ヌーハラとは何?賛成派・反対派の意見も紹介しますのイメージ写真
「セクハラ」「パワハラ」などなど”ハラスメント”にまつわる言葉ってたくさんありますよね。

そんなたくさんある”ハラスメント”のなかには「ヌーハラ」というものがあるのを知っていますか?

ヌーハラなんてあまりなじみの無い言葉なので、どんな意味なのかまたどのようなハラスメントなのか全く想像できない方もいることでしょう。

しかし、世の中ではこのヌーハラによって毎日のように苦しんでいる人がいるんです。

ヌーハラとは、ずばり「ヌードルハラスメント」の略語のこと。

みなさん、きっと麺類を召し上がったことがありますよね。

その麺類を食べるときにどうしても”すすってしまう”人がいるのではないでしょうか?

そのすする音を苦手と感じている人がおり、そのような人たちがヌーハラされているんです。

うどんにそばにラーメン。

なかにはスパゲティまですする方がいるんですよね。

それってどうなのでしょうか?

この記事では、ヌーハラについて詳しくご説明します。

ヌーハラとはったいどのような意味をもっているのか?

また、どこからその言葉が出てきたのか。

それに世間一般ではヌーハラについてどのように思われているのかもご説明していきます!

ひょっとしたらあなたのその”麺をすする音で苦しんでいる人”がいるかもしれません!?

ヌーハラって知ってる?

あまりなじみの無い、テレビでも雑誌でも使われない言葉なので”ヌーハラ”という言葉を知らない人は大勢いるはず。

あなただって、そんな言葉は、最近知っただとかこの記事を読むことによって、記事のタイトルを読むことによって知ったなんていう方がとても多いのではないでしょうか?

セクハラだとかパワハラというハラスメントは、社会問題にもなり、テレビや雑誌にも取り上げられているので身近に感じやすいんですよね。

反対にヌーハラとはそんな風には思えません。

だってなかなか耳にしないし、見る事だって少ないからです。

でも誰だって”~ハラ”という言葉が最後についているのであれば、ああセクハラとかそういう類のものなのだなってさっと判断できるはず。

でも「ヌー」ってなんなのよ?洋菓子のこと?それとも女性がつけるヌーブラのこと・・・?

なんて色々なことを想像してしまいますよね。

でもどれもあっていません!

ヌーハラとは、”ヌードルハラスメント”の略語なんです。

この言葉は、日本で誕生した言葉であり、海外では今の日本以上になじみのない言葉です。

海外では「麺をすする」ということをしないですよね。

日本人独特の習慣だといえます。

しかし、幼い頃から麺をすすらない家庭に育ったり、友達にも麺をすするような人がいないと”麺をすすることがおかしい”と感じて生きるようになりますね。

また、麺をすするのがへたくそな人だとすすった知るが遠くにまでとびちってしまい、一緒に食事をしている人までにもラーメンやそばなどの汁が飛んでしまうことも。

そのため、麺をすすっている人にとっては何気ない日常のシーンであったとしても、ヌーハラを感じている人にはとてもつらい状況でしかないのです。

そして麺類を食べる気持ちはなくなり、あのおいしい味を味わうことも出来なくなっている人さえいるんです。

最近話題のヌーハラ、その意味は?


しかし、この”ヌーハラ”という言葉。

少し前まではあまり使われえることがなかった言葉でした。

某SNSにより広まったこの言葉は、一部の人たちの間では盛んに使われていた言葉でしたが今では、話題になって使われているんです。

その言葉をまだ目にしたことが無くても、きっとこれからSNSやネット掲示板、ネットニュースなど、もしくはテレビ番組のなかでそのような言葉を目にする機会が増えるかもしれません。

日本人にはもともと潔癖症体質の人が多いのですが、ここ数年でさらに増えているといわれているんですよね。

その根本には、物事を必要以上にまで気にしてしまう性格だったり、そうしなければいけない世の中になっているのが原因だともいえます。

あなたはどうでしょういか?楽観的なほうですか?

それとも気になることがあったら、とたんに他のことに手がつかなくなるまでに気にしいでしょうか。

もしも”気にしい”体質があるのであれば、ヌーハラを受けていると感じているかもしれません。

だって、ずるずると音をたてて食べるのは美しくないし、それにその人の口付近にまでいった汁が自分にまで飛んでくると考えるととても我慢できないんですよね。

とても”汚らしい”ものとして理解してしまうんです。

食事というのは衛生面に気をつけるものですが、その麺をすする行動によって衛生面もへったくれもないじゃないか!という話になります。

あなたがヌーハラを受けていると思っていなくても、周りの人があなたの麺をすすることに対してヌーハラだと思っていることもあるので気を付けたいですよね。

ヌードルハラスメントの略語なんです

既に何度もお伝えしていますが、ヌードルハラスメントとは”ヌーハラ”の略語になります。

ヌードルとは”麺類”をさし、その麺類によって精神的苦痛をうけているということになります。

麺類はあんなにもおいしいし、アレンジしようによっては本来の味よりももっとさらにおいしいものになるので、「そんな麺で!精神的苦痛を受けるなんてどうかしている」と感じてしまう方もいるかもしれないですね。

