CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

「いつか」っていつ?その「いつか」を現実にするための13個の方法


「いつか」と言って物事を先延ばしにしたり、された経験がある人は多いのではないでしょうか。

しかし、実際に「いつか」が実現することはあまりないでしょう。

この記事では、「いつか」はいつなのか?そして、「いつか」を現実にするための方法をご紹介したいと思います。

この記事の目次

「いつか」って結局いつなの?

あなたも人生のどこかで「いつかやる」など、”いつか”という言葉を利用したことがあるのではありませんか。

「いつか」という言葉は、とても便利であるため、さまざまなシーンであらゆる人々が利用しています。

「いつか」という言葉を利用する方の多くは、おそらく心の中において「本心では今すぐにでもしたいけれど、ほかにやることがあったり、すぐにできない理由があるから”今じゃないいつか”やろう」と考えていることでしょう。

「いつか」という言葉は、その言葉を発した人の考え方や今置かれている立場によって、結局のところ”いつやってくるのか”は分かりません。

しかし、反対に「いつか」はいつの日かやるべきタイミングがめぐってくるので、やらなければいけないことが終わってもまったくやらない方もいます。

つまり、「いつかやるから」と言い訳をしている方の中にも、「いつか」というのは「明日以降の短期スパンでみている」場合と、「数年以降の遠い未来」に設定していることが多いのです。

「いつか」という言葉を利用する全ての方が近い将来を予測する言葉として使っていればいいのですが、たいていの方々は「いつか」という言葉を”遠い未来でいつやってくるのか決めていない状態”が多いのです。

「いつか」はよく使われる常套句

「いつか」という言葉は、よく使われる常套句です。

そのため、日常会話のなかでは誰もが口にしやすい言葉でもありますが、「いつか」という言葉を利用している人に対してあまり良い気持ちになる人は少ないものです。

なぜなら「いつか」というのは、いつやってくるのかもわからない、本当にソレをする気持ちがあるのかさえ確信が持てない状況として察知されやすいからです。

例えば、友達同士で一緒に外食をする約束をしたとき、「いつご飯を食べに行く?」という質問に対し「いつか行こうよ」という返事をする場合もあれば、「いつになったら宿題を終えるの!」と怒られたことに対し、「いつかやるよ」と答えることもあてはまります。

本当にやる気があるのかないのか、「いつか」という言葉を利用している相手の本心はいかにも見えないのですね。

そのため、「いつか」という言葉は、常套句ではあるものの、あまり良い印象を持つ方は少ないのです。

「いつか」を使う場面


「いつか」という言葉は、人間関係において使われることを例としてとりあげてきました。

しかし、実際に「いつか」という言葉を使ってみると、さまざまなシーンで使えることが分かります。

では、「いつか」という言葉は、どのようなときにどのようなシーンで使われているのでしょうか。

ここでは、「いつか」という言葉が使われるのは、どのような場面なのかをお伝えしています!

「この意味合いで使ったことがあるな」「”いつか”という言葉には、こんな意味もあったのか!」など、あなたの「いつか」という言葉に対する意識を確認しつつ、読み進めてみてください。

未来に対して使う「いつか」

「いつか」という言葉は、未来に対して使うことがあります。

これは、多くの方が多用している際の意味をさしています。

人との約束での「いつか」

「いつか行こうね!」「いつかやろうよ!」なんて、よく聞く言葉ですね。

このように未来の地点で何かをする約束をする際に「いつか」という言葉を使います。

しかし、未来に対する「いつか」が実現されることはあまりありません。

願望や理想での「いつか」

「いつかやりたい」「いつかこんな恰好をしてみたい」など、将来のある地点にはああしていたいといった願望が込められた「いつか」の使い方です。

自信がないときなどに使われます。

言い訳で使用する「いつか」

「いつかやるってば!」など、今すぐにやるべきことなのに後回しにしている際に、言い訳として「いつか」という言葉を使います。

よく親が子供に対して「宿題しなさい!」と言うと「いつかやる!」という言葉で返すことがあるでしょう。

過去に対して使う「いつか」

「いつか」という言葉は、過去の地点を示す際にも使われることがあります。

時期が不明確な「いつか」

「いつかあんなことがあったよね」など、時期が不明瞭であるものの過去にあった出来事に対して話す際などに利用されます。

疑問や反語としての「いつか」

「いつかあの人はそんなことしてた?」など、疑問や反語としても「いつか」が使われます。

これは、時間軸についての意味合いをほぼ持っておらず、疑問としても意味が強くなります。

時が経つことに気づかぬ「いつか」

「本を夢中で読んでいたら、いつか日が暮れていた」など何かをしていたけれど、知らない間に時間が経っていたことに対して「いつか」という言葉が使われます。

考えたいのは未来への「いつか」


あなたは、「いつか」という言葉を未来に向けて使ったことはありませんか?

