CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

正直ムカついた、昭和な上司から言われたセリフ11選。今の時代も結構いる!


令和の時代になっても、いまだ 職場にいる昭和な上司 

彼らのセリフをご紹介します。

みなさんの周りにもこんな上司はいませんか?

この記事の目次

1.俺が若かった頃は・・・

上司のAさんは、以前いた営業部門でトップの成績をおさめ、現在は各部門のトップになった実力派。

そんな上司をもつ自分は、自分も含め会社の後輩と飲みに行く機会も多い。

後輩たちはいつもAさんの実績を「スゴイですね」と褒めて、Aさんを上機嫌にすることが得意。

気分が良くなったAさんは、「俺が若かったころはな~」と 自慢話や苦労話を後輩に語って聞かせるものの、いつも話のオチは同じ 

ニコニコ聞いているが、内心(また始まったな・・・)という思いに。

スゴイのはわかるんだけど、自慢話にウンザリ。

でも、 昭和な上司ってそういうところ鈍感 です。

次の飲み会も同じ話なんだけど、Aさんに認められるまで耐えます。

2.今の若いやつはダメだな

過去にスゴイ実績があるものの、今は窓際族のような上司に限って、過去の栄光にすがる癖が。

昭和な上司のEさんは、今の若いやつはなってない!ということをしょっちゅう言っている人。

「俺が若い頃はもっと大変だった」から、今の部下にも 「過去の自分と同じように仕事に取り組むように」 という暗黙の伝言が。

「俺ほどスゴイやつなんていないさ」という雰囲気が伝わってきて、正直ウザいです。

窓際ですから、会社からもウザがられているかも。

退職したら実績とか関係ないですからね~。

Eさんのような大人にならないようにと思います。

3.気合と根性が足りないんだよ

バブル時代を経験している世代は、 がんばれば報われる と思っている人たちが多いよう。

気合と根性があれば営業成績も上がったし、お給料も上がった。

でもそれは数十年前の昭和時代。

今では がんばっても、不景気やリストラなど自分ではどうにでもできないことに直面する若者も多い んです。

同僚のHさんが風邪をひいたときだって、「気合と根性が足りないから風邪を引くんだ!」と一蹴。

昭和時代はそれで治ったかもね・・・。

でも現代の風邪はバファ○ンで治すんだよ~。

4.先輩より早く帰るのはNGだから

今では残業規制もあり、社員の健康に気を配る会社も多いですね。

でも昭和な上司が若かった頃は、 残業が美徳とされていた時代 

しかも先輩より早く帰れないので、先輩が仕事魔だと(昭和な頃はたいていそう)後輩も帰れないという連鎖が。

いやいや実は今、うちの会社それっぽいんです。

昭和な上司が社長だから、古くからの慣習で残業するのが当たり前的な・・・。

過労死とか社会的問題が起こっていても、うちは昭和に取り残されているので、正直帰りずらいんです。

中小のIT系ですからね、サービス残業もありますよ~(とは大きな声では言えません)

5.仕事はつらいのが当たり前だよ

お金をもらうんだから、仕事はつらくて当たり前!という考え方の人も少なからずいます。

たしかに社会人なら、きちんと仕事をするのが当たり前なのはわかる。

ところで、福利厚生がいい会社だと、社員食堂や休憩スペース(いや遊び場?や、昼寝できるスペースなど)もあり、社員をもてなす企業努力をしている平成の職場もありますよね。

