才能、という言葉に憧れを覚えたことはありませんか?
 誰もが才能を持つ人には憧れるものです。

何もしなくてもできる人、と言うようなイメージもありますし、成功を掴むためには才能が必要だというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。

才能は、誰も持っていない能力であり、誰もが憧れていながら、手にすることができるのはごく一部の人だという理解をされているように思えます。

確かに、間違ってはいないでしょう。

才能と言うのは生まれたときから持っているものであり、なかなか努力で身に着くものではありません。

華やかな才能を生まれ持っている人が努力をすると、誰もかなわないですよね。

凡人が努力をするよりも、才能がある人が努力をする方が結果を出すことができるので、やはり才能の有無は大事だと思っている方もいるでしょう。

 ですが、才能は必ずしも華やかで派手なものではありません。

もしかすると、自分が気づいていないだけで、何か才能を持っている人もいるのではないでしょうか。

才能というのは、スポーツや楽器のような派手で見栄えのするものばかりではありません。

自分が持っているのに気付かないだけの才能に気づけば、世界も楽しく思えてくるかもしれませんね。

️これが才能!一覧表

 世の中には、どのような才能があるのでしょう。

才能と言っても一種類に限ったものではありませんし、勉強やスポーツなどの分かりやすい場所ばかりに表れるだけのものではありません。

考えられる才能の一覧表を下に挙げます。

自分はどのような才能を持っているのかチェックしてみましょう。

負けず嫌い


 負けず嫌いと言うのは、文脈によっては悪い意味に出捉えられてしまうこともあります。

ですが、負けず嫌いが悪い意味で摂られてしまうのは、我を張っているからでしょう。

多少きつい性格をしているのは仕方ないことですが、負けず嫌いでいるのはとても良いことです。

負けず嫌いであるということは、自分の能力や成績に対してプライドを持っているということです。

時には、何もプライドがない人がいますが、そうした人はとても扱いにくく、上昇志向もありません。

それではいけないのです。

社会の中に出て強く生き、きちんと上に行く人は負けず嫌いで自分が他の人に劣っているところがあることが許せません。

それが努力するパワーの源となるのです。

負けず嫌いであるということは、ある意味で才能です。

しっかりと自分の状況を理解して、人に負けて悔しいという気持ちを持つことができているからです。

その力があれば、きちんと成功する人間になることができるでしょう。

努力家

 努力家だというのは、才能を持っている人とは正反対にいるような気がしますよね。

才能がある人は努力をせずに何かを成し遂げることができるように思われるからです。

誰もが、才能を持つ人になりたいとは思っても、苦労して努力したいとは思いません。

また、努力は誰でもできると思っている方もいるかもしれません。

ですが、努力することができるというのは才能の一つです。

誰もが努力をできるわけではないからです。

努力には多大なエネルギーが必要です。

自分の気持ちを集中させなければいけませんし、心が折れそうになってもしっかりと最後までやり遂げなければいけないからです。

いつまで続くとも知れない努力を続けるのは、普通の人にはできることではありません。

努力家と一般に呼ばれる方は、努力をする才能を持っている人のことなのです。

人ができないような努力をし続けている人がいたら、それは才能を持った人だということになるでしょう。

持っていて一番役に立つ才能であるということもできるかもしれませんね。

積極的


 積極性も誰もが持っているものではありません。

