ケルト人というと一般的にどのようなイメージを持っている人が多いのでしょうか。

多くはケルト人というと北欧のイメージがあるかもしれませんね。

最近では日本でもケルト音楽などがはやっている影響もあり、以前よりはケルト民族に親しみを持っている方もいるかもしれません。

ですが、実際にケルト人というとどこの民族であり、どのような歴史があって、どのような文化を持っているのかと聞かれると、ぼんやりしたイメージしか持っていないということもあるのではないでしょうか。

ケルト人というと、日本人にとってはあまりなじみのない文化であり、その具体的なイメージがないでしょう。

最近では音楽や歴史映画での扱いなどで触れること多い「ケルト人」についていくつかの知識をまとめてみました。

ケルト人とは

 ケルト人という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

最近では日本でもケルト人という言葉自体はあまり珍しくなくなってきているように思えます。

一方で詳しい知識を持っていない人が多いのがケルト民族です。

独特の文化を持っていることは何となく分かっていても、それがどのようなものであるのかは全く知らない人も珍しくありません。

そこで、ここではケルト人のプロフィールのようなものをまとめました。

ケルト人の歴史や文化について、まずは概要をおさえておくようにしましょう。

ケルト人の歴史


 国を持たないケルト人ですが、彼らはいったいどのような歴史を持っているのでしょうか。

歴史の中でケルト人たちはどのような文化を創り出してきたのでしょうか。

ケルト人の文化には分からないことも多くありますが、現在の定説をまとめました。

大陸のケルト

 大陸のケルトと言われるのは、中央アジアから移動してきた民族のことです。

驚いたことに、中央ヨーロッパ周辺にいたケルト人たちのルーツは中央アジアにあるのですね。

彼らは移動してそこでケルト民族としての文化を創り出すことになりました。

特徴的だったのは鉄製の武器を持っていたことでしょう。

また、牛や馬に引かせた車輪の乗り物に乗って移動する好戦的な民族であったことが分かっています。

大陸のケルトはガリア人と同様であると考えられることもありますが、それは違います。

ガリア人とは言葉も文化も異なりますし、ケルト人はガリア人の移動よりも前に中央ヨーロッパにいました。

ただし、ガリア人の移動と共に混血が進んでしまったのは確かでしょう。

島のケルト


 島のケルトというのは、大陸のケルトが移動したものです。

移動先は主にブリテン島であり、現在のケルト人の末裔は、スコットランドやアイルランドに多く残っています。

正確には島のケルトをルーツとして語られることはないのですが、やはり古い時代に移民をしてそこで文化を作ってきた島のケルトが、一つのケルト人のルーツであることには違いありません。

その後、島のケルトは混血が進んでしまいます。

ヴァイキングの移動もありましたし、ローマ人の支配が及んだ時代もあったからです。

さらに、その後にはアングロサクソン系の国家ができたため、イギリス全体でケルト人が多かったわけではありません。

ただし、島のケルトたちは、一部の地域では支配されることなく文化を創り出してきました。

それが現在のウェールズやスコットランド、アイルランドの地域です。

自ら記録を残さない文化があった

 ケルト人の歴史は文字になって残っているものはほとんどありません。

それは、ケルト人が自らの記録を残さない文化だったからです。

どうしても何かを記録しなければいけない時にはアルファベットやガリアの言葉などを利用しました。

ですが、大事な情報は基本的に口頭で伝えていくのがケルトの民族の文化だったのです。

親から子へ、個から孫へと伝わっていく文化は特殊ではありますが、世界には同じように文字を使わずに過ごしていた文化がありますから、それほど珍しいものではありません。

ただし、やはり、文字を使わずに残していたことが研究の妨げになってしまうことには違いないようです。

ですが、この口頭で残していくという文化こそが、ケルト人の民族としての自らの埃や、自らの文化への愛着を作り出している可能性があるとも考えられるのではないでしょうか。

