爽やかで男気に溢れ、ちょっと強引でおバカ系な体育会系男子。

彼らは長い間、女性からも社会からも高い人気を誇っていました。

今でも体育系男子がタイプ、という女性を見つけるのは簡単だと思えるほど安定した人気をキープしていることは確かです。

しかし、現代ではその体育課系男子人気にもある変化が表れているんです。

体育会系男子の生態や特徴、人気の秘密などを徹底解剖してみましょう。

体育会系って何?

「体育会系」とは、本来は学校で行われる部活動の分類として使われる言葉です。

サッカー部や野球部はもちろん、弓道、剣道など身体を動かすスポーツを行う部活動やサークルは全て体育会系と呼ぶことができます。

反対に吹奏楽や研究会などの主に室内で行う活動は文科系と呼びます。

その「体育会系」という言葉が、今では本来の意味から派生して、スポーツ系の活動をしている人々の気質や性格などを総称した言葉として使われるようになりました。

女性の皆さんは体育会系男子と聞くと、どんなイメージを持つでしょうか。

実直で真面目、ちょっと悪そうなオラオラ系、爽やかスポーツマンなど体育会系にも色々なタイプの体育会系男子が思い浮かぶかと思います。

しかし、彼らに共通しているのはどんなタイプの体育会系男子でも、男気が強く肉食系だということではないでしょうか。

中学高校で運動部に所属していた人


中学や高校で運動部に所属していた男子は、生粋の体育会系男子です。

思春期の一番人格形成に影響がある時期に体育会系の世界に浸かり込んだ彼らは、骨の芯まで体育会系気質に染まったまさに、体育会系男子のサラブレッドというべき存在でしょう。

そのまま運動一筋で成長していくと、素直で不器用な体育会系男子となっていきます。

部活動に打ち込むあまり、女性との関わりが少なく、イメージよりも初心な男子が多いのも特徴的です。

高校や大学などに進学した時に部活動をやめてしまったタイプは、持ち前の体育会系男子の魅力と性格でモテることで、女性関係の豊富な遊び人系体育会系男子になるケースもありますね。

現場系など、働く場所にもよる

社会に出てからも体育会系と呼ばれる世界は存在します。

市場や漁港、建築関係、運送業など現場系と呼ばれる職種は思考や行動パターンが体育会系のそれと大変似ています。

このような職場で働いているうちに、大人になってから体育会系男子になっていく人も少なくありません。

しかし、こういった世界は入った初日から体育会系のルールが適用されてしまいます。

今まで体育会系の世界に触れてこなかったような男性は、突然押し付けられる理不尽に耐え切れず、早々に辞めてしまうことも多いようです。

体育会系男子の特徴!


そんな、スポーツ命で生きてきた爽やかな体育会系男子という人種は、どんな性質を持っているのでしょうか。

今まで何となくイメージだけで体育会系男子という言葉を使っていた皆さんも、体育会系男子の基本的な特徴をチェックして、彼らの生態を詳しく理解してみてください。

周りにいる意外な人物が、体育会系男子だったりするかもしれませんよ?

