CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

マタハラを感じた10個の瞬間。リアルなエピソードをご紹介!


マタニティーハラスメント、略してマタハラ。

妊婦さんへの 妊娠・出産を理由とした嫌がらせのこと です。

私が経験したマタハラについてご紹介したいと思います!自分はマタハラしているという意識がなくても、妊婦さんは感じてしまうこともあるので、要注意なのです!!

この記事の目次

1.歩くの遅いのは勘弁して!妊婦をコツく見知らぬおやじ

妊娠しても働き続けることを選ぶ女性が急増していますが、そんな女性に注意してもらいたいのが大きなお腹で、オフィス街を歩く時。

オフィス街には次の予定のため、急いで歩く男性が溢れています。

一般的に、子育て世代である若めの男性は、自分の奥さんとの経験から、妊婦には理解のあるものですが、子育てを終えたひと世代、ふた世代上の男性の中には、 「妊娠してまで女がオフィス街を歩いてんじゃねぇ!」 的な思考を持つ人が、少なからずいます。

お腹が大きくなると物理的に歩きづらくなり、歩くスピードも成人男性の(しかも急いでいる)スピードよりはだいぶと遅くなってしまうのですが、そこに 男性側のイライラがプラスされると、妊婦であろうが容赦攻撃してくる人もいる のです。

さすがに多くはないですが、私は数ヶ月間のワーキングマタニティの期間に、2度ほど後ろからコツかれる、という経験しているので、この時期を迎える可能性のある女子の皆様には、くれぐれもご注意いただきたいと思います。

(マタニティーマークをわかりやすい位置につける、それが不安な場合は、道の端っこを気をつけて歩く、など。)

2.先生、例えをもう少しマイルドにしてくれませんか?産科でのびっくりエピソード

初産妊婦だった頃、全てが初めての経験で不安が募りました。

仕事で長時間電車に揺られないといけなかった時、順調に妊娠期間は経過してたのですが、不安な旨を産科医に相談したところ、「えっとね、南米の妊婦さんなんて、その時期で平気でどんどんセッ○スしちゃうわけ!それでも大丈夫だから!電車の揺れなんてしれてるから!」と。

思わず私はキョトン顔。

きっと先生も、何度も何度も同じような質問をされて、わかりやすい言葉で安心させてくれようと思ってのことだと思うのですが、 産科医と妊婦という関係でなければ、その例えは確実にセクハラに当たる と、私は感じたわけです。

先生、もう少し例えをマイルドにしていただけると、もっと妊婦は安心できます。

3.初産妊婦にはかなり厳しい!ベテラン女医の一言

これまた初産の頃、初めての経験に不安しかなかった私は、先生も男性より女性の方がいいかな!どうせならベテランの先生が安心だな!と、ベテラン女医のいる産婦人科へ検診に行っていたのです。

流産の可能性が高い妊娠初期の頃、検診で先生からは 「この頃の流産はある一定の確率で起こり得るから、もしダメだったとしても次に授かることも多いし、あまり気にしないで!」 とのアドバイス。

”流産して気にしないとか、ありえなくない?そんなもの?”と心の中では思ったものの、了承して病院を後へ。

数日後の休日、先生が言い当てたように思わぬ出血があり、冷静ではいられなくなり休日診療へ。

「原因は不明だけど安静にしていたら大丈夫」とのことで、念のため翌日にかかりつけ医に行くよう言われたので、女医の元へ。

経緯を話すと「え?休日診療行ったの?よくあることって話したよね?」と、なぜか怒られるのです。

ベテラン医師にとってはよくあることかもしれませんが、私には人生においてとても貴重な、しかも数回あるかないかの、しかもしかも初めてのことなのです。

もう少し言い方を考えてよー!!

