CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

キャパが狭い人の12個の特徴。頭のキャパが少ない原因とは?


キャパオーバーという言葉を聞いたことがありますか?

キャパとは「受け入れることができる許容容量」のことです。

なので、キャパオーバーとは許容容量を超えたということになります。

では、そのキャパが狭い人にはどのような特徴があるのでしょうか?

この記事では12個の特徴を見ていきたいと思います。

頭のキャパが少ないと思っている人は原因が分かるかもしれませんよ。

この記事の目次

キャパがないと狭く浅い人生になる

キャパがないということは、受け入れることができる容量がないということです。

そのため、せっかく信頼されて仕事を任されたとしても、受け入れることができず人生において損をする機会が多くなってしまうのです。

キャパが多く受け入れることができれば、周りからの信頼や期待も大きく、沢山のことを経験することができます。

そのため、自分自身を大きく成長させることができます。

キャパがあるとないとでは、人生において大きな差が生まれてしまいます。

キャパがない人の12個の特徴


キャパが少ない人の特徴を見ていきたいと思います。

今の自分と照らし合わせてみて下さい。

容量が悪かったり仕事が上手くいかなかったり、物事が思うように行かないのはキャパ不足が原因だったのかもしれません。

1. 経験値が低い

経験値が低いとキャパの容量は当然低くなります。

はじめてのことは誰でも次に何が起こるのか予想ができません。

予想ができないから本来の容量が分からず、多く見積もって受け入れてしまうのです。

例えば本当の容量が10の物でも、はじめて経験する時にはどんなものなのか分かりません。

次に起こることも予想できないので、10が100にも思えて受け入れてしまうのです。

自分の持っているキャパが100だとしたら、本来の10であれば他に90も受け入れる余裕があります。

ですが、100として受け入れてしまうと、全く余裕がなくなってしまい、他のことに手が付けられなくなってしまうという事態が起きます。

経験が無いから本当の容量の見定めができない、そのため自分にはキャパがないと勘違いしてしまう人もいるのです。

経験値が少ないというだけで、本来の容量の誤認識でキャパの容量不足を感じていただけなのです。

何事も経験を積み重ねることによって、余裕が生まれ次に起こりうることの予想ができます。

次の予想ができることで、対処方法も分かり失敗することも少なくなります。

キャパの容量が少ないと思っていた原因は、単に経験不足が原因だったのかもしれません。

キャパを増やすため、少ないと思わないためには、何事も経験を積み重ねて本来の容量を見定めることが重要です。

2. 自分に自信がない


自分に自信がないとキャパも少なくなってしまいます。

なぜだと思いますか?

自分に自信がないということは、ネガティブなマイナス思考になっているということですよね。

ネガティブになっていると、何かを頼まれても何かをやろうとしても、「どうせできないんだろうな…。できたとしても他の人より上手にはできないだろうな、どうせ私なんて…」と余計なことを考えてしまいます。

この余計な考えがキャパを占有してしまうのです。

本来のキャパが100だとしたら、頼まれたことが30、やろうとしたことも30、残り40余っています。

この余ったキャパで頼まれた事ややろうとしたことの対処法などを考えるのです。

しかし、余った40やそれ以上の50を「どうせ、私なんて…」というネガティブな思いで満たしてしまうのです。

本当ならば余った40で簡単にこなせてしまうことかもしれないのにです。

ネガティブで自信がない感情は失敗した時の自己防衛本能ですので、ダメというわけではありません。

ですが、過剰なネガティブ感情は自分のキャパを少なくしてしまいます。

感情をコントロールしてあなた本来のキャパでこなしてみませんか?

今までがウソのように物事が上手くはずです。

キャパを狭めている原因の一つは、自分に自信がなく過剰なマイナス感情にあったのかもしれませんね。

3. すぐに諦める

すぐに諦める人もキャパを少なくしてしまいます。

諦めるとなぜキャパを少なくしてしまうのでしょうか。

諦めたらその分キャパの容量が増えるのでは?そうお考えの人もいると思います。

実は人間のキャパはそこまで単純ではないのです。

諦めたからと言ってその事をきっぱり全てなかったことには…できませんよね。

諦めてもその事を引きずってしまった経験はありませんか?

