CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

姑に嫌われる嫁の32個の特徴。うまくいかない原因はこれ!


姑とはなるべく仲良くしておきたいものですよね。しかし、なぜか姑に嫌われているという人は意外と多いものです。

赤の他人だからこそ、許せないことや受け入れられないこともあります。

家族として受け入れることができず、嫁に厳しくしてしまう姑は多くいます。

この記事では、姑に嫌われる嫁の32個の特徴についてご紹介します。

姑に嫌われて悩んでいるという人は、是非参考にしてみてくださいね♪

この記事の目次

姑に嫌われる理由が丸わかり!嫌われる嫁の32個の特徴

姑に嫌われる嫁には共通点があります。

「仲良くなりたいのに、なぜ受け入れてくれないのだろう。」と疑問を抱く前に、姑に対する自分の態度を振り返ってみましょう。

1.姑は他人。関係性を深めようとしない無愛想な嫁

姑を家族と認めず他人扱いし、その気持ちが態度に出ている嫁に対して、好意を持てる姑はいません。

姑を仲間外れにしたり、笑顔を見せないような不愛想な対応をしている嫁は確実に嫌われます。

赤の他人だからこそ、愛想よくふるまうことが大切です。

2.常に息子の悪口。旦那の不平不満を平気で言う嫁

素直であることは良いですが、姑にとって旦那は愛すべき息子。

旦那の不平不満を平気で言う嫁は許せなくて当たり前です。

姑が謙遜をして息子の悪口を言っても便乗してはいけません。

嫁からは旦那の褒め言葉が聞きたいと考えるものです。

3.TPOを弁えない。常に派手な格好をしている嫁

ファッションにこだわっているのは良いですが、TPOをわきまえず、常に派手な格好をしているような嫁はNGです。

奇抜な色の服であったり、露出が激しい格好の嫁は受け入れられないのが本音でしょう。

4.私の方が彼の事を知っている。姑にマウントを取ってくる嫁

旦那のことが大好きなのは分かりますが、実の母親と張り合う必要はありません。

「こんな一面もあるんですよ。」と言わんばかりのマウントに、姑の闘争心も芽生えてしまいます。

息子である彼と、旦那である彼は別物。

張り合う必要もありません。

5.孫に会わせてもらえない。そっけない態度を取る嫁

孫に会いたいと思う気持ちは誰しもが抱くもの。

しかし、子育てに几帳面になりすぎて、なかなか会わせない嫁は結構います。

孫に会わせてもらえないイライラは、嫁への嫌悪感を増幅させます。

6.姑に虐められている?被害妄想が激しい嫁

軽く注意をしただけなのに、虐められたと思いこむ被害妄想が激しい嫁もいます。

姑からしてみると、何気ない発言だったのにも関わらず、嫁は虐められていると思い込む。

コミュニケーションもうまく取れないようでは、仲良くなれるわけがありません。

7.常に家がぐちゃぐちゃ。掃除ができない嫁

生活空間というのは整えておくべき場所。

忙しいのは理解できますが、いつも家が汚く、掃除が苦手な嫁というのは、嫁失格と考える姑が多いです。

自分の息子もこの汚い部屋に住まわせているのかと考えるだけで、嫌悪感があふれてきてしまうものです。

8.栄養管理できてる?栄養が偏っている料理を出す嫁

母親として、息子の栄養管理は気になるところ。

野菜不足になっていたり、カロリーが高い料理が多い食卓だと、「健康管理ができない嫁」と認定されます。

料理は健康面を意識したものを作れるようになりましょう。

9.男性に色目使い。異性への接し方が馴れ馴れしい嫁

男好きなのは良いですが、姑の前でも旦那以外の男性に色目使いをするのは避けるべき。男性に色目使いをする姿は、尻軽女だと思われてしまいます。

嫁は旦那に一途であるべき。異性への馴れ馴れしい接し方は控えましょう。

