「期間限定に弱い!」「期間限定だといわれるものには全て手を出しておきたい!」なんて、期間限定に弱い方もいれば、「期間限定といわれるものに手を出すなんて浅はかだ」と感じている人がいます。

賛否両論のある”期間限定”のモノやサービスに対して、あなたはどのような気持ちを抱いていますか?

期間限定だからこそ手に入れたいものも見つかるでしょうし、その期間限定のものを使ってしまった後に「ああ、これはやらなければよかった」なんて後悔することも多々ありますよね。

日本人はどうして特に期間限定に弱いのでしょうか。

自分は期間限定になんてなびくことはない!…と感じている人でも、自分の好きなものや芸能人がコラボしたものにはどうして安易に手を出してしまうのでしょうか。

実は、日本人だからこそ期間限定にはまってしまう”心理”が理由なんです。

ということで、この記事では日本人がひかれやすいといわれている”期間限定”に対する人間の心理について特集しています。

ぜひこの記事を読んであなたも期間限定に弱いかどうかをチェックしてみてください!

日本人が惹かれやすい「期間限定」


あなたは、「期間限定」という文字が目の前によぎった際にはどのような気持ちを感じますか。

なかには、すぐにでもなんでもいいので手に入れたいと思う方もいるでしょう。

逆にそのようなものにつられて購入することはない…と冷静に判断する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

たしかに、そのように冷静にこの記事を読んでもらっている間には判断できているかもしれませんが、目の前に好きなものの期間限定品が出るとそのように冷静に判断できるとは限らないものです。

何が言いたいのかというと、日本人というのは根っから…それも昔から「期間限定」と呼ばれるものに対して弱い傾向があります。

期間限定という言葉や「今しか買えないし、この期間を逃せば絶対に手に入らない」という気持ちが購買意欲をかきたてるようになったんですよね。

期間限定に弱い人の20個の心理!あなたはいくつ共感できる?


あなたは、期間限定と呼ばれるものやサービスに弱いですか。

それとも逆に強いといえるでしょうか。

これから、期間限定とよばれるものに対して弱い心理を持っている人の特徴をご紹介します。

期間限定に弱いという方は、これからご紹介する心理に対して「あるある」と納得できる個所が多く存在するかと思います。

また、どうしてそのように感じてしまうのかについても解説しています。

あなたは、これからご紹介する期間限定に弱い人の心理の20個のうちいくつ共感できるかどうかを見ていきましょう!

1.人とは違うものが欲しい

”期間限定”という言葉に弱い人は、「人とは違うもの」に興味を持つことが多い傾向にあります。

ほかの人が持っていないもの…といえば、数量限定で用意されたものだとか、その時にしか手に入れることのできないものをいいますよね。

つまり、人とかぶらずに、同じものを持ちたくないからこそ人とは別のものを手に入れるために”期間限定のもの”に固執してしまうのです。

それは、自分の存在や立場を周りの人以上によくすることができるきっかけにもなりますし、期間限定に弱い本人は人とは違うものを”無意識的に”選んでしまうことが多いのです。

希少性の高いものに価値を感じる

人とは違うものがほしいと考えている人の中には、希少性の高いものに価値を感じるために期間限定品は必ず購入してしまうという方もいます。

つまり、もともと個数の少ないといわれているものに対しては、口から手が出るほどまでに「ほしい」と感じてしまうのです。

たしかに希少性の高いものの需要が高まるとその価格は高騰しますね。

社会の仕組みとしても、希少性の高いものは価値が高いといえるのです。

2.チャンスを逃したくない

あなたは、目の前にチャンスが訪れているとわかったらどうしますか?すぐにでもそのチャンスをつかもうとするでしょうか。

それともチャンスをやすやすと見逃してしまうでしょうか。

期間限定品に弱い人というのは、常日頃から「目の前にチャンスがあるならば絶対に逃したくない!」という気持ちを抱いていることが多いです。

また、思っているだけではなく実際に目の前にチャンスが訪れているときには、チャンスをつかめるようにできる限りの努力をします。

そのため、目の前にチャンス=期間限定品があらわれると「今しかないのだから絶対にGETする!」とほしくなってしまうんですね。

3.もう出会えないかもしれないという不安

目の前に期間限定品があっても、次にその店に来た際には期間限定品がすでになくなっている可能性もあります。

期間限定品に弱くない人というのは、「なくなっていたらそれはそれで仕方ない」と割り切ることができます。

しかし、期間限定品に弱い人というのは、「今ここでこの期間限定品を購入しなければ、次にこのお店に来たときにはすでに売りきれてしまっているかもしれない!」ともうその期間限定品に出会えないのではないかという不安な気持ちに駆られることになります。

「もう出会えないのなら今買おう!」とその場で期間限定品を購入します。

4.特別感を味わいたい

期間限定品とは、限らている期間のみ販売されているものもあれば、数量が限られておりそ数が販売終了するとともに販売が完全に終わってしまうこともあります。

どちらにせよ、「期間限定の際に販売されていたものを持っている」と感じられるのは、特別感を味わえるキッカケにもなるんですよね。

「周りの人は持っていない(期間限定の間に買うことができなかった)けど、私は期間限定品をその限られた期間内に購入できた」と特別感を味わうことができるのです。

つまり、期間限定に弱い人は特別感を味わうのが好きであり、そのような気持ちに浸っているときこそ自分らしさを感じています。

5.優越感に浸りたい

特別感を感じるということは、”周りの人が持っていないものを私だけは持っている”と感じられることです。

それは、自分という存在は周りの人とは全く違う存在であり、唯一無二の存在である…それも”周りの人たちよりも上である”と感じることもさしています。

つまり、期間限定に弱い人々というのは、常日頃から優越感に浸りたいという欲望を抱えて生きているのです。

そのため、周りの人たちと少しでも差をつけられるような期間限定品を見つけたのであれば、すぐに飛びつき購入したり、そのサービスを利用しようとします。

6.人が持っていると自分も欲しくなる

あなたは持っていないものを他人が持っているのを見て「羨ましいな」と感じたことはありませんか?

