人にはそれぞれ欲というものがあると思います。

むしろその欲のために生活しているといっても良いのではないでしょうか?一般的に考えられる欲望というのは、どういったことを考えられるでしょうか?食欲もそうですね。

何か美味しいものを食べたい、高価なものを食べたい、お腹がすいたからたくさんご飯を食べたい、この食欲は大きな人間の欲望といえるでしょう。

他にも物欲、何か欲しいものがあるとどうしようもない気持ちになるのは、物欲といわれる欲望です。

この欲望が強すぎると、犯罪に至ってしまうケースもあるくらいです。

そう考えると欲望というのは怖いですね。

性欲もそうですね。

人それぞれこういった欲望は少なからず抱えているはずです。

その欲望の大きさは個人差があり、あまり欲望がないという人も多いでしょうね。

欲望というのは、使い方を間違えさえしなければ、自分が頑張れる原動力にもなりますし、自分の力の大きな助けにもなってくれることでしょう。

しかし、使い方を間違えてしまうと、大きな犯罪を犯してしまったり、取り返しがつかない事態になってしまうことも考えられます。

このように、欲望を変な方向に使ってしまう人は、とにかく欲望が強い人が挙げられます。

自分がこうしたいという欲が普通の人に比べても、とにかく強いということがいえます。

欲望が強い人と一概にいっても、これもまた様々なタイプがいます。

欲望が強いがために、その欲望を叶える為様々な苦労を乗り越えて、大成功を収めている人、また欲望は強いが努力することを知らないので自分の欲望を簡単に叶えようとして、何かの犯罪に手を染めてしまう。

その人も人間性ともいうべきか、強い欲望を持つ事を許される人、また許されない人がいるというふうに感じます。

アニメでいえば、ドラえもんのジャイアンのような存在でしょうか?自分の欲望の為には、友達を殴ってでも手に入れる、「俺のものは俺のもの、おまえのものも俺のもの」というのはジャイアンの名言ですが、現実の政界のジャイアンのような人間がいれば、それはもう欲望の塊だともいえるでしょう。

今回は、そんな欲望が普通の人よりも異常に強いと思われている人の特徴などについてご紹介していきます。

もしかして、あなたも自分では気付いていないかもしれませんが、実は欲望の強い人間である可能性もありますよ。

欲望とは?

欲望とは、簡単にいえば「何かを欲しがる心」のことを指します。

あなたにも、何か欲しい者はありませんか?多くの人はお金が欲しいなんて考えますが、このお金が欲しいと考える心が欲望です。

そう考えると、誰にでも欲望はあることでしょう。

お金が欲しい、車が欲しい、仕事が欲しい、彼女が欲しい、愛が欲しいなどなど物から感情まで、自分の気持ちを満たしてくれる何かが欲しいと感じるのであれば、それは欲望のことを指します。

欲望がない人間などこの世にはいないと感じます。

よく、普通に接していて欲が弱く感じてしまう人がいるのも確かなのですが、そういった人あは胸の内に秘めている何かの欲望があることでしょう。

要するに人は価値観がそれぞれ違うので、何に価値を感じるかというはその人にしかわからないことです。

なので、「この人って本当に欲望が小さいな」なんて感じる事もありますが、そう思っている人とは価値観が違うというだけで、その人はもっと違う何かに欲望を持っている可能性があるということですね。

