CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

クレイジーな人の11個の特徴と恋愛傾向


あなたの周りには「クレイジー」だと感じる人はいますか?クレイジーな人とは、少し言葉が悪くなってしまいますが、一見「狂っている」ように見える人のことを言います。

何を考えたらそんなことができるのかと思ってしまうような人、普通の人では発想できないようなことをしてしまう人、周りにいる人たちとは見た目や考え方など異なっていると感じられる人もまた”クレイジーな人”といえるでしょう。

クレイジーな人が友達だと通常ではしないような発想をしてくれるので、とても楽しい日々を送ることができます。

しかし、クレイジーな人があなたの好きな人だった場合はどうでしょうか。

これまでに恋愛をしてきたような相手とはまるでタイプが異なるために「どのようにアプローチしたらいいんだろう」「相手はいったい何を考えているんだろう」と恋愛をなかなか進められなくなってしまうのではないでしょうか。

それでも好きな相手がクレイジーな性格だからといって、その恋愛をあきらめる必要はありません。

ということで、今回はクレイジーな人の性格的特徴やそのような人たちが恋愛をした際にはどのような行動に出やすいのかをお伝えします。

ぜひあなたの恋愛を成就させる参考になさってください☆

この記事の目次

私の好きな人は…クレイジー!

今恋愛をしている人は、その好きな人の性格を思い浮かべてみてください。

とても親切で紳士な人?男性らしく力強くて頼りになる?女性らしくて可愛くていつでも抱きしめたくなる…?などなど、その相手の特徴によって、さまざまな答えが出てくると思います。

なかには「あの人のことは好きなんだけど、”どんな人”といわれると答えようがない」という方もいるかと思います。

いつも何を考えているのかわからないし、急に思い立ったようにそれまでにしていたこととは全く違うことをする…。

つまり、相手の行動が読めない…そんな相手を好きになってしまった方もいます。

ずばり、そのような人は”クレイジーな人”と表現しましょう。

クレイジー(英語:crazy)は、和訳すると頭が狂っているとか、ちょっと発想が行き過ぎているという意味合いが強く感じられます。

もう一つの意味としても、何かに熱中していたり夢中になっている様子を表しています。

つまり、クレイジーな人とは、何かに夢中になることで周りの”ふつう”といわれる人たちとは異なる性格をしているととらえられてしまうんですね。

自分から見てクレイジーだと思う人

いやいや、好きな人がクレイジーなんじゃなくって「自分自身がクレイジーなんだ!」と自らおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

なぜ自分自身がクレイジーなのかと感じるのかというと、周りの人たちと何かにつけて意見が合わない、周りの人が提案する意見はすべてありきたりで「おもしろくない」「つまらない」と感じてしまう…。

それにネットでクレイジー度を調べるチェックリストテストをしたら、自分がクレイジーだと再確認をせざるをえなかった…なんて方もいらっしゃるかもしれません。

自分自身が「周りの人たちとは違う考えを持っている」ことは、ときに自分自身を弱くする理由にもなりかねません。

しかし、自分自身で自分がクレイジーだと気づいていると、周りの人たちと意見や考えが一緒にならないことは当たり前のことであり、「自分はおかしくない」と気づけるんです。

つまり、自分から見て自分はクレイジーだと言い切れる方ほど、メンタルが強い傾向があります。

あなたは、ご自分のことをクレイジーな人だと感じますか?そうやって自分のことをクレイジーだと認められたなら、あなたに敵はありません。

あとは、そのクレイジーさを恋愛に対してどのように生かしていくのかが重要になります。

周りからクレイジーだと言われる人

あなたは、周りの人からクレイジーだといわれたことはありますか?自分で自分自身のことをクレイジーだと感じていないと、クレイジーなんて言われたことに対してショックを感じてしまいますよね。

しかし、周りの人たちはあなた以上にあなたのことを客観的に見ているものです。

つまり、周りの人がクレイジーだとよくいわれる場合には、あなたは本当にすでにクレイジーな性格をしているということになるんです。

とはいえ、周りの人たちから「君はクレイジーだ」なんて言われたとしても、そのことに対して悲観的な気持ちになることはありません。

なぜならば、周りにクレイジーといわれたということは、それだけ周りの人たちにはない個性を持っていて、何かの分野において才能を持っていると認められたといっても過言ではないからなんです。

