CoCoSiA(ココシア)

奢る人と奢らない人の、22個の心理的な差


2人以上で食事をしたら、外食の場合は食事代はどうするのかどうかというのは結構重要なことですよね。

奢ったり奢られたりというのもありますし、割り勘にする方法もあります。

今回はそんな時、奢る人と奢らない人の心理的な差についてご紹介していきます。

あなたは奢る派?奢られる派?

奢る派の人

さて、皆さんは奢る派ですか?どちらかと言うと奢られる派ですか?

サラリーマンになってもそのような関係性はあります。

後輩には格好をつけて奢りたいと思う方も多いでしょう。

でも最近は、不景気で給与も上がらず、奥さんからお小遣いの額を決められている人も多く、なかなかそのように豪快に奢ることも難しくなってきたかもしれません。

サークル等の先輩後輩関係や、会社の上司や部下の関係など絶対にひっくり返ることのない関係上であれば、そこまで奢るか奢られるかについては悩まないかもしれません。

ですが、恋人関係であったり、友達のような関係になると、迷いますよね。

特に恋人関係であるとそれは顕著になります。

では、その割合や、形成される人間関係等についていろいろと見ていきましょう。

奢る・奢られる・割り勘の割合

では、気になる奢るか奢られるかの割合についてですが、割り勘にするか否かというようなアンケートの情報があります。

男性の場合は、割り勘にするは約44%、割り勘にしないは大体56%です。

また、女性の場合は、割り勘にするは約57%、割り勘にしないは約43%になります。

このようにすると、どちらかと言うと割り勘にするのは女性の方が多いようです。

そして、興味深いことに1人が支払う1回のデートの費用についてのデータもありますが、男性の平均が約8,400円、女性の平均が約3,000円となっています。

このようなことから平均値を見ると男性の方が多く支払っています。

これらのデータには、アンケートの回答も付いており、男性は「できるだけ割り勘にしてほしい」というような声もあるようです。

やはりそれは、趣味にお金が使えなくなって大変になったと言うような声もあり、できれば割り勘がうれしいという希望も聞かれたようです。

一方で女性は、7割の女性が男性におごってもらうことを希望している人が多いです。

もし奢ってもらえないと、自分が特別な女ではないと思われる人もおり、恋愛のバロメーターにしている人もいるようです。

奢り奢られで形成される人間関係

奢ったほうが何でも言うことを聞かせられるという事ではありません。

ですが、少々人間関係に影響が出てくるのもまた事実です。

もし、それはデートするような関係であれば、お付き合いしてない頃に割り勘にするか、奢るかどうかで立場が変わると言われています。

男性ははじめてのデートでついつい頑張りすぎてしまうところがあります。

初回のデートでは奢る人が多いかもしれませんが、そうなると今後も男性が奢って当たり前な雰囲気になり、今後のデートでも経済的に負担がかかってくる可能性があります。

やはり、どんなに謙虚な人間であっても、毎回奢られることでそれが当然だと思えてくるのです。

ですので、年齢がそこまで離れていない人や、学生さん同士、社会人同士と立場が同じようなことであれば、無理のない程度にすることが大切です。

奢る人の11個の心理

とは言っても、奢る人と奢らない人というのは顕著に分かれてきますよね。

では奢る人にはどのような心理があるのでしょうか?

その心理は大体11個あります。

では、この11個の心理について一つ一つ見に見ていきましょう。

【恋愛心理について知りたい人は、こちらの記事もチェック!】

1. 年上は奢るべきという伝統が染みついている

年上が奢るべきだと言うような伝統がしっかりと染み付いている人は年下の人に奢って当たり前と思っているかもしれません。

体育会系のサークルなどでは、大学に入ると後輩はまず先輩に奢られます。

でも、だんだんと自分が年上になり、自分が先輩になると奢るべき立場になるのです。

特に体育会系になるとそのような傾向が顕著です。

また会社に入っても年上が奢るべきと言うような意識が根付いていることがあります。

そのような環境にいると年上が奢って当然となり、奢ることが当たり前になってしまう人も多いのかもしれません。

2. 相手を大切な人だと思っている

奢ると言うと、お金をかけることです。