特に、日本人では積極性を持っているのは才能の一つに挙げられるのではないでしょうか。

人間は中には消極的な人もいますし、人と関わることが苦手な人もいます。

そんな中で積極的であるというのは一種の才能でしょう。

積極的であれば、人と関わることにも苦を感じませんし、社会の中でも自分の意見をはっきりと主張することができます。

自分がしたいと思っていることを諦めずに進言することもできるのです。

積極性がなければそうしたことはできませんよね。

積極的な人が社会の中で表枯れているのを見て、羨ましいと思った方も少なくないのではないでしょうか。

1つのことに打ち込める

 人間だれしも飽きが来ることがあるでしょう。

何か一つのことに打ち込んで継続して行いたいと思っていても、一つのことを続けて行うのはなかなかできません。

途中であきらめてしまう人が多いからです。

もちろん、続けて行うことができるのは、努力家だからという側面もあるでしょう。

ですが、努力家であっても、一つのことに打ち込無のが難しいこともあるでしょう。

特に、努力で一つのことを成し遂げることができる人でも、それを本当に楽しめるかどうかは話が別です。

一つのことに打ち込める人は、本当にそれをずっと楽しんで行うことができる人であるということでもあります。

なんでも要領よくこなせる

 何でも要領良くこなすことができるのも一つの才能でしょう。

誰でも努力によってある程度要領よく仕事をできるようになります。

それは経験値や工夫から成るものであり、要領よく行おうと意識的に思わなければ、なかなかできることではないのです。

それに対して、要領の良さを才能にしている人は、特に何か工夫をしなくても物事を要領よくこなすことができるのです。

生まれつき、選ぶ道が間違わない人だということもできるでしょう。

その人はある物事の遂行に対して取る方略を間違わないのです。

最初から要領よく物事を行うことができれば、人より少ない労力で仕事をできるので、これはとても便利な才能ですね。

何かスポーツができる

 何か得意なスポーツがあるというのも人から羨まれる才能の一つですね。

スポーツの世界などでは成績がしっかりと出てしまうので、才能の有無が明らかになってしまうということもあるのではないでしょうか。

スポーツはある程度は努力で成績が上がることもありますが、センスが必要になることもあるでしょう。

筋肉量や骨格が大きく影響することもありますから、やはり、天性の才能が必要であるというのもあながち間違ってはいないでしょう。

筋肉がある

 筋肉があるというのを才能に数えるのは間違っていると思われる方もいるかもしれません。

筋肉量は才能ではなく、努力だと考える方が多いからです。

ですが、筋肉があるということ自体は才能ではないにしても、「筋肉の付きやすい身体を持っている」というのは才能に近いものがあるように思えます。

ある程度は筋肉を育てることができても、同じ量の筋肉をつけるために、100の筋トレが必要な人もいれば、10の筋トレで良い人もいます。

筋肉がつきやすい身体は、親や天からもらった才能のようなものだと考えて、それを活かすような特技を身に着けることができれば良いですね。

タフ

 タフであるというのも一つの才能です。

世の中には元から打たれ弱い人もいますし、そんな中で体力的にも精神的にもタフでいられるのはとても良いことでしょう。

最近では、人間関係に悩んで鬱になる方も多くなっていますし、精神的に問題を抱えてしまうこともそう珍しいことではありません。

タフな精神を持っているというのは、そうした心の不調に陥る可能性を低くするものですし、ちょっとしたことで心が折れずにいられるのは、社会生活を営む上では嬉しい特徴だと言えるのではないでしょうか。