それ以上に「私もあの人と同じものがほしい!あの人だけズルい!」なんて思うようになることもありますよね。

そのように人が持っているものをほしくなってしまう人というのもまた、期間限定品に弱いところがあります。

7.自分にはないものが欲しい

今のあなたには、何が足りないと思いますか?どうすれば今以上に胸を張ってイキイキと生きていけると思いますか?

たいていの方が自分自身の見た目だとか、性格、財産や仕事などをいいますが、そのように自分には持っていないものを誰しも”手に入れたい”と考えるようになってしまうものです。

あなたもそのような経験が一度でもあるのではないでしょうか。

自分にはないものが欲しい…さまざまなものを想像してみると、多くの方がたくさんのモノや生活環境などを考えるでしょう。

しかし、それらをすぐに手に入れることができる人はほとんどいません。

そのため、すぐにでも手に入る”自分にはないもの”が期間限定品になるのです。

期間限定品は、販売されるまではまったく出回ることがありません。

そのため、”今”が初めての出会いであり、これまでの自分では持っていなかったものをたやすく手に入れることができるんですね!

8.刺激が欲しい

毎日生きることに対してどこか”退屈さ”を感じている…そのため、常に刺激がほしいと感じているような方も期間限定品に弱いところがあります。

刺激がほしいために、これまでに手に入れたり感じたことのない感情を感じるために、期間限定品に手を出すのです。

しかし、期間限定品を手に入れてもすべての商品で必ずしも刺激を感じられるとは限らないですよね。

そのため、刺激がほしい人が”ほしかった刺激”を手に入れるまで、永遠と期間限定品を見つけては手に入れるようになります。

逆に一度でも期間限定品を購入することで刺激を受けた場合には、その刺激をまた感じたいがために期間限定品を購入します。

9.新鮮さを感じる

いつも使い慣れているものは安心して利用できますが、ときに”新鮮さ”を感じてしまうことはありませんか?新鮮さを感じたいと考えている人も、期間限定品に弱いところがあります。

期間限定品は、限られた時期や個数でしか販売されていないので過去にも未来にもそれらの商品を手に入れることはできません。

また、いつでもどこでも販売されているようなものを購入するのでは「これを買ったらあんな感じになるだろうな」なんて購入後の生活を常に想像することはできます。

しかし、期間限定品というのはその瞬間にしか販売されていないし、”今”しか手に入れることができないために全く想像していなかった未来を手に入れることができるのです。

そのために新鮮さを感じたい人は、期間限定品には弱いところがあります。

10.社会的動物の心理

人間は、行列をみるとほしくもないものを販売しているお店のものだとわかっていても、「並んでみよう」と考えてしまいます。

それは、行列を作っているために「なんだかおいしそう」だとか「とても気になる」と感じるからなんですよね!それを社会的動物の心理といいますが、期間限定品に弱い人々もまた社会的動物の心理によって精神が弱くなっているのです。

周りの人たちやネットで”この期間限定品がすごい!””今しか買えない!”と言っているので、もともと興味はなかったけれどどうしても気になってしまい購入してしまう…という心理をもつことになります。

あなたももともと買う気はなかったのに、周りの人が「良い」というのでなんとなく購入してしまったなんてこともあるのではないでしょうか。

11.試してみたい

新しいものが出ると「試してみたい」と感じることはありませんか?期間限定品に弱い人は、試してみたいという気持ちがあるために期間限定品を購入してしまいます。

ネットやテレビなどの口コミおよび紹介を見ることによって、「自分でも使いこなせるかも」「今の生活がよくなるかも」などと感じ、購入を検討するようになります。

また、その商品が常に売られているものであれば試したいという気持ちも忘れ去られてしまいますが、期間限定品だとどうしてもすぐにでも試すために購入しなければいけないと焦燥感を与えてくれるようになります。

その結果、試したいというライトな気持ちを持っている人も期間限定品に弱くなってしまうのです。

12.限定というだけでテンションが上がる

あなたは「限定品」と聞くだけで、どこか心が躍りだすような感情になったことはありませんか?期間限定品に弱い人は、限定と聞くだけで楽しい気持ちになり、その商品を購入します。

それは、限定品だからこそ楽しく過ごせるに違いないとか、良い効果をもたらしてくれるにちがいない…なんて、その商品についてよくも調べないうちに想像しているからなんですよね。

13.ストレス発散になる

期間限定品を購入する人の中には、日々のたまったストレスを発散するために期間限定品を購入していることもあります。

誰しも生きていればどこかしらのタイミングでストレスを感じてしまいがちです。

そのストレスを持ったまま生きていると、心身のどこかに異常をきたしてしまうこともありますよね。

その状態になる前に、期間限定品を見るとストレス発散のために購入するのです。

14.達成感を得られる

期間限定品を購入するということは、今しかないものでありすべての人々が持っているとは限らないものを購入することになります。

その結果、期間限定品を手に入れることによって”達成感”を感じられるようになるんです。

達成感を感じられると、期間限定品がでるたびに毎度のようにそれらの商品を購入してしまうことになります。

なぜならば「期間限定品を購入すると達成感のようなスッキリとした気持ちが味わえる」と感じているからなんです。

あなたも過去に良いことがあったことは今やっても同じような気持ちになれるのではないかと考えているようなことはありませんか。

まさにそのような心理で、達成感を感じています。