根性論で乗り切ろうとする

辛い部活動での練習や過酷な職場状況、また、周囲を取り巻く体育会系の人間関係に日々鍛えられてきた体育会系男子は「根性」という言葉が大好き。

体育会系の世界で生きてきた男性の気質には「努力をすれば何事も達成できる」という根性論が深く染みついているのです。

それもそのはず、体育会系の世界では根性さえあれば何でも乗り越えられるというド根性精神が当たり前で、周囲からもその姿勢は強く評価される傾向にあるのです。

もちろん、その根性で問題を解決しようとするポジティブな姿勢は実社会でもとても評価されます。

とはいっても、社会に出てしまうと、実際問題としてそれでは解決できないこともでてきますよね。

本来なら人は壁にぶつかった時、今までのやり方を省みて柔軟に考え方を変えていくものです。

しかし魂までどっぷり体育会系の根性論精神に浸かっている男子は、中々その思想を変えることができません。

結果、周囲から勢いだけで物事を語る暑苦しい人、という印象を持たれてしまうことも…。

あまりものを考えない

現在では、スポーツ科学なども発達し、科学や数学を取り入れることによって効率的にスポーツを覚え、記録を伸ばしていくという考え方の人も増えてきました。

しかし、いまだに「考える前に身体を動かす」という考え方が体育会系の世界では根強く残っています。

その名残なのか、体育会系男子の多くが、あまり深くものを考えないという傾向にあります。

悩む前に行動、深く考えず行動、あまり意味の無い事でもとりあえず行動。

脳みそまで筋肉、と揶揄されてしまうその直接的な思考はまさに体育会系の代表ともいえる特徴です。

恋愛においてもその特徴が色濃く反映され、回りくどい小細工を使ったアプローチなどはせず、好きだ、と思ったら素直にその好意を伝える男性が多いようです。

日本の男性はあまり直接的に愛を表現することがないと言われていますよね。

そんな中で体育会系男子の物事を深く考えない直接的なアピールは、女性にとっては新鮮で魅力的に映ることが多く、彼らがモテる一因になっています。

先輩の言うことは絶対

体育会系の世界は上下関係がとても重要視されます。

目上の人へは敬意を払い1学年、1歳でも年上の先輩の言うことには絶対服従…。

そんな上下関係の世界に長い間属していた体育会系男子は、自分でも無意識のうちに、プライベートでもその上下関係を持ち出してしまうことがあります。

一昔前、体育会系の部活動に所属していると就活の面接が通りやすい、などと言われていたのはこの上下関係に対する慣れが大きく影響しています。

会社というのは大なり小なり上司の言うことが絶対という風潮があります。

学生時代、ゆるい先輩・後輩の関係しか味わっていない学生より、部活で厳しく指導されてきた体育会系男子の方が、よりスムーズに会社の縦社会に馴染めると判断されるというわけです。

社会においてはプラスに働くこともある上下関係ですが、彼女や友人に対して上下関係を持ち出してしまう体育会系男子も存在します。

自分より年下の友人や、弱い立場の彼女に強く偉そうに接してしまうのは彼らの悪い癖。

染みついたその習慣は簡単には取り除けないので、体育会系の男性と関わるときはその気質を上手く見極めましょう。

後輩はいびり倒す

先ほど説明した通り、体育会系の上下関係はとにかく厳しく年上絶対の世界です。

先輩は気まぐれに後輩に対して、買い物や雑用を命じ、後輩もけして逆らうことなく先輩の命令を聞く…。

そんな一見時代遅れな主従関係でも体育会系の世界ではまかり通ってしまうのです。

そのため、体育会系の縦社会では後輩をいびり倒すたちの悪い先輩も存在します。

本来なら、先輩にあたる人達は、後輩に上下関係の厳しさを教えながら、同じくらい彼らを尊重し可愛がって育てていきます。

部活動中の厳しさや理不尽も、一見暴君のように見える行動でさえ、後輩の成長を願って行うこと。

それを感じているからこそ、後輩も反抗せずに先輩を慕い従っているのです。

しかし、ただ自分のストレス解消のためだけに後輩をいびり倒している人も一部には存在します。

逆らえないのをいいことに、後輩に無理難題を押し付けたり暴力を振るったりと、上下関係という概念をはき違えてしまうのです。

世界中に善人と悪人がいるように、体育会系男子にも良い男子、悪い男子がいることを忘れないようにしましょう。

一人の危機はみんなの危機

野球部やサッカー部など、集団で行うスポーツに属していると一人の問題で部全体の士気を下げてしまうことがあります。

栄光を勝ち取るためには、チーム全体で足並みをそろえモチベーションを高めていかなければならないもの。

だからこそ、体育会系男子は仲間の危機を見逃しません。

1人のミスやトラブルがチームにどんな影響を及ぼすかわからないので、全員で解決に向けて協力しあうのです。

そんなチーム競技に属していた体育会系男子は、プライベートでも自分の仲間と認めた人物の危機を放っておくことができません。

そこまでしなくても…と思うようなところまで首を突っ込み、相手の気持ちになって問題を解決しようとするでしょう。

そんな熱く仲間思いなところが、体育会系男子が仲間や友人に恵まれる理由なのかもしれません。

体育会系男子は女子にモテる?モテない?