でも、いるんですよ。

あなたが好きなものがあったとしても、世の中の全ての人がそれを好きだとは限らないはずです。

この世界には、日本にはたくさんの人が住んでいます。

そのため、すべての趣味が一致することはありません。

だからこそ、十人十色という言葉があるんですよね。

ヌードルハラスメントとは、具体的に麺をすすっている音、麺を食べているときにとびちる汁、など麺類に関すること全てが精神的苦痛になってしまうことをいうんです。

麺類が好きな人にとっては、なかなか理解しがたいものですがそういう人もいるということを理解しておきたいものですね。

もしもあなたがヌーハラの被害者である場合は、ヌーハラをしてくる人に麺類で精神的苦痛を受ける人がいるということを知らせたいとどこか心の奥で感じているハズです。

もちろん和製英語

このヌードルハラスメントというのは、カタカナ語なので海外からやってきた言葉なのかな?と解釈しがちです。

しかし、そうではないんです!なんと、この言葉は日本で作られた和製英語です。

そのため、英語の辞書を検索してみてもなかなか出てこないでしょう。

日本の広辞苑であれば登録されている可能性はありますが、日本人はどうしてこうも”造語”を作りたがるんでしょうか。

それも誰か国のエライ人が造語したのではなく、あなたと同じ一般人が言い始めたものを他の人も使うようになり、口コミなどで広がりさらに多くの人が使うようになっているんです。

そしてその言葉は日本語として定着し、これからの世代へと語り継がれていくんですよね。

まぁ、これって文化継承的にどうなのかと疑問点は残りますが、時代のなかの新しい発見として使われることも多いです。

それに新しくでてきた物事を過去から使われている言葉だけではおさめることができないことってあるんですよね。

パワハラだって、現代近くになってから出てきた言葉です。

一昔前は、会社や夫婦間であっても”どちらか一方が優位にたって、権威をふりかざす”のが普通だったわけです。

その当時は、そんなことに何も違和感を感じなかったし(もちろん感じる人もいたかもしれませんが)、何か反抗しようとする気持ちさえしていなかった。

それが”当たり前”だったんですよね。

でも現代になって”個人”が活躍できる時代になり、個人が尊重されるべきだという風潮が流れるようになるとどうしてもそのような上から圧力だけで物事をいうような人に違和感どころか精神的苦痛を感じてしまうようになります。

ずばり、人々の気持ちというのは時代の兆候によって大きくかわってしまうということなんです。

だからこそ、このヌーハラという言葉が誕生してもおかしくはないんですよね。

ヌーハラは日本特有のもの!

ヌーハラって海外にも使われている言葉だとパッと見おもいませんか?

日本がとても好きな外国人であれば、既にこの言葉を使っているかもしれません。

それに海外では麺をすするということをしない国もあるので麺類をすする日本人に嫌悪感を抱いている外国人だっているんです。

しかし、そのような場合は、「日本人は食べ方が下品」と表現するだけで”ヌーハラ”という言葉は使いません。

なぜならば、ヌーハラという言葉そのものが海外まで伝播していないからなんですね。

いや、もちろんこれから海外にまで知られるようになれば外国人も日本にきているときに”Oh!Thisis ヌーハラ!”なんていうかもしれませんが。

しかし、まだ現代・現在においてはこの言葉が使われているのは日本だけです。

そのため、海外にいってから”ヌーハラ”という言葉を使ったとしても、その言葉の意味の説明を求められるだけであなたが少し困ってしまうかも。

もしも、外国人でヌーハラという言葉を使っている人がいたら、どこで知ったのかを訪ねてみるといいかもしれないですね。

ヌードルハラスメントの意味

この記事で”ヌーハラ”という言葉に出会った方は、この言葉がどのような意味を持っているのかなんて全く想像できないかもしれないですね。

だって、ヌードルのハラスメントなんて考えるだけでばかばかしいと感じる人もいるからです。

しかし、そんな風に感じている人もいれば、麺類を食べる場所において目の前で麺類を食べている人によって、精神的苦痛に悩まされている人だっているんですよ!

また、この言葉を使うのであればしっかりと意味を理解しておかなければ、間違った意味で誰かに教えてしまうということにもなってしまいます。

そのようにならないように、恥ずかしい思いをしないようにここでは”ヌーハラ”の意味について詳しく確認していきましょう。

麺をすするときのズルズル音

あなたは、麺を食べるときって”すすり”ますか?

