恋愛心理学についてご存知ですか?恋愛心理学とは、心理学を恋愛に応用することで、異性の心を掴もうというものです。

実際に心理実験を利用して知られた人の心の働きを恋愛に利用しているので、その効果に期待する人も多くいるでしょう。

実際に心理学分野で実証された方法を応用することで異性の心をつかむことができるのならぜひ使ってみたいという方も多いのではないでしょうか。

恋愛心理学と言う学問分野が発達しているわけではないので、中には実践が難しいものもありますが、できそうなものがあったら挑戦してみたいですね。

ここでは恋愛心理学のテクニックをいくつかご紹介します。

恋愛心理学を使った17のテクで恋愛をマスター

 恋愛心理学だなんて胡散臭そう……、と思っている方も少なくないでしょう。

確かに、恋愛心理学と言うのは実際の学問分野ではありません。

また、心理学は実際には人の心を読むような学問ではないので、相手の心を読んでそこに訴えかけるというようなことはできません。

ですが、心理学の分野で実証されているいくつかの法則は、恋愛にも使うことができるのではないかと思われています。

これらを集めたのが恋愛心理学なのです。

心理学の分野で実証された方法が恋愛に役立つかどうか、というのは学問的に実証されているわけではありません。

ですが、これらを使って異性の心をつかむことができるのなら、ぜひ使ってみたいという人も多いでしょう。

心理学を使った恋愛心理学には17ものテクニックがあります。

そのうちいくつかは実践が難しいかもしれません。

ですが、できそうなことがあれば、ぜひ実践してみたいところですよね。

恋愛心理学の法則

 恋愛心理学の法則は一つではありません。

いくつかの法則がありますので、それらについて見てみることにしましょう。

繰り返しますが、恋愛心理学という学問はなく、これらで扱っているのは心理学と言う学問分野で確立された方法を恋愛に役立てるというものです。

そのため、恋愛の面で本当にテクニックの効果があるかどうかは分かりません。

そのため、やってみても効果がなかったからと言って自暴自棄にはならないでくださいね。

恋愛には様々なテクニックがありますが、そのうちの一つだと考える良いでしょう。

中には実行が難しそうなものもありますが、そういったものは無理に実行するようなことはせずに、自分にできそうなものを無理なく行ってみることにしてくださいね。

1.吊り橋効果でドキドキを演出

 吊り橋効果と言うのはとても有名な効果だと言えるのではないでしょうか。

吊り橋効果とは、ドキドキするようなシチュエーションを一緒に体験すると、そのドキドキを恋愛的なドキドキだと勘違いして恋に落ちてしまうというものです。

心理学者たちはそれを吊り橋で行いました。

吊り橋を渡ろうとしている男性に美女が近づき、一緒に渡りましょうと声を掛けるのです。

そして、渡り切った後に連絡先を渡し、連絡が来るかどうかを待つという実験によって吊り橋効果というものがあるということを実証しました。

つまり、ドキドキするような状況に身を置けば、恋に落ちる可能性が高くなるというものです。

ここから考えられるのは、恋に落ちるためには、その異性と一緒に怖いシチュエーションの中にいれば良いということです。

例えば、お化け屋敷などはどうでしょうか。

気になる人と一緒に遊園地などに行ったときには、お化け屋敷に二人で挑戦してみるのです。

そうすると、その状況に対するドキドキ感が恋心を生むことになるのです。

ジェットコースターやホラー映画でも構いません。

心臓がドキドキするような状況を味わうと良いのです。

 ただし、吊り橋効果は心理学の世界でもその実証については疑問の声が上がっているものです。

例えば、そのつり橋を一緒に渡ったのが「美女」だったからこそ、連絡先を交換することができたというものです。

美女じゃなければ意味がなかった、または、同性同士では意味がなかったのではないかと言う声も出ています。

つまり、吊り橋ばかりが恋心を生む原因になったのではなく、他の要因も大きく関わっていたということになりますね。

ですが、実際の恋愛に役立てるときにはそういった細かいところは気にかける必要はないでしょう。

一緒にホラー映画やお化け屋敷を体験してくれるような男女が、そのドキドキを一緒に体験することで心の距離が近づくと考えると、吊り橋効果もあながち間違っていないのではないでしょうか。

