「姑息な人」と、聞いて「良い人」と想像する人は、まずいないでしょう。

姑息な人とは一体どんな特徴があり、どのような人物に姑息な人が多いのでしょうか。

今回はその姑息な人について、様々な角度から特徴をあぶり出していきたいと思います。

その名も、「姑息な人の嫌な23個の共通点」と題しまして、姑息な人の姑息なやり方、姑息な人の取りやすい行動など、姑息な人の見分け方、また姑息な人の対処の方法など、姑息な人の姑息なやり方に巻き込まれてしまわないように、気をつけるべき点や関わり方、交わし方などをご紹介して参ります。

ぜひ、周りを見渡し、姑息な人への対応を考えていきましょう。

️姑息な人の23個の共通点

では実際に、ここからは姑息なやり方の23個の共通点について、さらに詳しく見ていきたいと思います。

また、実際にあなたが、姑息な人だと思う人の特徴を思い出しながら照らし合わせてみていくようにしてください。

実は姑息なな人だと思っている人は、卑怯な人だったり、またあなた自身が「姑息」と言う意味をあまり分かってなかったりするために、「姑息な人」を勘違いしている場合もございます。

まずは姑息な人の特徴を知り尽くし、あなたが姑息な人だと思う人を思い出しながら、姑息な人の23個の共通点について理解し、あなたも姑息人の餌食にならないよう、また被害に巻き込まれないよう注意して接するようにしていきましょう。

ご機嫌とりをする


まずは姑息な人の特徴として、必ず行うことがあります。

それは必ず人のご機嫌をとっていると言うことです。

なぜ、姑息な人はめんどくさいにもかかわらず相手のご機嫌取りをするのでしょうか?その理由は簡単です。

相手のご機嫌をとりながら相手の様子を伺っているのです。

「この人は、この領域までは大丈夫。しかし、こちらの人はここまで踏み込んで話ができない。」など話しながら、ご機嫌取りをし、相手の性格やどこまでが相手の許容範囲なのかなど、相手のことをよく観察しているからです。

ご機嫌取りをすることで、相手の様子を伺い自分が有利に立てるのか、または相手を自分のほうに向かせることができるのかなど、頭の中でフル回転させながらご機嫌取りをしているのでしょう。

顔色を伺う

高速の人は、ご機嫌取りをした後に必ず人の顔色を伺っている事でしょう。

それは、顔色を伺う事で相手の守備範囲や、相手が、あなたに気を許しているのかなど伺っているのかもしれません。

もし、ご機嫌取りをした時点で、あなたに心を許しているようであれば顔色を伺う必要はありませんが、姑息な人があなたのことを「まだ、私のほうに取り込めていない」と思っているのであれば、必ずあなたの顔色を伺ってくることでしょう。

また顔色を伺い、そしてご機嫌取りをしそしてまたあなたの顔色を伺ってくることでしょう。

人の顔色を伺うタイプには、2つの種類があります。

1つ目の種類は姑息な人が顔色を伺いきまし、相手の様子を見るパターンと、もう一つは不安から人の顔色を伺ってしまう人です。

どちらにしても、顔色を伺っているのですが下心が全く違うため姑息な人の顔色の伺い方はすぐにわかることでしょう。

保守的


遅くな人の隠れた特徴としては、保守的な考えを持っている人が多いということです。

つまりどういうことかと申しますと、自分に被害が来ないように立ち回りや、根回しなどが得意なため、受け身のような状態でいることが、周りの人の目には、謙虚に映ってしまうからです。

また活発に行動したり、攻撃的な行動に出てしまうとさらに敵を作ってしまうことになりますので、基本的には受け身、または保守的な態度をとることが姑息な人によく見られる行動パターンになります。