すするというのは、鼻に息を通すことで麺を一気に口の中にいれることができる食べ方のことです。

そのすするときに”ずるずる”と音が出てしまうのは、麺類を食べたことがある方であれば誰もが出したことのある音なのではないでしょうか。

麺類はそのようにすすってこそ、おいしく食べることが出来るんですよね!

すすることによって、一気に口の中に麺類をほおばることができるようになり、具材やスープとのすばらしいハーモニーを味わえるんです。

しかし、そのようにずるずるとすする人もいれば、なかには”すすらないで食べる人”がいるのって知っていますか?

「麺類はすするものだろう!」と思って、またはそのような人がいる環境の中で生きてきたのであれば、きっと麺類をすすらない人のほうが”ありえない”と感じるはずです。

しかし、麺類をすすらない人というのは、基本的に麺類をすすっている人のあの”ずるずる音”がとても苦手なんです。

食べ物を食べるときに、口をあけたままで食べ物をかんでしまう”クチャラー”がいますよね。

あれだって、とても不快に感じるはずです。

たとえ、麺類をすする人であっても。

それと同じように、麺類をすするときの音に対して嫌な気持ちを感じてしまうんですよね。

神聖なる食事の場面において、ずるずるとうるさく、かつ汚らしい音が鳴り響いているだけで食欲はなくなるし、どんなにおいしい麺類やスープであっても味わうことが出来ないんです。

また、なかにはそのようなすする音だけではなく、すすったときに飛び散るスープや麺に対しても精神的苦痛を感じている人がいます。

でも麺を食べたいからこそ、すすらない工夫をしているんですよね。

だって他人がやっていて嫌だななんて思う行為をわざわざ自分ではしないですよね。

それはあなたも分かるはず。

なかなか理解しがたいものかもしれませんが、このヌーハラによって苦しんでいる人はたくさんいるんですよね。

基本的に食事中に音を立てるのはマナー違反

麺類ってなんだか”すする”ことによって食べる食べ物だと自覚している人がとても大勢いらっしゃいます。

そのため、誰かに注意されたとしてもすすって食べてしまっているなんていう方がいるのではないでしょうか?

しかし、日本ではなく海外に目線を向けてみると多くの方が「すすらないで麺類を食べている」んです。

特にスパゲティがよい例でしょう。

スパゲティってフォークでくるくるして、一度に食べきれる分だけを口の中に入れますよね。

なかにはスプーンをつかって、パスタがぶらぶらしないようにキレイに食べる方だっています。

それって、すすらないのが当たり前で基本的だからこそ、されていることなんです。

そうなんです。

マナーとしては、基本的に音を出しながら食事をするのってNG。

マナーレッスンなどに行くと、スープを飲みときだって音をたててはいけないし、食器にスプーンなどがあたってしまう音だって出してはいけないと注意を受けるはずです。

それが世界的な食事のマナーなんですよね。

でも、日本ではそのようなマナーレッスンを受けなかったり、幼い頃にしっかりとご両親や保護者の方に食事のマナーを習うことなく、今の今まで成長してきてしまった人がたくさんいます。

特に現代では若い親御さんが増えているため、まだ未熟でそのような食事のマナーをしらないときに子供を生み育てているんですよね。

その場合どうなるでしょうか?

必然的にその子供だって、マナーを知らずに育ってしまうことになります。

社会に出れば、しかってくれる人もいますがそのような人に出会えたのであればあなたはそうとうラッキー。

だって、世の中にはしかってくれる人っていないからです。

しかられることはとても嫌な気持ちになってしまうものですが、”しかられるうちが華”という言葉があるように、マナーについて注意をうけたときには素直にしたがって直すように心がけましょう。

世界規模で活躍している人ほど、食事をするときには音を出さずに食事をしていますよ。

日本では麺だけは許される


しかし、日本国内だけでは麺類をすするのが許されています。

というか、そういう文化として根付いているんですよね。

そのため、日本へ観光にやってきた外国人がラーメンやうどん屋さんなどにいってみると、驚いてしまうそうです。

だって、全てのお客さんが麺類をすすっているからなんですよね。

海外ではそのようなことをしたら一発でマナー違反確定、評価はガタ落ちです。

それだというのに日本人はのんきに笑いながら、またはビールを飲みながら麺類をすすっているんです。

こんなにカオスな状況があるでしょうか。

ないですよね。

それに海外のラーメン店のインタビューなどをみると、その外国のお店のお客さんは「すすらないで麺類を食べている」んです。

でも日本ではどうでしょうか。

むしろ麺類はすすらないほうがおかしいと思われていますよね。

無言の圧力といいましょうか。

個人営業のラーメン店であれば、すすらない客は来るな!なんて堂々とアピールしていることもあります。

まぁ、筆者は麺類をすすれない(すすり方が分からない)のでこういうお店にはいきませんが、やはり麺類をすすらないでれんげなどに乗せて食べていると「こいつなんちゅう食べ方しとるんや」なんていう目線で見られます。

