CoCoSiA(ココシア)

「譲歩」とはどういう意味?使い方や例文、類義語を紹介します


「譲歩」という言葉についてみていきましょう。

「譲歩」という言葉は日常会話で頻繁に使われる言葉です。

正しく覚えて正しく使っていくことであなたのボキャブラリーを増やしコミュニケーション能力の向上に役立ってくれることでしょう。

この記事の目次

「譲歩」の意味や使い方を紹介!

「譲歩」の意味や使い方について紹介していきましょう。

「譲歩」の読み方は?

まず読み方ですが「じょうほ」と読みます。

特に難解な読み方ではありません。

「譲歩」の意味

では「譲歩」の意味について説明していきましょう。

自分の意見を押し通さずに、相手の考えに従うこと

「譲歩」とは、「自分の意見を押し通さずに、相手の考えに従うこと」となります。

ただ、この場合の「従う」は心から従っているわけではありません。

相手との交渉を長引かせたくなかったり交渉決裂といった事態を避けるための手段ともいえます。

いずれにしても相手の意見を採用してこちら側は引く。

そういった意味合いになります。

自分の主張を抑えて、他人の考えと折り合いをつけること


また、「自分の主張を抑えて、他人の考えと折り合いをつける」という意味にもとれます。

意見や考えなどの主張をいつまでも言い合っていては結論が出ません。

特にビジネスの場でそのような事を行なったらスピード性が損なわれ利益を逸してしまうかも分かりません。

「譲歩」の由来

それでは「譲歩」の由来についてみていくことにしましょう。

「人に道を譲る」の意味から

「譲歩」という言葉の語源は中国から伝わった言葉だという説もあるようですが、確かな説ではないようです。

元々の言葉の由来は「人に道を譲る」というところからきています。

当時は今のように道路事情がよくなかったでしょう。

危ない細い道が多かったものと思われます。

どちらかが道を譲る行為をしないとすれ違うことさえ危険な場所が多かったのでしょう。

「譲歩」はそういった背景から生まれてきた言葉のようですね。

「譲歩」を1文字ずつ読み解く

それでは次に「譲歩」という言葉を分解して1文字ずつでみていきましょう。

「譲歩」の「譲」

「譲歩」の「譲」は「譲る」という意味の言葉です。

「譲る」とは、ものや地位・権力などを人に与える、あるいは欲しい人に売る。

自分を後回しにして他者を先にする。

自分の主張を控えて他者の主張を通す。

別の機会に延ばす、などといった意味があります。

いずれにしても自身が取得するのでなく、他者の方に権利やものなどを渡す、といった行為を指していいます。

「譲歩」の「歩」

「譲歩」の「歩」は「歩む」という言葉です。

「歩く」「歩む」とは、足を交互に動かして前進する、という意味のほかに月日を経る、人生を送る、物事が進行・進展する、出かける、行く、といった意味もあります。

いずれも何かが前を向いて進行しているさまを言い表した言葉となりますね。

「譲歩」の使い方

では「譲歩」の使い方について説明していきましょう。

「譲歩」そのままでは名詞として使用

「譲歩」自体は日常会話では名詞として使います。

「譲歩」のあとに「れ」や「く」など動きを表す言葉は使いません。

よって一般的には「譲歩」一文字で一つの意味を表す単語として使いましょう。

動詞として使うには「譲歩する」など