爽やかで男気に溢れ、ちょっと強引でおバカ系な体育会系男子。

彼らは長い間、女性からも社会からも高い人気を誇っていました。

今でも体育系男子がタイプ、という女性を見つけるのは簡単だと思えるほど安定した人気をキープしていることは確かです。

しかし、現代ではその体育課系男子人気にもある変化が表れているんです。

体育会系男子の生態や特徴、人気の秘密などを徹底解剖してみましょう。

体育会系って何?

「体育会系」とは、本来は学校で行われる部活動の分類として使われる言葉です。

サッカー部や野球部はもちろん、弓道、剣道など身体を動かすスポーツを行う部活動やサークルは全て体育会系と呼ぶことができます。

反対に吹奏楽や研究会などの主に室内で行う活動は文科系と呼びます。

その「体育会系」という言葉が、今では本来の意味から派生して、スポーツ系の活動をしている人々の気質や性格などを総称した言葉として使われるようになりました。

女性の皆さんは体育会系男子と聞くと、どんなイメージを持つでしょうか。

実直で真面目、ちょっと悪そうなオラオラ系、爽やかスポーツマンなど体育会系にも色々なタイプの体育会系男子が思い浮かぶかと思います。

しかし、彼らに共通しているのはどんなタイプの体育会系男子でも、男気が強く肉食系だということではないでしょうか。

中学高校で運動部に所属していた人


中学や高校で運動部に所属していた男子は、生粋の体育会系男子です。

思春期の一番人格形成に影響がある時期に体育会系の世界に浸かり込んだ彼らは、骨の芯まで体育会系気質に染まったまさに、体育会系男子のサラブレッドというべき存在でしょう。

そのまま運動一筋で成長していくと、素直で不器用な体育会系男子となっていきます。

部活動に打ち込むあまり、女性との関わりが少なく、イメージよりも初心な男子が多いのも特徴的です。

高校や大学などに進学した時に部活動をやめてしまったタイプは、持ち前の体育会系男子の魅力と性格でモテることで、女性関係の豊富な遊び人系体育会系男子になるケースもありますね。

現場系など、働く場所にもよる

社会に出てからも体育会系と呼ばれる世界は存在します。

市場や漁港、建築関係、運送業など現場系と呼ばれる職種は思考や行動パターンが体育会系のそれと大変似ています。

このような職場で働いているうちに、大人になってから体育会系男子になっていく人も少なくありません。

しかし、こういった世界は入った初日から体育会系のルールが適用されてしまいます。

今まで体育会系の世界に触れてこなかったような男性は、突然押し付けられる理不尽に耐え切れず、早々に辞めてしまうことも多いようです。

体育会系男子の特徴!


そんな、スポーツ命で生きてきた爽やかな体育会系男子という人種は、どんな性質を持っているのでしょうか。

今まで何となくイメージだけで体育会系男子という言葉を使っていた皆さんも、体育会系男子の基本的な特徴をチェックして、彼らの生態を詳しく理解してみてください。

周りにいる意外な人物が、体育会系男子だったりするかもしれませんよ?

根性論で乗り切ろうとする

辛い部活動での練習や過酷な職場状況、また、周囲を取り巻く体育会系の人間関係に日々鍛えられてきた体育会系男子は「根性」という言葉が大好き。

体育会系の世界で生きてきた男性の気質には「努力をすれば何事も達成できる」という根性論が深く染みついているのです。

それもそのはず、体育会系の世界では根性さえあれば何でも乗り越えられるというド根性精神が当たり前で、周囲からもその姿勢は強く評価される傾向にあるのです。

もちろん、その根性で問題を解決しようとするポジティブな姿勢は実社会でもとても評価されます。

とはいっても、社会に出てしまうと、実際問題としてそれでは解決できないこともでてきますよね。

本来なら人は壁にぶつかった時、今までのやり方を省みて柔軟に考え方を変えていくものです。

しかし魂までどっぷり体育会系の根性論精神に浸かっている男子は、中々その思想を変えることができません。

結果、周囲から勢いだけで物事を語る暑苦しい人、という印象を持たれてしまうことも…。

あまりものを考えない

現在では、スポーツ科学なども発達し、科学や数学を取り入れることによって効率的にスポーツを覚え、記録を伸ばしていくという考え方の人も増えてきました。

しかし、いまだに「考える前に身体を動かす」という考え方が体育会系の世界では根強く残っています。

その名残なのか、体育会系男子の多くが、あまり深くものを考えないという傾向にあります。

悩む前に行動、深く考えず行動、あまり意味の無い事でもとりあえず行動。

脳みそまで筋肉、と揶揄されてしまうその直接的な思考はまさに体育会系の代表ともいえる特徴です。

恋愛においてもその特徴が色濃く反映され、回りくどい小細工を使ったアプローチなどはせず、好きだ、と思ったら素直にその好意を伝える男性が多いようです。

日本の男性はあまり直接的に愛を表現することがないと言われていますよね。

そんな中で体育会系男子の物事を深く考えない直接的なアピールは、女性にとっては新鮮で魅力的に映ることが多く、彼らがモテる一因になっています。

先輩の言うことは絶対

体育会系の世界は上下関係がとても重要視されます。

目上の人へは敬意を払い1学年、1歳でも年上の先輩の言うことには絶対服従…。

そんな上下関係の世界に長い間属していた体育会系男子は、自分でも無意識のうちに、プライベートでもその上下関係を持ち出してしまうことがあります。

一昔前、体育会系の部活動に所属していると就活の面接が通りやすい、などと言われていたのはこの上下関係に対する慣れが大きく影響しています。

会社というのは大なり小なり上司の言うことが絶対という風潮があります。

学生時代、ゆるい先輩・後輩の関係しか味わっていない学生より、部活で厳しく指導されてきた体育会系男子の方が、よりスムーズに会社の縦社会に馴染めると判断されるというわけです。