一緒に麺類を食べに行く人もそうですし、お店の人にもそのように見られているのをよく感じます。

特に男性の方は、ラーメンはすするのもだと考えている人が多いですよね。

筆者は女性ですが、女性同士で麺類をたべるとほとんどの友人が麺類はすすっていません。

男性の社会では、きっと麺類をすすれない人はもっと肩身の狭い思い(ヌーハラ)を感じているのでしょう。

あなたはどうでしょうか?また、あなたの周りの人たちも麺類をすすっていますか?それにすすっていない人をみてどのように感じるでしょうか。

そこに”固定概念”によって縛られた気持ちがあるのでは。

音を立てるのがマナーという意見も

麺類はすすって食べるものだ!と言い張る人がいます。

今さっきもお伝えしましたが、そういう人にとっては麺類というのはすするからこそおいしく食べられるし、すするからこそ”食べている”と実感できるんだと感じているんですよね。

それに麺類をすすらない人のほうがマナー違反であり、おかしいと思っています。

さきほどお伝えした筆者の体験談のようなものです。

すすれない人だっているのに、麺類はすするのが当たり前だと感じている人がいるんです。

まぁなんとも自分勝手な考えの持ち主なのでしょう。

そこらあたりの批判についてはここで終了させていただきますが、麺類をすするのがマナーだと感じている人がいるのでヌーハラが減ることがありません。

麺類の音をきくことによって、嫌な気持ちになってしまう人は永遠にいなくならないってことなんです。

だって、そのようなことをマナーだと感じている人がいるのであれば、麺類のお店にいけば必ずといっていいほどに音をたてて食べている人がいるからなんです。

麺類をすすらない人と一緒に食事をしていれば、その他人の麺類をすする音をきかないですむかもしれませんが、一人でラーメン屋さんに入ったときはそうもいかないですよね。

まぁラーメン屋さんがシーンとしているなんていうことはありえませんが、やはりズルズルという音だけが響きわたっているのって”よだれ”だとか汚いものを想像させてしまい、食欲がうせてしまいます。

外国人や猫舌の人から非難されている

麺類をすするのは、日本人だけです。

アジア圏の人であれば麺類をすする傾向があるかもしれませんが、とくに欧米人などに麺をすすっている姿をみせるととても嫌悪感を示すことが多いです。

海外進出している日本の麺類の店であっても、やはりそこにくる外国人のお客さんというのは絶対にすすりません。

れんげに乗せて食べたり、フォークで麺類をくるくるとまいたりして、いかにすすらないで口元にもっていくかを知っているんですよね。

その姿をみた”麺類すするの当たり前派”の日本人はかなり驚くことになるでしょう。

だって、すすっていないどころか麺類をまとめて口元にもっていっているからです。

しかし、外国人からは麺をすすることは”美しくない”と思われているんですよね。

だって汁がとびちるし、一気にすすれなかったら麺がぶらぶらぶらさがる。

そうすると洋服に汚れがついてしまうし顔や髪の毛にまで汚れがついてしまうかもしれないからです。

また、先ほどもお伝えしましたが世界的にみれば麺類をすするということは、”マナー違反”だからなんですよね。

欧米人だけではなく、猫舌の方にとってもすするのはあまりよくないものとして捉えられています。

猫舌とは熱いものを食べることが出来なかったり、それを苦手としている人のことですよね。

麺類をすすると、どうしてもアツアツのスープのなかから直接口の中に麺をいれることになります。

そうすると麺類はさめてはいないし、フーフーとさましてみてもスープのなかにつかっている麺はあついままです。

ということは、口に入れた後に口の中がとても熱くなってしまうからなんですよね。

麺類はすすって食べる派にとっては、その麺類の熱ささえも楽しんで味わっているものですが、猫舌の人にはそれができないんです。

だって、熱すぎて口の中にいれたはいいものの、吐き出してしまう事だってありますし、水をすぐにのんでしまい、スープ本来の味わいを味わえないからなんですよね。

だったら、れんげなどに麺類をのせておき、しっかりと全体をさましてから食べたほうがおいしく味わえるんです。

よって、麺類をすすりたくはないということなんですよね。

ヌーハラ広まりのきっかけはTwitter


これまでにヌードルハラスメントという言葉は、”日本特有のものである”という説明をしたのを覚えていますか?

では、日本といってもとても広いのにどうやってどこで誕生して、どのようにして多くの人に伝わることになったのでしょうか。

そのヒントは”インターネット”にあります。

あなたが今も使っているコレです。

インターネットは、どこにいても全く違う場所の人と関わることができますよね。

それに現代では、インターネットのなかで特に”SNS”が人気を集めていることを知っているでしょうか?

あなただって、きっとツイッターやフェイスブック、さらにはインスタグラムなどをやっていることでしょう。

そのようなSNSのツイッターのとあるアカウントのなかで”ヌーハラ”という言葉が使われることになったんですね!

