CoCoSiA(ココシア)

職場で可愛がられない人の15個の特徴。こんな態度は嫌われる?


職場にいると、「なんか自分だけ扱いが違う」「あの子だけみんなに可愛がられているような気がする」と思うことありませんか?それは気のせいではないかもしれません。

この記事では、職場で可愛がられない人の特徴を15個紹介します。

自分に当てはまっていないか、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事の目次

どうして自分は職場で愛されないの?可愛がられない人の15個の特徴

職場で可愛がられる人にはちゃんとした理由があります。

そして可愛がられないのにも理由があります。

中には私って見た目が悪いから?と思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。

以下の15個の特徴を読んで、自分と照らし合わせてみてください。

思い当たることがあるかもしれません。

1.妙に馴れ馴れしい フレンドリーさをはき違えている

誰もが職場では人間関係を気にします。

でも仲良くなろうと馴れ馴れしくするのはNGです。

同僚ならばOKですが、先輩や上司に気安く接すると、相手は年下にバカにされているのかな?と思ってしまう可能性があります。

そうなると、どんなに慕ってきても可愛くなくなります。

本人は「分け隔て無く、みんなと仲良く出来る自分てエライ!」と思っているかもしれませんが、職場なのである程度は慎みましょう。

2.注意しても「すみませんでした」と素直に謝れない

自分でミスをしたのに、注意された時に素直に謝れない人は可愛がられません。

注意されたときに色々と言い分はあるかもしれませんが、すみませんでしたと一度ミスを認めてから、理由を言うのがベターです。

謝罪の言葉が出てこない人は、心の中で「なんで自分が言われなきゃならないの」と思っているようですが、注意する人もそれなりのストレスを抱えて言っているので、素直に「すみませんでした」と言葉に出した方がお互いスッキリできます。

3.無愛想すぎる いつも機嫌が悪くて周りは腫れ物を触るように扱っている

誰に対しても無愛想になっていませんか?このタイプの人は2パターンあります。

1つ目は、自分はそんなつもりでなくても、いつの間にか仏頂面になっているけど、話しかけてみたら、明るく接してくれる人。

もう1つは、自分の機嫌がコントロール出来ず不機嫌になっている人です。

どちらの人も、少しだけ口角を上げて、可愛らしさや親しみやすさを出してみませんか?きっと周りから気軽に声を掛けられるようになりますよ。

4.1人で何でも抱え込もうとする 「手伝ってください」と言えない

大量の仕事を抱え込んでいませんか?真面目にコツコツやっても終わらない仕事を、「自分は仕事出来ない人間だから」と思っていませんか。

または、周りから「手伝おうか?」と聞かれて、「大丈夫です、一人で出来ます」と突っぱねてはいないでしょうか?これではまったく可愛くありませんよね。

会社の仕事はチームワークで成り立っているものなので、一人で抱え込まず「手伝ってください」と言いましょう。

手伝ってくれる人は必ずいます。

5.「ちょっと聞いてくださいよ~○○さんて…」 人の噂話や悪口を言っている

同僚や先輩と何か会話の糸口を探すのは必要ですが、誰かの悪口や噂話を持ってくるのはNGです。

いつも噂話をしている同僚がいたとしても、どこで誰が聞いているかわかりませんし、話している相手が噂の人と仲がいい場合もあります。

そうなるとあなたはいつの間にか「噂話が好きな人」というレッテルを貼られ、周りから距離を置かれてしまうでしょう。

噂話や悪口は話題としては面白いかもしれませんが、道徳心が強い人から見れば性格の悪い人にしか見えません。

悪口や噂話をする時は、職場に関係ない人とするのをおすすめします。

6.臨機応変に対応してくれない 「今、この仕事をしてるんで」

与えられた仕事をキッチリこなすのは当たり前ですが、時には横から急ぎの仕事も入ってくるものです。

そんな時、頑なに「今、この仕事しているので」と断ってしまうと、頼んできた相手は、「もう少し機転を利かせてくれてもいいのに」と思うでしょう。

それが何度か続くと、もう仕事を頼まなくなります。

ここで気をつけたいのが断り方。

素っ気なく出来ないと言うだけでは、相手は可愛げがないなと思ってしまうのです。

断るときは理由を説明しましょう。

申し訳なさそうな表情をちょっと付け加えるだけでも、相手に与える印象は違ってきます。

7.先輩が何度飲み会に誘っても断っている 3回に1回は付き合ってあげよう

先輩に「今夜空いてる?」と飲みに誘われても、毎回断っていませんか?飲みに誘う先輩には2種類の人間がいます。

1つは、仲間意識を高めようとする人です。

職場ではなかなか話せない本音や問題などを聞き出し、円滑に仕事を進めようとする良い先輩。

もう1つは、ただ飲みに行きたいだけの先輩です。

でもどちらの先輩も、あなたと親睦を深めようと思っているのは間違いありません。