4.優先座席にも居ずらいです。妊婦に厳しい日本の電車

お腹が大きくなって、服の上からでも妊娠がわかるようになる中期から後期にかけては、妊婦は電車の中で本当に気を遣います。

気を抜いて一般座席のそばに立っていると、座席を譲ろうとしてくださる方(ほとんどは妊娠経験者であると思われる中年女性)が現れます。

それほど長時間でなかったり、疲れていなかったりすると、断るのですが、それも申し訳ない気持ちになります。

気を遣わせないよう、座席付近でない場所を考えるのですが、ドアの近くになるので、混雑していたり、急いで乗り込む人にお腹を押されても嫌なので、進んで立っている気にもなれず。

”そうか、優先座席にいれば楽かも”ということで、移動してみるのですが、 ”優先して欲しいアピールかよ!”と、冷たい目で見られたり、あからさまな寝たふりをされたり・・・ 

一体、妊婦は電車のどこにいればいいのでしょうか??

5.妊娠は悪か?「申し訳ないです」を得意先に連発する上司

仕事を続ける妊婦さんの中には、得意先とのフロントラインに立つ、いわゆる営業職である人も多いと思います。

そんな場合は特に、妊娠すると期間は個人差があるものの、数ヶ月以上は職場から離れるわけで、その間、慣れていない後任の担当者が得意先とのやり取りをするのです。

慣れていないので、迷惑をかける可能性も高いのですが・・・。

得意先へ妊娠報告に行く際、多くの場合で後任担当と、上司とを引き連れての挨拶となります。

妊娠したこと、いつから産休に入るのか、いつ頃戻る予定なのか、後任担当の紹介など、会話が続きますが、私の上司はその間、合計十数回は「申し訳ありません」を連発。

迷惑をかけるのだから、それに対する気持ちを伝える必要はあると思います。

でもそんなに申し訳ないと頭を下げられると、 なんだか妊娠することが悪いことのような、そんな気持ちになってしまう のです。

「よろしくお願いします!」「ありがとうございます」に変えてもらえると、もっとみんなが気持ちよく子育てできると思うのです。

6.もしもし〜、許可してませんが。勝手にお腹を触る男の先輩

「妊娠のお祝いに行こう!」と社内で特に仲の良かった男性の先輩社員が、食事に誘ってくれました。

カウンターに座って飲み物を頼んで、一息ついた時、ふと先輩が大きくなった私のお腹について話し出したのです。

「おっきくなったねー!人のお腹ってこんなに大きくなるんだねー!」とのコメント共に、不意に私のお腹を手でスリスリ。

”ん?無断でお腹触るの?”と私の中で小さな違和感が。

いくら仲のいい男性でも、妊娠していない女性のお腹を勝手に触ることはないはずです。

それが妊娠した途端、物を触るような軽い感覚で触られるのです。

信頼している先輩なので、人しておかしいと感じることは普段ありません。

そんな先輩だからこそ、下心も悪気もないその行動にとっても違和感を感じてしまった夜でした。

男性の皆さんは、少し気をつけてみてくださいね!

7.私も出席できますよ〜!妊娠すると、呼ばれない飲み会

妊娠してしばらくすると、働いているママは会社や同僚に妊娠したことを伝えます。

「おめでとう!」とみんな口を揃えてお祝いしてくれますが・・・。

妊娠を公表してしばらくしてとあることに気づくのです。

妊娠公表前まで、週に1度くらいは呼ばれていた会社のなんらかの飲み会が、公表すると急激に減少。

”あれ?最近みんな忙しいのかな?”と初めのうちは気に留めていませんでしたが、ある日よく一緒に飲んでいた社員から、「今度の飲み会来ないの?」と声をかけられます。

「あ、飲み会あるんですか?また幹事に聞いときます!」とその場を濁す。

その後知ったのですが、私が妊娠を公表した後も、頻度を減らさずに飲み会は実施されていた模様。

私の妊娠を知ったタイミングで幹事をしていた社員の計らいで、夜遅くまで妊婦を飲みに連れ歩くのは悪いだろう、と気を使ってメンバーから外してくれていたようですが、参加するかしないか?できるかできないか?は妊婦本人が決めたいところです。

