人生において自分の今の現状を表しているもの、ということになります。

つまり社会人1年目と5年目とでは、キャリアも経験値も違ってきます。

1年目の人間が5年目の人にかなわないのは納得できる現実だと思います。

ただ、努力次第では自身の成長度合いのスピードを早めて追いつくことができるかも分かりません。

人生におけるランクアップは、たゆまない努力と頑張りが肝心なのです。

4.ランクアップしたことで表彰された

この例文に出てきます「ランクアップ」は、後ろの文章に「表彰」という言葉がついていますから、社内における身分や階級をいうのでしょう。

つまり「係長」や「課長」など1階級上がることを意味しています。

もしくは、仕事において職務に関わる技能レベルが上がったので表彰されたのかも分かりませんね。

5.ランクアップを目指して日々努力する

この例文に登場する主人公は、何かの競技や仕事・学業に関わっていてそれらを少しでも上達して上のレベルにいけるように努力している姿を表現しています。

スポーツならば補欠からレギュラーへ、仕事ならば役職を上げる。

学業ならば合格を目指す学校の難易度を上げるなどがそれになってきます。

ランクアップさせるためには、日頃の努力を継続して行うことが欠かせないということになりますね。

「ランクアップ」の類義語


それでは次にまいります。

今度は「ランクアップ」と同じ意味を持つ類義語を紹介していきましょう。

1.レベルアップ

「レベルアップ」の持つ意味は「ランクアップ」とほぼ同じ意味で扱われます。

「レベル」も「ランク」も基本的には階級や等級というものを意味していますので、どちらの言葉を使用しても会話的には問題ないでしょう。

2.グレードアップ

「グレード」も階級や等級、程度などを意味する言葉です。

「レベル」や「ランク」と同じ意味合いで使われます。

ただ、「グレード」という意味にはどこか「豪華」というニュアンスも込められています。

一般的に使うならば「ランク」や「レベル」でも十分でしょう。

3.スキルアップ

「スキル」とは訓練等によって身につけた「能力」という意味になります。

技能も同じ意味合いで用いられます。

自身の能力も、階級や程度の差が生じるでしょうから、「ランク」と同じ意味合いになってきます。

つまり自身の能力が上がれば、それは「ワンランク」も「ツーランク」も能力が上がったということになりますからね。

4.性能が上がる

性能も「ランクアップ」と同じ意味で使われます。

「性能」とは、ある機械や商品などが備えている「能力」のようなものですね。

例えばラジオの性能が良ければ電波の悪い場所でも問題なく受信できます。

同様に携帯電話にも同じことがいえるでしょう。

性能の良し悪しは「ランク」という意味合いで判別もされるということになります。

5.成長する

人は成長すれば、それだけ備わっている能力や技能が上のランクに上昇するものです。

よって「成長」という言葉にも「ランクアップ」の意味合いが含まれます。

勿論、成長には本人の努力の意思があって初めて起こるものです。

何の目的もなく、ただ身長だけが伸びる方の「成長」とは意味合いが異なってくることに注意しましょう。

6.改良する

「改良」とは今までの性能や技能に手を加えてより性能がアップすることをいいます。

すなわち、改良して性能が上がれば「ランクアップ」という評価が下されますから「改良」は「ランクアップ」という意味合いで取られるのです。

7.階級が上がる

「階級」こそ「ランク」であり「レベル」「グレード」とも呼ばれます。

つまり「ランク」を日本語読みすれば「階級」になる、と判断しておけばいいでしょう。

社会に出れば、そこは「階級社会」です。

会社の中は無論、様々な組織内に階級は存在します。

人は今後それらの階級のどこかに属し、上の階級を目指して働くことになるわけです。

8.強化する

「強化」されれば自ずと性能や技能はアップされ、ランクも上がるという事になります。

よって大儀的にみれば「強化」も「ランクアップ」に繋がって同じ意味をなす言葉となります。

ランクアップというものを目指したいのなら、自身の能力をよく見極めて、どこをどう伸ばすか、すなわちどこを強化したらいいのかを掴んでいくことが必要になるでしょう。

9.自己改善

「自己改善」すれば、ご自身の能力や技能は以前の自分よりもアップするはずです。

結果、その行動は「ランクアップ」された自分を約束してくれるのです。

世の中の規範として、ほとんどの物事にはランキングが施されています。

例えば漢字検定や英語検定が分かりやすいでしょう。

そちらも級が上がるにつれて覚えなければならない単語の数は増え、漢字も難しくなっていきます。

しかし、自己改善して短所を修理していけば、以前よりもはるかに大きな能力を持てるようになり、自身のランクアップを達成できるということになるのです。

10.自己研鑽

「研鑽」とは、何らかの物事を深く究めることをいいます。

つまり誰にも負けない知識量を覚え込み、その分野においては右に出る者がないくらい勉強する姿勢です。

そのような行動を起こしていれば、人は必ずや自身のステータスを「ランクアップ」させることができます。

つまりランクアップさせたいなら「自己研鑽」を怠ることなく、継続させていけばいいということになりますね。