体育会系男子はモテる、というのは一般的によく言われている言葉ですが少々語弊があることも事実です。

確かに、体育会系男子は身体も引き締まっていて、爽やかで女性の人気も高そうですよね。

しかし、女性も年代によって男性に何を重視するかが変わっていく傾向にあります。

若い頃はとにかくルックスやファッションセンスなどかっこよさを重視している女性が多くても、成人を境に学歴や年収など、結婚するのに適しているか、で見るようなるなど、判断基準はその時その時で変化していくのです。

確かに体育会系男子は見た目も格好いいしスポーツをしているところも素敵なのですが、結婚相手としてはどうでしょうか。

また、若い頃は多少強引な体育会系男子気質が魅力的に映っても、年を取った男性が同じことをやっていたら横暴な中年男性に見られてしまうこともありますよね。

体育系会男子というブランド力が強く影響するのは、一定の年代や年齢によるものと考えた方がいいのではないでしょうか。

体育会系男子が好きな女子の意見

体育会系男子の人気を支える、体育会系男子好きな女性たちは彼らのどのような部分に魅力を感じているのでしょうか。

昔から一定数いる体育会系男子好きの女性は、本人も体育会系なスポーツ女子だったりギャルだったりする活発なタイプの女性が多いと言われています。

そんな彼女たちが体育会系男子が好きだと感じる部分をまとめてみました。

頼りになる

体育会系男子の中に染みついている気質には、日本男児精神というものも存在します。

これによって、体育会系男子の中では女性はかよわく守ってあげなければならないものという認識になっているのです。

お姫様願望がある女性にとっては、そんな体育会系男子の騎士道精神は非常に魅力的に写るのでしょう。

多少亭主関白な部分があったとしても、いざというときに守ってくれる頼れる存在は女性の心をつかんで離さないようです。

一生懸命努力してくれる

裏表が無い事が特徴的な体育会系男子は、彼女が喜ぶことなら自分のできる限り一生懸命努力して叶えてくれようとします。

その懸命さはさながら忠犬ハチ公。

自分を喜ばせようと頑張っている姿を見て感動し、その一生懸命っぷりが可愛くて見ていて癒されるなんて一石二鳥ですよね。

また、体育会系男子は基本的にまっすぐにしか物事を考えられず不器用な性格なので、失敗してしまうこともあります。

そんな時のしょぼんとした様子も体育会系男子好きの女性達にはたまらないご褒美なんだそうですよ。

スポーツができてカッコいい

なんといっても、スポーツに打ち込んでいる姿がかっこいい!という意見も多くみられます。

引き締まった肉体で運動をしている姿は応援している側もうっとりしてしまうほど魅力的に写るもの。

周りか歓声を浴びている男性が自分の彼氏なんだ、という優越感も体育会系男子と付き合っているからこそ得られる特典ですよね。

試合や練習が終わって自分の元に一番に駆けつけてくれる姿は周りの女性がらうらやましがられること間違いなしです。

また、スポーツをして引き締まった肉体そのものにも魅力を感じる女性は多いようです。

特に筋肉フェチな女性にとって体育会系男子は理想的なのでしょう。

一方、体育会系男子が嫌いな女子も

また、女性の中には体育会系男子とは付き合いたくない、と敬遠するタイプの女性も少なくありません。

体育会系男子を嫌う女性たちはどんなところをみて「嫌いだな」と感じているのでしょうか。

あつかましい


基本的に言いたいことややりたいことは素直に口に出してしまう体育会系男子は、時にあつかましいという印象を持たれてしまうことがあります。

まだ付き合ってもいないのに彼氏のような態度で接してしまったり、プライベートに踏み込んだメールを送ってしまったり…。

体育会系男子が好きな女性にとってはその強引さもときめきポイントとなりうるのですが、苦手だなと感じている女性にとってはただただ厚かましく、印象を悪くしてしまう行動です。