幹事の優しさと、少しの寂しさを感じてしまう出来事でした。

8.個人差がありますよね…私はつわりでも休まなかった!アピールの先輩ママ社員

妊娠すると多くの女性に訪れるのが、つわり症状。

軽い吐き気が短期間のみ出る人から、水を飲んでも吐いてしまい、体重も10キロ近く減って入院する重度の人まで、その症状は様々です。

原因も解明されていないため、確かな治療法がないのがなんとも恐ろしい特徴なのです。

最近は先輩ママ社員がいる職場も増えてきて、妊婦さんも働きやすくなっているように思いますが、そんな味方でいてほしいママ社員が脅威に思える出来事が。

重度とは言わないまでも、強い吐き気と頭痛で椅子に座っていることが困難になった二人目の妊娠期。

一人目の時はほとんどつわり症状がなかったので、”本当に妊娠によって差があるんだな・・・”と苦しいながら驚いていました。

職場に謝り1週間ほど休みをもらって出社したある日、チームの会議でママ社員が自身の妊娠について話し出したのです。

「私もつわりしんどかったー!でも、会社を休んだりはしなかったね。」と・・・。

永遠にも感じられる、自分のつわり症状とそれでも出社してすごいでしょ!の話。

心の中で泣きながら、”つわりは個人差があるし、我慢我慢”とこらえるのがやっとでした。

9.くさい!!!!!ガーリック臭MAXで帰宅する夫

妊娠期は様々な匂いに敏感になります。

つわり症状がある時などは、本当に驚くほどに敏感で、きつい匂いを嗅ぐと思わずその場で吐いてしまうことも。

そんな辛いつわり時期には、食事を作ることもままならず、旦那さんには外食で晩御飯を済ましてもらうこともしばしばあったのです。

私の旦那は大の中華好き。

近所にある行きつけの中華屋さんで、ご飯を済ませることが多かったようなのですが、その中でも大好きなのが、ガーリックチャーハン。

妊娠前から匂いが気になることは伝えてあって、翌日が休みの日などに限って食べるようにアドバイスしていました。

そんなガーリックチャーハンを、よりによって私のつわり症状がMAXの時に食べて帰ってきた旦那!「堪忍袋の尾が切れる」「頭に血がのぼる」「腹の底が煮え繰り返る」どの表現でも表しきれない感覚と、急激な吐き気に襲われて、泣きながら怒り狂いました。

吐きながら怒る妊婦を見て、さすがに申し訳なく思った旦那。

その日からしばらくは、寝室は別々で、旦那は畳にかたーい簡易のマットを敷いて寝てもらいました。

10.私と一緒じゃなきゃ家から出るな!臨月娘に過剰な過保護の母親

私の一人目の赤ちゃんが、初孫となった私の母。

小さい頃からやや過保護気味なところはあったのですが、待望の初孫誕生を目前に、その過保護っぷりはもはや毒親状態に。

産休に入り、里帰り出産をするため実家に帰ってきた私を待ち受けていたのは、母からの異常な束縛。

大事な妊娠後期に母体に何かあっては困る!と毎日のように唱えられ、久しぶりの地元で先輩ママである友達に会いに行こうと計画していたのですが、その予定を聞くなりブチギレ。

「私が一緒じゃない状態で外を出歩くな!!」と一喝される始末。

結局、どうしても会いたい友達だけを厳選し、1度だけ一人で会いに行くことができましたが、里帰りでお世話になる手前もあって、渋々、それ以外の外出時は母と一緒に。

久しぶりの長期休暇をリラックスしながら過ごしたいと考えていた私には思わぬ誤算でした。

二人目は里帰り出産は厳しいな・・・、と思わずにはいられない出来事となりました。

ページトップ