「ランクアップ」の反対語

次に「ランクアップ」の反対の意味をなす言葉を紹介していきます。

1.ランクダウン

「ランクダウン」は「ランクアップ」の正反対の言葉です。

すなわち、あらゆる身分や程度、階級などが下がることを意味しています。

企業で例えれば「ランクアップ」は出世や昇進で「ランクダウン」は「降格」を表すでしょう。

つまり給料が下がるということです。

多くの人が「ランクアップ」を目指して頑張っている中、「ランクダウン」だけは避けたいと思っているでしょう。

2.レベルが下がる

この言葉も日常会話において頻繁に使うものとなります。

「レベル」とは自身の格付けのようなものです。

ある一定水準をキープしておかないと仕事や学業についていけなくなる危険性をはらみます。

自身のレベルというものは、常に下げないように留意したいものです。

3.後退する

この言葉も自身のレベルを象徴した言い方です。

レベルが後退してしまうことは、これからの社会人生活において死活問題になるかも分からないからです。

私たち人間は生を受けている限り、前進あるいは上昇を目指していかなければなりません。

その姿勢をとることによって悪くても現状維持くらいは保てます。

人間のレベルが後退するということは、本当に望ましくない事態です。

くれぐれも各人の意思の元、気をつけていきましょう。

4.質が悪くなる

「質が悪くなる」という事態も自身のレベルを大きく落としてしまうことになる要因です。

ランクダウンとなってしまうのを覚悟しなければならないものでしょう。

質が悪くなるということは、日ごろからの努力が継続しておらず「怠慢」になってしまっているからです。

人間、一度楽を覚えてしまうと、どんどん仕事の質が低下してしまう傾向があります。

このような状況に陥らないためにも自分自身に厳しい日課を与えておきたいものです。

5.順位が下がる

順位が下がるという事態もランクアップの反対の意味を指しているでしょう。

ただ、順位というものはその時の条件や状況に影響されることもあります。

例えば、あなたが所属するチームのメンバーが優秀揃いだったとしたら、順位が自然に下がってしまうかもしれません。

よって、目先の順位に振り回されるのではなく、しっかりと実力を蓄えていく行動を重視したいものです。

6.格が落ちる

「格」という表現も一種の「ランクアップ」の反対語扱いでしょう。

ただ「格」とは、定義づけが曖昧な部分もあります。

周囲が勝手に格付けをしていたり自身が勝手に自分の格を決めつけたり、一般社会では「格」というもので優越をつけにくい部分があるのです。

相撲社会のように横綱ならば格が違うとも言いやすいですが、普通の会社において、自身の格が上だ、というような勘違いはよくありません。

それほど「格」という呼び方は自分の実力を見誤ってしまいやすいのです。

7.評価が下がる

評価が下がってしまえば自然とその人のランクも落ちます。

例え、役職が降格にならなくても目に見えない「ランク付け」のようなものがその人の評価に付きまとうからです。

評価というものは周りの人にしてもらうものです。

よって、自分自身で勝手に自分のことを評価せずに地道にコツコツとやっていってもらいたいものですね。

8.等級が下がる

「等級」はランクアップを示す意味となります。

それが下がってしまうのですから間違いなく反対語として扱われます。

等級が下がってしまうということは、一般企業ならば「降格」ということになります。

「降格」にしても「等級が下がる」にしても、その人がそれまで得ていた報酬や年収が下がってしまうことを意味します。

そういった事態は何が何でも避けなければならないでしょうね。

9.価値が下がる

「価値」が下がればランクダウンは避けられないでしょう。

そういった意味では「ランクアップ」の反対語として十分成り立ちます。

一般的に物事の価値には、ある一定の水準というものが設けられています。

それが機械やモノであるならば足りていないところを補修したり修理すれば価値に見合ったものに作れるでしょう。

しかし、価値の対象が人間になっていたら厄介です。

価値というものは各人によって捉え方が全く違ってくるので統一することが非常に難しいからです。

周囲が価値観を下げていたとして自分がそう思っていないことも多々あります。

それくらい価値観というものをマッチさせるのは至難の業ということになりますね。

10.降格

「降格」は立派な「ランクアップ」の反対語扱いです。

「降格」、すなわち「ランクダウン」ということになりますからね。

仕事などにおける頑張りが基準に合っていなかったか頑張りが足らずに合格点を取れなかったか、などの原因が考えられます。

いずれにしても「降格」という事態はそう簡単に起こるものではありません。

その組織のルールや規定をよく見直し、行動をそれに見合うように努めましょう。

「ランクアップ」の意味を正しく理解しよう

今回は「ランクアップ」という言葉について解説してまいりました。

「ランクアップ」というものは対象が人間になっているなら、これほど名誉なことはありません。

自分の能力を周囲が認めてくれたわけですから素直に喜ぶべきことでしょう。

今後も継続的に「ランクアップ」できるよう頑張り、有意義な人生を送れるよう励みましょうね。

ページトップ