自分が押せ押せモードの時でも、相手がどんな表情でそれを受け止めているかチェックしてみましょう。

もし、怪訝な顔や露骨にいやそうな表情を浮かべている場合は、彼女は体育会系男子が苦手なのかもしれません。

一度本能にストップをかけて、理性的に接してみるようにしましょう。

他人をいじめる

体育会系の世界に見慣れていない女性にとって、当たり前に行われている後輩いじりは悪質なイジメのように見えてしまう場合があります。

立場の弱い相手をからかうのは体育会系男子特有の愛情表現なのですが、やはり初めて見た人にとっては異質に写ってしまうのかもしれませんね。

そのジャイアン気質を仲間内でも見せられた日には、この人は弱い者いじめをする嫌な人だと思われててしまっても仕方ありません。

特にスポーツやアウトドアが苦手でインドア趣味な女性は、そう言った体育会系男子の悪いイメージで彼らを苦手だと思うようです。

自分たちさえよければいい

体育会系男子たちはグループで行動することが大好きです。

チームや部活単位で合宿や遠征に出かけるのが当たり前だったためか、日常でも大人数で飲み会を開いたり街を移動する群れのような習性が抜け切れていないのかもしれません。

そして仲間の人数が多いとつい自分たちのことを優先して考えてしまい、周りの人たちへの気遣いを忘れてしまうことがあります。

電車で入口まで広がって乗り降りする人の邪魔になっていたり、個室ではない飲み屋なのに大声で騒いだり暴れて迷惑をかけたり…一見、悪意のある行動のようですが、これらは大抵の場合、体育会系男子の細かいところまで気にできない不器用な性質からくるものなんですよね。

けれど、冷静な目で見ている女性はその行動に対して、自分たちさえ良ければ周りの迷惑を省みない失礼な人達、という印象を抱いてしまいます。

周囲の人に迷惑をかけて謝りもしないという子供じみた態度は、女性をドン引きさせてしまうので注意しましょう。

近年は体育会系を嫌う風潮が強い?

一昔前なら絶大な信頼があり、会社の面接などでも体育会系のサークルに所属しているだけで内定率が上がると言われていたほどの体育会系人気ですが、今、その黄金時代が終わりを迎えようとしています。

企業の中には体育会系男子を入社させることの危険性を危惧し、あえて体育会系気質ではない社員を集めているところもあるんだとか。

また、女性の間でも、体育系男子よりもインドア、オタク系男子が好きという女性が増えている傾向があるんです。

では、どのような事柄が原因で、体育会系男子の人気が落ちているのでしょうか。

根性論、精神論の欠点が指摘

根性論、精神論というのは基本的に、とにかく頑張って努力すれば成し遂げられるという思考です。

しかし、もし本当に駄目だったときは「よく頑張った、努力することに意味がある」で終わってしまうという欠点もあるのです。

スポーツの大会ならそれで間違いはないでしょう。

頑張って努力して、それで負けてしまったとしても精神的には大きな成長を遂げることができるはずです。

しかし、社会に出たらそういうわけにはいきません。

どれだけ無理をしてプロジェクトを終わらせたとしても、それが成功せず会社に損害を与えてしまってはその努力に何の意味も無いのです。

会社にとって、仕事は成功させることが大前提。

大損害だけど努力したからえらい、とお給料をくれる会社などどこにも存在しません。

そういった社会の価値観と、根性論、精神論のずれは大きな欠点となり、体育会系男子が選ばれない原因となる場合があります。

体育会系ブラック企業への批判

社員や従業員に対して無理な業務体制を押し付けるブラック企業というのは、昔から一定数存在しました。

しかし、それがようやく社会問題として浮き彫りになり始めたのはここ数年の間です。

そんな問題として取り上げられるブラック企業への批判も、体育会系男子の人気を低迷させる原因となっているんです。

ブラック企業の気質は、根っこの部分が体育会系の気質ととてもよく似ています。

上司の命令は絶対、無理なことも根性で成し遂げる、会社というチームを成功させるために1人1人は地獄のような業務も厭わない。

そんなブラック企業気質を持ち合わせている体育会系の人間は、もし会社に入社し出世して言った時、社内をブラック化してしまうのではないかと懸念を抱かれてしまう可能性があります。

特に彼ら体育会系男子は、後輩や下の立場の人間に厳しく当たる傾向が強いので、モラハラやセクハラにつながる懸念もあります。

ブラック企業が強く批判されている今、企業側はそういった社内トラブルにとても敏感になっているので、人材選びの際にもあえて体育会系の人材を選ばない、という決断を下す場合があるのです。