諦めたからと言ってもその感情や思いはキャパとして残り続けるのです。

また、いつかリベンジしてやると思っていたり、諦めたと口では言っても心では諦めきれていなかったり…そんな経験ないですか?

諦めたと思っていてもあなたのキャパの容量の中に少しは必ず残っているのです。

ひどい場合は諦めたからこそ、その思いや感情が本来の容量を超えて倍以上に膨れ上がることだってあります。

例えば好きな人に対する感情が10だったとします。

色々あって諦めたと口では言ったとしますね。

単純にいけば諦めた10が無くなって0になります。

ですが、諦めきれずに自分で作り出した感情がどんどんプラスされて、10が20に最後には100を超えてキャパオーバーにすらなることさえあります。

この自分でプラスした感情は、自分勝手な妄想なので無限に広がっていってしまうのです。

この様に諦めたからと言って単純にマイナスされるわけではないのです。

諦めていたことは、実は諦めずに解決できる方法がきっとあるはずです。

諦め癖を治すことで不用意に溜まってくる諦めをなくせますので、キャパ不足を解消できるはずです。

4. 失敗を恐れる

失敗を恐れている人はキャパの容量は少ないです。

何故かと言いますと、失敗を恐れるということははじめてのことは最初からやろうとしないのです。

ということは新しく何かを経験する機会がないということです。

新しい経験をしなければ人間成長することはできません。

今ある知識でしか物事を考えることができなくなってしまいます。

例えば最近、デジタル化が進んでいますよね。

若い人のほとんどはスマートフォンを活用しています。

年齢の高い人からしたらスマートフォンは未知の世界と思われている人もいます。

そこで、何か起こっても嫌だかとスマートフォンに触れることもしなければ、あの便利な機能も経験することもできません。

この記事を読まれている人の多くはスマートフォンの便利さを知っていますよね。

その便利さを失敗したくないからと経験しないなんて…ありえない、そう思いませんか?

失敗を恐れてはじめてのことや経験したことないことに誘われた時、「私やったことないのでいいです」なんて経験もせずに断っていませんか?

仕事も遊びでも何でもそうですが、やったことないことやはじめてのこと、興味のないことでも失敗を恐れずに一度は経験してみることです。

一度でも経験したことある人と一度も経験していない人とでは月とすっぽん、雲泥の差がありますよ。

失敗しても何度も続けて成功することができれば、それはもう失敗ではなくて成功するための比較検証をしていた経験でしかなくなります。

失敗してそこで終わらせて諦めるから失敗のままとなってしまうのです。

本来失敗なんて世の中にはないのです。

失敗しても成功まで続けることができれば、それは失敗ではなく単なる成功するまでの道しるべ、経験なのです。

失敗を経験してひとまわりも二回りも成長していけるのです。

キャパの容量も広げることができるのです。

物事の考え方や相手の感情の読み取り方も違う見方ができるようになるはずです。

余分なことでストレスを抱え込むことも少なくなり人生が豊かになりますよ。

5. チャレンジ精神がない

チャレンジ精神がないということは、先の失敗を恐れると同じ様な事ですが、何事にもチャレンジする精神がないとキャパは少なくなってしまいます。

チャレンジしないと経験値が少ないということにもつながります。

経験値がないと、物事を考えるための引き出しが他の人よりも非常に少なくなってしまうのです。

今持っている知識や経験でしか物事を考えることができず、固定概念で物事をとらえがちになってしまうのです。

前と同じことをしていれば成功も失敗もなく今まで通りになります。

前例がないことをするチャレンジ精神がないと、キャパも増やすことは当然できません。

チャレンジ精神がないということは、自己保身で一杯でキャパの容量不足になっているのです。

いかにして自分を守ろうかとばかり考えているのです。

この感情でキャパが満たされていれば、当然他のことは受け入れることはできませんね。

チャレンジ精神を得て自己保身の感情を少なくすることで、キャパを増やすことができます。

6. すぐ怠ける

すぐに怠けて休憩などをしてきしまう人もキャパは少なくなってしまいます。

やりたくないことをしないで怠けてしまうことは誰でもあると思います。

不得意なことなどは正直やりたくないですね。

でもそんな時にやらないで怠けてしまうとその場はやらなくて良いので、一見すると良いように思えますが、何の解決にもなっていません。

怠けずに続けてやってしまえば、早めにやりたくないことを終えて自分のしたいことをすることができるのになぜ怠けてしまうのでしょうか?