数学が得意

 数字が得意と言うのも才能の一つですね。

高校時代や中学時代に「数学が苦手」と言う人が数多くいたような印象はないでしょうか。

数字を扱うのを苦手だと感じる人が多い中で、数学が得意だというのは大きなメリットの一つになります。

理系でいると就職活動の際に有利になることもありますし、多くの人が苦手とする強化できちんと点数が取れると、受験勉強のときにも強みになりますよね。

誰でも勉強すればできると思ってしまいがちですが、数学にはセンスも必要だと言われています。

数学が得意で点数がきちんととれるという方は、ぜひその才能を伸ばして、就職や受験の際に生かしてみてください。

文章力がある

 文章力も才能の一つでしょう。

文章を書ける人には分からない悩みですが、文章と言うのは誰もがすらすらと書けるものではありません。

ある意味でとてもクリエイティブな活動なので、すらすらとよどみなく文章を出すことは、誰にでもできるようなものではないのです。

文章力があると、受験の際にも役立ちますし、レポートを書くときにも大変な思いをしなくて良いでしょう。

会社に入ってからも、書類を作るのに苦労しないというメリットもあります。

文章力と言うのは自分では気づかない才能かもしれませんが、誰もができることではないと誇りに思っても良いのです。

人の気持ちに敏感

 人の気持ちに敏感と言うのは、ただ人間関係に聡いと言うだけのように思われるかもしれません。

ですが、人間は意外と自分のことしか考えていないものであり、その中で他人のことをきちんと考えられるのなら、それは才能だと言っても良いのではないでしょうか。

他人の気持ちを察することができると、面倒だと思うことも増えてしまいます。

他の人はあまり気にしていないのに、どうして自分ばかり人に気を遣わなければいけないのだろうと理不尽に思うこともあるかもしれません。

あまり+なことがないように思えてしまうかもしれませんね。

ですが、人の気持ちに敏感であるがゆえに、人にやさしい行動をとることができますし、誰かを理不尽に傷つけてしまうこともなくなります。

周囲の人が「あの人は優しい」「人間関係を壊さない人だ」と評価してくれているのなら、それは後々に役立つかもしれませんし、素直に嬉しいことですよね。

人の気持ちを察するのが苦手と言う方も中にはいますから、努力せずに人の気持ちに敏感でいられるのはやはり才能の一つだと言っても良いのではないでしょうか。

絶対音感を持っている

 絶対音感を持っている人は、音楽をする上ではとても役に立つ才能でしょう。

もちろん、音楽をやっている人なら、ある程度の音感を手に入れることはできます。

ですが、元から絶対音感を持っている人なら訓練する必要もありませんし、学校の音楽の授業などでも苦労しないでしょう。

人生の中ですごく役に立つ才能とはなら名かもしれませんが、進む道によっては役立つでしょうし、歌を歌うにしても、楽器を習うにしても絶対音感が邪魔になることは滅多にありません。

楽器が弾ける

 楽器もスポーツと同様に、ある程度は努力で補うことができる分野です。

ですが、誰からも褒められるような「音」を出せるかどうかというのは、人によっては異なりますし、天部の際と言われるものに当たるかもしれません。

天性の才能、天性の音があれば、人から褒められる演奏をすることができます。

もちろん、ただの天才と言うだけでは大成しませんが、楽器が弾ける、楽器で思ったようなことができるというのは音楽の道で成功するには必要な条件の一つなのではないでしょうか。

料理や裁縫が得意

 料理や裁縫と言ったような家事の方向への能力も、ある意味では才能と言えるでしょう。

努力しても料理が絶対にできないという人もいますし、裁縫は器用でなければうまく仕上げることができません。

できる人から見れば、どうしてできないか分からないような理由で料理や裁縫に失敗する人がいることを考えると、これらの能力を才能だと呼んで間違いないのではないでしょうか。

これらの能力はできるからと言って、大きい顔をできるものではないので、それを才能だと思わない人もいます。

ですが、できない人も多く、自分の器用さやセンスが問われるものであることを考えると、料理や裁縫をできる人はその面での才能に恵まれたのだと考えることができるので、自分を卑下しないでくださいね。

絵や字が上手

 絵や字が上手と言うのも一つの才能です。

特に、絵に関しては、天性で上手い人がいるので、才能だと言っても誰も反論しないでしょう。

これらに関しては、小さいころからやっていることも重要ですし、センスも必要になります。

審美眼を持っていることも大切ですし、クリエイティビティも必要でしょう。

絵画や字に才能があることを見いだせたのなら、その世界で生きることを考えても良いかもしれませんね。

手先が器用

 特にこれと言った特定の分野ではなくても、手先が器用であるというのは一つの大事な才能です。

不器用な人ができないような細かい仕事でもできるというのは、生活の中では重宝する才能ですよね。

何も特別なことができなくても、困ることが少ないと言うだけで嬉しいですし、手先の器用さを生かしたDIYやハンドメイドなどを行えば、才能が無駄にならないのではないでしょうか。