うちは全然!節電のために薄暗いオフィス。

タバコの匂いが染みついた休憩室(今は禁煙)。

壊れそうな椅子・・・。

そんな環境で、 会社のために人生を削ることが、美徳とされている ような職場。

ま、建築業界だしなんとなくわかるけれど。

だから従業員も釘やネジのように消耗品扱い。

ボロボロになって辞めて、また新しい子が来てみたいな・・・。

6.会社の飲み会も仕事のうち

昭和な上司は、飲み会をよく開催。

なんとなく「出席義務」があるような雰囲気を漂わせます。

「いやいや、参加は自由だよ~」なんて笑顔で言ってくれるけど、本当は参加してほしいという意図がバレバレ。

飲みにケーションという言葉もあるけれど、平成の後輩はお金を使うなら気心知れた友達と飲みたいのが本音。

人によっては、飲むことにもお金を使いたくないと思っているんですよ。

「この前も飲み会で5000円の出費。

今月2回目じゃん」というのもザラで、お財布に諭吉の万券が入っても、夏目漱石さん数枚・・・。

今月のスマホ代が、飲みでなくなったなって感じ。

仕事ならその分、飲み会手当とかで出してほしいです。

7.とりあえず俺の酒を飲みなさい

飲み会に参加すれば、上司の酒は必ず飲むという暗黙のしきたりも。

飲める人はいいけれど、飲めない俺はかなりハード。

正直「いりません」と言いたいですよ。

でも、なんか断ったら悪いような。

それで仕事が減ったら・・・とか余計な憶測をするじゃないですか。

昭和な上司ってお酒に強い人、多いですよね~。

平成世代の飲み会は、日本酒やビールよりサワーだよ!そっちのがおいしいと思いません?時には、社外とのお付き合いもあり「今日の相手は重要な取引先だぞ」なんて言われる日は、かなり憂鬱ですね・・・。

8.新入社員(特に女子)は俺の隣な

これ、飲み会の話なんです。

男だから若い女子に囲まれたいというのはわかるんです。

でも仕事の飲み会で、女性の新入社員を隣に座らせて、お酒を注いでもらったりとかってどうなんですかね。

キャバクラじゃないんだし。

実はもっと怖いのが、同僚の女性。

新入社員の女子を笑顔で睨んでる・・・。

絶対そう!昔は社長の隣に呼ばれたのに、今は呼ばれないっていう声が聞こえてくる。

隣にいて雰囲気が怖いんです。

だから人間関係に響くような、暗黙の昭和なルール、全社員のために撤廃してください。

9.まだ結婚しないの?子供は?

今コレ言ったらヤバいでしょ的なセリフですよね。

○○ハラとかになります。

でもそんな時代の流れをものともせず、昭和な発言をする上司のK。

社員を家族か親戚のように思ってくれている優しさはわかるんですが、プライベートに入られるのはちょっと、という感じ。

結婚?婚活中だけど9連敗中(もうすぐ大台?)。

子供?さあね。

ママになっている友達いるけど、みんな仕事もしてるから疲れ切ってるよ。

昭和な時代の、のほほんとした子育てなんてできないから、考えられないね。

こんな答えを上司は知りたがっているのでしょうか。

10.メールはダメ!原則顔を見て報告

自分、営業職なんですが昭和な上司いますよ!いちいち顔を見て報告しなきゃならない上司なんです。

営業って時には出張とかあるじゃないですか。

時には直帰したい出張先もありますよね~(わかるわかるという声が)。

でもうちの上司はメールやLINEは基本ダメ。

電話はギリOK(平成生まれの自分は電話も嫌)。

顔を見て「おつかれさま」って言って、その日のうちにいろいろと報告するのが原則。

会社に戻ってから帰宅・・・それって非効率的じゃない?出張先の仕事終わったら、メールで「おつかれ」って入れて帰らせてくれ~。

11.添付ファイル?紙に印刷してくれよ

事務職の私は、昭和な上司にウンザリ。

パソコンは私が過去に教えてあげたので、なんとか使えるようになった上司です。

でもいまだに「添付ファイル」が苦手なよう。

添付ファイルを開けると「紙じゃないとわからん!」と印刷を頼んでくるのです。

印刷すると、時には数十枚もの束に。

それを渡すと、指をなめてプリントをめくるんです。(見て見ぬフリ・・・)

しかも来た!「ねえRちゃんさ、この意味わかる?」って、なめたプリントを持ってくる~、つ、机の上に置いた~(ぎゃ、汚い)。

紙で印刷した後も気が抜けませんっ。

ページトップ