また、保守的でいることで人当たりも良さそうに見えるため、初対面の人や、姑息な人をあまり知らない人は「いい人」と言うふうに勘違いしてしまうかもしれない程です。

このようなことからも、ぜひ初対面の人には気をつけてもらいたいものです。

見栄っ張り

よく話をしていくと、姑息な人は見栄を張っている確立が高いです。

人の話に対して良い話には必ず話をかぶせてきますので、自分の方のが上だと言わんばかりに、話の上でも見栄を張ってきます。

そのため、姑息な人のことをよく知っている人は、話をしていても楽しくなかったり必ず見栄を張ってきますので、話をしたくないと感じることでしょう。

普通の人であれば、見栄を張っても何の得もすることはありませんので、見栄を張る必要はありません。

しかし姑息な人や人に負けたくない人であるが、見栄を張って張り合ってきたりする場合もあります。

そんな人と話をしていても、楽しくありませんし、何よりそんな人に話を合わしていては、疲れてしまいます。

姑息な人の話は半分に聞いた方が良いのかもしれません。

プライドが高い

姑息な人はプライドが高いため、先程のコーナーでも話しましたように、見栄も張ってきます。

付き合っていくのは大変ですが、それにさらに輪をかけるようにプライドが高いため、段々お付き合いしていくうちに、そのプライドの高さ味も疲れてくることでしょう。

こちらは見えを張っているつもりはないのに、人の揚げ足を取ったりプライドが高いため、自分より優れている人や、自分よりお金を持っていると感じる人がいれば、なんとしてでも引きずり降ろしたい気持ちもあるようです。

そのため、表面では平静を装っているのですが、腹の中では考えが悪理解しているのではないでしょうか。

このように、姑息な人はプライドが高いため、お付き合いしていくうちに相手をだんだんと疲れさせる傾向にもあるとされています。

口だけ

見栄を張り、プライドが高い、さらに口だけとくれば、ほぼほぼ表面面だけの薄っぺらい人間に感じることでしょう。

人としての厚みや人情などもありませんので、常に自分のことが大切なのでしょう。

また、自分中心でないといけない部分もあるようです。

いつも、口では大きいことばかりを言いますので、あまり姑息な人の性格を知らない人は、「凄い人なのかな?」と勘違いしてしまうこともあります。

また、口だけの所に関してもそうですが、話上手だったり話を巧みに操ることもうまいですので、周りの人も時々騙されてしまうほどです。

また、人間観察をし話をうまく曲げたり、大きいことを言ってみたりもする傾向にもありますので、やはり姑息な人の話は、話半分に聞く方が賢いのかもしれません。

行動が伴わない

口ではすごく大きいことを言う姑息な人ですが、行動はなかなか伴ってはいないようです。

そのため、大きいことを言う割には全然動けていなかったり、行動が伴わないとすぐに見破られてしまうため、普通の人であれば少し変な人なのかな?とすぐに気づかれてしまうことでしょう。

なので、古くから姑息な人のことをよく知っていれば、距離を保ちながらお付き合いをしていくのですが、全く知らない人が、姑息な人とお付き合いをしていくと、付き合い初めはとても疲れることでしょう。

姑息な人の行動をよく見て観察することで、姑息な人がどのような人なのかがすぐにわかります。

まずは、「大きなことを言っているな」と感じる人と会っても、すぐに人を信用したりしないことです。

さらに輪をかけ、行動も伴っていないようであれば、まさに姑息な人の特徴になりますので距離を保ちながらお付き合いしていくことをおすすめします。

謝っとけばいいと思っている

これまで、姑息な人の特徴やお話をして参りましたが、姑息な人は、自分がどのような立場に追いやられても、とりあえず「謝っておけば良い」と言うような軽い考えていますので、少々人に嫌な気持ちを与えた位では謝ることも少ないでしょう。

しかし、どうでもいいことに関してはすぐに平謝りをしてきます。

その辺のギャップにもとても腹立たしく感じるのですが、姑息な人は相手が、姑息な人に腹立たしく感じていることや思っていることすら気づきませんので、とにかく相手が怒っているいたり姑息な人に冷たい態度をとるようになれば、「とりあえず謝っておけば済む」などと、安易な考えでいるようです。