周りの人たちからクレイジーだと言われた方の中には、そのことに気づいてから恋愛がうまくいっていないことにも気づいて、恋愛がうまくいかないのはその性格のせいだと勘違いしている方がいます。

たしかにクレイジーな性格をしていると、そうではない性格をしている人と馬を合わせるのは少し大変です。

それでもクレイジーな人の性格的特徴(自分の特徴)とクレイジーな人の恋愛傾向を知ることで、恋愛を成功させることは可能です。

つまり、心構え次第ということになります。

普通とは違う人を好きになったら…


周りの人たちが「きれい!」「かっこいい!」「素敵」なんていう人には、これまでにちっとも魅力に感じたことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

人の好みはそれぞれであり、日本には十人十色といった四字熟語まで誕生しています。

それでもやっぱり、周りの人は「そんな人好きになるなんてちょっとありえない」とか「そんな人を好きになるのはおかしい」というような相手を好きになってしまったときには、「自分の恋愛感情や考え方がおかしいのではないか」と自己否定をするきっかけにもなってしまいますよね。

つまり、普通とは違う人を好きになると周りの人たちまで敵になって、自分のことをまるでわかってくれなくなってしまったように感じるのです。

しかし、さきほどもお伝えしたように恋愛にしても何かを好きになることにしても”十人十色”であるため、あなたはあなたの”好き”という感情およびその感情のベクトルを変える必要はないのです。

まずは相手のことを知る

そうはいっても、周りの人たちが好きになったことのない性格や特徴を持った人を好きになったり、これまでにあなた自身が恋に落ちたことのない人を好きになってしまった場合には、「相手にどのように恋愛アプローチをしていけばいいのか」なんて分からないですよね。

それは、誰でも感じることです。

たとえ、過去にお付き合いしたことのある異性とまったく似ている身なり・話し方・出身地の方であってとしても、性格やその特徴は180度異なります。

初めて出会う相手に恋してしまいアプローチする相手というのは、誰しもその人のことは知らないのです。

分からないからこそ、相手の好きなものを教えてもらったり、どうすればその人が喜んでくれるのかを調べて少しずつ相手の異性にアプローチをかけていくんですよね。

つまり、これまでに好きになったことのないような”普通ではない””クレイジーな性格”をしている人とお付き合いすることになったり、そのようなタイプの人を好きになったとしてもまずは相手のことを知ることが最優先です。