それはまたたくまに多くの回数のリツイートがされ、全国のあらゆるツイッター民が見ることになりました。

日本にはもちろんSNSをやっていない人もいますから、その場合にはツイッターをやっていた人が教えた、もしくはそのような人から聞いた情報をさらに教えたと考えられるでしょう。

では、ツイッターといってもどのアカウントが”ヌーハラ”という言葉を公のものにするくらいにツイートしていたのでしょうか?

戦争法廃止の国民連合政府応援隊

今では既にアカウントが削除されているのですが、戦争法廃止を訴えている「国民連合政府応援隊」というアカウントがあったんです!

このアカウントは、日本が戦争をしないために、またはしないことがとても重要だという内容のツイートをしていました。

また、国家の秘密の情報までも流しているなんていって、結局はデマだったのですが当時はツイッターを大きくにぎわせていたんですよね。

このアカウントは自らを左翼と名乗っていました。

左翼というのは、きちんとした政治的な観点を持ち、その上で政治に関わろうとする人たちのことです。

しかし、実際はこの人たちは「パヨク」という存在だったんです。

パヨクってどこか”左翼(さよく)”の言葉に韻をふむとこだとか母音が似ていますよね。

パヨクって、左翼のように見せかけて本当は政治的知識もなんにもなくてデタラメなことしか言わない人のことをいうんです。

インターネットにはあらゆる情報が行きかっていますが、すべてが正しいというわけではないのはきっとあなたも理解していることでしょう。

それを分かっていたとしても、やはり「奇妙なニュース」「どこか面白みを感じてしまうようなニュース」「興味をそそるようなニュース」に対しては、人って興味を持ってしまうんですよね。

このパヨクの国民連合政府応援隊は、このアカウント名からあたかも”政府に関係しているように感じる”ので、誰もが信じてしまったのかもしれないですね。

大きな影響を与え、しかもそれがデマだと分かったために最終的には炎上(批判がおこる)してしまい、アカウント閉鎖になってしまうのですが。

「今まで製麺業界の圧力で隠匿されてきたヌーハラを暴きます」とツイート

この国民連合政府応援隊のアカウントは、どのようにして”ヌーハラ”という言葉を広めたのでしょうか?

それはずばり、このツイートによるものでした。

あたかも”麺類業界の秘密を握っている”しかも、それをここで発表するようなどという書き方。

これまではヌーハラという言葉なんか使われることは無かったし、この一見によって広い範囲でヌーハラが遣われるようになったんです。

まぁこの文章でいうと、製麺業界が政府に対してなにかハラスメント的な被害を与えていて、それを隠していた。

ここでそれを暴露します、なんていう意味として解釈できるはず。

そのため、誰もが「それってどんなことなんだろう?」「秘匿っていうくらいだから、国家や企業間の機密情報なのかもしれない!」「ばからしいけど、ちょっとは気になるなぁ」なんて多くの人の気持ちを誘ったんですよね。

まぁそれ自体もデマだったんですが。

きっとこのアカウントを作成した方は、ここまでの大きな影響になるとは思っていなかったのではないでしょうか。

芸能人でもちょっとしたコメントをするだけで炎上してしまうネット社会。

だからこそ、あなたも一つ一つのコメントの投稿には気をつけるようにしたいですね。

ひどい場合には、国家やその企業から訴訟をおこされることだってあるんですから。

なかには、某サ◎リオへのツイートに毎回暴言をはくとして会社に呼び出されたアカウントの人もいました。

あなたはそんなことにならないように気をつけてくださいね。

ネット上で拡散

この国民連合政府応援隊のツイートは、たったこれだけの文章だというのにツイッターのリツイート機能によってあらゆるツイッターに拡散されることになりました。

今ではツイッターをブログなどに引用する機能がついていることもあるので、あらゆる手段でさまざまなインターネット社会の隅々までに拡散されてしまったんですよね。

「ヌーハラ」なんて聞きなれない言葉、そして「秘匿」というちょっと気になるような言葉を見てしまったら誰もがそのアカウントやその情報を確認したいと思うはずです。

その当時に筆者はそのツイートをみていましたが、あまりにもすごいスピードでリツイート回数、@返信などがあり「ネット社会ってすごいんだな」ということを実感したのを覚えています。

