CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

職場でありがちなハラスメント20選。あなたの会社は大丈夫?


世の中には様々なハラスメントがあります。いろんな場所で、いろんな立場の人たちが何かしらのハラスメントを受けています。

嫌な思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか?最も気をつけたいのは、自分がハラスメントをする側に回ってしまうこと!

今回は、気をつけたい○○ハラスメントを20個紹介しますので、自分が誰かにハラスメントをしていないか、または自分がされていないかチェックしてみてくださいね。

この記事の目次

職場にありがちなハラスメント20選

ここからは職場でありがちなハラスメントについてお伝えします。

どんなことがハラスメントになるのかチェックしてみてくださいね!

1.パワハラ~職場で最も多いハラスメント~

職場で役職や地位を利用して、売り上げ成績が悪かったり、仕事のミスなどをした部下や後輩に暴言を吐いたり圧力をかけるのが特徴。

人権を無視するような酷い発言に、自殺者も多数出ています。

解決策としては、人事に相談すること。

その際は、どんな嫌がらせを受けてるのかをこまめにメモしておきましょう。

2.セクハラ~男性から女性への性的嫌がらせ~

男性から女性へのパターンが多いです。

女性のお尻を触るなどの分りやすいセクハラもありますが、年々セクハラに該当する行為の項目が多くなっています。

例えば「彼氏いるの?」や「かわいいね」と言っただけでもセクハラになってしまうことも。

そんなことも?と思うかも知れませんが、異性に対しての恋愛や身体に関する発言は避けた方が賢明です。

3.逆セクハラ~女性から男性へ~

セクハラといえば、男性から女性へが普通です。

でも女性から男性にセクハラされて困っている報告も多いです。

「最近太った?」「男でしょ、しっかりしなさいよ」など身体的な発言や、男性だということを強く強調する発言も入ります。

また男性に「彼女いるの?」などの発言も当然NGです。

特に女性の上司に多く、パワハラ+逆セクハラのWパンチでくることも。

4.セカンドハラスメント~訴えた人への嫌がらせ~

ハラスメントを受けた人が、さらに別な人から嫌がらせを受けてしまうパターンです。

ハラスメントの相談をしたのに、その相手から「それは君が悪いんじゃないか」や「気のせいなんじゃないの?」と非協力的な態度を取られたり、攻撃的な態度を取られてしまうのが特徴。

