CoCoSiA(ココシア)

「黙認」とはどういう意味?使い方や例文、類義語を解説


「黙認」という言葉についてみていきたいと思います。

意味や使い方を例文や類義語を使って説明していきます。

この記事の目次

「黙認」の意味や使い方を学ぼう!

「黙認」という言葉の意味や使い方を詳しく学んでいきましょう。

「黙認」の読み方は?

読み方は「もくにん」です。

難しくないと思います。

そのまま覚えましょう。

「黙認」の意味


それでは「黙認」についてみていきましょう。

暗黙のうちに認めて許可すること

「黙認」とは暗黙のうちに認めて許可する、という意味になります。

つまり採択や議論、認可をとったりする労力を行うことなく決まってしまう、という形なわけです。

暗黙とは

さて「暗黙」とはどういう意味でしょうか。

それは「口に出さないで黙っている」ということになります。

多くはその分野や領域について話し合いや詮索することが禁じられていたり触れてはならない範囲であることが多いでしょう。

知らないふりをして見逃すこと

「黙認」の意味のもう1つは、「知らないふりをして見逃すこと」です。

とにかく余計な論議、質問などを行わず黙って認めてしまう行為をさしていいます。

「黙認」は漢字を見ると分かりやすい

今度は「黙認」を構成する漢字を分解して説明していきます。

「黙認」の「黙」

「黙認」の「黙」は「黙る」という意味になります。

つまり一言も発しない状態というわけです。

黙るということは、触れたくない部分があるからですね。

それ以上、知られたくない、詮索されたくない秘密がある場合、黙認という状況が生まれやすくなります。

「黙認」の「認」

「黙認」の「認」は「認める」ということになります。

「認める」とは相手の言い分や要求、あるいは力量などを受け入れる行為です。

黙認するということは無試験で相手の人となりを受け入れた、ということになるのです。

「黙認」の使い方

それでは「黙認」の使い方について紹介していきましょう。

文章中では名詞として使用

「黙認」は文章中では名詞として使います。

つまりいかなる場合も「黙認」という形で使うわけです。

「黙認」の後ろや前に接続語や修飾語などをつける必要はないということです。

「黙認する」などと活用

使い方で多いのは「黙認する」という使い方です。

活用する際の言い方になるわけですね。

否定形では「黙認しない」

一方、否定形で使う場合は「黙認しない」となります。

ここではあまり意味を深く考えすぎずに「する」「しない」という言い方で覚えておきましょう。

やむなくルール違反や過失を認めるとき

「黙認」という言葉を使う場面は、やむなくルール違反をやったり過失を認めざるを得ない場合に使います。

使い方の具体例はこのあと、例文で紹介していきましょう。

「黙認」の例文


それでは「黙認」を使った例文をみていきましょう。

高速道路では超過速度が黙認される風潮がある