社会においてはプラスに働くこともある上下関係ですが、彼女や友人に対して上下関係を持ち出してしまう体育会系男子も存在します。

自分より年下の友人や、弱い立場の彼女に強く偉そうに接してしまうのは彼らの悪い癖。

染みついたその習慣は簡単には取り除けないので、体育会系の男性と関わるときはその気質を上手く見極めましょう。

後輩はいびり倒す

先ほど説明した通り、体育会系の上下関係はとにかく厳しく年上絶対の世界です。

先輩は気まぐれに後輩に対して、買い物や雑用を命じ、後輩もけして逆らうことなく先輩の命令を聞く…。

そんな一見時代遅れな主従関係でも体育会系の世界ではまかり通ってしまうのです。

そのため、体育会系の縦社会では後輩をいびり倒すたちの悪い先輩も存在します。

本来なら、先輩にあたる人達は、後輩に上下関係の厳しさを教えながら、同じくらい彼らを尊重し可愛がって育てていきます。

部活動中の厳しさや理不尽も、一見暴君のように見える行動でさえ、後輩の成長を願って行うこと。

それを感じているからこそ、後輩も反抗せずに先輩を慕い従っているのです。

しかし、ただ自分のストレス解消のためだけに後輩をいびり倒している人も一部には存在します。

逆らえないのをいいことに、後輩に無理難題を押し付けたり暴力を振るったりと、上下関係という概念をはき違えてしまうのです。

世界中に善人と悪人がいるように、体育会系男子にも良い男子、悪い男子がいることを忘れないようにしましょう。

一人の危機はみんなの危機

野球部やサッカー部など、集団で行うスポーツに属していると一人の問題で部全体の士気を下げてしまうことがあります。

栄光を勝ち取るためには、チーム全体で足並みをそろえモチベーションを高めていかなければならないもの。

だからこそ、体育会系男子は仲間の危機を見逃しません。

1人のミスやトラブルがチームにどんな影響を及ぼすかわからないので、全員で解決に向けて協力しあうのです。

そんなチーム競技に属していた体育会系男子は、プライベートでも自分の仲間と認めた人物の危機を放っておくことができません。

そこまでしなくても…と思うようなところまで首を突っ込み、相手の気持ちになって問題を解決しようとするでしょう。

そんな熱く仲間思いなところが、体育会系男子が仲間や友人に恵まれる理由なのかもしれません。

体育会系男子は女子にモテる?モテない?


体育会系男子はモテる、というのは一般的によく言われている言葉ですが少々語弊があることも事実です。

確かに、体育会系男子は身体も引き締まっていて、爽やかで女性の人気も高そうですよね。

しかし、女性も年代によって男性に何を重視するかが変わっていく傾向にあります。

若い頃はとにかくルックスやファッションセンスなどかっこよさを重視している女性が多くても、成人を境に学歴や年収など、結婚するのに適しているか、で見るようなるなど、判断基準はその時その時で変化していくのです。

確かに体育会系男子は見た目も格好いいしスポーツをしているところも素敵なのですが、結婚相手としてはどうでしょうか。

また、若い頃は多少強引な体育会系男子気質が魅力的に映っても、年を取った男性が同じことをやっていたら横暴な中年男性に見られてしまうこともありますよね。

体育系会男子というブランド力が強く影響するのは、一定の年代や年齢によるものと考えた方がいいのではないでしょうか。

体育会系男子が好きな女子の意見

体育会系男子の人気を支える、体育会系男子好きな女性たちは彼らのどのような部分に魅力を感じているのでしょうか。

昔から一定数いる体育会系男子好きの女性は、本人も体育会系なスポーツ女子だったりギャルだったりする活発なタイプの女性が多いと言われています。

そんな彼女たちが体育会系男子が好きだと感じる部分をまとめてみました。

頼りになる

体育会系男子の中に染みついている気質には、日本男児精神というものも存在します。

これによって、体育会系男子の中では女性はかよわく守ってあげなければならないものという認識になっているのです。

お姫様願望がある女性にとっては、そんな体育会系男子の騎士道精神は非常に魅力的に写るのでしょう。

多少亭主関白な部分があったとしても、いざというときに守ってくれる頼れる存在は女性の心をつかんで離さないようです。

一生懸命努力してくれる

裏表が無い事が特徴的な体育会系男子は、彼女が喜ぶことなら自分のできる限り一生懸命努力して叶えてくれようとします。

その懸命さはさながら忠犬ハチ公。

自分を喜ばせようと頑張っている姿を見て感動し、その一生懸命っぷりが可愛くて見ていて癒されるなんて一石二鳥ですよね。

また、体育会系男子は基本的にまっすぐにしか物事を考えられず不器用な性格なので、失敗してしまうこともあります。

そんな時のしょぼんとした様子も体育会系男子好きの女性達にはたまらないご褒美なんだそうですよ。

スポーツができてカッコいい