それぞれその時、その状況で欲しがるものは大きく違ってくるということです。

欲望の強さというのもそれぞれ違い、自分の欲望を抑えきれない人であったり、ある程度自分の欲望を我慢できる人と別れます。

例えば、あなたはもの凄くお腹が減っているとします。

そんな時、目の前に美味しそうなご飯が出てきたらどうしますか?我慢できるでしょうか。

ダイエットが良い例ですね。

欲望が強い人は、高い確率でダイエットに成功しない事でしょう。

食べたいという欲望が勝ってしまい、ダイエットに失敗してしまうのです。

しかし、欲望が強い方でも「お腹がすいたからご飯を食べたい」という欲望よりも「痩せてモテたい」という欲望の方が強ければ、その人のダイエットは成功するでしょうね。

やはり、そう考えるとその人がどこに部分に価値を持つのか、価値観によって変わってきます。

では、実際に欲望が強い人というのはどういった特徴があるのかを紹介していきます。

欲望が強い人の8個の特徴

「この人って本当に欲望が強い人だな」と感じる時ってどういった時に感じるでしょうか?欲望が強い人には、周囲から見ても感じる事ができる特徴が多くありますね。

欲望が強いというか、我が強いと言うか、どうしても自分よがりな人を想像してしまいますね。

欲望が強い人というのは、その欲に対して自分の感情を抑える事ができません。

なので、何か欲望を感じているとどうしても態度に現れますし、多少なりとも周囲には迷惑をかけてしまいます。

そのような態度なので、周囲からは嫌がられることもあるでしょうし、一線を引かれてしまう事もあるでしょう。

悪く言えが、自分の意見を通さなければいけないわがままな人という捉え方もできます。

では、具体的に欲望の強い人の特徴を見ていきましょう。

1.相手への不満が多い人

あなたの周りには、何かにつけて不満ばかり言っている人はいませんか?こういった人も欲望が強い人の特徴といえるでしょう。

とにかく周りに不満をつけたい、自分の思った通りに少しでもことが進まなければ、それが全て不満に変わってしまうということになります。

不満ばかり言っているということは、不満を言う事で自分の気に入らない気持ちを抑えたいという欲望が強いということが言えます。

こういった人は、間違いなく周囲からは煙たがられる存在になるでしょう。

しかも、こういうことを言う人に限って、自分では何もしていなかったり、自分のことは棚に上げたような発言ばかりします。

あなたはこんな風になってしませんか?不満というのは、人に言えば解消されるかもしれませんが、言われた方からすれば良い気分には間違いなくなりません。

なので不満を解消したいという欲望が強い人は、人間的にも成長しませんし、自分から人を遠ざけてく行為をしているのだと、自覚する必要性があるでしょう。

自分が一番という気持ちがある


このように不満ばかりを口にする人は、自分が一番であるという気持ちがあるので不満ばかりを言ってしまいます。

要するに、自分と相手とを比べ自分の方が優秀である、何かにつけて秀でているという勘違いをしてしまっているんですね。

もしそれが本当にことであっても、そこまで欲望が強くない人であれば、不満を口にすることはないでしょう。

こういった人は、人に認めて欲しいという欲望も強いので、他人の不満を他の人にいって「あなたの方が優秀だね」ということを言われた人間であるともいえます。

こう考えていると、本当に達が悪いですし、欲望の強い人の中でも特に関わりたくない人間だということが言えます。

不満というのは、言っても何も解決しないですし、言うだけ周囲には悪影響を与えてしまいます。

例えば、本当に仲の良い同士で会社の悪口なんかを言い合うのは、これはある意味ストレス解消にもなるので良いかもしれません。

しかし、ひとりよがりになって、ひたすら不満を口にしている人というのは、ただの嫌われる存在になってしまうでしょう。

会社の上司が不満ばかりを言っていたらどうでしょうか?また、その上司は仕事ができる人だったら?いくら仕事ができようとも、不満ばかり口にしている上司であればついて行きたいとは思わないですよね?

2.相手をすぐ羨ましがる人

欲望が強い人というのは、すぐに相手の何かに対して羨ましがってしまいます。

隣の芝生は青く見えるというように、他人のものって自分のものに比べると良く見えてしまうものです。

自分よりも高価なものをもっていたり、自分より優れている何かをもっている、自分よりも格好良い彼氏や可愛い彼女がいる、など他人に対して羨ましく思える事ってたくさんありますよね?しかし、羨ましく思ってもしょうがないということに気づきましょう。