相手のことが分かれば、どのように近づけばいいかわかりますよね。

自分のことを知ってもらう

相手のことを学んだのであれば、それと同時進行で自分のことを相手の人に知ってもらう必要があります。

クレイジーな人は、常に自分の頭の中にある”興味のあること””好きなこと””やらなければならないこと”に集中して過ごしています。

そのため、クレイジーな人に好きな人ができれば、その異性のことを常に考えています。

そして相手にどのように近づこうか、相手にどうすれば好きになってもらえて素敵なカップルになれるのかを考えるようになります。

つまり、少しでも相手の眼中にあなたの姿がなければ、相手にあなたの存在すら認めてもらえない可能性が高いのです。

だからこそ、積極的にクレイジーな人に近づくことで自ら「自分」という存在をアピールし、クレイジーな人の眼中の中に入り込む必要があります。

自分のことを知ってもらうのは、少し怖い気もしますがクレイジーな人はあなたが気にしているような小さなことに気にしないことが多いため、ドーンと近づくべきです。

相手の個性を受け入れる

クレイジーな性格をしている人って、第一印象でもそのあとに仲良くなったとしてもそれでもなお、とてもクレイジーな性格をしているように感じるんですよね。

仲良くなればそのクレイジーさに慣れるような気がするのですが、そうではありません。

仲良くなればなるほどに、相手のクレイジーさの深さに気づき相手との間に距離感を感じてしまうこともあります。

しかし、そのように相手を少しでも悪く思うのって好きな人だからこそいやですよね。

そのような感情を感じることで罪悪感とか嫌悪感を感じることもあります。

そのため、できるかぎり…いや、すべての相手の個性を受け入れるようにしてください。

それでも最初のころは「こんなこと考えるなんておかしい!」「やっぱりこういう考えの人とは一緒にいるのは難しいのかな」なんて感じることでしょう。

それでもなお諦めずに相手を受け入れるようにしてください。

「そういう考えもあるんだな」「そう考えればこうなるのか!」と前向きに考えることによって、相手の個性を少しずつでも受け入れることができるようになるでしょう。

少しずつ距離を近づける

個性の強いタイプの方と急接近すると、あなたのこれまでの個性が踏みつぶされるような感覚に陥ったり、まるで自分の世界観がおかしいように感じてしまうものです。

日本人が初めて海外に旅行に行った際に受けるカルチャーショックと同じようなものを感じる傾向があります。

たとえ、相手の威勢のことを好きだからという気持ちがあったとしても、やはり急接近してしまうと、相手を嫌いになる感情が芽生えてしまう可能性も少なくありません。

つまり、少しずつ距離を近づけることがとても重要なんです。

あなたも相手の個性を少しずつ受け入れる心の準備が必要ですし、相手にもあなたという存在をまずは認識してもらい、あなたの個性に目を向けてもらう必要があります。

どんなに長続きする関係であっても、お互いにお互いへの個性を受け入れることができないと良い関係に育てることはできません。

恋愛の特徴や傾向を知る

クレイジーな人は、そうではない人と比べると少し違った恋愛の特徴を持つことが多いです。

一般の方であれば「これは違う」とか「こんな関係なら嫌いになるな」という相手や相手からされる行為であっても「これは好意を伝えるためにしてくれているのかも!」と感動することになるんです。

つまり、クレイジーな人と恋愛するためには、クレイジーな人の恋愛の特徴や傾向を知る必要があります。

そのクレイジーな人の恋愛の特徴や傾向を知ることによって、クレイジーな相手にどのように恋愛的アプローチをかけていけばいいかがわかります。

つまり、クレイジーな相手と恋愛関係になりたいとか、今ある関係を長続きさせたいというのであれば、必ず相手の恋愛の特徴や傾向を知る必要があります。

そして、クレイジーな相手に対してあなたなりのアプローチをしていきましょう。

クレイジーな人の11個の特徴


クレイジーな人…あなたは、その人に対してどのような印象を持っていますか?

クレイジーな人は、時として周りの人とは違うものを持っているとみなされ村八分にされることも少なくありません。

つまり、クレイジーな人とはそうではない人に比べるとまったく異なる性格をしている…という特徴があるのです。

では、具体的に彼らはどのような性格的特徴を持っているのかをみていきましょう!

これからお伝えする内容にあなたもあてはまるものがあれば、あなたも実はクレイジーな人の仲間なのかもしれません!

突拍子もない発言をする

クレイジーな人は、何気ない会話の途中で全く関係のない話題、それも誰もが想像することのないような発言をすることがあります。

例えば、政治について真剣に語り合っていると思ったのに、急に「宇宙人って存在すると思うんだよね」「UFOを見た」「もっと派手な色のシャツを探してるんだ~」なんて、突拍子もない発言をしてきます。

クレイジーな人にとっては、真剣な話を相手としているのはとてもよく承知しているのですが、急にわき出てきたアイディアを相手にも伝えたくてたまらない気持ちになっているんです。

「これは相手にも絶対に伝えなければいけない案件だ!」「どうしても伝えたくてたまらない」という気持ちになっているんですね。

しかし、その話を聞いている側からすれば、せっかく真剣な話をしているのにどうしてもそんなことを話したいなんて馬が合わないのかな?この人とは真剣な話をするのはもうやめておこう…なんて、信用を失ってしまう可能性もあります。

そのような悪い状況であったとしても、彼らは自分が周りの人に非難されていることに気づいていません。

予想外なアクションを起こす

あなたの周りにいるクレイジーな人は、急に予想外なアクションを起こしませんか?例えば、カレーを作る際には具材を炒めた後にルーを作りますよね。

しかし、クレイジーな人はカレールーを溶かした中に炒めていない具材をいれて煮込もうとすることがあります。

これまたクレイジーな人本人にとっては、自分のやりたいようにやっているし、このようにすることによっておいしいカレーができあがると信じています。

そうはいっても、まわりの人からすると「どうしてそんなことするの!?」なんて驚いてしまうんですよね。

このようにクレイジーな人は周りの人が全く想像しないようなものを、あっけらかんとやってしまうので周りの人からは距離を置かれることがあります。

常識や固定概念に縛られない

あなたは、世界や日本で一般的とされている常識や固定概念を気にしますか?