伝説の存在「アーサー王」

 ケルトの民族の文化は言葉で伝えられてきたからこそ、その途中で失われてしまったものもたくさんあります。

ですが、未だにきちんと継承されているものもありますし、その中でも有名なものはアーサー王伝説ではないでしょうか。

日本でもアーサー王伝説については知っている人もいますし、ポップカルチャーとしてのアーサー王はとても有名ですよね。

映画にもなっていますし、舞台化されている作品もあります。

舞台化された作品の中には、ケルト音楽をベースにしたミュージカルもあります。

アーサー王伝説はイングランドの話ではありますが、その時代はブリテン島がローマの支配を受ける前であり、ケルト人が既にブリテン島に移ってきていた後だと考えられます。

アーサー王伝説の中にはアーサー王をヴァイキングだったとする説もありますが、それは違います。

ただし、アーサー王伝説は継承されている中で、かなりキリスト教の影響を濃く受けてしまいました。

今では、聖杯伝説などを組み合わせられてケルト的な色合いが薄くなってしまっている印象も受けます。

それでも、ケルト神話などと同じように受け継がれてきたアーサー王伝説がケルトの話の中では大切なものであったことには違いありません。

ケルト音楽の歴史

 現在、ケルト人を有名にしているものはケルト音楽なのではないでしょうか。

厳密に言うと、ケルト音楽という定義があるわけではありません。

ただ、アイルランドやスコットランドなどのケルト民族が多くいるところから発信された民族的な音楽を中心とする音楽が、ケルト系の音楽であるとして世界的に受け入れられているのです。

ケルト人の音楽としての有名な楽器があるわけではなく、また、特徴的な音階があるわけではありません。

ただ、音楽の旋律に特徴的なものが見受けられることはよくありますね。

ただし、ポップスのような音楽になってしまうと、他の音楽との違いが分からないということもあります。

ケルト音楽の歴史とは言っても、それほどガチガチに定義づけられているものであるわけではないのです。

ただ、どこか北欧、スコットランドなどの深い森を思わせるような素朴な音楽を聞いていると、ケルトの民族の歴史に想いを馳せたくなってしまう人は多いのではないでしょうか。

世界の様々なアーティストが影響を受けている

 ケルトの音楽には世界中のアーティストが影響を受けています。

ケルト音楽の代表的なミュージシャンとしては、ケルティック・ウーマンやエンヤがいますね。

彼女たちはとても有名なアーティストですし、ケルトの音楽を発信しているという自負もあるでしょう。

ケルティック・ウーマンの「ユー・レイズミー・アップ」は荒川静香が使ったことでも有名になり、それを機にケルト音楽が日本に入ってくることになりました。

この曲そのものがケルトの代表的な旋律をしているわけではありませんが、ケルティック・ウーマンの曲の中には、ケルトの民族的な特徴を思わせるような曲がたくさんあります。

ケルト語系の言葉で歌われたものもあり、彼女たちのツアーがケルトの音楽を伝えるのに一躍買っていることには違いありません。

これらのケルト的な音楽が影響を与えたのは、アメリカのミュージシャンにもそうですし、日本人にもそうです。

日本人のミュージシャンの中にもケルト音楽にインスパイアされて曲を作っている人がいます。

定義づけられた音楽ではないとはいえ、世界中に影響を与えられるというのはすごいですね。

ケルト人の現在

 ケルト人は現在はどうしているのでしょうか。

ケルト人の国として国ができているわけではないのが現状です。

実際にケルト人の歴史を考えても、ひとところにとどまっていたわけではなく、純潔のケルト人として残っているわけではないというのが本当のところのようですね。

ただし、ケルト人が途絶えてしまったという意味でもありません。

今でもケルト人の文化は残っていますし、それを継承する人もいます。

ケルト語系が消えかかっていると言われたこともありますが、それも現在では継承していこうという運動が強くなってきたようですね。

「ケルト人」としてのくくりは現在ではあまり使われることがありませんが、今でもケルト人たちが消えてしまったわけではありません。

だからこそ、遠い日本にもケルトの民族の文化が入ってくることがあるのでしょう。

北欧やスコットランドに末裔がいる

 ケルト人の末裔は、現在では北欧やスコットランドにいるようです。

スコットランドやウェールズでは現在でもケルト系の言語が残っていますし、アイルランドもケルト系を強く受け継いでいるようですね。

現在、ケルト音楽やケルト民族の文化が発信されているのは主にこの国々です。

また、これらの国々から移民がおおくいったカナダやアメリカの一部でもケルト系と言われる人々がいます。

ただし、これらの人々は混血が進んでしまい、純粋にケルト民族の誇りを継いでいるというわけではないのかもしれません。

ケルト人の9個の性格的な特徴

 どんな民族にでもプロトタイプというものが存在します。

例えば、日本人では「勤勉」「まじめ」「時間に厳しい」というポジティブなタイプのプロトタイプがある一方で「気が弱い」「自己主張が強い」というようなプロトタイプもあるでしょう。