オタク系男子の台頭

体育会系男子の正反対ともいえる、オタク系男子はモテとは無縁の、最も女性から嫌われるタイプというイメージですよね。

しかし近年、インターネットが普及し様々なサブカルチャー文化が世の中に発信されるようになったことがきっかけで、このオタク系男子の人気がじりじりと上がっているのです。

彼らは確かに運動が苦手で、1つのことに熱中しすぎるあまり女性とかかわりが持てない、非モテと呼ばれるような性格をしています。

しかし、1つのことを突き詰めて趣味にできるということは、忍耐強く何事にも真剣になれるということ。

そして自分が踏み込まれたくない熱中できるものを持っているからこそ、相手が大事にしている趣味や世界観を否定することもありません。

お互いがお互いの価値観を守って付き合っていけるのが体育会系男子とは違って安心する、と女性の間で評価を高めているのです。

しかも、飲み歩く、アウトドアに行くなどお金がかかる趣味を持っていないことが多いので、出費があまり出ないので結婚相手にもぴったりですね。

そしてそんなオタク系男子の一番注目されているポイントは、ずばり女性経験の無さなんです。

モテる体育会系男子は、やはり色々なところで女性に声をかけられています。

さらに彼らは運動で培ったスタミナを持て余している上に、自分の欲求に正直ので、誘われれば思わず付いていってしまうなんて、浮気性な一面も…。

反面、オタク系男子は女性関係があまり無く、自信もない為、付き合った女性のことを一途に愛しとても大切にしてくれます。

そんな純粋で健気な愛情が、遊び性な男性につかれた女性たちを陥落していっているのでしょう。

体育会系男子がこれからの時代モテるためには


体育会系男子の人気が落ちてきている今、黄金時代は終わりを迎えました。

これからは体育会系だからと胡坐をかいていては、人気が増してきた文科系の男子に負けてしまうこともあるかもしれません。

かといって、全てを封印して体育会系をやめてしまうのはとてももったいない!体育会系男子には素敵な部分が沢山あるんですから、体育会系の良い部分はそのままに、周りからより人気でモテる男子になれるように意識を少しだけ変えてみましょう。

元々、体育会系男子は、その持ち前の素直さと気持ちの良さがモテにつながりやすい傾向にあります。

そこで以下のようなポイントに注意して、今求められている男性像に寄せていけば新しい体育会系男子としてモテ続けることができるでしょう。

他人の価値観を受け入れる

世の中には体育会系以外の気質を持った人々もたくさんいます。

運動を1度も本気でしたことが無い人も、それどころか身体を動かすことが生まれつき苦手な運動音痴な人もたくさんいるでしょう。

運動は好きでも、体育会系特有の気質は合わないと感じているスポーツマンもいるはずです。

体育会系男子は自分の生きている体育会の世界に自信と誇りを持っているので、そう言った自分たちとは違う思考を持った相手を認めることができません。

そのせいで、体育会系の人は自分たちが一番偉いと思っている暴君だ、と思われてしまうことも。

様々な人の意見を受け入れて、考え方をより洗練していくことで新しい思考や価値観を手に入れることができます。

体育会系以外に聞く耳を持たずにいるのはやめて、色々な趣味を持った人達とも交流してみましょう。

案外、自分自身が気付かなかった新しい趣味に巡り合えるかも?

なんでも精神論で片づけない

世の中には、精神論で物事を解決できるタイプの人間ばかりいるわけではありません。

どうしても疲れているときにはゆっくり眠らないと回復しないタイプの人もいますし、根性だけでキャパシティーを超えた仕事や運動ができるはずという概念は通用しないのです。