そう考えるのであれば、自分で何か努力をして手に入れれば良いだけです。

また、あなた持っているものは、本当に相手に比べて劣るものですか?欲望が強い人は、どうしても自分のものより相手のものの方が良く見えてしまう傾向があるようですね。

何でも手に入れたいという気持ちが強いのでしょう。

悪い言い方をすれば強欲ともいえるでしょうか。

欲しいという気持ちが抑えきれないので、相手うすぐに羨ましがってしまうんです。

自分ができないことや持っていないものを欲しがる

とにかく欲望が強いために、相手が自分のできないことがあったり、持っていないものがあるとすぐに欲しがってしまいます。

確かに多少の羨ましいなという気持ちが湧いてくるかもしれませんが、普通の考えであればすぐにそんな気持ちがなくなるか、本当に欲しいと思えば自分でどうにかして手に入れるはずです。

しかし、欲望が強い人はあらぬ方向に考えが向いてしまうので、その羨ましい気持ちが嫉妬心へと変わる可能性もあります。

異常な欲望ともいえるでしょうね。

別に相手は何か悪いわけではありませんし、おかしなこともしていません。

しかし、自分にないものを持っている、自分が欲しいものをもっているというだけで、その人からすれば自分にはマイナスの人という印象を持ってしまうようです。

怖いですね。

例えばよくドラマなどで、隣同士に住んでいる近所の奥さん連中が、自分の旦那の年収などで嫉妬心に紛れる場面ってありませんか?それが原因で、嫌がらせをしたりぐちゃぐちゃな人間関係になっていくようなドラマってありますよね?あのようなことは全て、強い欲望から起こっていることです。

強い欲望がなければ、あのような修羅場は訪れないとも考えられるでしょう。

3.周りの目が気になる人

周りの目が気になる人というのは、欲望が強い人です。

自分のある程度自信を持っている表れでもありますし、自分に何かしらの注目を集めたいという人になります。

見られたいという気持ちが強いので、積極性がありますし、悪く言えばすぐに調子にのってしまうような人ではないでしょうか。

芸能人にはこのようなタイプが多いように感じます。

芸能人って基本的にテレビに出て仕事をしたいと考える人が多いです。

テレビだけではなく、舞台や映画でも芸能人は活躍します。

このような人の前に立つような仕事がしたいと考えるということは、とにかく自分を誰かに見られたいという欲望が強い人といえるでしょう。

もちろん、芸能人は売れるとかなりの給料を貰えるので、それを狙って芸能人になる人もいるでしょうが、大抵多くの人から注目を浴びたい、たくさんの人に見てもらいたいという欲望から芸能人になるという人が多いのではないでしょうか。

