CoCoSiA(ココシア)

末っ子の性格や恋愛など25個の特徴


生まれた順番によって、それぞれに共通した特徴が見られます。

今回スポットを当てていくのは、末っ子です!

あなたがもし末っ子というのであれば、今までどんな育ち方、家庭ではどのように位置にいたでしょうか?

これは、末っ子の人にしかわからない感覚かもしれません。

そこで末っ子の性格や恋愛などの特徴を詳しく解説していきます。

末っ子なら共感できるポイントがたくさんあるのではないでしょうか。

️末っ子の26個の特徴!

末っ子には様々な特徴があります。

この特徴を掴むことができれば、少しコミュニケーションを取っただけで、「この人は末っ子かも」なんてわかってしまう場合もあるかもしれませんね。

末っ子って兄弟の中でも特殊な存在かもしれません。

また性別によっても変わり、男の末っ子と女の末っ子でもまたタイプは違ってきますね。

では、そんな末っ子にはどのような特徴があるのか見てみましょう。

末っ子の性格について

1.観察力がある

まず、末っ子の特徴として観察力が鋭い点が挙げられます。

というのも、末っ子というのは兄弟の中で一番下の存在です。

自分よりも上に兄や姉がいるので、小さい頃から兄や姉の行動などを見て、自分もそれを真似して動いてきました。

そのため、人を観察する能力に長けていて、生きていくうちに自然と観察力が上がるのです。

とくに兄弟が多い人は、誰かにやってもらうのを待っていてもしょうがないので、自分で見てやってみなくてはいけない状況が多かったと思います。

「これをしたらお母さんに怒られる」「これをしたら喜んでもらえる」など、兄や姉の行動を見ることによって覚えていくのです。

そのため、大人になってからも周りをよく観察していて、人の行動や表情をしっかりと見て感じ取ることが得意な人が多いのかもしれません。

2.甘え上手

末っ子は、非常に甘え上手です。

恋人ができても素直に甘えることができるのが、この末っ子です。

それは家族の中で一番小さくてかわいい存在だったため、生まれた時ずっと周囲に甘えられる環境で育ってたことが理由でしょう。

それに、親からすれば、まだ子育てに慣れていない頃は、子育てにでいっぱいになり、可愛がる余裕なんてなかったという人も多いのです。

しかし、末っ子が生まれるころには親も子育てに慣れてきて、心に余裕ができます。

そのため、思う存分可愛がれるというわけです。

さらに、末っ子が他の兄弟と歳が離れていればいるほど、兄弟からも思い切り可愛がられたことでしょう。

こう考えると、やはり末っ子は今までずっと甘えられる環境で生まれ育ってきたので、自然と甘え上手な人が多いということになりますね。

3.要領がいい

要領がいい末っ子

次男など兄弟の間に挟まれている子も、かなり要領が良いとされていますが、末っ子はもしかしてそれ以上かもしれません。

上に兄や姉がいる子は、その兄や姉を見て成長していきます。

自分が長男や長女だという方であればわかるのではないでしょうか?

何か一番初めに怒られたり、注意されたりするのは一番上の子ではなかったですか?

そういった状況を末っ子はしっかりと見ているんです。

それを見ながら、「それをやらなければ怒られないんだな」というのを理解しますから、周囲からはかなり要領が良いと思われるわけですね。

自分がどういった行動をすれば、その場はスムーズに事がまわるのか、自分がどのような言葉を発すれば周囲に迷惑をかけずにいられるか。

末っ子というのはそういった状況を自然と学べる環境にいるんです。

そのため、大人になっても要領よくなんでもこなせてしまうという人が多いのかもしれません。

【要領がいい人については、こちらの記事もチェック!】

4.世渡り上手

世渡り上手というのは、どのような状況の場所にいっても、周囲に溶け込むことができ、人間関係なんかも円滑にし、さらに周囲に人からも好感を持ってもらうことがうまい人のことをいいます。

末っ子は、家族といえど、色々な人との交流があります。

年上の人とのコミュニケーションは、自分自身を大きく成長させるためには必要なことです。

末っ子は普段家いる間は、全員が年上なので、自分の知らない経験や体験を、色々聞いたりすることができるんですね。