CoCoSiA(ココシア)

ヤンデレの意味が分からない行動20選(続き2)

ヤンデレに上手に嫌いになってもらうには、相手が最も嫌がることや、嫌っている行動をわざと積極的に取り、幻滅させるのが良いでしょう。

ヤンデレは一度愛すると異常なまでに相手に執着しますが、その分気持ちの切り替えも早いため、気持ちが冷めればさっさと相手から離れていきます。

嫌われ役は嫌だと思うかもしれませんが、今の状況から逃れるためにもこの時ばかりは嫌な役を進んで買って出ましょう。

2. 説得は逆効果

別れ話をする時には、落ち着いた場所で冷静に話をする印象がありますが、ヤンデレには逆効果です。

どんなにこちらが真摯に話をしたところで、相手の気持ちがこちらに向いている以上は、何を言ったところで聞き入れてはくれません。

どんなに相手の嫌な部分を伝えても、改善すると返してくるか、または「自分を嫌いになるはずはない、まさか誰かにそそのかされたのか」と盲目的ゆえに話がとんでもない方向へと飛躍してしまいます。

話をすればするほどに、ズルズルと相手には引き延ばされてしまいます。

また、説得では埒が明かないと思い一方的に連絡手段を絶ったところで、相手が自分を好きな間は家まで来たり、ストーカー行為を繰り返す可能性があります。

3. わざと不潔にするなど、生理的に嫌ってもらおう

どんなに愛する相手であっても、不潔な人と長時間一緒に居続けるのは苦痛を伴います。

それは相手がヤンデレでも同じことで、「お風呂に入って欲しい」と何度も頼んでもこちらが不摂生にしていれば、自然と同じ空間にいるのが辛くなってくるはずです。

ヤンデレがとんでもなく極まっていると、「こんな人と一緒にいられるのは自分くらいだ」と思い込む可能性もありますが、大抵の相手は不潔にしていれば徐々に離れていくでしょう。

しかし、生理的に相手に嫌ってもらうためには、自分も不潔な状態を我慢しなければならないため、どちらにとっても辛くはあります。

4. 友人に頼み悪い噂を流してもらって嫌われよう

友人に協力してもらう場合は、自分の悪い噂を流してもらうという方法もあります。

しかし、「何人もの異性と関係を持っている」や「恋人のことを悪く言っている」といった内容だと、ヤンデレはますます恋人に執着してしまうおそれがあります。

「異性関係の乱れが激しい」と噂を聞けば、「どんなに乱れていても自分は愛し続ける」と余計に一途になったり、また自分の悪口の噂を聞けば、悪く言われたところを気をつけようとするだけで、恋人に幻滅するようなことはなかったりします。

そのため、人づての噂で自分を嫌いになってもらうのは難しいかもしれませんが、ヤンデレの状態が浅い場合には、そこで目が覚める可能性もあります。

ヤンデレの意味が分からない行動20選

自分が付き合っている相手がヤンデレなのかどうか、最初の内は分からないことが多いと思います。

また、少々束縛や独占欲が強い程度では、それがヤンデレなのかの判断が付きづらいことでしょう。

ここからは、ヤンデレの人によく見られる20個の行動を以下に挙げていきます。

もしあなたの恋人がいくつも当てはまっていたら、ヤンデレの気質が強い人なのかもしれません。

1. とにかく尽くしまくる

ヤンデレとメンヘラは一見似ているようですが、明確な違いが存在します。

メンヘラもヤンデレのように精神的に病んでいることが多いですが、とにかく自己中心的で、相手を自分の意のままに動かそうとする傾向があります。

一方で、ヤンデレは相手への気持ちの強さは異常でも、自分の思うままに相手を動かそうとはしません。

反対に、自分が相手に対してとにかく尽くしまくります。

例え夜中であっても、呼び出しを受ければ喜んで相手の家へ向かいますし、デートの待ち合わせにすっぽかされても、何時間もそこで待ち続けるといった異常なまでの一途さを持ち合わせています。

自分の身を投げうってでも一生懸命に相手に尽くす姿は健気でもありますが、それがあまりに行き過ぎると不気味さや恐怖心を相手に感じさせます。

しかし、ヤンデレの気持ちがこちらにある以上は、自分が何をしても向こうがこちらを裏切ることなどありませんので、その点に関してのみ信用は出来ます。

2. 自分というものが無いのかというくらい相手色に染まる

ヤンデレは、とにかく相手に尽くすあまりに自分というものをなくす傾向があります。

普段はしっかりと自我を持っていますが、いったん盲目的に相手を愛すると、その相手の望むままの自分であろうと懸命に努力をします。

そうしてあっという間に相手の色に染まりますが、最初の内は良くても、それが当たり前になってくると相手からすれば少々つまらなく思えてしまうかもしれません。

恋愛は駆け引きを楽しむものでもありますので、少しくらい相手が思い通りにならない方が燃え上がります。

しかし、好みの服装から趣味や性格に至るまですっかり相手色に染まってしまうと、従順で安定した関係にはなれますが、恋愛特有の刺激は無くなってしまいます。

3. 相手の行動を全て知りたがる

ヤンデレは相手の行動の全てをとにかく知りたがります。

それは決して自分の思う通りに相手を支配したいから知りたいというわけではありません。

むしろ、どこまでも相手に尽くしたいからこそ、相手の全てを知りたいと思い、行動を把握したがるのです。

ヤンデレは相手に尽くすがゆえに、決して嫌われるような行動を取ろうとはしません。

そのため、執拗に相手を質問攻めにして相手が嫌がる素振りを見せれば、それ以降はしつこく追及はしません。