10.趣味は飲み会。夜遊びばかりしている嫁

気晴らしに飲みに行くのは良いですが、頻度高く、毎週飲みに行くような嫁は嫌われます。

家庭を持ったのだから、家族を優先にするべき。

毎晩遅くまで飲み歩いて、遊び回っている嫁は失格だと考える姑は多いです。

11.会話が続かない。コミュ障な嫁

嫁とは楽しく会話をしたいもの。しかし、人見知りでコミュニケーション下手な嫁とは、なかなか会話が難しいものです。

積極的に会話をしてくれない嫁に対して、「嫌われているのだろうか。」という不安も抱き、好意が薄れてしまいます。

12.目を見て話せない。常にスマホを見ている嫁

常にスマホを手に持ち、会話をするときは目を合わせない。

そんな非常識な態度をする嫁に嫌悪感を抱く姑はたくさんいます。

スマホは必需品といえども、常に肌身離さず持つものではありません。

姑と話すときくらいは手放すようにしましょう。

13.軽く注意しただけなのに。すぐに泣く嫁

泣き虫すぎる嫁というのは、扱いが難しいもの。

軽い注意でも泣くため、何を話しかけたら良いかわからなくなってしまうものです。

結果、無駄な気を使うようになり、一緒いても疲れるだけと感じるようになります。

14.音信不通。連絡をよこさない嫁

連絡を全くよこさず、連絡をしても既読無視。

必要最低限のコミュニケーションも取れない嫁に対してイライラするという姑は意外と多くいます。

頻度は多くなくとも、ホウレンソウは姑と良好な関係を築くのに必要不可欠です。

15.上から目線?否定をする嫁

「でも…」が口癖で、姑の発言をすべて否定する嫁がいます。

姑に対する気持ちが無意識にででしまっているのかもしれませんが、否定しかしない嫁は好かれる要素がありません。

姑の意見をきちんと聞き、肯定してあげることが大切です。

16.過保護すぎ!子どもを甘やかしすぎる嫁

子どもが可愛いのは理解できますが、しつけもせず、甘やかしすぎるのは過保護すぎます。

子どものワガママは全て叶え、欲しいものは買い与えるなどをしていると、我慢が出来ない子どもへと育ちます。

きちんと子育てもできない嫁を嫌うのは当たり前の心理です。

17.身に着けるものはブランド品。金遣いが荒い嫁

ブランド品が好きなのは良いですが、姑としてはお金の出所が気になるところ。

息子の稼いだお金が嫁のブランド品に消えて行っているのではないかと思うと、気が気でないはずです。

姑の前で身に着けるものというのは配慮が必要です。

18.好き嫌いが多すぎ。偏食の嫁

食べ物の好き嫌いが多い嫁というのは、一緒に食事をしてもつまらないだけです。

食の好みが合わないというのは、人間関係にもヒビが入ります。

好き嫌いがあるのは仕方ないですが、少しでも嫌いなものを克服する努力はしましょう。

19.意識高すぎ。理想主義な嫁

理想を抱くのは良いことですが、意識が高すぎることに対しては窮屈だと感じるものです。

完璧を求めすぎる嫁に対して気が抜けず、一緒にいても疲れるだけと感じてしまうもの。

理想を追い求めるのは良いですが、周囲まで巻き込まないようにしましょう。

20.仕事が命。専業主婦を否定する嫁

共働きの時代が当たり前となり、仕事をすることが当たり前な世の中となりましたが、一昔前は専業主婦が当たり前の時代。

働くことにプライドを持つことは良いですが、専業主婦を否定するような発言は姑批判にも繋がるので、避けるべきです。

21.自分をよく見せるのに必死。SNS映えを求めている嫁

最近増えてきたSNS映えに必死になっている嫁。

充実している生活を見せつけたいのでしょうが、見栄っ張りな投稿に疑問を抱く姑は多いです。

自分を良く見せることに必死になるのは良いですが、見栄っ張りすぎるのは禁物です。

22.健康志向すぎ。食材にこだわりすぎる嫁