例えば、結婚する前には両家にしっかり挨拶をして両親の許可を得て、そのあとに結婚をして…なんていうような順序を考えていますか。

それは、いわゆる日本の常識や固定概念ですよね。

しかし、クレイジーな人はそのような結婚に関する常識を守ることはありません。

そういうものがあるのは知っているものの、そんなに堅苦しいものをしたくないのです。

どちらかというと両家の両親に内緒にしておき、先に二人で婚姻届を提出しそのあとに事後報告…なんていうパターンもあります。

つまり、クレイジーな人にこの世界に存在する常識や固定概念の考えた方は一切通用しません。

自由でマイペースな生き方

常識に縛られない生活をする…それは、自由にマイペースに生きていくということになります。

あなたは、毎日なにかしらの常識や固定概念で自分で自分を縛って行動制限しているのではありませんか?

自由でマイペースな生き方をする…それは誰でもほしい生活ではあるものの、なかなか周りの目線を気にするのをやめることができないために何かに縛られた生活を送ってしまいます。

その点、クレイジーな人は常に”自分の考えや概念”を心の中心において、なにもかも判断しているのでマイペースに生きられるんですよね。

そのため、クレイジーではない人であればとてもくじけてしまいそうな環境に、クレイジーな人がいたとしてもまったく気にすることはありませんし、むしろその環境を楽しんでいる場合が多いです。

周りの目を気にしない

さきほどもお伝えしましたが、クレイジーではない人のほとんどは周りの人の目線を気にして生きています。

そうすることで自分を自分で常識や固定概念等で縛り、生活するようにしているのです。

しかし、クレイジーな人は逆にまったく周りの目線を感じません。

周りの目線を感じることがどんなにバカらしく、自分の人生をもったいないものにしているのかを理解しているので全く気にしないのです。

周りの目線を感じることはできます。

「ああ、また変な風に思ってるんだな」なんてあのクレイジーな人でも感じるんです。

しかし、そのことをいちいち気にしたりしません。

「それでも自分はこれが好きだ」「こうしたいんだ」という自分自身の気持ちを最優先しているからなんですね。

そのため、周りの目線なんて気にしている場合ではありません。

失敗を恐れず挑戦する

失敗を恐れずに挑戦する…それは、小さいころに誰もが教え込まれていたことでした。

あなたは、失敗を恐れずに…と思いながらも挑戦できないままになっていることもあるのではありませんか。

しかし、クレイジーな人は周りの人が失敗した話も、どんなに難しいかを語る話にも耳を傾けません。

その人にとっては、その問題を失敗してしまったというのは”周りの人だったから”であり、自分であれば同じ状況にならないとわかっています。

この世に同じ人間は存在しないこと、それぞれにそれぞれの個性があることをよく理解しているんです。

また、失敗せずにどんどん挑戦するため、その分失敗していることも多いですが、逆に成功している事例も多いです。

つまり、クレイジーな人は失敗も成功もどちらも経験しているので今後も挑戦することをやめません。

エネルギーや情熱がある

クレイジーな人ってどんなにつらい状況でも疲れるような状況があったとしても、常にエネルギーや情熱があります。

つまり、エネルギーが有り余っている状態であるということになります。

あなたは、疲れてしまったときにエネルギーを蓄えていますか。

そこから元気を出すことはできるでしょうか。

おそらくクレイジーな人でなければそれができません。

つまり、クレイジーな人はどんな状況であってもいつも元気そのものなんです。

その理由としては、目の前に怒っているすべてのことに対して”楽しさ”を感じているからです。

あなただって、ワクワクしながら行うものって疲れなんて感じないでしょう?