とにかく、気になる異性を出かける機会があったのなら、それを逃さずに吊り橋効果を試してみるのも良いですね。

2.単純接触効果で少しずつ近づく

 単純接触効果というのも、心理学の実験の中で実証された概念です。

人は、長く接触している(見ている)刺激に対して、短い接触時間の刺激よりも好意を抱きやすいというものがあるのです。

これを恋愛的な面で役立てるとするならば、とにかくアプローチするということでしょう。

長く接していればいるほど好意を抱きやすいのですから、とにかく気になる人との接触を増やすのです。

気になる人相手に恥ずかしがっていてはいけません。

相手との接触を増やすことで、少しずつ行為が溜まっていくようなイメージと考えれば良いでしょうか。

 もちろん、単純接触効果はそれほど単純な話ではありません。

心理学の実験においては、被験者が「好意も嫌悪感も感じていない刺激」を使って行いますから、最初から刺激に対しての嫌悪感が強かった場合には、接触を増やしたところで意味がないと言われています。

だから、もう既に嫌われている相手との接触を増やしたところで意味がないのです。

ですが、相手にとって自分が「何でもない」ときには意味がきちんとあるでしょう。

何よりも、接触を増やすことで、相手が自分のことを良く知ってくれるようになります。

良く知っている相手のことは好きになりやすいですよね。

相手と話した時間が長ければ長いほど、お互いのことを良く知り合い、お互いの良い部分を知ることができるので、恋に落ちやすくなるのです。

これはとても重要ですから、騙されたと思って単純接触効果の効果を信じて接触を増やしてみてはどうでしょうか。

3.ミラーリング効果で好印象に

 ミラーリング効果とは、思わず相手と同じ行動をとってしまうというものです。

好意を抱いている相手とは、つい無意識的に同じ行動をしてしまうのです。

これは自分では気づかないものなのでコントロールできません。

この効果を利用して相手の反応を見ることで脈ありかどうかを調べるのも良いですね。

ですが、この効果のもう一つの重要なポイントは、自分と同じような行動をしている人に、つい好意を抱いてしまうこともあるということです。

つまり、相手に好意を抱かせるためには、ミラーリング効果を利用して、相手と同じ行動をとるようにすれば良いのです。

ただし、あまりにわざとらしい行動をとると嫌がらせだと思われてしまいますので注意してくださいね。

4.ダブルバインド

 ダブルバインドはとても難しい概念ですが、恋愛心理学的に理解するのは難しいことではありません。

この方法ではYes/Noの質問をしないということがポイントです。

相手の返答を質問の言葉によって拘束すると良いのです。

例えば、相手のことをデートに誘いたいとします。

大抵は、デートの誘い文句は「今度の日曜日二人きりで出かけない?」です。

この言葉は間違っており、この方法では相手は簡単に断ることができるのです。

相手が断れないようにするためには、この言葉を少しだけ変えれば良いでしょう。

「デートしたいんだけど、来週の日曜日か今週の土曜日どっちが空いてる?私はどっちでも良いよ」と言うと、相手の答えは「Yes/No」と言う次元ではなくなってしまっていますよね。

