CoCoSiA(ココシア)

寺田御子の経歴や魅力を徹底解説!(続き3)

小学校から高校までは、引きこもり気味であまり学校へ行っていなかったようですが、短期大学生活は楽しめたのでしょうか?

名古屋文化短期大学は、昭和8年に設立された大和和服裁縫所を全身に持ちます。

平成16年からは男女共学になって、名前が今の名古屋文化短期大学となりました。

寺田御子さんがどんなキャンパスライフを送っていたのか、気になりますね。

あの容姿とスタイルですから、きっと、目立っていたでしょうね。

8. デビューのきっかけ

寺田御子さんが芸能界にデビューするきっかけとなったのは、お母さんの勧めで読者モデルに応募したことだったそうです。

その頃寺田さんは、高校2年生だったようで、引きこもりになってしまっていた寺田さんをお母さんがとても心配し、このままではいけないと思って進めたようです。

それがとてもよかったようで、どんどんと人前に出るリハビリになったようですね。

モデルの仕事の現場で褒められたことが、とてもうれしかったようで、そこから社会復帰できるようになっていったようです。

どんな場所でも、自分を認めてもらえる場所を見つけることって、とても大きな一歩になりますよね。

きっと、寺田御子さんにとって、本当に大切な経験になったことでしょう。

モデルに応募することを進めたお母さんは、本当にナイスでしたね!

そして、短期大学卒業後は、OLとして上京して働いていましたが、地元でタレント活動も続けていて、2014年には女性アイドルオーディション「ミスid」に自分で応募します。

そこで、「ヒャクタロウ賞」を受賞し、その後に今所属している事務所との契約を結ぶこととなったようです。

9. 所属事務所

寺田御子さんは、株式会社プラチナムプロダクションというところに所属しています。

東京都渋谷区渋谷に本社がある、芸能プロダクションですね。

この事務所に入って、それまでの「藤井さやか」から今の「寺田御子」という芸名に改名したようです。

プラチナムプロダクションですが、どんな芸能人たちが所属しているのかというと、最近ドラマやCMに引っ張りだこの菜々緒さん。

トリンドル玲奈さん、小倉優子さん、若槻千夏さん、木下優樹菜さん、KABA.ちゃんさん、中村アンさん、おのののかさん・・・などなどです。

10. 趣味

では、寺田御子さんがどんな趣味を持っているのかというと、読書が好きなようです。

事務所のプロフィールによると、年間に200冊以上を読むそうです。

つまり、月に少なくとも16冊は読んでいるということですね。

すごいですね~。

やはりインドア派なイメージが強いでしょうか。

読書好きの芸能人の方って結構多いですが、寺田さんも今度もし機会があったら、又吉さんのようにご自分で小説を書いて出版するということもあり得るかもしれません!?

さらに、裁判傍聴も趣味だということですが、裁判傍聴って皆さんしたことありますか??

裁判所に行くこと自体、あまりないことかもしれませんが、最高裁判所、高等裁判所、地方裁判所では、基本的に誰でも自由に傍聴することができます。

寺田さんが特に好んで傍聴しているのは、被告人が女性の裁判で、特に錯綜した男女関係の一部始終が小説のようだ、という感想を持ち、裁判傍聴にハマっているようです。

そこでは、女性が激高したり、泣いたりとかなり感情の起伏の激しい現場を目の当たりにするらしく、どこかドラマで見たことのあるような裁判を、実際に傍聴することもあるのだとか。

彼女の言葉を借りると、「まさに”事実は小説よりも奇なり”」で、そこにリアルな人間ドラマを見つけているようです。

そして、もう一つ趣味としてあげられていたのが、歯磨き。

歯磨きが趣味ってどうゆうこと!?って思ったのですが、寺田さんは一日になんと8回も歯磨きをするらしいです。

ふつうは3回とか多くて5回くらいですよね?

8回ともなると、気づいたら洗面所に行き、歯磨きをしていなくてはいけません。

歯磨きを趣味、と発言する人は、そのくらい歯磨きが生活の中で場を占めるんですね・・・。

清潔でいいですけど、ちょっとやりすぎて歯が痛まないのか、心配です。

まあ、歯磨きはやり方が大事で、回数はいくらやってもいいのか・・・(?)

11. 特技

特技ですけど、なんと彼女は本物の大和撫子のようです。

プロフィールで紹介されていた特技は、3つありました。

茶道、着付け、日本舞踊です。

まさにお嬢様のお稽古といった感じがズラッと並びましたね。

このような特技を持っている、ということは、きっと正義作法とか所作なんかにもとても気を遣えるということですね。