笑顔が素敵

 実は笑顔も一つの才能だと言えるのです。

笑顔が綺麗な人、笑顔が汚い人がいます。

どんな美人でも、笑わない方がきれいな人というのも一定数います。

逆に、美人とは言えない人でも、笑顔の素敵さが魅力になっていることもあるのです。

笑っている顔が素敵だと言われる方は、楽しい思いをしているときに特に魅力的に見えるのです。

自分を魅力的に見せるために無表情でいる、表情を作る必要がないので、自然体な魅力を周囲に見せることができますね。

人から好かれる良い才能です。

良い声を持っている

 元々の声が良いのも大切な才能の一つです。

人間は顔ももちろん大事ですが、声もその人の印象を決める一つの要素となります。

聞いているだけで魅力的だと思えるような低温ボイスや、セクシーなハスキーボイス、聞いているだけで落ち着くような温かい声など様々な種類があります。

ですが、良い声だと誰もが認めるような声を持っている人はそう多くありません。

自分の声に自信がある方は、それを才能だと思って人と話すときに声を意識すると良いのではないでしょうか。

歌が上手い

 歌が上手いというのは持っていて無駄になることのない才能の一つですね。

歌が上手ければ音楽の授業で困ることもありませんし、カラオケをしても楽しいでしょう。

また、その才能を活かせばバンド活動などで楽しむこともできるのではないでしょうか。

元から音を取れない音痴と呼ばれる人もいる中で、歌が上手い才能を持っている方は、人生の楽しみが一つ増えて良いですね。

盛り上げ上手

 盛り上げ上手な才能を持っている方は、社会生活の中で重宝されるのではないでしょうか。

盛り上げ上手の方はそれを才能とは思っていない方も多くいます。

自分ができるのは盛り上げ役と言うだけで、時には自分のことを「ガヤ」「ピエロ」と思っている方もいるでしょう。

ですが、その場の雰囲気を盛り上げて、色々な人を楽しませることができるのは才能の一つです。

そこにいる人の気持ちを楽しくできるのは、人を幸せにする才能でしょう。

もちろん性格的なものもありますが、司会業などを行ってみると才能を発揮できるかもしれませんね。

トークが面白い

 トークが面白いという才能は、なかなか稀有なものです。

なぜなら、男性でも女性でも「自分のことを話したい」と思っている方が多い中で、トークで相手を楽しませる、もっと話を聞きたいと思わせることはなかなかできないからです。

トークが面白ければ、「この人と一緒にいたい」と思わせることもできるため、異性関係でも重宝するでしょう。

また、営業職などに向いていると言えるかもしれません。

トークが面白い方は、人間関係の中で苦労することが少ないという点ではとても役に立つ才能を持っていると言えるでしょう。

お酒が強い

 最近ではアルハラなどと言う言葉も生まれ、飲めない人に無理に飲ませないという風潮になってきました。

一方で、まだまだアルコールが社会生活の中で不必要になるまでには時間がかかりそうですよね。

そんな中で、お酒に強いというのはとても良い才能だと思います。

ウワバミと呼ばれるほどに強くなくても、周囲の人より強ければ危険な思いをすることもありません。

また、アルコールが出る場においてみっともない言動をしなくて良いという点でも役に立つ才能でしょう。

記憶力がある

 記憶力が良ければ、色々な面で役立てることができます。

何度も確認しなくて良いので、効率よく仕事を進めることができます。

また、学生が勉強をするときにも、記憶力が良ければ、他の人より労力をかけずに成績を上げることができるでしょう。

暗記教科を楽にできるので、他の教科に時間をかけることもできますよね。

記憶力が良いというのは、人生の色々な面で役に立ちます。

飲み込みが早い

 時折、とびきり飲み込みが早い人もいますよね。

一度の説明で色々なことを理解して、それを実行できる人です。

こうした人はとても効率よく人生を歩むことができますし、理解力が良ければ、他の人に迷惑を掛けずに済みます。

自分の理解力はほかの人のものと比べることができないのでなかなか自覚することはできないかもしれませんが、理解力が早いということに気づけば、色々な仕事の方略を考える面でも効率よく、そして楽な道を作ることができるでしょう。