それは今しか考えていないからなのです。

今を考えるのは良いことではありますが、今だけをいくら見繕っても何の解決にもならないことはあります。

何でもそうなのですが、終わらせるためにはどうしたら良いのかを考えることが最初に必要なのです。

終わらせ方が分かってしまえばいつでも終わらせることができますね。

そうなれば今を楽しむことができます。

すぐに怠けてしまう人は、まずは怠けてしまう前に終わらせるにはどうしたら良いか考えることです。

物事の終わらせ方を考える考え方を身に着けることで、キャパオーバーにならず自分を成長させることができます。

7. 考え方が浅い

考え方が浅いとキャパも少ない傾向になります。

考え方が浅いのは、単にあなたの考えを相手に伝える力、言葉での説明不足が原因な場合が多いです。

私だって色々考えてやっているのに考えが浅いって何!?って思うことの原因はこれなのです。

あなたの考えは全て相手に伝わっているわけではありません。

「なんであの人は分かってくれないの?私のこと全然わかっていない」ということは、実はあなたの伝え方の問題だったのかもしれません。

この伝える力に必要なキャパが不足しているから伝えることができない…考えが浅いということになってしまうのです。

考えが浅い人がキャパが低いのは伝える力のキャパオーバーだったのです。

相手の気持ちを理解して相手の立場になって考えることで、考えが浅いなんて思われなくなります。

考えが浅いと思われない為にも、思いやる気持ちを考えるキャパを持ちましょう。

8. いろいろなことをすぐ忘れる

色々なことをすぐに忘れてしまう人は、キャパオーバーになっていることが多いです。

日々生きていると目まぐるしく物事が起こります。

その中で忘れずに覚えておかなければいけないことも多くあります。

その覚えておかなければいけないことをすぐに忘れてしまう人は、キャパオーバーで覚えることができないのです。

なぜキャパオーバーになってしまうのでしょうか?

簡単に言ってしまうとキャパの使い方が下手なのかもしれません。

覚えなくても良いことまで覚えてしまうので、覚えなくてはいけないことを覚えられないのです。

CMのキャッチフレーズや音楽ばかりを覚えて肝心なことは覚えない人…。

ほとんどの人が使わない調味料の名前は沢山覚えているのに肝心なことは何も覚えていない人…。

なぜだと思いますか?

簡単なことなのですが、その人が興味あるのか無いのかだけなのです。

それだけでキャパに入れるのか入れないのか無意識に判断しているのです。

ということは、キャパに入れて覚える方法は簡単なのです!

好きなことにしてしまえば良いのです。

例えば英語の勉強が苦手な人は多いですよね。

日本語とは文法の並び方が違いますし、日本語にはないあいまいな発問があったりと…苦手な所がいっぱいですよね。

普通に英語を好きになりなさいでは好きになれません。

英語ができたら格好良いから勉強する?確かに格好良いですけどそれだけでは好きになれませんね。

英語を英語として考えているうちは苦手意識は無くなりません。

苦手意識を無くすためには英語として考えることをやめてしまうのです。

どういうことかというと、音楽は好きではないですか?

音楽の中で英語の音楽…沢山ありますよね。

その英語の音楽の歌詞…意味を知りたくありませんか?