例えば、「それは”いつか”やる」とか「夢を”いつか”達成するために僕はがんばっている」などがあげられます。

このように未来のとある時間軸の地点に対して、”いつか”という言葉を利用している場合には注意が必要です。

なぜなら、いつかやってくると信じている”いつか”は必ずしもあなたの目の前にやってくるわけではないからです。

なぜかというと、未来の地点に対して「いつか」という言葉を利用しているということは、具体的にその未来に行いたいと考えていることに対して何も考えていないということになるからです。

少し矛盾しているように感じますが、「いつか」という言葉を使うということは、曖昧な期間や時間および日付をさしているため、いつになっても「またいつかやるから先延ばしにしよう」なんて簡単に後回しできてしまうのです。

だからこそ、「いつか」を未来に対して利用している場合には、厳重注意してくださいね。

「いつか」で逃げたことはない?

あなたは、「いつか」という言葉を利用してその場の会話から逃げたことはありませんか?

例えば、逃げるために使われる「いつか」という言葉は「いつになったら宿題するの?」「いつになったら結婚してくれるの?」「いつになったら真剣に就職について考えるの?」などになります。

具体的な日付や期間を回答してほしいと質問されていることに対して、具体的な回答をするのはどうしても控えたい際に”逃げ”の姿勢である「いつか」を利用することが多いです。

逃げたい会話のなかで「いつか」を使うことによって、具体的にいつやるのかを相手に伝えることはできないものの、相手には”それをやる意志がある”ということを伝えることができます。

「いつか」という言葉を使われた相手の心の中には、少しモヤモヤした気持ちが残ってしまいます。

しかし、「いつか」という言葉を使った本人としては、「逃げ切れた」と勘違いしています。

実際には、その「いつか」を本気で現実化しようともしていないため、実際に「いつか」はやってきません。

そのため、過去に「いつか」といって逃げ切った質問をまたされることになるのです。

そして「いつか」という言葉を使ってその場を逃げ切ったかのような気持ちになるのですが、またそのような発言をしているため相手からは信用を失います。

信用を失ってしまうと簡単に取り戻せないため、今後その相手に事実を伝えてもわかってもらえない可能性があります。

本当は「いつか」を諦めたくない

それでは、「いつか」という言葉を利用する方はどのような気持ちを抱き、どのような心理で「いつか」という言葉を利用しているのでしょうか。

「いつか」という言葉を利用する際に、多くの方々は「本当はそのことをすぐにでも行いたい」という希望を抱いています。

しかし、実際にすぐにできるかといえばそうではないし、今後確実にやってのけられるような自信も持っていません。

しかし、それでも”いつか”はやってみたいことに挑戦し、それらを達成した自分に出会いたいと心の中で感じているのです。

本当はそれを行いたい気持ちを持っていますが、具体的にその日時を伝えることができないのは、自信がないだけではなく、具体的な日時を伝えてしまうとその日までに必ず達成しないと自分自身の評価が下がることが分かっているからなんです。

そのため、曖昧な「いつか」という言葉を利用してしまうんですね。

自分次第で「いつか」は実現可能

「いつか」という言葉を利用すると、ほとんどの方がその「いつか」を体験しないまま人生を終えてしまいます。

「いつかするね」「いつか行こうね」なんて言葉を発したことさえも忘れてしまっている方も多いものです。

しかし、この世の中には「いつか」という言葉をよく利用していても、実際にその「いつか」を実現している方もいるものです。

つまり、あなた自身の行動次第でこれまでは絶対にやってくることのなかった「いつか」がやってきてくれるようになるということなんです。

「いつか」がやってこないのは、行動不足の証でもあります。

行動していればすぐゴールに到着できるとも限りませんが、必ず何らかの形で”いつか”を達成でいることが多いのです。

「いつか」という言葉を実現しないと周りの方々からの信頼も失ってしまいますが、実際に「いつか」を達成することによって周りの人々の信頼感を取り戻せるのです。

あなたも「いつか」を実現してみたくありませんか?