このように姑息な人とお付き合いをしていくと、イライラさせられるだけではなく、「とりあえず」と言う考えにもがっかりさせられることでしょう。

立場が上の人につく

「長い物には巻かれろ」、「世渡り上手」など、立場が上の人に対して、ゴマをするのが上手かったり、上の立場の人の話をしっかりと聞いていますので、上司や上の立場の人に対してはたまに好かれることもあるようです。

しかし、上司や上の立場の人もそんな姑息な人の性格もすぐに見破る事ですので、そこで何かが変わる、姑息な人が上の立場になると言う事はほぼありません。

賢い上司であれば、すぐに姑息な人への対応も早いことでしょう。

また、立場が上の人につくことで姑息な人は、自分が有利な立場になったと勘違いしたり、権利や強い人にも憧れや自分のことをアピールしたいなどと考えていますので、非常にめんどくさい部分もはらんでいます。

立場が上の人につく、姑息な人は自分もその立場に憧れている可能性は高いです。

マジョリティに属する

要は、ざっくり言ってしまえば「普通の人」なのです。

しかしこれまで話してきたような性格などを聞いていれば、普通の人とは感じませんが、流行に敏感なわけでもなく、自分を持っているわけでもありません。

確かに、人と張り合ったり負けたくない気持ちはあるのですが、特にずば抜けて何かがすごかったり、素敵に思われるような部分があるわけでもありません。

いつも、多数派の意見をただ、述べているだけですので、話もさほど面白くもありませんし、目立った話も特には無いのです。

誰が聞いても、当たり前の話を普通に話してくるので、時々話を聞いている相手は、オチのない話を聞かされているような感覚になる場合もあるのです。

しかし、話を盛るのがうまい姑息な人は、普通の話でも少々、面白おかしく話を盛ってくる場合がありますので、こちら側も楽しくその話を聞いていればいいんじゃないんでしょうか。

やり方が汚い

姑息な人は、多くの人が姑息な人のやり方が汚いと言うように感じている事でしょう。

そのせいか、周りに寄ってくる人も少し変わっていたり、またやり方が汚い相手とつるんでいたりする場合があります。

正当なやり方ができないわけでは無いのですが、やり方が汚い方が近道だったり、思うように事が進むと勘違いしていますので、姑息な人は手段を選ばないような傾向にもあるようです。

そのためやはりお付き合いには危険も伴う場合もございますので、十分に注意よし、変な誘いには乗らない方が賢明です。

また、たくさん話をするのは良いのですがその話をどのように人に伝えているのかもわかりませんのでできれば接触を避け、姑息な人のやり方に乗らないように注意をしておく必要があります。

人を売る

人から聞いた話はすべて自分のものなどと考えているようで、姑息な人の考えは「人のことを自分のための材料」などと考えている場合もありますので、話す内容をよく考えて話すようにした方が良いでしょう。

また相槌を打っただけでも「あの人は、こんなことを言っていた。この人は、こんなことを話していた。」などと、自分が話した話にもかかわらず、あたかも相手が話していたかのような話し方もしますので、こちらの意図としない方向へ、話が進んでしまう場合もございます。

