CoCoSiA(ココシア)

結婚したら豹変する女の特徴22個!...(続き5)

そのため、これまでは気遣いのできて優しかった女性でも性格が豹変してしまうのです。

結婚するために彼女に優しくしていませんか?結婚してからも彼女に優しくできますか?

あなた自身も、今一度よく考えてみましょう。

結婚したら豹変する女と付き合わないためにするべきこと

結婚したら豹変する女性とは、できればだれしもが結婚したくないでしょう。

そのリスクを減らすためには、まず結婚したら男性側も積極的に家事や育児にたずさわることが重要です。

さらに結婚しても豹変しない女性と結婚するために、これからお伝えすることを実践してください。

彼女の本音を聞き出せる関係を築く

あなたたちカップルは、お互いに本音を話し合うことができる関係でいますか?

相手の気持ちを読み取って、「今はこのように伝えておいたほうが相手も気分を害さないだろう」なんて自分の気持ちをおさえていないでしょうか。

そのようにして互いに気遣いするのは、とても素敵なことです。

しかし、長い目で結婚生活を考えていくと、途中でかならず「どうして相手の意見をもたなければいけないんだ」と感じることも出てきます。

それは彼女も同じです。

そうならないために、日頃から彼女の本音を聞き出せるようなほんとうの関係を築くように心がけましょう。

そのためには、あなた自身も彼女の意見がどんなものでも受け入れる姿勢およびその器量が必要となります。

彼女の理想の結婚生活を詳しく聞く

お互いの利用の結婚生活に相違があると、結婚してから互いに「こんなはずではなかった」と理想とのギャップを感じることになります。

それは、お互いに敵意を感じることになりかねません。

そのため、彼女には理想の結婚生活について詳しく聞き出しましょう。

この際に気をつけてほしいのは、あなたの理想の結婚生活については先に語らないということです。

相手が気遣いのできる女性もしくは、結婚がゴールとなっている女性の場合には、あなたの語る結婚生活に対して同調してきます。

相手の理想の結婚生活がどのようなものかを聞き出し、あなたの理想と同じかどうかを確認してください。

男性側もカッコイイ自分を演出しない

あなたは、彼女に気に入られたいと思うあまりにカッコイイ自分を演出していませんか。

本当は、ぐうたらマンガを読んでスマホをいじって眠るのが好きなのに、彼女の前ではカッコイイ服装をして好きでもない趣味について語っていませんか。

それは、お付き合いするだけの関係であれば、特に問題ありません。

しかし、今後も人生を共にすることになる結婚をするとなると、それはあなた自身を偽ることになります。

そしていざ結婚をした際に、相手からも「嘘をついていたのね」と性格を豹変されるのです。

相手に嘘をついてもらわないために、あなたも正直でいましょう。

男性側も出来る限り家事育児に関わる

結婚後は、男性側も出来る限り家事や育児に関わるようにしてください。

家事や育児が女性の仕事だという時代は、もう終わりました。

彼女が専業主婦になったとしても、絶対に丸投げはしないことです。

また、「家事を”手伝う”」という概念も取り払いましょう。

家庭は、2人で作り出すものです。

一人に任せていては、あなたの家庭とはいえないですよね。

どんなに小さなことでも違和感を感じたら別れる

彼女と一緒にいるときに、どこか「アレ?」と違和感を感じることはありませんか。

相手の社交辞令の言い方、お礼の仕方など一般常識から、言葉遣いや服装など…どんなことでも少しでも違和感を感じた場合、あなたと彼女が根本的に合っていない可能性が高いです。

具体的にどれが合っていないのかわからないものの、”なんとなく”でそれをあなたの潜在意識が知らせてくれていることになります。

違和感を感じてスグに別れるのもいいですが、少し様子見をして何度も違和感を感じるようであれば、別れましょう。

結婚をしたら、その違和感がお互いのストレスとなります。

彼女を見極めながらアナタ自身も磨き素敵な家庭を築こう!

今回は、結婚したら豹変する女性の特徴をお伝えしました。

また、結婚後に女性が豹変する理由やそのような女性と結婚しないために今からできることもご紹介しました。

彼女が豹変する性格的特徴を持っているかをチェックするだけではなく、あなた自身も結婚後に今と変わらない優しさや愛を彼女に与えることができるのかを考えていきましょう。

いまでも、結婚後は「男性はただ外で働いていればいい」と考えている方も少なくはないですね。

しかし、現代では女性も結婚後に仕事に勤めている社会です。

つまり、互いに家事や育児をおこなっていかないと結婚生活を円滑にすることはできないのです。

また、あなた自身も彼女から「結婚にふさわしいかどうか」をチェックされていることをお忘れずにいてくださいね。