「写真をとるときまって写りが悪いんだよね」「写真写りが悪くて彼女にドン引きされた」「写真が苦手でマッチングアプリに投稿する良い写真がない…」など写真に関して、何かしらの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

今では、簡単にスマホで自分の写真を撮影することができるため、自撮りをする機会は昔に比べて増えています。

写真は、今この瞬間を切り取って撮影できるだけために将来見返す機会が多いアイテムです。

そのため、できる限り写真には”良い姿”で写っておきたいものです。

この記事では、写真写りをよくしたい男子のために写真写りを少しでもよくするためのコツをご紹介しています。

すべてのコツを網羅して、あなたをかっこいい姿で写真に残しましょう!

写真写りが良い男子を目指したい!

いつも写真写りが悪くて悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

いつか見返す時のために、写真にはよく写りたいと思う人が多いでしょう。

とはいえ、写真写りをよくしようとして髪形や服装の系統を変えてみたり、これまでに度重なる努力をしてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、それでも写真写りがよくならなかったということは、ほかにも直すべき点があるということかもしれません。

改善点を見つけ、写真写りがよくなるためにできることをおこなっていきませんか?

あなたは、今からでも最強で超カッコイイ写真写りを実現できます!

男が写真にかっこよく写る15個のコツ!これであなたもモテモテに!?

男性でも自撮りをする機会が増えているため、「自分の良さを見せるポイント」をつかんでいる男性が多いのを知っていますか。

そのため、男性だけで集合写真を撮影したとしても「写りの悪い写真は削除する」なんていう男性もいるようです。

また、今では恋愛相手や結婚相手を探すツールとしてマッチングアプリが利用されていますが、そこには必ずあなたの写真が必要となります。

また、その写真が相手女性からのあなたのことを知る大きなポイントになるため、できる限り写真写りが良いものを採用したほうがいいのです。

とはいえ、男が写真にかっこよく写る方法なんてあるの?と疑問に感じてしまいますよね。

男性モデルは、写真に写る際には必ずかっこいい姿で写ります。どうしてでしょうか?

ここでは、男性が写真にかっこよく写るコツをモデル男性から聞き込みした方法をご紹介します!

1.かっこよく見える表情を研究する


ファッション雑誌などでカッコイイモデルを見ていると、それぞれのモデルにはそれぞれの得意としている表情やポージングがあることに気づきます。

自分の顔ひとつをとってみても、右から見る顔と左から見る顔とでは、どちらかの顔のほうがかっこよく見えるからです。

あなたは、ご自身の顔がかっこよく見える角度を知っていますか。

また、その中であなたがかっこよく見える表情も探してみましょう。

ある男性は、目線を下げて流し目をしているかのような目線がかっこよく見えるかもしれないですし、とある男性は全く逆で100%の笑顔の表情をしているときがかっこよく見えることもあります。

つまり、人それぞれの顔の形が違うことから、かっこよく見える表情が異なるのです。

まずは鏡の前に立って、あなたがどのような表情にするとかっこよく見えるのかを試していきましょう。

「表情がわからない」という場合には、ファッション雑誌や俳優さんのネット画像などを参考にしてそれぞれの表情を真似してみるといいですよ☆

2.自然なポーズ

モデルなどを見ていると、かっこよく見えるのにとても自然体なポーズをしていることが多いんですよね。

そのため、自然体でかっこよく見えるものです。

あなたも自然にかっこよく、周りの人たちに見られたいのではありませんか?たしかに自然なポーズをすることによって、そのポージングをしている人本来のかっこよさを引き出すことも可能です。

しかし、”自然体であること”を意識してしまうとどうしてもぎこちないポージングになってしまうこともあるのではないでしょうか。

だからこそ、これまでに写真を撮影した時にはあまりかっこよく写らず、さらにどこか”自分はかっこいい”とナルシストであるところを全面的に押し出してしまったんです。

写真撮影した本人は、自然なポーズをしていてもその写真を見た人からでは、とても不自然に感じてしまうこともあります。

そのため、自然なポーズをすることを練習する必要があります。

とはいえ、自分で自分の撮影した写真を見てもどこか不自然に感じすぎてしまったり、不自然な写真なのにどこか”カンペキだ!”と勘違いしてしまうこともあります。

そうならないように仲良しで事情を分かってくれている友人や家族などに相談し、その写真を添削してもらいましょう。

3.綺麗な姿勢

今すぐにあなたの姿勢がどのようになっているかを確認してみてください。

どこか姿勢が悪くなっているようなことはありませんか?しかし「姿勢くらい誰も見てないでしょ」と感じる男子もいるかもしれないですね。

いやいや、あなたは女性のことを見るときに相手が姿勢が良いかどうかを”心地よさ”で判断しているものです。

姿勢が良い女性は、とても美しく見えるし、どこか”しっかりしている”雰囲気を感じとります。

しかし、逆に姿勢が悪い女性を見ていると、その女性がどんなにかわいい顔をしていて仕事や勉強のできる女性だったとしても「少し不潔」「なんだか頼りない」「ブサイク」なんて感じてしまうのではありませんか?

つまり、あなたも異性や同性から猫背などの姿勢を悪くすることによって、周りの人たちからそのように思われているということになります。

猫背にならないようにする

とはいえ、自分自身がどのような姿勢になっているのかを判断するのは難しいものです。

そのため、まずは鏡を見てあなたがいつもはどのような姿勢でいるのかを確認していきましょう。

それらを見ておくことによって、あなたはこれからどのような姿勢を目指していけばいいのか、そしてどこを意識して姿勢を正していけばいいのかがわかります。

たいていの方は、猫背になることによって姿勢が悪くなっています。

腹部に力を入れて、背中をシャンと伸ばすように意識していきましょう。

また、体幹を鍛えるのもお勧めです。

4.写真写りの良い自分の角度を探す

あなたはこれまでに撮影してきた写真のなかで「これだけはかっこよく写ってるんだよな」というような写真はありませんか?