また、「黙っていてね」と姑息な人を信用してしまいついつい話してしまった話ですら、姑息な人は話してしまうので、絶対に重要な話しや、大切な話は話してはいけません。

また自分の立場が弱くなれば、人を売ることも普通に考えますので、やはりお付き合いには注意が必要です。

悪口で他人の評判を落とす

また、自分より優れていると感じたり、自分より上だと感じる人に対しては悪口でその人の評判を落とすところがあるようです。

プライドの高さや気の強さから、あらゆる手を使い姑息な人のターゲットは、「いじめ」のような扱いを受けてしまう場合もあるようです。

人として、あることないこと、または悪口で人の評判を落とすような事は人権侵害に当たる場合があります。

今の世の中では、悪口で人の評判を落とされる位では、法に裁かれたり刑事事件になったりもしませんので、やはり悪口を言われる側にも注意が必要なのかもしれません。

あまり良い話や、幸せなことがあればついつい人に話してしまいたいのですが、話す相手を間違えれば結果自分が傷つくことにもなりかねません。

特に家族の人に対して、話をする内容には注意したいものです。

手段を選ばない

悪口で、人の評判を落とすような姑息な人は、必ず手段を選びませんので、こちら側がどれだけ注意をしていてもターゲットになってしまえば、あなたも傷つく事になるのかもしれません。

まずは、姑息な人のターゲットにならぬよう普段から注意を促し、姑息な人には近寄らないまたもし姑息な人から話しかけられたとしても、当たり障りのない普通の話をするようにすればいいでしょう。

姑息な人は、常識ある普通の考えの人とはかなり感覚も違いますので、普段私たちが接する相手と言うように見ない方が賢いです。

手段を選ばない行動など、人間として、非常に浅はかな部分もありますのでいつかはその手段を選ばないことにより、失敗することも考えられますので、静かにされたことに対して真摯に対応するようにすれば、どちらが正しいのかは周りの人は、時間がかかっても理解してくれるはずです。

言い訳する

姑息な人は、必ず言い訳をします。

それは自分が悪い立場になりたくないと言う強い思いから言い訳をするようです。

しかし他人のことを悪く言い評判を落とすような事は、平然としてきますので、それがまた怖いものです。

また、言い訳をすることで相手が不快に感じたり、言い訳を聞きたくないと思っていることすら気づきませんので、自分が悪い立場にならなければそれで良いと言うように解釈をしているため、必ず、言い訳をして挽回しているつもりでいるのでしょう。

姑息な人は、自分さえよければいいという考えの人がほとんどですので、相手の気持ちより、自分の気持ちを優先します。

そのため、少しでも人によく思われようとするために、言い訳もその分多いのかと感じます。

誤魔化す

笑って平謝りをしてきたり、またごまかすことも得意中の得意とします。

そのため、自分の立場が悪くなれば話をごまかしたり、言い訳をしたり、何とか自分の立場を保とうと必死になります。

そのため手段を選ばない態度や、悪口で他人を陥れるような行為が周りの人達にバレたりしますと、非常に慌てた態度になりますので必死で嘘をついたりごまかしたりすることをするようになるでしょう。

周りもそのような、姑息な人に対し、うんざりした態度にもなって来ますので、干されてしまうような立場に立たされてしまうこともしばしばあるようです。

このように、姑息な人は結果的に、自分がまいた種により自分の尻拭いをしなければならないと言う結果に陥りますので、万が一傷つけられることがありましても冷静な対応が大切なのかもしれません。

嘘をつく

また平気で嘘をつく姿には周りもうすうす気づいているようです。

嘘をついても何の得にもないと言う事は分かっているのですが、周りの人や他人を振り向かせたいが為に平気で嘘をついたり、また貶めたりするような浅はかな考えになったりするのでしょう。

嘘をつくことに対して抵抗もないので、常識的な人から見れば不思議な光景に映るのかもしれません。

また、嘘をついて他人の反応を見たり、様子を見たりすることで話を盛ったり、面白おかしく話の内容変えることもしばしばあります。

しかし、それくらいならかわいい範囲の話なのですが、あることないことの嘘まで出せば、少々病的に感じる人も多いのではないでしょうか。

嘘は嘘でも、許せることと許せない嘘が存在します。

しかし、許されない嘘も平気でつきますので、そこが、姑息な人の怖いところです。

見苦しい

姑息な人は、そのように自分が嘘を平気で付いていたり、他人をおとしめていたりしていても、他人が全く気づいていないと言うふうに考えています。

また自分の嘘や盛った話すら、他人を信じ込んでいると思っていますので、質が悪くまた、見苦しい一面でもあります。

このように、心の中で見苦しい行動しているなどと思われていることすら全く思っていませんので、姑息な人は、非常にかわいそうな性格とも言えるでしょう。

逆に言えば、姑息な人は他人からどう思われているのか、相手に嫌なことをすれば当然自分に返ってくると言うようなことも考えていませんので、その場しのぎのことが多いと考えられます。