それは、他の人にはまねできないようなものであるかもしれませんので、飲み込みが早いという才能は大事にしてくださいね。

協調性がある

 協調性は人間関係を築く上ではとても役に立つ才能です。

西洋社会の中では分かりませんが、日本の中では和を尊ぶのは重要なことです。

協調性がなければ、その和を乱してしまうので人から嫌われるでしょう。

もちろん、協調性があるだけで何も主張しなければ息苦しいかもしれません。

ですが、協調性をうまく使えれば、日本社会の中で上手に生きることができるのです。

協調性が高いという自分の才能を見つけたのなら、それを上手に活かすことができるように、人間関係のセンスを磨きましょう。

機械に強い

 現代社会の中には多くの機械が溢れています。

機械化されていることも多く、若者であってもそう簡単に時代の波に乗れないということもあるのではないでしょうか。

そんな中で、機会に強いというのは嬉しい才能ですね。

機械を扱うセンスがあれば、初めて使う機会であってもそれほど大変な思いをすることがありません。

人から頼りにされる才能でもありますから、自分の強みを生かした職に就くのも良いですね。

ポジティブ

 ポジティブだということも大切です。

これも一種の才能でしょう。

明るく生きているだけで何が才能だと思われる方もいるでしょう。

確かに、明るいだけでは才能とは言えないかもしれません。

ですが、誰もが落ち込むような状況でも、明るく前を向いて生きられる人はなかなかいません。

前を向く気持ちは、次への挑戦の気持ちも生み出します。

もちろん、反省することは大切ですが、その上でしっかりと前に進むことができる方なら、次の挑戦を恐れません。

多くの人が次の失敗を恐れて前を向けない状態の時でも、ポジティブな才能を持っている人なら前向きに生きることができます。

それはとても大切な才能なのではないでしょうか。

損得を考えられる

 人間は、損得だけで生きているわけではありません。

損得を考えずに人を助けることができる人の方が、性根が優しく良い人間だと言われることもあります。

ですが、その一方で、この社会の中では損得勘定はとても大切です。

自分が何をすれば得になり、何をすれば損になるのか、しっかりとしたセンスを持っていなければ、騙されて負け犬と呼ばれるようになってしまいます。

自分にとっての得になるものを見つけ、損になるものを切り捨てるような、そんなセンスがある方なら地に足を付けて生きていくことができるでしょう。

貯金が好き

 貯金が好きと言うとがめついようなイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

ですが、貯金が好きと言うのは一つの才能としてとらえることができます。

なぜなら、たいていの人間は貯金をするのではなく、お金を使うことが好きだからです。

将来のことを考えれば、しっかりと貯金をしておかなければいけません。

それを苦もなくできるのは、才能のおかげだと考えることもできるのではないでしょうか。

外国語が話せる

 外国語が話せるのはもちろん、努力の賜物です。

その一方で、どれだけ努力しても言語能力があまり上がらなかったという人もいるでしょう。

言語にはセンスがあります。

そのセンスが才能なのです。

言語のセンスがある人は、初めて習う言語であっても、少し勉強すればコツをつかむことができるでしょう。

ですが、センスがない人は、コツをつかむまでに時間がかなりかかってしまうのです。

言語的な才能がある方は苦も無く何種類も言語を覚えられるので得ですね。

顔立ちが整っている

 顔立ちが整っているのも大切な”才能”ですね。

顔が良いというのは、色々な面で得になります。

人間は顔だけではないと分かっていても、第一印象を決めるのはやはり顔です。

顔や外見といった情報は、その人の印象や、その人に対する好悪を左右します。

やはり、外見が良い人の方が得をしているというのは間違っていないのです。

顔が整っていないからと言って自分を卑下する必要はありませんが、自分の顔が整っていることが分かったら、天からもらった一種の才能だと思いましょう。

そして、それをきちんと伸ばし、活かすことができれば良いですね。

顔が良いからと言ってそれを謙遜して無駄にしていてはいけません。

他の才能と同じようにきちんと伸ばしてあげることが大切です。

冷静沈着

 いつでもクールと言うのはカッコいいですが、こういったタイプの才能を持っている方は、ただクールで格好良いだけではありません。

冷静沈着な人は、何か大事が起こったような場合でも、冷静に状況を整理することができます。

パニックになって余計にひどい失敗をするようなことがないのです。

冷静沈着に物事を片付けることができれば、無駄に労力を使うこともありませんし、集団のリーダーとしても理想的に働くことができます。

冷静沈着なタイプの人は、若いころには「自分は冷めているのかもしれない」と悩むこともあるかもしれませんが、一種の才能だととらえてみると、自分のクールさを好きになれるでしょう。