周りに自分を認めらてもらいたい

色々な人から注目を浴びたいということは、周りに自分という人間をとにかく認めてもらいたい欲望が強いのでしょう。

自分には自信があり、自分が大好きな人にはよく見られる特徴で、自分という人間を多くの人にどんどんアピールし知ってもらいたいという気持ちが強いです。

そして多くの人に認めてもらい、社会的地位や信頼を勝ち得たいと考えるのでしょう。

このように、周りに認めてもらうには多くの努力や、とにかく貪欲に色々なことに挑戦していく必要性があります。

なので、簡単には認められ事はないでしょうし、自分の欲望がどれだけ強いのによってもその結果は大きく変わってくることでしょう。

4.趣味が多い人

趣味が多い人も、欲望が強い人といえるでしょう。

とにかく色々なことに手を出したいと考え、休みとあれば様々なことに挑戦している人です。

趣味が多いということは、やりたいことがたくさんあるということで、色々なことをやりたいという欲望が強いといえます。

趣味が多いことはとても良いことですし、色々なことに興味があるという証拠ですね。

とにかく色々なことをやっているので、知識も豊富にありますし、自分でやれることが多いともいえるでしょう。

今時の人って、なかなか自分の趣味を持つことが難しいという話しも聞きます。

要するに自分の興味をもてる何かを探すのが難しいのでしょう。

そう考えると、おそらくなにかをやりたいと考える欲望が少ない人が多いのでしょね。

たしかに趣味がたくさんあるのは、自分の成長にも繋がりますし、色々な体験ができるので、人間的にも成長しやすいといえばそうでしょう。

しかし、その趣味にもよりますがお金が掛かる趣味が多い場合、その好きな事をやるがために、お金をかけすぎている人がいるのも事実です。

欲望が強いあまり、生活費にまで支障をきたすくらい趣味に没頭している人もいます。

そこまでのめり込むのは注意が必要ですね。

色んなものを自分のものにしたい気持ちが強い

趣味が多いということは、何でもやらないと気がすまないということで、いろんなものを自分のものにしたいという気持ちが強いともいえるでしょう。

何でもかんでも極めなければ気が済まないのでしょうね。

もちろん自分のためというのもありますが、やりたいという気持ちを抑えきれないということだと思います。

普通の人は趣味はがある人でも、そこまで多くの趣味を持てないはずです。

興味があることにしても、一つか二つくらいではないでしょうか?しかし、欲望が強い人は、一つや二つの趣味では、その欲望を抑えることができないんです。

色々とやりたい思えば、それを実行しなくては気がすみません。

ある意味、非常に行動的ともいえ、積極的とも捉えることができます。

もちろん、それを自分のプライベートの時間のみで行っていて、誰にも迷惑をかけない範囲でやっているのであれば、とても良いことでしょう。

しかし、そんな自分の欲望を解消する為に、何かしら周囲に迷惑をかけているのであれば、それはただの自分の強欲ともいえるでしょう。

5.執着心が強い人

欲望が大きくなりすぎると、それはやがて執着心というおぞましい考えになってしまいます。

何か欲しいものがあり、なかなか手に入らなかったり、手に入れるのに相当苦労するようなものであれば、あなたはどうしますか?普通の人であれば、どうにかして手に入れる努力をして手に入れるか、諦めるのどちらかの選択肢を選ぶはずです。

しかし、欲望が強い人に限っては、本当に欲しいと思う衝動が抑える事ができずに、執着心へとかわってしまうんです。

執着心というのは、良い方向に捉える事ができれば、諦めの悪いとか言い方もできますが、悪い方向に捉えればしつこかったりという感じにも捉える事ができます。

その時の状況にもよります、執着心が強いために、様々な困難にも立ち向かう事ができ、血のにじむような努力にも耐えてこれた。

こういった場合は、自分の執着心を褒めてあげるべきでしょう。

しかし、執着心があるからといって、誰でも辛い道を選ぶとは限りません。

執着心が強いがために。

楽に自分の欲しいものを手に入れようとする人もいます。

そのような考えは犯罪に直結します。

なので、努力や忍耐力が無い人が執着心を持つのは非常に危険なことかもしれません。

1つのものを手に入れたい気持ちが強い

執着心が強いということは、いわゆる1つのものを手に入れたいという気持ちが強いということになります。

こういった人のなかには、自分の手に入れたいものを手に入れる為には、手段をいとわないという人も多くいるでしょう。

とても危険な考えた方です。

よく執着心が強いというと、人の恋人を奪ってしまう人のことを想像してしまいます。

自分がとにかく好きな人ができて、その相手に恋人がいようがお構いなしに手に入れようとする。

要するに自分のことしか考えていないような人のことを指します。

何かに諦めきれずに、それを手に入れる為に、頭で考え結果から今の行動などを逆算できるような人なら良いでしょう。

しかし、自分の手に入れたいものを手にするためにその方法を短絡的に考える人に関しては、それは自分の危険な行動に繋がってしまう可能性も考えられます。

諦めない気持ちは悪いことではありません。

しかし、あまりにも執着心が強いと、大切な事を見失ってしまう可能性もありますし、本当に大事なことに気付けない可能性も考えられます。

6.我慢ができない人

自分のやりたいこと、したいこと、欲しいものに関して我慢ができない人は欲望が強いですね。

むしろ、欲望が強いからそうした気持ちになってしまうのでしょう。

我慢をできない人って本当に多いです。

よく子供で我慢ができない子は多いですが、基本的に子供って欲望が強いですからね。

自分がやりたい、欲しいといったら所構わず駄々をこねたりしますよね?よく、スーパーやおもちゃ屋さんで、両親に泣きついている子供を見ませんか?あれは、完全に自分の欲望を解消できないがために、両親に泣きついている光景です。