これがコツです。

最初はこの質問を考えるのが難しいかもしれませんが、慣れれば簡単にできるようになりますよ。

5.フット・イン・ザ・ドア

 「フット・イン・ザ・ドア」というと何だか長くて複雑な言葉のように思えませんか?ですが、簡単な意味です。

セールスマンの前で扉を閉めようとしたときに、脚をねじ込まれて絞められなくなった状態だと考えると良いでしょう。

これを恋愛的に生かすのはとても簡単です。

フット・イン・ザ・ドアのテクニックを使うときには、大きな要求を最初にしてから小さな要求をすることが大切です。

最初の大きな要求を断っているので、その要求のことが頭にあれば、少しくらい小さな要求のことは叶えられるという心理になってしまうのです。

いきなり「デートをして」と言っても断ら得ることが想像できますよね。

ですが、この後に「じゃあ、この後ちょっとそこのカフェでお茶でも飲まない?」と言われると、デートよりも小さな要求なのでOKを出しやすくなるのです。

6.パーソナルスペースは横から攻める

 人のパーソナルスペースに入るのは難しいですよね。

強引に近づいてしまっては、相手から拒絶されることが目に見えています。

ですが、それでも近づ来たいということもあるでしょう。

パーソナルスペースに入れるのは親しい人間だけですから、無理にでも入ってしまえば、相手も諦めてくれるのではないかと思いますよね。

パーソナルスペースに入るときには、相手の視界が狭くなっている横がおすすめです。

後ろから近づくと警戒されてしまいますが、横からならさほど警戒されません。

少しでも横から近づいていけば、意外とすんなりとパーソナルスペースの中に入ることができるかもしれませんね。

7.ゲインロス効果でギャップを狙え

 ゲインロス効果とは、要するにギャップ萌のことです。

普段は真面目でクールで近づきがたいと思っていた人が、実は美味しいものを食べたときには優しい微笑みをすると気づいたときにはギャップに萌えますよね。

これがゲインロス効果です。

ただし、「良い人だと思っていたのに腹黒かった」と言う方向のギャップ萌は全然意味がありませんので気を付けてください。

「落としてから上げる」のが鉄則です。

8.相手を発散させるカタルシス効果

 カタルシス効果はとても理解しやすい現象です。

相手の気持ちがすっきりしているときには、その気持ちがこちらに向きやすくなるのです。

それが秘密を共有しているような相手ならなおさらでしょう。

具体的には、相手にストレス発散を刺せればよいのです。

相手が困っているときに声を掛けて飲みに誘ってみます。

そこで、困っていることや愚痴を思い切り話させてあげれば良いのです。

話し終わったときにはストレスもなくなっていますし、自分の話を聞いてくれた相手に親近感を覚えているでしょう。

これがカタルシス効果と呼ばれるものです。

9.自分の話をして自己開示

 心を開くことができるのはどんな時でしょうか。

例えば、相手が重大な秘密を明かしてくれた時には、思わず自分の秘密も離したくなっているというようなことがあるのではないでしょうか。

相手に心を開いてほしいと思っているときには、まずは自己開示をするようにしましょう。

そうすれば、相手も心を開いて色々なことを話してくれるかもしれません。

10.相手の話をなんでも聞く

 基本的に人間は自分の話がしたい生き物です。

稀に、とても聞き上手な人もいますが、ほとんどの人は自分が好意を抱いている相手の前では自己表現をしたいと思っています。

自分のことを良く思ってほしいという気持ちがあるからこそ、色々なことを話したいと思うのです。

相手の話を何でも聞くような体勢を作ってあげると、相手も自分が話したいと思っていることを話すことができるでしょう。

そして、そうして何でも話すことができる環境を心地よいと思ってくれるでしょう。

聞き上手な人がそうそういないので、こうした方法を取って聞き上手なところを見せてあげるだけで、好きな人が心を向けてくれるかもしれないというところに期待するのです。

11.手に入れにくい相手に燃える

 特に男性にありがちなことですが、人間は手に入りにくいものに強いあこがれを抱きます。

手に入りにくい相手を追いかけてしまうのはそれが原因です。

つまり、簡単に手に入るものには興味がないのです。

好きだと思っている相手がいたとしても、あまりあけっぴろげに自分の恋愛感情を出さないようにしましょう。

簡単に手に入る人間だと思われてしまうと、そこで恋愛のチャンスを失ってしまいます。

手に入れにくい相手こそ、と言うところは忘れないようにしてくださいね。

12.自分に無い部分は惹かれる

 基本的に人間は自分にない部分に惹かれると言われています。