その意味を知るための方法として英語を勉強するのです。

好きな音楽の為になってしまえば良い学校へ行くため、良い仕事に就くためなどあいまいな理由ではなく、好きなことのために英語を勉強することが楽しくできます。

一つの音楽が終わったら今度はこの音楽って尽きることもありません。

この音楽ってこんな意味だったんだと、新たな発見もあって英語を勉強するのがどんどん楽しくなってしまいます。

好きなことをメインにして勉強法をかえてあげることで、苦手なことがいつのまにか楽しく好きなことになってしまうのです。

好きなことになればキャパに素直に取り込んで覚えていられるのです。

すぐに忘れてしまう人は、考え方を少し変えて自分の好きなことに変えてみましょう。

9. 視野が狭く自分の価値観だけで物事を見る

視野が狭く自分の価値観で物事を考えてしまうということは、新しい知識を受け入れることを拒否していることになってしまいます。

新しい知識が入ってこなければ人間成長することができません。

成長できなければキャパを増やすことはできません。

他の人にとっても有意義なことをすすめられたとしても、自分の価値観だけで判断して受け入れることをしません。

逆に受け入れたら負けだとも思っているのです。

そんな考えでは人生を損してしまいます。

自分の価値観だけでは判断しないで、新しい考えややり方なども受け入れることで、視野も広がりストレスを受けることも少なくなります。

自分の価値観を他人に押しつけることもなくなり、自分の考えを否定されたと思うこともなくなります。

キャパも同時に広がり、できることややれることのふり幅も広がります。

人生が豊かにストレスフリーで有意義な人生を送ることができます。

10. 思い込みが激しい

思い込みが激しい人はキャパオーバーになりがちです。

自分で勝手に判断して自己解決してしまうのです。

誰も何も言っていないのに勝手に自分で思い込んで沈んでしまったり怒っていては、何も良いことはありません。

冷静になって勝手に思い込まないで分からないことは自己判断しないで、素直に聞いて物事の本質や伝えたいことを理解しましょう。

勝手な思い込みでキャパオーバーになってしまってはもったいないです。

思い込みをなくして、わからないことや不安なことは素直にまわりの人に納得するまで聞いてください。

それだけであなたの人生が素敵になります。

11. すぐにテンパる

すぐにテンパってしまう人…いますよね。

なぜテンパってしまうのでしょうか?

自分のキャパの許容量を超えてしまうからなのです。

キャパオーバーになって、許容量オーバーからの対処ができなくなってしまいテンパってしまうのです。

キャパオーバーになるのには理由があるはずです。

テンパるまでに余分なことまでキャパに受け入れてしまい、肝心なことが考えられなくなってしまうのです。

キャパに入れるのか入れないのか取捨選択ができていないからキャパオーバーが起こってしまうのです。

取捨選択するには経験を積むことが一番早い方法です。

何度もテンパる環境を経験することで、テンパるのはどんな状況なのか把握することができます。

テンパる状況が把握できたらその直前に何があったのか考えて下さい。

ここにテンパる原因のカギがあるはずです。

そこで余分な状況もで受け入れているからテンパってしまうのです。

全てをあなたが抱え込む必要はありません。

他人も信頼して必要なことだけを取捨選択して効率よくこなしていきましょう。

テンパる状況を経験する時には、実際の状況ではなくてもシミュレーションでもOKです。

取捨選択の方法を学んでテンパることのない環境をつくりましょう。

12. 周囲の人に合わせることができない

周囲の人に合わせることができない人は、相手のことを考えて思いやる感情がキャパオーバーをおこしているのです。

周囲に合わせることのできない人の多くは、一方的なコミュニケーションばかりを行っているのでしょう。

学校でも自分が何かを言っても反論されずに、「そうだね、いいと思うよ」なんて言われて育ってきた人に多いです。

相手が怒るかもしれない、相手はこんな風に思うかもしれないと考える感情がないのでしょう。

相手のことを理解して思いやる気持ちを考えることで解決できますよ。

まとめ

キャパといっても自分自身で本来の大きさを見誤っていたり、自分自身でキャパオーバーを引き起こしてしまうことがあったんです。

キャパがないと思われてしまう原因も自分自身にあったのです。

キャパを大きくするためには、新しいことに挑戦したくさんの経験を積んでいきましょう。

【キャパオーバーについては、こちらの記事もチェック!】

ページトップ