なかにはその情報を本気にしている人もいましたし、やはりどこかウソだとわかっているけれども炎上に便乗している人もみられました。

まぁ人間というのは”ヤジウマ性質”があるので仕方の無いことなのでしょう。

しかし、ネットという終わりの無い世界で拡散されてしまったということは、製麺業界が国家に多大な悪影響を及ぼしてしまったということになるんです

毎日新聞や情報番組も取り上げた

このツイートやこの情報というのは、実はテレビや新聞でも取り上げられたんです。

どういうことか分かりますか?ネット社会だけではおさまらずに、このリアル世界にまで飛び出してきてしまったんですよね。

この情報に新聞社関係者、テレビ番組制作側も”おどらされた”ということなんです。

特にテレビ番組や新聞というのは、人々に大きな影響を与えるものですからその真偽を調べてから掲載してほしかったなぁと筆者は思います。

メディアという真実を伝えなければならないものが、このようなデマに踊らされていいのでしょうか。

よくないですよね。

そのため、この問題はあらゆるメディアへの問題をも大きく揺るがすことになったんです。

ツイッターという誰がみているか分からない世界で、匿名性だからといって自分に責任のとれないようなツイートはするべきではないということです。

しかし、このときに使われていてヌーハラという言葉ではなく、今では「麺類に関することで精神的苦痛をうけること」と少し定義がかわっています。

そのため、これまでに麺をすすることに対して精神的苦痛を受けてきた人はどのように表現すればわからなかったのですが、この言葉の誕生によって”より表現しやすく”なったともいえるので悪い影響だけではなかったのかもしれないですね。

だからといってこのような問題を引き起こさないためにもあなたもネットで何かを発言するときには、気をつけるようにしてくださいね。

ヌーハラは賛否両論


これまでにヌーハラというのはどういうものなのか、またそれに対して批判的な意見があるということもお伝えしてきました。

しかし、批判的な意見を持っているのって日本人であれば”猫舌”の人であるということでしたよね。

それ以外には、外国人ということでした。

しかし、日本人のなかでもヌーハラに賛成している人ってたくさんいるんです。

反対にヌーハラに反対している人もいます。

それぞれどんな意見があるのかを見ていきましょう。

ヌーハラ賛成意見

うるさい

ずるずるの音がうるさい!もっと食事は静かにしたいと思っている人がいます。

気分が悪くなる

麺類をすする音をきくだけで食欲がうせてしまうし、できることなら一緒の空間にいたくないなんていうことも。

マナーがない

食事は音を出すものではないのに、どうしてそんな基本的なマナーを守れないのか!なんて意見をもっています。

こういう方は注意することが多いです。

すすれないから悔しい

すすりたいけどすすれない。

すすることに憧れているけれどできないから、いっそのこと麺類をすすれないようにしてしまえばいいんだ!なんて意見ですね。

食欲が失せる

ヌーハラの賛成の方としては、食欲が失せるということを理由にしている人もいます。

ズルズルという音が嫌だという人が非常に多いのです。

日本人は比較的このように麺をすする人が多いところもあります。

日本人でも時より、このように食欲が失せるから嫌という人もいるにはいますが、中には海外の方はそのように非常に感じやすいところがあります。

それはなぜかと言うと、食べ物をすするということがよくないことだというような躾を受けているところがあるからです。

イライラする

麺をすするズルズルという音にイライラするっていうような人もいます。

このようなことが不快に感じるという人も一定数いるのですね。

ですので、このように感じられる人がヌーハラ賛成で、静かに麺を食べて欲しいという思いがあるようです。

小さい音でいい

基本的に麺をすすること自体は反対ではないけれど、そこまで大きな音を立てて麺をすする必要はない、小さい音でいいと思っている人もいます。

このような人は基本的に麺をすすること自体に対してはそこまで否定的ではない方も多いです。

文化でも理解できない

西洋では何か食べ物をすするということはよくないことと言われていますが、日本だとこのような麺類をすするというのは文化の一つです。

ですのである程度、麺はすするものというような認識が日本人にはあるものの、そのような文化があっても理解できないというようなことが言われていることが多いです。

特に西洋圏の方は特にそのように感じる傾向にあるようですね。

ヌーハラの反対意見

細かい

麺類をすする音くらいどうだっていいじゃないか!そんな気持ちです。

そんな細かいことに気にしているから、気になっちゃうんですよね。

その方が美味しい


すすったほが麺類はもっとおいしくなる!れんげにのせるなんてありえない!

すするからこそ麺類を味わいつくせるんです。

すすれない人の嫉妬

どうせすすれないから、素すらないようにして欲しいだけなのだろうという意見です。

すすれない人にすすれるように伝授してみては?