これらは、個人個人で見ると全く当てはまらないこともありますが、日本人全体を見たときに何となく誰もが理解できるという特徴があります。

それでは、ケルト人のプロトタイプにはどのようなものがあるのでしょうか。

もちろん、これがケルト人の個人個人に当てはまるとは限りませんし、型に当てはめた性格が当たっていないということも良くあるでしょう。

ですが、世界での「ケルト人」がどのような受け止められ方をしているのかを知っておけば、何となくその民族について理解することができるのではないでしょうか。

1.喧嘩っ早い性格である

 ケルト人はけんかっ早い性格の人が多いといわれているようです。

好戦的な正確だということもできるでしょうか。

狩猟的な文化を持っていたこともありますし、車輪や鉄製の武器が特徴だったといわれるケルト人の歴史を考えると、何となく理解することもできるような気がしますね。

どちらかというと輪を尊ぶような日本の文化とは異なるものかもしれません。

けんかっ早いというのは、自分から売るというよりも売られた喧嘩を必ず買うというイメージがあるかもしれません。

短気な人が多い

 短気な人が多い印象があるのがケルト人ですね。

短気だからこそけんかっ早いという側面があるのでしょう。

あまり気が長いような印象がないので、日本人にしてみれば、少し気がせいているように思えるかもしれません。

しっかりと相手に自己主張することができるからこそ、短気だというイメージがついてしまっている可能性もあります。

ケルト人と話しているときにはきちんと自分も主張をしないと、短気な相手に急かされてしまう可能性もありますので、頭のスイッチを切り替えて話をする必要がありそうですね。

