最近はメディアの発達などで様々な日常の問題などが取り上げられる世の中になりましたが、時代の変化とともに新しい用語なども生まれていますよね。

例えば、〇〇ハラスメントという言葉を聞いたことがある方はかなり多いのではないでしょうか。

セクハラは以前から存在していましたが、最近ではパワハラであったりとか、モラハラという言葉も生まれてきました。

セクハラは皆さん知っての通り、異性に対して性的な嫌がらせをするという言葉の意味として存在しています。

例えば、時代の変化の例としては昔は男性が女性に対して行う性的な嫌がらせという事が一般的な意味合いでしたが、最近では逆に女性から男性への嫌がらせなども存在していますね。

そういった意味で様々な細かい問題も最近は取り上げられていますが、併行して先ほどお伝えしたパワハラやモラハラという事も目立つようになりました。

では、名前は聞いた事があっても内容は良く知らないという方も存在しているのではないでしょうか。

今回はモラハラをメインでご紹介していきたいと思います。

それでは見ていきましょう。

数々のメディアで取り上げられている”モラハラ”

最近耳にするようになった〇〇ハラスメントですが、代表的な例では先ほどお伝えしたセクハラ、パワハラ、モラハラという言葉になるかと思います。

セクハラは先ほどご紹介しましたは、パワハラも聞いた事があるかと思います。

一般的に多い事例としては、立場が上の者が立場が下の者に力にものを言わせて無理難題を突き付けるような行い、発言をする事をいいます。

これも広く認知されているかと思いますが、最近話題になっているのがモラハラです。

こちらの意味がわからないという方も多いかと思いますのでご紹介させていただきます。

モラハラは元々フランスの精神科医が名付けたとされており、肉体的な暴力ではなく、言葉や態度などで精神的な暴力を行う事と表現されています。

見えない暴力になるので、なかなか発覚しづらいような問題であり、なおかつ深刻な問題として定義されているかと思います。

このフランスの精神科医いわく、精神的な殺人とまでいわせるほど、それほど精神的に負担をかけるような問題だと言われています。

実際にあなたも今までの人生で特定の人が特定の人に対して極端にひどい態度、行動、発言をしているのを見かけた事があるのではないでしょうか。

これがいわゆるモラハラという事になります。

離婚問題で話題になったモラハラ

モラハラが原因で離婚になったケースも数多く存在するといわれています。

確かに自分に置き換えてみると、自分自身がモラハラを受ける立場になったと考えてみてください。

恐らく毎日が苦痛であり、何かをするにしてもいちいち萎縮したり、恐怖を感じながら生活をしていかないといけないのではないでしょうか?
こうなってしまうと夫婦の絆という物は存在せず、存在するのは恐怖の身となってしまうかと思います。

それほど申告な問題であり、当事者にとっては本当に恐怖そのものであるかと思います。

それほどまでに精神的に追い詰められるという事は危険な事ですし、時には自殺に繋がりかねない問題なのです。

モラハラはマインドコントロールに近いもの

モラハラはマインドコントロールに近いともいわれています。

考えてみてください、毎日暴言を吐かれたり、制限を付けた行動を要求されたり、すべて都合の悪い事があると自分のせいにされり。

こういった事が日常的に行われている生活がずっと続くとします。

そうなると、モラハラを受けている方は最初こそ自分は悪くないのにと思うかもしれませんが、その状況がずっと続くと自然と自分が悪い、自分のせいだと思うようになります。

そうなってしまうと、自分自身をせめてしまう、自分がすべて悪いと思い込むようになってしまい、それを信じて疑わなくなってしまうのです。

そうなってしまうとまさにマインドコントロールをされている状態に近いものになります。

そのような意味では、モラハラは見過ごせないものすごく大きな問題だといっても間違いはないでしょう。

双方とも自覚が薄いので発覚しにくい

このモラハラの問題点として、双方の自覚が薄いという事があげられています。

一般的に多い事例としては夫が妻に対してという構図が浮かびます。

女性は基本的に受け身だったり、優しい性格の人が多いです。

それに対して男性は強い発言をしたり、女性と比べ暴力的な面を持っている事があります。

ただ、多いのが自分自身に自覚がないという事なのですが、これは言われる側がそういう事を言われた事がある、もしくは経験があったりすると自分が悪いとあきらめてしまう、認めてしまうという事でそれが当たり前になっているケースです。

本当は嫌なのに、認めざるを得ない、またはそういう状況を作らされている事により、自然に受け止めてしまうという事です。

また、言う側もそれが悪気があって言っているわけではない、自分はそれが当たり前だと思って行動をしているからこそ、反省をする事もないですし、言い過ぎたと思う事もないのです。

個人が当たり前だと思っているからこそ、なかなかこの問題は改善できない傾向にあり、時には自分は被害者だと気づかないで精神的に追い詰められてしまうというケースもあります。

だからこそ、個人個人が冷静に客観的に物事を見るという事を意識する事が大事です。

これは当たり前ではないという事にいかに気づく事が出来るかで問題の早期の解決に結び付くといえるでしょう。

あなたは大丈夫?モラハラ行動の9個の特徴

モラハラの言葉の意味、そしてモラハラがいかに深刻な問題であるかという事が理解いただけたかと思います。

さて、それでは実際に自分自身がモラハラをされていないか、そしてモラハラを受けていないかという事をチェックする必要があります。

必要ないと感じている方こそ、しっかりと行う必要があり、今自分がそういう立場にいなくても過去に自分はそういう事をしていないか、受けていないかという事を確認するためにも自分自身を振り返ってみてください。