ハラスメントを受けただけでも悲しいのに、助けを求めた先に冷たくされたら悲しいですよね。

5.モラルハラスメント~精神的な嫌がらせ~

暴力は目立ってありませんが、発言や行動で精神的圧力をかけてくるハラスメントです。

モラルとは道徳心を意味しており、モラハラは相手の心を徹底的になじってきます。

「おまえは生きてる価値が無い」「いったいどんな教育されてきたんだ」など、人間の芯の部分をけなしてくるのです。

パワハラと似ていますが、モラハラは夫婦間や親子間で行われている場合が多くあります。

6.ジェンダーハラスメント~男らしさや女らしさを強要する~

「男なんだから!」「女なんだから!」と性別を強要してくるハラスメントです。

「おんなのくせにこんなこともできないのか」と、自分が持ってる女性へのイメージを押しつけてきます。

特に仕事一筋に生きてきた中高年に多いです。

子育てで早く帰りたい男性に「男なら仕事を優先させろ」というのもジェンダーハラスメントに入ります。

7.スメルハラスメント~体臭や口臭で周りを困らせる~

頭皮や脇汗の臭い、口臭などの耐え難い臭いを周りに振りまいている人の行為をスメルハラスメントといいます。

また香水や、キツい柔軟剤の香りも該当します。

周りも注意したいのですが、注意した方がパワハラやモラハラに当たるのではないかと思い、なかなか注意できないのが現状です。

8.カスタマーハラスメント~お客様だから何を言ってもいいと思い込んでいる~

買った商品にクレームを言う時、怒鳴ったり何時間も苦情を言うハラスメントです。

売る側が、手出し出来ないのをいいことに言いたい放題。

最近はメーカーのお客様相談室に電話を繋げる前は、発言が録音されていると、テープで告げてからコールセンターに繋ぐ場合が多いです。

9.アルコールハラスメント~もっと飲めとすすめる~

職場の飲み会などでアルコールが苦手な人に、「もっと飲め」とすすめるハラスメントです。

このハラスメントは生死に関わるもので、たくさん飲ませると急性アルコール中毒になり、死亡するケースが過去に何件もあります。

職場の飲み会だけでなく、大学サークルの飲み会などでも起きています。

10.カラオケハラスメント~無理矢理歌わせる~

歌いたくない人に無理矢理、歌わせるハラスメントです。

カラオケは誰にとっても楽しいという訳ではありません。

実は「歌を聴くのは好きだけど、カラオケで歌うのは苦手」と思っている人が40%もいます。

もし周りに無理矢理、歌わせようとしてる人がいたら「それカラハラですよ」と注意してあげましょう。

11.マタニティハラスメント~妊婦さんへの嫌がらせ~

職場にいる妊婦に精神的嫌がらせをするハラスメントです。

具体的には、検診で通院する妊婦が早退遅刻などをする際に、「妊婦は楽でいいね」や「妊娠は病気じゃないから、しっかり仕事をしてほしい」などの発言をするのが特徴です。

12.リストラハラスメント~リストラ対象者に嫌がらせ~

退職勧奨(社員に対して辞めて欲しいと告げること)をして、断った社員に対し嫌がらせをする行為です。

例としては、無視をする・1人だけの部屋で仕事をさせる・大幅な減給をする・仕事を回さない・退職勧奨を何度も勧める等があります。

過去にこれらの行為をした会社側が、訴えられた実例があります。

13.時短ハラスメント~あとは自宅で無料残業~

会社で残業を禁止したにもかかわらず、以前と変わらない仕事量、もしくはそれ以上の仕事量のノルマを課せる行為です。

結果的に社員は、サービス残業を余儀なくされてしまいます。

会社で仕事する場合もありますが、定時を過ぎたら会社を出て家でする人もいます。

色んな会社が働き方改革により、残業を減らそうとしています。

でも実際は形式だけで、サービス残業している会社が多数です。

14.マリッジハラスメント~結婚まだ?~

独身の人に対して、「結婚しないの?」と発言する行為をいいます。

何処にでもありそうな会話の一部ですが、これもハラスメントの一つです。

発言している本人は善意のつもりですが、言われた方は人間性や女性らしさ、男性らしさを否定された気分になります。

最近は人によって結婚に対する価値観が違います。

結婚はしないと決めている人もいるので、容易に結婚の話題はしないようにしましょう。

15.子なしハラスメント~子どもまだ?~

結婚している男女に対して、「子供まだ?」「子供作らないの?」等の言葉を言うハラスメントです。

夫婦の形は様々で、中には子供は作らないと決めていたり、妊娠するために通院している人もいます。

特に妊娠したくても出来ない人に「子供作らないの?」の発言は、精神的ダメージが大きいです。

16.ケアハラスメント~親の介護で大変な人への嫌がらせ~

介護が必要な親がいて、介護のために早退や遅刻、休みを取らなければいけない社員に、嫌味などを言ったり、仕事の評価を下げるハラスメントをいいます。

または、介護休暇の取得を阻害するのも該当します。

介護休暇は労働者の権利なので、阻害するのは違法となります。

17.レイシャルハラスメント~外国人への差別など~

外国人への偏見や差別をするハラスメントです。

特定の民族に対して暴言や嫌がらせをする行為を指します。

例としては、国籍を理由に仕事の昇級をしなかったり、業務の区別をするなどがあります。

名前を聞いて、「変な名前」と侮辱する行為も含まれます。

18.コミュニケーションハラスメント~コミュニケーションの強要~

人と仲良くしたり、話したりするのが苦手な人に「仲良くしよう」とコミュニケーションを強要するハラスメントです。

自分が望むようなコミュニケーションが出来ないと、「つまんないヤツ」「付き合いづらい」「もっと人脈広げた方がいいよ」などの発言をして相手を困らせます。

誰もが人と仲良くしたいと思っていないので、様子を見て強要しないようにしましょう。

19.パーソナルハラスメント~容姿や癖、言い回しなどに言いがかりを付ける~

個人の癖や個性に対して、言いがかりやバカにしたりする行為を指します。

職場だけでなく、学校や家庭内でも行われるハラスメントです。

事例としては「図体でかいくせに、仕事出来ないんだな」「胸が大きい女はバカ」など、パワハラやセクハラも交えて発言してくるのが特徴です。

20.お菓子ハラスメント~特定の人にしかお菓子を配らない~

お土産のお菓子などを特定の人にだけ配らないハラスメントです。

仲間はずれにされ、精神的ダメージを受けます。

また、誰かが旅行や買い物に行くのを聞きつけ、そこで有名なお菓子を買ってきてこいと命令するのもお菓子ハラスメントです。

他にもダイエットしていると知りつつ、お菓子をすすめるのも該当します。

まとめ

いかがでしたか。世の中にはたくさんのハラスメントがありますよね。

特に職場でされているのが、パワハラ・セクハラ・モラハラなどです。

これらは自殺に追い込む事例がたくさんあり、社会問題の1つとなっています。

どのハラスメントも相談窓口がありますので、問題が大きくなる前に相談してみてくださいね。

ページトップ