そのため行動が浅はかであったり、軽率な行動面取りやすいので、周りの人からの信頼も薄くなってしまう可能性があるのです。

コソコソしている

コソコソしていて、何をしているのか周りから理解されないところも特徴になるのかもしれません。

コソコソすることで、周りに不快な思いや嫌な雰囲気にしていることすら気づきませんので、影でコソコソし、悪いことをすることは得意中の得意なのかもしれません。

姑息な人が、コソコソし始めれば周りの人たちは「また、あの人何か企んでいる」などと言うような感じになり、周りの人たちも何が起きるのか警戒するようになるのかもしれません。

そのように、姑息な人は周りからの信頼も薄いですので、コソコソし始めると、何か良からぬことが起きるのではないか?と周りは少し不安になることもあるようです。

人から信用されない人って本当にかわいそうな人ですよね。

責任転嫁する

自分に被害が及んでおり、自分も悪いことが起きた渦中いるにもかかわらず、自分が少しでも悪い立場になろうものなら、嘘をついたり他人を売ったりしてまで責任転嫁をするようになるでしょう。

またそうすることで周りはさらに姑息な人のことを、益々子信用できなくなってしまうに反比例し、姑息な人はそのことにも気づかず、ますます言い訳や責任転嫁をするようになってしまうのです。

それだけ自分だけがかわいいので、間違った考え方や行動すら気づくことがありません。

立派な人ではないけれど、普通に常識を教え込まれた人間であれば、責任転嫁をする事はまずありえないのです。

正々堂々と、悪さや非を認め反省している姿を周りに見せることが、何より大切なことだとわからないのです。

問題の根本を解決しない

姑息な人は、そもそも反省もしませんので問題の根本を解決できる能力はありません。

その場その場しのぎの嘘や、責任転嫁なので逃れる能力はあっても、「なぜ自分があそこでこんな行動をとってしまったのか」または、「あんなことをしてしまったのか」などと考えることもなく、そのまま反省もせず枚につき進んでしまいますので、また同じことを繰り返し、他人に迷惑をかけて生き続けていくのです。

何かの折で、反省することができるのであれば、問題の根本を解決するのですが、自分に非がないなど考えてしまう癖があるため、なかなか良い方向に進むことができないのです。

しかし、賢い人間なら反省することを学ぶのですが、学べないのが姑息な人なのかもしれません。

言ってることが前と違う

また、言っていることがコロコロ変わるのも姑息な人の特徴なのかもしれません。

前は、「こう言っていたのに、今日になればこんな話になっている。」なんて話も姑息な人にとっては、よくある話なのかもしれません。

しかし、周りの人間からすれば振り回されたと感じる人や、言っていることが毎回違うので信用できないなどと言う人も多いのではないでしょうか。

しかし言っていることが前とは違うことすら気づいていない場合もありますので、姑息な人はその場その場しのぎの、会話をしているため話がコロコロ変わっていることにも気づかないのかもしれません。

このように、姑息な人は言っていることが前とは違うため、信頼や信憑性も遅くなってしまう可能性が非常に高いと言えるでしょう。

人によって態度を変える

姑息な人は、人によってその人に合わせた話をしようとするため人によって態度を変えるところがあります。

また態度だけではなく話の内容まで変わりますので、姑息な人と話した人同士が話し合うと、全く違った話になっていると言う場合も少なくないでしょう。

このように、人によって態度を変えてしまう姑息な人は、もっと人からかまってもらいたい、もっと自分に注目をしてもらいたいと思う究極の寂しがり屋なのかもしれません。

人によっては、家庭環境に問題があったり、過去に辛い経験をしたりと言う人も少なくは無いのかもしれません。

そのために、他人を傷つけてまで自分を守ろうとしたり、間違った考えの道進むことすら平気で行ってしまうのかもしれません。

️姑息な人の意味とは?