これからご紹介する事に当てはまっていると、危険かもしれません。

1、密室で行う

モラハラでありがちなのが、密室で行われるという事です。

例えば、外にいる時には普通なのに、家の中では言動や行動などが変わってしまうという事です。

なので、誰かが周りにいる時であったり、外にいる時には普段と全然違うのに、二人っきりになると態度が豹変したりするケースがこちらです。

あなたがもし自然とそういう状況(ふたりっきり)になると精神的にびくびくしてしまう、ふたりっきりになる事を自然と避けているという経験がもしあれば、それはモラハラを受けている可能性があります。

先ほどお伝えしたように、なかなかしている側は自覚できない問題にもなっていますので、受けている側がしっかりと当てはまるかどうか考える事が一番重要です。

自然とふたりっきりになる事を避けて、外出しようとする傾向にありませんか?
もし自然とこういう事を考えていると、危ないかもしれませんよ。

周りから理解を得られない

密室で行われる事が多いので、当然ながら二人っきりというケースが多いでしょう。

なので、周りに誰もいないので、周りがそれに対して気づくという事がないのです。

例えば、DVなどであれば、暴力を受けた時に生じるあざなどで視覚的な情報が生まれますよね。

それが良いか悪いか、解決に繋がる時もあるので、周りに気づかれる可能性が生まれます。

ただ、モラハラはそれに比べると見えない暴力になるので、当然見える傷がつく事がないんです。

だからこそ、周りからすると一見理想の夫婦のように見えたりもします。

なので周りに相談をしても、良い人そうだよとか、素敵な人という風に受け止められてしまい、周りから賛同を得られないのでふさぎ込んでしまう、泣き寝入りしてしまうというケースに繋がります。

なので、判断をするのは周りではなく、自分自身なんだという事をしっかりと考える事、受け止める事が必要です。

自分はこういう事にはならないだろうと思っていると、いつかこんな事になってしまう日がくるかもしれません。

いつ被害者になるかわからないという意識を持って、しっかりと自分自身を持つ事が大事であるという事を覚えておきましょう。

2、自慢話が多い

自慢話が多いという事もモラハラに繋がりやすい傾向にあります。

あなたも人生の中で、一人くらいは自慢話が大好きな、自分大好きな人に会った事があるのではないでしょうか。

当然周りはあきれながらそのような話をまたか…という思いで聞いているかと思うのですが、自慢話をするという事は、裏を返せばかまってほしい、自分のすごさを周りに知ってほしいという事の裏返しです。

それだけ承認欲求も強いですし、自分が偉いんだと思い込んでいるという事です。

自分が大好きなので、否定される事を極端に嫌いますし、こういった性格が自分が間違っていると思わずに自然とモラハラのような行動を取る事に繋がったりするでしょう。

相手を見下す発言をする

このように自分自身が間違っていない、正しいと思いこんでいる人は自分が都合の悪い状況になったり、間違っていると認識されそうになると相手を極端に否定したりする傾向があります。

また、自分自身が偉いと思っているからこそ周りに対して見下すような発言を平気で行ったりします。

見下すような発言もその人からすると自分という存在を否定されたくないからこそ取る行動なのではないでしょうか。

そういう人は自分の事ばかり考えて、周りの事を考える余裕がない人が多く、そしてそれが当たり前の行動だとインプットされているかのように自分を疑いません。

このような言動が日常的にみられる人は、モラハラ認定されてしまうかもしれません。

自分自身が普段からこのような発言を無意識のうちに行っていないか確認してみてください。

3、偉そうに教える

人に何かを教える機会というものは誰しも経験があるかと思いますが、教える時に教えている人の態度が様々ありますよね。

人によっては丁寧に教えてくれる人もいれば、偉そうに高圧的に教えるような人も中にはいます。

偉そうに教えるから絶対にモラハラを行う人という定義はありませんが、偉そうに教えるという事は多少なり相手を見下しているという部分を持っている人です。

人を見下すという事は相手に対して敬う、相手の気持ちを考えるという事に対して配慮がない人です。

それを無意識のうちに人に対して行うという人は、気づかないうちに相手に対して嫌な事を行ってしまう可能性が高いです。

無意識のうちに相手に対して偉そうな態度を取っている事は絶対にやめましょう。

自分自身にとって損をするだけで、得な事は何もないという事を学ぶ事が大事であるといえるでしょう。

教えられると怒る

逆に相手から物事を教えられると怒る人がいます。

これは自分の存在を否定されているように感じるからではないでしょうか。

また、バカにされていると感じ、相手に対して怒る事で自分を守ろうとしている証になります。

物事を教えてもらうのは恥ずかしい事でもないですし、興味のない人に対して物事を教えてあげようとも思わないという事を意識する事が大事であるといえるでしょう。

4、平気でバカにしてくる

相手の事を平気でバカにするような人もモラハラを行う可能性があります。

基本的に相手の事をバカにするような態度を取っている事自体が相手の気持ちを考えていない行為になります。

もちろん、人によって好き嫌いはあるでしょう。

ただ、嫌いだからといってそのような行動をとる事自体が子どもっぽい考え方になります。

本当に嫌ならうまく立ち回り、その人と行動を極力減らしたりなど様々な対処方法があります。

相手をバカにする行動をとる事はこちらも損になるので、無意識でこういう行動をとっている場合は注意が必要です。