文化だから仕方ない

日本では古来から麺類はすすっていたといわれています。

その日本文化だから、仕方ないじゃないかなんていう意見も。

大げさすぎる

確かに日本人は色々と西洋の文化を取り入れている所があります。

ですが麺をすするぐらいで、そんなに騒ぐのは大げさだというような意見があるのもまた事実です。

西洋の方からの声に関しても、これが日本の文化だから嫌だから日本に来るなというような感じのことを言うような人もいます。

このように大げさすぎると捉えている人も多いです。

猫舌には必要

ラーメン屋の麺というのは、基本的に熱いものをすするというようなところがあります。

なぜこのすするという作業が必要なのかと言うと、基本的にこのように空気を含ませることによって冷ますところがあるのです。

ですのですすることなく、口に入れるということは、すなわち熱い麺を口に入れるということになりますので、猫舌の方にとっては非常に辛いものになります。

食べ方が綺麗ならいい

ヌーハラはずるずるという音に関して問題視されているところがあります。

このようなヌーハラ反対派のような人は、基本的に食べ方が綺麗なら問題ないではないかというような言い方をしているところがあります。

もちろん食べ方が汚いというのは論外ですが、音ぐらいでそこまで言う必要はないのではというような意見があるのもまた事実です。

当たり前

基本的に日本人はこのような麺類はすする食文化です。

ですので、もう幼少期からずっとそのような状態ですので、これが当たり前すぎて、ともすれば何で良くないのかというような感じに思うような人も多いです。

やはりこのようなヌーハラのことが言われるようになったのも、つい最近のことです。

特に40代ぐらいの方であれば、もう幼少期から麺類をすするものと思っていることが多いです。

現代の日本においても、麺類をすするなというような躾をしている家庭は多くはありません。

ですので、麺をすする体のが当たり前と思っているところがあります。

面倒くさい

なんでもかんでも、〇〇ハラをつければいいのかというような感じで、面倒くさく感じているというような人のヌーハラ反対派の意見の中にあります。

確かに、このような嫌がらせについて鈍感であるというのはよくないところがあります。

ですが過敏すぎるというのも考えものです。

というような考えから、ヌーハラとかがどうのこうのとめんどくさいと思っている人もかなりいます。

すすらない方が気持ち悪い

昔からの習慣ですので、すすらない方が気持ちが悪いとぐらいに思っている人もいます。

このような人だと、麺類はするなと言われたら、「じゃあ、どのようにして食べたら良いのか?」と思ってしまう方も多いようです。

ヌーハラどちらでもない意見

もちろんヌーハラに関して、賛成派、反対派がいる一方で、どちらでもいいじゃないかと言うな意見の人も多いです。

では、このような人の意見とは、どのようなものがあるのでしょうか?

気にしたことがない

そもそもヌーハラについて気にしたことすらないという人もいます。

どちらかというと、海外に出たことがなく日本で暮らしている人はそのような人が多いのではないのでしょうか?

もちろんそのようなマナーに過敏な日本人はいる一方で、ヌーハラについて全く気にもとめたことがない、むしろヌーハラなんて初めて聞いたぐらいの人もいるのが実情です。

くだらない

先ほども触れたように、なんでも〇〇ハラをつければすむと思っているのではないかと思っているぐらいに、くだらなく思っているという人もいます。

このようにくだらないと思っている人は、日本では普通に目をつぶって、仮に海外旅行に行けばマナーにしたがって麺をすすらないように気をつけたらいいのではないか、ぐらいでいる方も多いのではないかと思われます。

指摘するほどではない

そもそも本当に日本においては、麺をすするのも文化であるところがあります。

そんなにヌーハラについてあれこれと指摘するほどでもないと思っている人が多いです。

もちろん海外だと、そのようなマナーは守らないといけない場所もあります。

ですが、日本国内でそこまで指摘するほどでもないと思っている人が多いのではないかと思われます。

ヌーハラってどんな人が思うの?

ヌーハラという言葉は、最近突然聞かれるようになりましたが、具体的にどのような人がヌーハラを訴えているのでしょうか?

一部の人ではあるものの、そのような傾向のある人を見ていきましょう。

もしその人と食事をするという時に、麺類を避けるというような選択肢も入れることができますので、そのような傾向を知っておくのは大変有効です。

日本文化を知らない外国人

最近は世界において海外旅行の非常にハードルが下がってきました。

ですので中には、あまりそのような文化に理解がない海外の方も、日本旅行へ来られる方もいます。

そして多くの方が日本に来て驚いたこととして、麺類をすすることはあげている方が多いです。

年日本文化を知らない人だと、麺類をすする音に驚いてしまう人もかなりいるようです。

全ての外国人が気にしているわけではない

このようなヌーハラという言葉は、一見全ての外国人が皆気にしているように見えます。

ですがこのようなことを気にしているのは、一部の州で全ての人が、そのように気にしているわけではありません。

郷に入れば郷に従えではないですが、各国ごとで文化が違うということを理解している人も多いです。

受け入れてくれる外国人もいる

このようなことから、外国人の方であっても麺をすするということを受け入れてくれている人もいます。

むしろ自分の国に住んでいる時は、厳しいしつけから「そのようなことは絶対にしない」と思っていたけれど、日本に来て思いっきり麺をすすってみたらよかったというようなことを言っている海外の方もいます。

このように海外の方が皆が皆の、ヌーハラについて気にしているわけではないようです。

マナーを気にする日本人の女性

日本人は麺をすすることが多いと言われていますが、中には日本人の女性でマナーを気にする人は、そのようなのようなヌーハラを気にしているところがあります。

やはり最近はSNSもありますし、インターネットもありますので、海外の文化も入ってくるところがあります。

ですので、このようなことを見ると、そういえば日本人の女性の一部は麺をすすることは汚いのかもしれないと思ってしまい、それを気にし始める女性の方もいるのです。

ヌーハラを気にせず麺を食べたい!