間違いやすい言葉の姑息

そもそも、姑息と言う言葉にはどのような意味があるのか皆様ご存知でしょうか?実は、間違いやすい言葉の一つに「姑息」があります。

姑息な人の特徴の中には、たくさん卑怯な人のような表現もたくさんありますが、卑怯な人と姑息な人とは、別物ですので、扱いを同じにしてしまわないように注意をしておきましょう。

姑息な人と、卑怯な人とは分けて使えるようにしておくといいかもしれません。

また、姑息な人は今までも執筆してきた通り、その場しのぎの行動や、浅はかな考えの方も多いですので、意味を間違えないように使用することが大切です。

そのためにも、「姑息」という意味をきちんと理解しておくべきでしょう。

また中途半端に意味がわかったからといって、やたらと使うのもあまり良い使い方とは言いません。

適切な時に適切な使い方を出来るように心がけましょう。

似てるけど”卑怯な人”ではない

「姑息な人と、卑怯な人って同じじゃないの?!」なんて思う方もかなりいるようですが、実は意味が異なるのです。

つまり、卑怯人と言うのは、卑劣な行動をしたり、物事を正々堂々と、正面から立ち向かうことができない人間のことを言うのです。

確かに、姑息な人も正々堂々と戦っているようなイメージはありませんが、卑怯な人に比べれば、まだその場しのぎの浅はかな考えではありますが、卑怯と言う意味を考えると少し意味が違って感じる事はありませんか?実は、同じような意味合いでも少々の違いで意味を同じと捉えてしまうために、同じような言葉の使い方をしてしまいがちです。

「姑息」と「卑怯」はまったくの別物なのであれば、使い分けを簡単かと思いますが意味をわかった上で使い分けをするようにしましょう。

姑息=その場凌ぎをすること

姑息とはつまり、その場しのぎをすることを意味します。

卑怯は、その場しのぎではなく正々堂々としてない様を言いますので、簡単に言ってしまえばその場しのぎをすると言う意味と、正々堂々としていないと言う別の意味になります。

なので使い分けをする際にもそのことをよく頭に入れて使用するといいかもしれません。

また、その場しのぎの行動しますので、もちろん言い訳や嘘または、話に矛盾が出てきたりする場合はよくあることなのです。

そういった点でも、「姑息」と「卑怯」は別のものなのではないでしょうか。

使い方は「姑息な手段」など

また、「姑息」を使用する場合は、「姑息な手段」など、「その場しのぎ」と似合う言葉をチョイスして使用するとうまく使用でき、意味を間違っていない使い方ができますので、「姑息」と言う言葉を使用する際には、必ず「その場しのぎ」と言うような意味合いのことを考えながら使うようにすると良いでしょう。

️姑息な人の嫌な部分でした

いかがでしたか?今回は姑息な人の嫌な部分ばかりが、目立つような結果になってしまいましたが、姑息な人とはつまり、孤独な人なのかもしれません。

周りの人の愛情を確かめたくて、姑息な手段を使って周りの人の注目を集めたい人なのかもしれません。

また、過去に辛い経験をしたり過去に辛い思い出がある方にもこういった姑息な手段を使う人も中にはいるようです。

もし、生活していく上であなたが孤独な人に出会った場合でも、できればその方の背景にあるものを考えながら接してあげるのも一つの手なのかもしれません。

姑息な人は、その場しのぎの考えの方のことを指しますので、もしあなたの周りにもその場しのぎの方がいるのであれば、その人は姑息な手段を使う人なのかもしれません。

姑息な手段を使う人に出会ったとしても、あなたがしっかりしていれば、その姑息な手段にも打ち勝つことができるでしょう。