「いつか」が実現できるということは夢をかなえるということでもあるため、あなたの人生の1ページを変えることができるでしょう。

「いつか」を現実にするための13個の方法

「いつか」という言葉は、未来に対して「本心としてはソレを行いたい」という気持があるにもかかわらず、なかなか着手できない状態だったり、行なう時期を決めることに対して億劫になっている状況などさまざまな状態の際に使われるということをお伝えしてきました。

つまり、「いつか」をなかなか達成できない人というのは、本当はやっておきたいことを後回しにしてしまっているということになります。

「いつか」と言ってなんとなくやりたいことを後回しにするのではなく、「いつか」をそのままにしないように行動に起こすことが重要です。

ここでは、「いつか」を現実にするための方法を13個お伝えいたします。

ぜひ、今後の参考にしてみてください。

現実にするための目標をつくる

あなたの心の中で「いつかやってみたい」「いつかやる」と考えていることは、どれくらいありますか?

まずは、「いつか」と考えていることを書いてみましょう。

例えば、「いつか社長になりたい」と考えているとしましょう。

その「いつか」を現実にするためには、現実世界でどのようなことをクリアしていかなければいけないのかを書き出します。

つまり、「いつか」を現実にするための目標を立てましょう。

社長になるためには、経営について学ぶ必要もありますし、仕事をギブアンドテイクするためのコミュニケーションも体感して学ぶべきですね。

そのため、「社長になるためにあらゆることを勉強し、起業する」ことが目標となります。

目標までのプランを考える

「いつか」を達成するための目標を立てたのであれば、実際に目標を達成するためには具体的に何をするべきなのかを考えていきます。

社長になるためには、あらゆることを勉強する必要があります。

いつまでにこれをする…など具体的な期限も設けてプランを考えるようにしましょう。

このとき、目標をゴールとしてゴール地点から現在地点までたどってくるようにプランを練ると成功しやすくなります。

例えば、社長になるためには起業しますね。

起業する前には、起業するためには起業する分野に関する官庁に届出をしたり、事業計画を考える必要もあります。

さらにその前には、どうして起業をすることになったのか何を目的にしているのか”事業の概要”を決めることが必要です。

また、起業をスムーズにするための勉強もまた必要になってくるでしょう。

このようにあなたが立てた目標までのプランを”逆算式”で考えるようにしてください。

具体的な予定や行動を決める

目標までのおおまかなプランを決めたのであれば、それぞれのプランを実現化するために具体的な予定や行動を決めていきます。

社長になることを目標にしている場合には、社長に関する書物を読むために書店へ行ったり図書館へ通うこともあるでしょうし、起業家の方たちの話をじかに聞けるセミナーに参加することもあるでしょう。

また、起業する際に有利である資格を取得するための勉強や試験受験なども考えられます。

具体的な行動をとるために、しっかりと具体的な予定を立てることが「いつか」を現実化するカギを握っているといってもいいでしょう。

頭の中で想像するだけでなく、ぜひ紙やスマホのメモ帳機能に具体的な予定や行動を決めていきましょう。

自分の言動に対し責任を持つ

「いつか」という言葉は、誰でも簡単にその場の会話のなにかから逃げるために利用できるとても便利なものです。

逃げる姿勢を持っているからこそ、「いつか」はあなたのもとにやってきていません。

また、「いつか」という言葉を利用するということは、話を聞いてくれている相手から「この人はこれを実現する気はないのだな」と失望させることもあります。

つまり、「いつか」という言葉を発した後にどのように行動するかによって、相手に信頼されるか、それとも「ウソつき」としてみなされるかが決まるのです。

つまり「いつか」を現実化させるためには、どんなに小さなことであっても自分の言動に対し責任を持つようにしましょう。

自分の言動に責任を持つようになると、「いつか」という言葉で逃げ切ったことに対しても「やっておかなくちゃ」と逃げの姿勢から自分自身を奮い立たせることができるのです。

絶対に叶えると強く願い続ける

「いつか」を現実化させるためには、「絶対に”いつか”を自分のモノにする」と強く願い続けましょう。

「いつかは必ずやってくる」でもいいです。

できれば、日常生活におけるあらゆる瞬間に強く願うようにしてください。

そうすることによって、常に「いつか」を実現化することを考えるようになります。

そのため、いつでも「いつか」を現実化するためにはどのように行動すればいいのか、今具体的に何をすればいいのか」が見えてきます。

それらが見えていないと、いつまでたっても「いつか」はやってくることはないのですが、今何をすればいいのかがわかるだけでも叶えられる可能性が高くなります。

この理由としては、常に「いつか」を現実化にすると願うことで意識するようになり、途中で諦めそうになったり、「いつか」を叶えるために必要な行動から逃げようとしても自分を自分で律することが可能になるからです。