もちろん文化の中で、麺をすすることがあまり綺麗ではない、ズルズルという音がよくないというようなことは言われるところもあります。

ですが、やはり熱々のラーメンやそばを食べるというような文化だと、基本的にすすって食べるということが前提です。

ですので、そのようなヌーハラと言われることなく、心おきなく麺を啜りたいという人も多いですよね。

ヌーハラと言われずに食事を楽しむには?

やはりそこで気になるのは、ヌーハラと言われないように食事を楽しむ方法です。

せっかく食事を楽しむのに音がうるさいなどと言われてしまっては、美味しさが半減してしてしまいます。

ですので、ヌーハラを気にする人との食事の工夫したりする必要がありますね。

ヌーハラへの対処法

対処法には色々な方法がありますが、やはりどれもそもそもそのように言われないようにするように対策することから始められます。

もちろん麺をすすらないということではなく、麺をすするにはどうしたらよいのかということをいろいろと見ていきましょう。

そうすることによって自分も心置きなく麺を食べれますし、相手にも配慮することができます。

一人でお店に行く

まずそもそも、一人で店に行けば、麺をすする音を指摘する人はいません。

ごく稀に一人で食べに行っても、相席の人がヌーハラだと言いに来たりすることがあるかもしれませんが、あまり多くはないでしょう。

よほどの事がない限り、赤の他人にこのようなヌーハラを指摘するというのは、非常に勇気がいることです。

大抵の人は、もし他の人の食べ方で不快に感じても、指摘はせずに早々に食事をして出ていくというのことを考えるでしょう。

ですのでヌーハラの指摘を受けることなく、心おきなく麺を啜りたいということであれば、人と一緒ではなく一人で店に行くようにしましょう。

お部屋で食べる


仮に万が一にも、人から指摘される可能性を防ぎたいということであれば、そもそも店に出向かずに、お部屋で食べるという選択肢も非常に有効です。

それだと基本的に一人の空間ですので、どのように食事をしても何も言う人はいません。

人との食事時に麺を選ばない

基本的に一人で食べられれば、それが一番いいのかもしれませんが、中にはどうしても人と一緒に食事をする必要性があることもあるでしょう。

そのような時は一番無難な方法としては、麺類を選ばないということです。

日本の食文化においても、麺ではなければ、すすって食べるという文化はありません。

ですので一つの食事の時は、定食を選ぶなど麺類を避けるということで解決します。

男性客の多いラーメン屋に行く

海外の方で、このようなヌーハラを気にしている人はいる一方で、日本人女性の一部でもこのようなことを気にしている人がいるというところがあります。

ですので、男性客が多いラーメン屋に行けば、このようなヌーハラを気にする女性に出くわす可能性は減ります。

基本的に女性は、このような男性客が多いラーメン屋に入りにくいところがあります。

ですので、このようなヌーハラを指摘される可能性はぐっと減るところがあるのです。

音を立てすぎずに食べる

そしてヌーハラ肯定派の中には、豪快な音に関してだけ嫌がっているだけで麺をすすることに関しては反対していない人もいます。

ですので、もしどうしても複数人で、しかも男性が多いようなラーメン店を選べないということであれば、音をたて過ぎず食べることでヌーハラの指摘を受ける可能性が下がります。

事前にヌーハラについて意見を聞く

そして食事前に、事前にこのようなヌーハラについての意見を聞いておきましょう。

もしこのヌーハラが嫌だと思っている人であれば、麺類のある店を避けたりすることで解決します。

もしヌーハラを嫌がっている様子があれば、麺類を避けたり、定食があるような店にすると良いでしょう。

ヌーハラを気にしない人と付き合う

そもそも付き合うかどうかを選べるということであれば、そもそもヌーハラを気にしない人と付き合うようにしましょう。

友達関係であれば、このような関係を選ぶことができます。

ですので、このように麺類を豪快に食べる時はヌーハラを気にしない友達とというような感じにし、会社関係など切っても切り離せない関係の人であれば麺類を避けるようにするなど対策をするようにしましょう。

ヌーハラが新たなハラスメントになるかも?

今回はヌーハラについてご紹介してきました!

いかがでしたか?

一時期ブームとなったヌーハラですが、これからの時代では新しいハラスメントとして公式に認定される日がくるかもしれません。

確かに麺類をすする音が嫌という人もいれば、「そんなことが気になるの?」という人もいるでしょう。

ヌーハラについて配慮するのはもちろんのこと、もし自分がヌーハラだと感じやすいということであれば、極力麺類を一緒に食べることを避けるなど自衛をすることも必要です。

あなたもヌーハラの一員にならなように気をつけたいものですね!