2.キレると怖い

 ケルト人は切れると怖いともいわれているようです。

元々、戦闘を行ってきた歴史を持っており、穏やかな人が多いわけでもありません。

好戦的な性格を持っている方も多いのではないでしょうか。

キレると怖いというのはそういうところから来ているのかもしれませんね。

相手との衝突を恐れて輪を大事にする日本人とは異なったところがあるのかもしれません。

キレると怖いというのは誰にとってもそうですが、きちんと怒るところでは怒る、というイメージを持っているのが正しい認識かも知れません。

3.うぬぼれが強く、威嚇的

 ケルト人の特徴のネガティブなものとしては、自惚れがとても強いということをあげられるでしょう。

自らの生きてきた民族としての歴史を誇りに思っているところからきているのかは分かりませんが、自分に対する自惚れがとても強いので、それを傷つけられると起こります。

自信を強く持っているからこそ、相手に対して威嚇的な態度を取ってしまうようなこともあるようですね。

プライドが高い

 とてもプライドが高いという一面を持っているのがケルト人です。

ケルト人のネガティブな特徴を語るときに、必ずと言っていいほどに言われるのがプライドの高さですね。

下記に詳しく述べますが、プライドの高さは民族的な埃の高さから来ているところもあります。

4.機知に富んだ陽気な性格

 機知にとんだ陽気な性格をしていると言うのも一つのケルト人の性格だと言えるでしょう。

あまりガチガチに硬い性格をしているわけではありません。

どちらかというと頭が柔らかいので、頑固という印象はありませんね。

陽気な性格が移民の歴史の中などでは幸いになる部分もありました。

豪快で陽気な性格は、日本人が持っているケルト人のイメージとは若干異なる部分があるかもしれませんね。

頭の回転が早い

 ケルト人は頭の回転が速い人も多いようです。

機知にとんだジョークを飛ばすこともできますし、そういったウィットにとんだ会話が彼らの陽気さを作り出しているとも言えます。

5.非常に明るく自由な性格

 ケルト人に繊細で内向きなイメージを持っている方も少なくありません。

それは音楽や森のイメージから受ける印象ですが、実際には非常に明るい自由な性格を持っているのがケルト人なのです。

そういった明るいところが、アメリカに移民してきたときに受けた迫害などを乗り越える原動力になったとも言われています。

神秘的な森などと一緒に語られることもあるケルト人ですが、決して内向きで暗い民族なわけではありません。

持ち前の陽気さを発して周囲の空気を換えることも少なくないでしょう。

表向きには好印象を受ける

 ケルト人の非常に明るい自由な性格は、表向きには好印象を受ける人も多いのではないでしょうか。

明るい性格を嫌だと思う人もなかなかいませんし、楽しそうにしている様子を見て悪い印象を持つ人はいません。

また、自由な性格は、その人の飾らない部分を見ているかのようで気持ちが良いと思っている人も多いでしょう。

ですが、ケルト人はその一方でとても短期であったり、誇り高くて威嚇的であるような側面も持っています。

明るく自由に見えているのがすべてではないと思って付き合った方が良いのではないでしょうか。

6.民族的習慣を大切にしている

 ケルト人は民族的な習慣を大切にしている傾向があります。

もうあまり文化を噤人が残っていないという現状がさらにそういった文化を創り出しているのかもしれません。

また、ケルト人たちが生き残ってきた歴史の中で、しっかりと自分たちの文化を継承していこうという意識が生まれたのかもしれません。

長い歴史の中で、消えていこうと思えば消えてしまったかもしれない文化を守りついできたという自負も持っていますから、自分たちのモン族的な習慣はしっかりと大切なものだと考えているでしょう。

自分たちの民族的習慣を頑ななほどに守っている人もいますし、普段はあまり意識していない人でも、きちんと民族的な文化を大切奈誇りだと思っている人が多いのが印象的ですね。