自制心があれば、目標を達成できます。

欲や他人に流されずに軸を持つ

物事に決断を下す際に、あなたはどのようにして決めていますか。

なかには、自分自身であらゆることを考えて、決断する方もいらっしゃるでしょう。

しかし、その一方で自分の欲や他人の意見や態度に影響されて決断する方もいらっしゃいます。

「いつか」を現実化するためには、常に”自分軸”を持っているべきです。

なぜなら、欲や他人の意見や態度に影響を受けるということは、欲や他人軸を通して自分の人生をはかり、そして生きていることになります。

おそらく、どこか”生きにくさ”を感じているのではないでしょうか。

それは、自分軸で生きておらず、他人のご機嫌をとるようにして他人軸で生きているからです。

また、自分自身の欲に負けて行動してしまうのもまたよくありません。

「いつか」を達成するためには、常に欲を自制し、他人の意見ではなく「いつか」を達成する気持ちに従う必要があるのです。

つまり、「いつか」を手に入れる自分の心理こそが自分軸と考えてよいでしょう。

向上心を持って成長し続ける

向上心を持って成長していると、自然と「いつか」を達成できるようなシーンに出くわすことが多くなります。

なぜなら「いつか」は、自分にとって”本当はやりたいけれど、手の届かないようなものなんだろうな”と心の中で少し諦めている状態ですが、向上心があれば常に前に進み続けることができるため、それとともに成長し、「いつか」と言っていたことをすんなり達成できるような自分に変わっていることが多いのです。

もちろん、「いつか」を達成するために必要なジャンルに対して成長している必要もありますが、どんな面でも自分自身で成長を実感できることによって「いつか」を達成するための行動をすんなりおこなえるようになることもあります。

あなたは、今向上心を持ってなにかをおこなっていますか。

おそらく「いつか」という言葉を多用している方は、向上心を持ってもすぐに消えてしまうのではないでしょうか。

これからは、常に向上心を持ち、日々なにかを達成し過ごしてみましょう。

やるべきことを後回しにしない

あなたは、今やるべきことを後回しにしていませんか?「いつか」という言い訳をする方は、やるべきことを後回しにしてしまいがちです。

「いつか」という言葉を使ってしまう方もまた、やるべきことを後回しにしてしまうクセがついていることがあります。

例えば、「今月のいつかやるから今はやらなくていいや」と期日が遅めの仕事をほったらかしにしたり、「いつか結婚するから結婚指輪も今は買わない」など出来る限り早めに結婚するとカップルで約束した場合の発言などにあてはまります。

「いつか」を現実化するためには、日々のやるべきことを毎日やるだけでも達成できることが多いのです。

例えば、「いつか仕事を終わらせる」という場合にも、毎日コツコツ仕事を行なっておくことによって数日以内に仕事を終えて「いつか」を手に入れることができるのです。

また、やるべきことをほったらかしにしていると心の中に眠る罪悪感とさらにそれによる仕事への影響で仕事がはかどらなくなることも…。

悪い事態も想定して、やるべきことは早めにサッサと終わらせるようにクセづけましょう。

思いついたらすぐに行動に移す

「これやりたいな」「あれ食べたいな」このような気持ちが頭の中に浮かんできたとき、あなたは次にどのようなことを考えますか?

「いつかやろう」「いつか食べよう」「明日食べよう」でしょうか?

それとも「今夜はあれをやりに体験へ行って来よう」「今夜の晩御飯にしよう」と考えるでしょうか。

せっかく心の中のあなたが「これやりたい!」「やっておくべき!」と新しい世界を見せてくれる前触れを出してくれているのに、やらないのは非常にもったいないです。

また、状態関係なくすぐにできることを後回しにしてしまうと、今後もちょっとしたことでも後回しにしてしまい、最終的にやるべきことが多くなって首がまわらなくなることもあるでしょう。