子供であれば許せます。

人格が形成されていくのはこれからですし、今は何が正しくて何が悪いのかの判断ができないですからね。

しかし、大人になると話は別です。

日常で我慢しなくてはいけない場面も出てくるでしょうし、基本的に我慢できるようにならなくては、人間関係などもうまくはいかないのではないでしょうか?しかし、本当に我慢のできない大人が増えているように感じます。

おそらく見た目は大人なんでしょうが、中身が子供のまま成長してしまっている大人が多いのでしょうね。

欲望を押さえ込む気持ちが弱い

我慢ができないとは一体どういうことなのか、それは自分の欲望を押さえ込む気持ちが人一倍弱いということがいえます。

人は誰しもが欲望をいうものを持っています。

これは確実で、欲望がないというような人はいないでしょう。

みんなその欲望をどう自分の中で処理していくのかが、生活していく上で大切なことになっています。

全ての生活を自分の欲望のままにいきていたらどうなるでしょうか?普通であれば、まともに生活することすらままならないはずです。

いわゆるモラルとでもいうのでしょうか、普通の考えた方の人はこういったモラルやルールをしっかりと自覚し、自分を自制して生活することができます。

しかし、こういった我慢ができない人というのは、自分の感情をコントロールすることも下手ですし、欲望に対してどうしても忠実に行動してしまうわけです。

自分の欲望を解消するには、それなりに周囲には迷惑をかけてしまうことがあるでしょう。

一般的な人であれば、周囲に迷惑をかけないようにするか、自分の欲望を優先するかと考えた時に、周囲に迷惑をかけないことを選択するはずです。

しかし、欲望が強い人は周囲に迷惑をかけてでも、自分の欲望を解消しようとします。

7.人を騙す人

欲望が強すぎると、その欲を手に入れるためになりふり構わず行動する人がいます。

中でも危険性が高いのは人騙す人でしょう。

人と騙す行為というのは、決して許される行為ではありません。

嘘をつくのと、人を騙すというのは別のことです。

テレビでどっきりなんかの番組をやっていますが、あのようなこととは次元が違ってきます。

人を蹴落としてまで人によく思われようとする

人を騙してまで自分の欲望を解消することに力を入れるわけですから、それは太刀が悪いとしかいいようがありません。

他人を利用して、自分を良く見せたりする人間性がそもそも悪人といえます。

また、お金に関しての欲望が強い人に関しては、詐欺行為を働いたり、時には殺人事件などを起こしたりもします。

このようなお金を奪うことや、人の命を奪ったりする犯罪行為の奥には人の欲望が渦巻いてします。

欲望が強く、その欲望を抑えきれずに楽に解消しようとする人がこういった犯罪を犯してしまうんですね。

人を騙して何かを奪い取れば、そのような行為は必ず自分にも降りかかってします。

因果応報というやつで、何か悪い事をすれば必ず自分も痛い目を見る事でしょう。

8.ケチな人

ケチな人もある意味欲望が強い人といえるでしょう。

ケチなことは悪いことではありません。

お金持ちになるには、ケチな人でなければなることができないでしょうし、自分の生活を守るためにケチになっている人も多いはずです。

自分の欲望を守るために、あえてケチになっているという考えた方もでいますね。

そういった考えでみると、確かに欲望の強い人なのかもしれません。

お金で欲望を満たせると思っている

ケチな人というのは、やはりお金に対する欲望が強いといえます。

ケチのレベルにも様々あり、卑怯なケチ、堂々としているケチなど周囲に迷惑を掛けるような人とそうでない人に分けることもできますね。

人には奢ってもらってばかりいるのに、自分は全くお金を出そうとしないやつっていますよね?本当に人間性が最悪のやつです。

このようなケチな人とは確実に関わらない方が身の為でしょう。

しかし、誰にも迷惑をかけないようなケチな人に関しては、しっかりと自分のお金を管理できているといって良いかもしれません。