健康に気を使うのは良いことですが、健康志向が強すぎなのは避けたいところです。

オーガニックにこだわったり、有機野菜にこだわるのも良いですが、男の人が好むようなガッツリメニューを出してあげられるような嫁でなければいけません。

23.無駄な出費はNG!ケチすぎる嫁

節約は大事なことではありますが、お祝い事や家族でのイベントなどの出費にケチをつけるような嫁は嫌悪感を抱かれます。

浪費癖が過ぎるのもNGですが、お金を使うべきときは出し惜しみしないことも大切。

器の小ささが見え隠れするような態度は改めましょう。

24.事前相談は何もなし。勝手に物事を決めてしまう嫁

イベントスケジュールや贈答品の手配等、家族のイベント毎を相談なく決めてしまう嫁に対して、良い感情を抱く姑はいません。

本来であれば、一言相談があるべきこと。

勝手に決めてしまう嫁に対して腹を立てるのは至極当然です。

25.姑のいぬ間に悪口。陰口がひどい嫁

姑のことが好きになれないのは分かりますが、所かまわず陰口をたたくのはNG。

陰口というのは絶対に姑の耳に入ると思った方がよいです。

姑がいないからと、ここぞとばかりに悪口を言いたい放題という人が多いですが、実は姑には筒抜けです。

26.味方につけるためには手段を選ばない。嘘をつく嫁

嘘をついて自分の立場を有利にする嫁はいます。言葉巧みに、周囲を信じ込ませ、味方につけていく嫁を好きになれるわけがありません。

空気のように嘘をつく嫁とは仲良くなれないと考えるのが普通でしょう。

27.何歳ですか?ぶりっ子すぎる嫁

可愛いくいたいという気持ちは理解できたとしても、常にぶりっ子する痛い嫁はNGとする姑が多いです。

妻であり、母親であるのであれば、凛とした女性で合ってほしいと思うもの。

ぶりっ子な態度には嫌悪感を抱かれます。

28.女捨ててます?外見に気を使わない嫁

旦那の嫁には常に綺麗であってほしいもの。

しかし、結婚をした後は、身だしなみに気を使わず、おばさん化していく嫁は多くいます。

家事に育児に忙しいのは分かりますが、身だしなみにもきちんと配慮し、女を捨てないよう意識すべきです。

29.喜怒哀楽が激しすぎ。ヒステリックな嫁

感情表現が豊かなのは良いことですが、喜怒哀楽が激しすぎるヒステリックな嫁は嫌われます。

ましてや、旦那にヒステリックな態度を取るような嫁に対しては、嫌悪感しか感じられない姑が多いでしょう。

30.気に入らないとだんまり。不穏な空気を漂わせる嫁

自己中心的で、自分の思いどおりにならないと、すぐに態度に出してしまう嫁は、嫌われる嫁の代表格です。

我慢することができずに、すぐに不穏な空気を漂わせるのは、姑の前ではNG。

気に入らないことがあってもにこやかな対応が必要です。

31.ネットワークビジネス、宗教にはまってしまう嫁

ネットワークビジネスや宗教にはまっている女性を好む人はあまりいません。

信仰の自由があるとはいえ、どっぷりハマっていて、周りを巻き込むような立ち振る舞いをする嫁とは付き合いたくないと考える姑が多いのです。

32.常に物を物色。他人の物を貰おうとする図々しい嫁

善意で物をもらうのは良いですが、常に物を物色するような立ち振る舞いはNGです。

家に遊ぶにくるたびに「これ素敵ですねー!」と物欲しそうな顔をする図々しい嫁と仲良くしたくないと思うのは至極当然です。

姑とは良好な関係を築くことが大切!自分の行動を見直そう。

姑は、血は繋がっていないとはいえ「家族」です。

良好な関係を築くことが何よりも大切です。

そのためには、コミュニケーションをきちんととり、誠意のある対応をすることが必要不可欠。

姑に嫌われていると感じるのであれば、まずは自分の行動に誤った点はないかを見直すことが重要です。

ページトップ