一緒にいて楽しく飽きない

クレイジーな人は常におかしな発言をするし、突拍子もない発言や行動もします。

そのため、一緒にいる人は相手の個性について理解していれば楽しく過ごすことができるんです。

必ず順序立てて何かをおこなわなければいけない…というような真面目なタイプの方だと、クレイジーな人と一緒にいるととてもストレスに感じるでしょう。

しかし、そうではない方であれば、わりとクレイジーな人といるとずっと楽しく過ごすことができます。

一緒にいて飽きないと周りの人に感じさせることができるので、クレイジーな人は実はモテやすかったりするんですよね。

独自の感性を持っている

クレイジーな人と一緒に行動したことのある方であればわかるかと思いますが、彼らは独自の感性を持っています。

つまり、普通の人が共通して持っているような―メディアなどに埋め込められた―感性を持っているのではなく、自分で感じて考え行動する…そのような独自の感性を持っています。

その独自の感性を持っているからこそ、クレイジーではない人では感じないような気持ちを感じたり、その気持ちから誰もが考えないような行動を思いついたりするんです。

クレイジーな人が誕生している理由というのは、独自の感性があるかどうかで分かれるのでしょう。

周りを巻き込む力がある

クレイジーな人は、周りの人を巻き込む力があります。

例えば、クレイジーな人が何か新しいことを始めれば周りの人たちが自然とクレイジーな人と一緒に行動するようになってしまうんです。

あなたもそのような経験があるのではないでしょうか?クレイジーな人は、人を巻き込むのが上手だな…と感じる方もいたでしょう。

しかし、実際はクレイジーな人は自分自身が周りの人を巻き込む力があると理解していません。

つまり、勝手に個人で始めたことに対して周りの人たちが勝手に巻き込まれていると感じるのです。

自分自身に自信がある

あなたは、自分自身に自信がありますか。

たいていの方は、自分に自信を持っていないものです。

しかし、クレイジーな人は自分に自信を持っています。

なぜならば、これまでに警戒することなく失敗を後悔することなく、挑戦し続けてきたからなんです。

挑戦した分だけ失敗することもありましたが、それ以上に少しの成功体験とそれらのことに挑戦したことが彼らの自信となって変わっているんですよね。

クレイジーな人の恋愛傾向

ここまでクレイジーな人の性格的特徴を見てきましたが、あなたの好きな”クレイジーな人”の性格にもあてはまるものがあったのではないでしょうか。

なかには、すべての項目にあてはまったと感じる方もいたことでしょう。

また、そんなクレイジーな人の性格的特徴を知ったうえでクレイジーな人の恋愛傾向も知っておけば、さらにあなたたちの将来的関係も確実になることは間違いないでしょう。

相手がクレイジーな性格であっても、いつまでもその人と一緒にいたい、クレイジーだからこそ一緒にいて今までも見たことのない景色が見えるのではないかと感じる…その場合にも、これからお伝えするクレイジーな人の恋愛的傾向を見ていきましょう!

普通が全く通用しない

クレイジーな人は、あなたが感じているような”普通”が通じません。

相手の普通とあなたの普通とでは、まったく意味が異なるのです。

さきほどお伝えした結婚の話のように、お互いの普通が違うために「相手ならわかってくれる」との気持ちを持ったままに相手に接近すると、お互いにぶつかってしまうことになります。