頭脳明晰

 頭脳明晰、つまりは頭が良いということですね。

地頭が良いというのは一種の才能です。

もちろん、成績が良い人はそれなりにきちんと努力をしているでしょう。

ですが、地頭が良ければ、その努力も他の人よりもずっと楽になります。

地頭の良さが、記憶力に出るのか理解力に出るのかは分かりません。

どちらでも才能を発揮することもあるのです。

時には、きちんと自分の頭で考えなければいけないようなことでも、しっかりと成績を出すことができるのです。

頭脳明晰というのは人には言いにくい才能ですが、地頭の良さに気づいたのなら、そのことを誇りに思って自分磨きに使うようにしましょう。

発想力がある

 クリエイティビティさは努力でもどうしようもないところがあります。

発想力が豊かだというのは、他の人がどうしようもないところなので、そういった才能を持っている方は本当に親や天に感謝したくなるのではないでしょうか。

もちろん、様々な世界に触れたという経験が発想を発想を産むこともありますから、必ずしも発想力が才能に頼っているというわけではありません。

ですが、同じ世界に触れていてもクリエイティブな才能を持っている人と、持っていない人ではやはり違うのです。

発想力がある方はぜひ、そういったクリエイティブな世界に身を置いてみてください。

️才能は誰しも1つは持っている!

 何も才能を持っていないと自分を卑下している人もいるでしょう。

才能が分かりやすい場所に表れていなければ、何も才能がないと思いがちですよね。

ですが、必ずしも才能はあ分かりやすい場所に表れるわけではないのです。

才能は誰もが一つは持っているものだと考えてみましょう。

気づいていないだけで、何か面白い才能を持っている可能性もありますし、自分が普段、当たり前のようにしていることが「才能」である可能性もあるのです。

自分に花にも生まれ持ったものがないと考えずに、一つは才能を持っているものだと感がてえ見てください。

才能が何かあるのではと思っただけで、自分のことを少し好きになれるので葉はないでしょうか。

️自分の才能に気付こう!

 華やかな才能でない限り、才能はなかなか気づかれにくいものです。

なぜなら、当たり前のように行ってしまっていることもあるからです。

例えば、成績の出るものなら自分の才能に気づくこともできるでしょう。

ですが、才能には数値化して測ることができないものもあります。

努力する才能や、継続する才能などはその筆頭格であり、努力できるという才能を持っていることがどれだけ素晴らしいことかは、自分ではなかなかきづくことができません。

ですが、実は周囲の人はその才能に気づいていたということもあるかもしれませんね。

もし、自分の才能が何も見つからないということがあれば、自分の信頼している人に聞いてみてはどうでしょうか。

真剣に相談できる人に聞いてみれば、揶揄うことなく教えてくれるでしょう。

️自分の才能を伸ばしていこう!

 自分の才能に気づくのは大切なことです。

才能は気付かなければ意識的に伸ばすことができないからです。

もちろん、才能は持っているだけで得になることもありますが、才能を持っているだけでは、努力をしている人にはかないません。

才能を持っている人が華々しい結果を出すことができるのは、才能を持っているうえに、さらに努力をしているからです。

自分の才能を正しい方向に伸ばしているからなのです。

自分の才能に気づいたのなら、その才能を正しく伸ばすことができますよね。

まずは自分の才能に気づき、それを大切に育ててあげるようにしてください。

才能を持っているからと言って、努力しなければ意味がありません。

才能を持っていることだけを幸運だと思わずに、しっかりとそれを伸ばして、自分の人生に活用してみてくださいね。