欲望が強いことは悪いことばかりではない!欲望を強く持つことのメリット

欲望が強い人というのは、イメージ的にあまり良いイメージがないような気がしますが、そうではありません。

欲望がなくては行動もできないでしょうし、強い欲望を持ち強い気持ちで行動することによって、大きな成功を収めている人がいます。

そういったことを考えると、強い欲望を持つ事にはメリットもあると感じます。

実際には強い欲望を持つ事でどのような行動ができるのかという部分になります。

自分の強い欲望を叶えるために、努力ができたり辛いことにも耐えられるような人であれば、間違いなく欲望は大きければ大きい方が良いでしょう。

結果を出せる

強い欲望があることによって、何か自分で結果を出す事ができます。

例えば営業マンの話しで、今月は社内で一番の成約を取ってやるという欲望が強ければ、それに沿って行動もしますし、その欲望を叶えるために努力もすることでしょう。

そういった場合は、欲望は強ければ強い方が大きな結果を出せます。

欲望が行動をするための原動力となる

欲望はいってみれば行動する為の原動力となります。

こうしたいと強く思う事で、その人の行動となって表れます。

なので、強い欲望を持つ事によって今まででは発揮できなかった力を発揮できるようになる人も多いですね。

自分のやりたいことが明確になる

欲望はいわば、自分の欲求です。

なので、自分の欲望をはっきりさせることで自分のやりたいことが明確になることでしょう。

やることが明確になれば、行動に迷いも出ないでしょうし、何を目指して行けば良いのかもわかってくるはずです。

自分が真剣に取り組みたいものがわかる

やりたいことと同じで、何に真剣に取り組めば良いのかがわかります。

人間は真剣に取り組みたい事があって生活しているのと、そうではない場合では、その人の充実感が違ってくることでしょう。

どうせなら自分の人生本気で生きた方が良いのはいうまでもありません。

向上心が上がる

何か欲望がないと人は行動できません。

そして、何かやりたいこの欲望を叶えたいという気持ちが向上心に繋がります。

向上心を持って、毎日行動をしていかなければその欲望を叶える事ができません。

そうわかってしまえば人は向上心をもって行動するようになります。

欲望を満たしたいという気持ちで向上心があがる

欲望を満たしたいという気持ちは、何よりも向上心を上げるために大切な気持ちといえるでしょう。

こうしたいという気持ちは、こうなりたいという気持ちは欲望です。

そのような欲望を持つ事は自分を成長させるためには非常に必要なことといえます。

ポジティブになる

欲望があることによって、その欲望を叶えられた時に想像ができるようになるので、考え方も自然にポジティブになっていくでしょう。

何かやりたい、叶えたいものがある人間は確実に前向きな人間になっていきます。

欲望を掴むために常に前を向くようになる

欲望を掴むためには、下を向いている暇はありません。

少しでも時間を無駄にすることなく、自分の欲望に向かって行動して行かなくては、思い描いている結果には辿り着かない事でしょう。

そう考えると、前向きな考えになるのは普通のことです。

最後に

今回は人間の欲望について考えてきました。

また欲望が強い人にも様々な特徴があると思います。

その欲望の使い方、気持ちの使い方によっても様々な捉え方があるというのも気付いたのではないでしょうか?あなたはどのような欲望を持っていますか?

人間である限り欲望は尽きない

人間である限り、欲望がないという人はいないはずです。

その欲望をいかに我慢できるか、自分でその感情をコントロールできるかが重要になってきます。

その欲望を自分でしっかりと管理して、自分のためになるような気持ちの原動力にしなくてはいけません。

間違った感情の使い方をしてしまうと、取り返しのつかないことをしてしまって手遅れになることもありますから注意しましょう。