だからこそ、思いついたらすぐに行動に移すように心がけてください。

ときには、金銭的な事情や天候などの理由ですぐには行動できないこともあるでしょう。

その場合は、近いうちに行なう日付を決定しておくとして、それ以外の場合ではできる限り思いついたらすぐに行動することです。

そうすると「いつか」は簡単にやってきます。

自分らしさを大切にする

あなたは、自分らしさを大切にしていますか。

現代では他人に見られることが当たり前のSNSが普及しているため、常に周りの人々から良かれと思われるような生活をしている人が少なくありません。

つまり、本当の自分の気持ちを無視して”周りからの目線”を大事にしているため、自分らしさをつぶしている方が多いということになります。

それでは、本当にやりたいことがあっても周りの目を気にしてしまうので、「今はできない」「いつかやろう」という気持ちに至ってしまいます。

それに自分自身の気持ちを一番に聞いてあげられる自分自身が自分を無視し、さらに「いつかやる」と言いながらやらないというウソをついている状態です。

それでは心がつぶれてしまいます。

そうなる前に、そして「いつか」を確実に達成するために自分らしさを大切にしていきましょう。

自分らしさを大切にすることで、「いつか」と自分のやりたいことを後回しにしているのもバカバカしく感じられ、すぐに行動に移せるようになります。

モチベーションを維持し続ける

目標を達成するためには、モチベーションを維持する必要があります。

モチベーションとは「このまま続けて頑張るぞ!」といった気持ちを盛り上げる感情ではありますが、なかなか維持するのは難しいんですよね。

そのため、あともう少しで「いつか」の状態になるはずだったのに「いつか」を達成できないまま諦めてしまう方も少なくありません。

だからこそ、常に「いつか」を達成することを祈り、さらにその「いつか」を達成できた後の自分の生活をよく思い浮かべるようにしてください。

例えば「いつか売り上げを40万超えさせる!」と考えていたとしましょう。

この場合には、実際に売り上げを40万にした自分がどのような生活をしているのかを想像してみるのです。

今よりも高級な食材を使った食事をしているかもしれないですし、ずっと欲しかったものが手に入っているかもしれません。

また、職場の人々から羨望のまなざしで見られたり、昇進が決まる可能性もあるでしょう。

このように未来の自分を想像するだけでワクワクしてきませんか?今「いつか」を達成するために行動しておけば、必ずその想像を手に入れることができるのです。

これらをモチベーションにしていきましょう。

他人に声かけをして巻き込む

自分ひとりではなかなか何もうまくいかない…という場合には、他人に声掛けをして巻き込んで「いつか」を達成していきましょう。

例えば「売り上げをあげる」ことが目標になっているのであれば、同僚にも売り上げで良い数字をたたきだすことを提案し、お互いに励ましあい、アドバイスしあい、そして売り上げを上げていく作戦です。

人は一人では生きていけないという名言がありますが、これは目標を達成する上でも言うことのできる言葉でしょう。

ひとりでもくもくと達成していくのもいいですが、他人に声掛けをして巻き込んでいくことによって「いつか」に到達するスピードが早くなります。

また、「いつか」という言葉を実際に現実化してしまったあなたに対し、周りの方々の目は良い評価へと変わります。

成功した人の経験談を参考にする

なにをしてもモチベーションもあがらないし、「いつか」なんて達成しなくてもいいような気がしてきたという方もいらっしゃるでしょう。

その場合には、成功した人々の体験談を参考にしていきましょう。

成功して大活躍してる人でも、過去には苦い思いを経験しているのは珍しいことではありません。

彼らもあなたと同じ人間ですから、ときには「やめたい」と思ったり、起こってしまったトラブルから「逃げたい」と感じることもあります。

そこでどのようにして心を鼓舞したのか、そしてどのようにモチベーションをあげて維持してきたのかが分かります。

成功した人の体験談を参考にし、あなたの人生に活かしていきましょう。

「いつか」を現実にするために行動しよう

今回は、多くの方がなかなか迎えることのできない「いつか」を現実にするための方法をお伝えしました。

また、「いつか」という言葉の意味や使い方、どうして「いつか」という言葉を利用してしまうのかについてもご紹介しました。

「いつか」という言葉は、あいまいなニュアンスを持っているのでとても使いやすいんですよね。

そのため、まだ未来が決まっていないのに使ってしまったり、本当はすぐにでも着手したいのにすべきことがたんまり溜まっている場合に使ってしまうものです。

しかし、「いつか」と言っても多くの方がそれを実現できていません。

「いつか」=未来に勝手に起こるものとして判断しているからという理由についても解説いたしました。

それでも諦めずに、あなたご自身が現実に行動を起こすことによって「いつか」を必ず現実のものにすることができるのです。

あなたは、「いつかやる」という言葉を発した際にはとてもやる気に満ちているのに、実際にその行動を移すとなると心のドコかで億劫になったり、消極的になったり、面倒になっているのではありませんか?

そのようなことをしていては、あなたがかつて欲しいと思っていた「いつか」は絶対にやってきません。

そして老いて、しまいにはそのことについて忘れてしまうでしょう。

人生は長いように見えますが、一瞬の出来事であるということを忘れず、今日からでもあなたの中に眠っている「いつか」を実現していってください。

その際に、当記事を参考にしていただけると幸いです。

ページトップ