自分ができるのだから周りもできるはず、という精神論は捨てて、周囲にいる人の顔色や気持ちを読み解くようにしましょう。

疲れている相手には休息を促し、何か不満を溜めているようなら理解して改善するようにする。

それだけで、体育会系の傲慢、自分勝手と言った嫌なイメージは払しょくすることができます。

勿論、すべての問題を解決する必要はありません。

自分本位な根性がすべてという精神論を少し抑え、人の話を効くだけでも十分なのです。

仲間の正義を疑ってみる

例えば自分の仲間が、誰かに嫌なことをされた、と訴えてきた時。

体育会系思考にどっぷりはまっている時はきっと冷静に話を聞かず、その相手に抗議しにいってしまうのではないでしょうか。

しかし、その相手と仲間の間に何があったかは当人同士にしか分かり得ません。

もしかしたら先に相手にひどいことをしたのは自分の仲間かもしれない、そんな事情を鑑みず一方的に仲間をかばってしまっては、体育会系男子の悪い印象はどんどん強くなってしまいます。

もし、親しい友人や仲間内に何かトラブルがあったとしても、すぐに抗議、報復などの行動に出るのではなく、それが本当に起こったことなのか、どちらに非があるのかを冷静に判断し、周りの助言を聞くようにしましょう。

状況整理することによって、仲間が隠していた都合の悪い事実も浮き彫りになるかもしれません。

状況を把握して上で、本当に自分の仲間が理不尽なトラブルに巻き込まれていたならば、その時は体育会系男子の結束力をフルに活用して仲間のために力を合わせて戦いましょう。

男子のための恋愛サイト紹介

インターネット上には女性を対象にした恋愛情報サイトは沢山あります。

女性目線で見た恋愛の悩みやテクニックは、男性に当てはまらずに、モテたいと悩んでいる男性陣にはあまり役に立たないことが多いのではないでしょうか。

次にご紹介する恋愛情報サイトは、体育会系男子にもそうでない男子にもタメになる男子に向けた恋愛のあれこれを発信するサイトです。

好きな人がいる、恋人がほしい、失恋した…あまり恋愛の悩みを友達に相談しない男子だからこそ抱えている不安を、恋愛情報サイトで解消しましょう。

恋タメ

男の恋愛応援サイト【恋タメ】は20代、30代の男性をターゲットにした恋愛支援サイトです。

サイト内では、恋愛を成功させるテクニックや知識を紹介する「恋愛の知識を学ぶ」コーナーやライフスタイル、ファッションを女性好みにしてモテる男になるための「個性を磨くコーナー」など、男性のための恋愛指南が盛りだくさん。

サイトデザインも緑と白を基調とした爽やかな作りなので、恥ずかしい気分にならず読むことができますよ。

恋愛の方程式

学生時代からモテなくて悩んでいた管理人ハヤトさんが、恋愛を成功させたい男性に送る恋愛情報発信サイト「恋愛の方程式」。

管理人のハヤトさんは運動が苦手で学歴も芳しくなく、お顔も標準以下と自分で行ってしまうほどの低ステータスな男性なんだそうです。

しかし、そんなハヤトさんはあるきっかけでモテるようになり、恋愛の末結婚までしたんだとか。

ハヤトさんが自身の体験から語るモテテクニックや、タイプ別女性の口説き方まで、「恋愛の方程式」には目から鱗の恋愛テクニックが盛りだくさん!恋に悩む男性には必見のサイトです。

メンズ道

「メンズ道」は男性向けの恋愛情報Webマガジンですが、一風変わったコンセプトの記事を公開しています。

「メンズ道」で紹介されるコラムやブログ記事は、女性の視点で見た本物のモテる男性について紹介しているんです。

確かに、男性目線でのモテる男性と、女性目線でのモテる男性ってちょっとずれていることがありますよね。

女性目線から見て嬉しい恋愛テクニックや、恋愛のホンネ、心理を読み解くことで、女性の気持ちに沿った恋愛意識を向上し、モテ男へ近づこうというのが「メンズ道」の新しい発信コンセプト。

日常生活では見ることができない女性の本音をのぞき見してみましょう。

体育会系男子は厳しい時代!モテるためには努力を!

今、体育会系男子に冷たい風が吹きつつある時代が訪れようとしています。

今までのように、体育会系男子だからモテる!体育会系男子だから就職に有利!という思考は通用しなくなってくるでしょう。

今後も変わらずモテ道を歩いていきたいなら、モテるための努力を始めてください。

新しい性格や考え方を取り入れ、体育会系男子に付加価値をつけることで、今まで以上にモテる人生を歩くことができるでしょう。