それでは、恋愛関係も破たんギリギリに…。

そうならないように、常に相手には普通が通じないということを考えておいてくださいね。

意外と甘えん坊になる

クレイジーな人って、いつも好きなことをしてやるべきことはサクサク終えて男女問わずとてもかっこいい性格をしていますよね。

しかし、恋をした相手には意外と甘えん坊になることがわかっています。

強そうに見えるクレイジーな人があなたに思いっきり甘えてきたのであれば、相手はあなたに好意を寄せているサインです。

また、意外と甘えん坊になる姿も受け入れましょう。

そうするとあなたには、このような姿を見せても大丈夫だと認識してまた甘えてくれるようになります。

束縛されるのを嫌う

クレイジーな人は計画を立てるのが苦手です。

そのため、突拍子もなく急に「コレしたい!」「アレしたい!」と考えます。

そのため、束縛されるのを嫌います。

相手のことが好きになると、相手のすべてを知りたいと考えるようになることで気づけば相手を束縛してしまう方が多いです。

クレイジーな人はそのように”束縛される”ことを特に嫌います。

たとえ、あなたが恋人でとても愛している存在だったとしても、束縛をすると恋愛対象から外れてしまうのです。

つまり、クレイジーな人と恋愛関係を築くためには相手の自由奔放な性格を受け入れる必要があります。

自分を信じて欲しい

あなたは自分を信じてほしい…そうだれかに対して感じたことはありますか。

クレイジーな人は一般の方が考えるような常識や固定概念がわからないため、それらが理由となって別れる原因となってきた方は少なくありません。

そのため、クレイジーな人は常に「自分を信じてほしい」と考えているものです。

クレイジーではない人にとっては、いつもどこにいるか分からない相手を信じろといわれても無理があるのですが、少しずつでも「相手を信じている」姿勢を出すとクレイジーな人は、あなたのことを大切にするようになります。

デート内容に癖がある

クレイジーな人は、通常の人がするようなデートができません。

例えば、お昼に待ち合わせしてランチを食べて、ウィンドウショッピングをして解散する…というのができないのです。

クレイジーな人は”自分軸”で動いているため、その日に思いついて行きたいと思った場所に行くようにします。

たとえば、パチンコ、博物館、急に北海道から沖縄の温泉めぐり…などなど。

一緒に行動する人としては、少しめんどうなところがありますね。

情熱的な恋愛をする

あなたは、情熱的な恋愛をしたことがありますか。

もしもそれをしたことがないというのであれば、クレイジーな人との恋愛はもってこいといえるでしょう。

なぜならば、クレイジーな人は情熱的な恋愛をするのが恋愛的な特徴だからです。

相手を心から愛し、そして相手の求めるものはできるだけ応えようとしてくれます。

たびたびあるおかしなデートプラン等を気にしなければ、とても素敵な恋人になるでしょう。

自分の欲求に素直に動く

あなたは、自分の欲求に素直に動くことはできますか。

たいていの方は、それこそ周りの目線を気にしてしまうために自分の欲求に素直に動くことができません。

あれこれとリスクを考えたり、前向きに物事を考えることができないからです。

また、クレイジーな人は欲求に素直に従うために、ときに”軽い人””チャラい人”と思われてしまうこともあります。

しかし、実際には大切な人にしか手出ししないということをよくご理解くださいね。

自分を深く理解して欲しい

クレイジーな人は、自分がほかの人に比べるとどこか違う性格をしていることに気づいています。

そのため、そんな自分を知ってくれる…受け入れてくれる相手こそ自分の大切な恋人だと認識しています。

クレイジーな人と一緒にいると驚くことばかりではありますが、そんなときこそ否定的な目線で見るのではなく、相手を受け入れましょう。

相手にとって「必ず人生で必要な人間」としてみなされるようになります。

クレイジーな人と仲良くなって、この恋成就させよう!

今回は、クレイジーな性格をしている人の性格的特徴および恋愛するときの雰囲気や印象についてお伝えしてきました。

あなたの好きな人がクレイジーな人であった場合、もしくはあなた自身がクレイジーな人だと思われている場合には、それらの項目が多くあてはまっていたのではないでしょうか。

「クレイジー」な人がいるからこそ、この地球という世界は変化にとんだ素晴らしい世界に変化してきました。

つまり、クレイジーに普通の人が発想しないようなものを考え、それを夢の中のものとみなさずに実現するために行動しているからこそこの今の世界が存在しています。

つまり、クレイジーな人なくては私たちが便利に楽しく暮らせる現代の生活は存在しなかったということになります。

クレイジーな人と友達になりたい方も、恋愛的な関係になって仲睦まじい間柄を築くためにも、ぜひこの記事を参考にしていただけたら幸いです。

クレイジーな人とお付き合いすることができれば、必ずあなたがこれまでに見たことのなかった景色やその景色に対する感じたことのない感情を感じられるからです。

ページトップ