習慣等を語り継ぐ文化

 民族的な習慣を大切にしているのは、もちろん、それらの背景にある歴史が関係しています。

ですが、ケルト人の場合にはそれだけではありません。

自分たちの文化を文字に残すような習慣がなかったからこそ、自分たちの習慣の中に取り入れて残していくことが何より大切なのです。

ケルト人たちには習慣等は語り継ぐ文化でした。

文字のない文化の中で口頭で継承してきたという歴史は、自然と民族的習慣を大切にするというケルト人たちの特徴を作り出してきたと言えるかもしれませんね。

7.大胆で誇り高い

 ケルト人は抱いた出誇り高いという特徴も持っています。

どちらかというとミステリアスで繊細であるというような印象を持たれることもある民族ではありますが、実際にはとても大体んで豪快な一面もあります。

また、とても誇り高く生きているため、その誇りを傷つけられたときには、しっかりとその誇りを取り戻すために行動することができるなどの大胆不敵なところがあります。

男らしい男性が多い

 上述に挙げたのは男性中心的なところがありますが、実際に、とても男らしい言動をする男性が多いようです。

「男性と言えばこんな感じだろう」と思われるような豪快で大胆、腐的なところを見せるような荒くれ者の男性のイメージですね。

ケルト人の男性の平均身長は世界的に見てはあまり大きな方ではありませんが、男らしさにかけては、他に負けるところがない程なのではないでしょうか。

8.マイペースでいい加減なところもある

 マイペースでいい加減なところがあるのがケルト人です。

元々、繊細な手工業などを行ってきた民族ではないので、繊細というよりはいい加減なところもあるのです。

また、とてもマイペースに生きているような側面があります。

あまり人に合わせるというようなことはせず、自分は自分であるというような生き方をしている傾向にありますね。

ルーズな部分がある

 ルーズな部分があるのがケルト人です。

時間や物事への取り組み方など、それこそプロトタイプの日本人から見ると許せないと思ってしまうところもあるのではないでしょうか。

自分は自分だという生き方をしているところもありますし、そういった意味では人にも寛容なところがあると言えるかもしれません。

ただし、ケルト人だけではなく、日本人と比べて欧米人はルーズなところがあるような印象もありますから、ケルト人特有のルーズさというわけではないのかもしれません。

9.女性も気が強い人が多い

 女性が強気だと言うのもケルト人の特性かもしれませんね。

確かに、ケルトの文化の中では女性はそれほど高い地位を持っていませんでした。

現在でも男尊女卑の文化が残っていることもありますし、女性は大人しい方が良いと思われる傾向もあります。

ですが、それに対して、実際にケルト人の女性を見てみると、とても気が強い人が多いと言われています。

そのキャラクターがとても濃いことも多いようです。

それは、日本人の女性が「大和なでしこ」だと言われているのと反対に、現在では大和なでしこのような人はいなくなってしまったと言われているのと同じです。

ケルトの文化の中では大人しい控えめな女性が好かれていても、実際には女性もとても気が強いのです。

男女共に強気な国柄

 女性でも男性でも、どちらも強気なのがケルト人です。

それは、昔の歴史も関係しているのかもしれません。

ケルト人は、決して穏やかな習性の民族であったとは言えません。

武器を持っていることを特徴にしている文化の民族でしたから、当然、男性の中には荒くれ物のような人も多かったでしょう。

そんな文化の中では、しっかりと女性も主張をしなければいけません。

荒くれ者の男性を家庭の中でコントロールしなければいけないからです。

自然と女性も気が強く、男性に負けないようなキャラクターを持つようになっていったのではないでしょうか。

ケルト人の恋愛面の特徴

 ケルト人の恋愛面での特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

ケルト人だからといってその恋愛をする訳ではありませんが、風潮として存在する恋愛の方法があります。

日本人とは全く異なる文化を持つケルトでは、どのような恋愛が奨励されており、どのような恋愛をする人が多いのでしょうか。

女性を一途に守る

 ケルト人の恋愛としては、女性を一途に守るという特徴を持っている人が多いようです。

女性からしてみると、最高の恋愛の相手かもしれませんね。

もちろん人によるということを忘れてはいけませんが、しっかりと女性を守ることが良いことだという認識を持っている人が多いので、安心してんれい愛をすることができるのではないかと思われます。

特に理由がある訳ではありませんが、昔から戦いに身を投じてきた文化が男性の中で息づいているのかもしれません。

愛する女性を守るのが自分であるという意識が、どこかで消えずに残っているのではないでしょうか。

男尊女卑の考えを持っている人もいる

 女性を大切にしなければ行けない、守らなければ行けないという気持ちがある一方で、段村女性の考えを持っている人も少なからずいるようです。

これももちろん、全ての人の当てはまる文化ではありません。

ですが、現在の日本でもなお、「女性は男性よりも下だ」という意識が消えきらないのと同じように、ケルトの文化の中でも男尊女卑の文化が消えきっていないのかもしれませんね。

女性を一途に守らなければ行けないというのも、女性を下に見ている文化が合ったからこその習慣であるとも考えられます。

今の若い世代でもそうした考え方が染み付いているのかは分かりませんが、完全にリベラルだという訳ではありませんので、そうした人を選ばないように気をつけることは必要かもしれませんね。

保守的で規律をしっかり持っている

 ケルト人はどちらかというと保守的な文化のようです。

しっかりと規律を守り、今までの伝統を崩さないというような考え方をすることが多いようです。

そのため、自分たちの文化の間では良いかもしれませんが、例えば日本人と恋愛をするというような面では、その文化の衝突が見られるようになるかもしれません。

保守的であるというのは、変わったものを簡単に受け入れることができないという意味でもあるからです。

ただし、一緒にいると安心するくらいにしっかりと規律を守ってくれるというのは良いかもしれませんね。

無茶なことをしないという点では、安心して恋愛を進めることができる相手が多いのかもしれません。

恋人に優しい

 恋人に優しいという文化を持っているのは、ケルト人の魅力的なところかもしれませんね。

日本に根付いていたことがあるような亭主関白というよりは、恋人に対してキチンと愛情表現をして優しくするのがケルト民族の基本的な文化であるようです。

釣った魚にえさをやらない文化もある中で、恋人だからといってないがしろにするようなことはせず、きちんと優しくしてもらえるというのは、女性にとってはとても嬉しいことかもしれません。

逆に、日本人がケルト人と恋愛をする場合には、優しくしてもらえないという文句を言われる可能性もありますので、分かりやすく優しさの表現をしてあげることが必要になるかもしれません。

まとめ

 いかがでしたか?
 近いようで遠い、身近なようで知らないケルト文化についていくつかの事例をご紹介しました。

ケルト人についての理解は深まりましたでしょうか。

 民族を理解するというのはとても難しい作業です。

なぜなら、民族というのはとても広い概念であり、個人レベルでの理解とは全く異なるからです。

日本人とひとくくりにしても、日本人の一人一人を理解することができないと同様に、ケルト人も全体を見ているだけでは個人的なことは分かりません。

自らの持っているプロトタイプが全く当てはまらないということも珍しくはないでしょう。

ケルト人についてのこの記事を見てケルト人に興味を持った方は、もっとどんどんと自分で調べてみてください。

また、ケルト民族のある所に自分で足を運んでみると良いでしょう。

また、最近では日本でもケルト音楽などがはやっていますから、それらの音楽に実際に触れてみると良いですね。

百聞は一見にしかずといいます。

ケルト人に対しての基本的な知識を手に入れた後には、自らの興味に従って、ケルト人に対する実際の知識を深めてみてください。