その写真をひっぱり出してきて、そのときにどのような顔の角度で写っているのかを研究してみてください。

ずばり、人には見える角度によって見え方が変わるためにかっこよく見える角度があるからなんです。

過去にも自分をかっこよく思えた写真なんて存在しないという方は、これから何度かさまざまな角度をつけた写真を撮影し、どれが一番かっこよく見えるのかを見ていきましょう。

写真写りの良い自分の角度を探すのは少し難しく感じてしまいますが、何度も角度を変えて写真を撮影するだけでいいんです。

また、その中でどれがいいのかをチェックしてみましょう。

あとは、かっこよく写った写真の顔の角度を今後も採用していけばいいということになります。

とはいっても、かっこよく見える顔の角度がひとつしかないと写真のレパートリーを増やすことができません。

そのため、あなたの顔がかっこよく見える角度を2~3個用意しておくといいでしょう。

5.流行を意識したファッション


あなたは、普段どのような服装をしていますか?学生時代にお気に入りだった洋服をそのまま利用しているなんていうことはないでしょうか?

たしかに大切に長く使うということは素敵なことですし、女子からも「ものを大切にする」として評価は高いです。

しかし、外出する際のファッションは”イマドキ”を意識するようにしてください。

まずあなたが好きなファッションのジャンルをあげてみましょう。

そのジャンルのキーワードと一緒に、ネットの検索エンジンに「○○(好きなファッションのジャンル) 流行 2020 洋服」と入力し、検索します。

そうすると、あなたが好きなジャンルでどのような洋服が流行しているのかが一目見て分かるようになるんです。

それらの情報をもとにして、流行を意識したファッションをしていきましょう。

自分のイメージに合った服装を意識して

あなたは、自分のイメージを理解していますか?

例えば、寒色系は似合うけど暖色系は苦手…などです。

着てみたい洋服のジャンルがあったとしても、自分のイメージに合った洋服でないとあなたの顔が浮いてしまいます。

洋服は着こなすものですが、似合っていないジャンルの洋服を着てしまうと洋服に”着させられている”状況になってしまうのです。

どんなにかっこいい洋服でもあなたと合っていなければ、あなたの魅力もその洋服の魅力も周りの人に伝えることができないということなんですよね。

帽子やアクセサリーがあっても◎

もしも洋服だけで心細いと思ったり「もっとおしゃれになりたい」と感じるのであれば、帽子やアクセサリーなどをつけてみてもいいでしょう。

帽子やアクセサリーをつけると、少し「急におしゃれをしだして周りに何か言われそう」と感じてしまうかもしれないですね。

そのように揚げ足をとられることになるのは、あなたに似合っていないものを身に着けているときだけです。

きちんと似合っているものを身に着けていれば「こんな着こなしもできるんだ!帽子やアクセサリーも似合ってる」と一目置かれるようになります。

つまり、さらにかっこよさを増すことができ、あなたも自分に自信がつくようになるため、写真を撮影する際には思いっきり好きなポージングができるようになるんですよね。

眼鏡やサングラスをつけることで小顔効果も

いつもは眼鏡をかけない方でも、おしゃれな眼鏡やサングラスをかけて小顔効果を狙っていきましょう!

「顔がでかくてどんな洋服を着ても似合わない、笑うと顔が大きくなるから笑いたくない」…そのような思いを抱いていませんか?

たしかに顔が大きいと、顔だけが主張されているような気がして、顔を上げて歩くのも嫌になってしまうときもありますよね。

そんなときこそ、眼鏡やサングラスをつけましょう。

それも締め色といわれているブラック系などの暗い色をつけることで、顔を小さく見せる効果をさらにアップさせることができます。

とはいっても、通販で眼鏡やサングラスを買うのはやめましょう。

必ずお店に行き、試着をしてあなたに合うものを選んでください。

6.さわやかな髪型

あなたは今どのような髪型をしていますか?髪型は、あなたのイメージを大きく決めるものです。

つまり、髪型があなたに似合っていない、時代遅れ、のびきっている…などの状況になっていると、あなたの良さを引き出すことができません。

流行の男性の髪型にするのは少し抵抗がある人は、わざわざ流行の髪型にする必要はなく、あなたのなりたい髪型を重視するようにしましょう。

これからご紹介する点を気を付けるようにしてみてください。

前髪などで目が隠れないようにする

前髪など髪の毛で目が隠れるようになってしまうと、あなたの印象が暗いものになってしまいます。

そうならないように前髪などで目が隠れないようにしましょう。

美容室や床屋によっては、前髪だけ切りたい方のために「前髪カット」というものを用意していますから、ぜひそのプランを利用してもみるといいと思います。

薄い部分や白髪などが写らないように注意

人によってはまだ若いにもかかわらず、髪の毛が薄くなってしまったり、白髪が出ていることもありますよね。

その際には、薄い部分や白髪などが写真に写らないようにしましょう。

髪の毛が薄くなっている部分がカメラレンズに写らないようにする、帽子をかぶる…などができますね。

また、白髪がある場合にはあらかじめ白髪染めなどで髪の毛を染めておくといいでしょう。

今では気軽に白髪にぬることで白髪を隠すことができるアイテムもあるため、ドラッグストアや通販サイトで探してみるといいでしょう。