その時は絶対にそうだと思っていた事なのに、後になってそれが勘違いだった!と気づいて
恥ずかしい思いをした事や、後悔したという経験というのは誰にでもありますよね。

この勘違いというものは、人間関係が不可欠な私たちにとって、ありふれた光景とも言えるかも知れません。

しかしながら、自分は他人と比べて勘違いが多いと感じる人が存在しているのも事実。

実際に、そうでない人とどのような違いがあるのでしょうか。

今回はそんな勘違いしやすい人の気になる特徴ついてまとめてみました。

勘違いしやすい人の10個の特徴

人間関係で相手の事をよく観察していると、勘違いしやすい人の特徴が分かります。

ここからはそんな勘違いしやすい人にありがちな特徴をご紹介します。

自分や、周りの人間にも当てはまるというものがあるか是非チェックしてみて下さいね。

1.他人を見下す

う人にはどのような理由があるのでしょうか。

幾つか考えられる理由についてまとめてみました。

自分は偉いと勘違いしている

勘違いも甚だしいとは良く耳にしますが、他人を見下す人とはまさにそのような人の事。

心の中で、自分は他人よりも偉いと勘違いしているからという理由が考えられます。

その為、自分がいつでも正しいと思っており、他人の言う事は聞かない傾向があります。

職場の上司がもしこのような人だったら大変ですが、部下としても持ちたくないタイプかも知れませんね。

このようなタイプの人は、仮に自分が他人よりも実力が劣っている時でも、素直に負けを認める事が出来ません。

その悔しさから、他人を見下してしまう事もありますが、単なる負け惜しみにしか聞こえない事が多いのも特徴です。

2.自慢話が好きである

ろうと思うような自慢話をして、あたかも自分は大きな人間だと思わせたいのです。

このようなタイプの人は、毎日のように自慢話をしたがるので、ネタの収集に追われていますが、その多くはネットなどの情報をそのまま使っている事がほとんどであるという特徴があります。

尚、初対面の人でない限り、多くの人からまともに話を聞いてもらえずに呆れられているケースが多いです。

自分の話ばかりで相手のことを考えない

自慢話をする人はマシンガントークで、相手に付け入る隙を与えず常にマイペースです。

弾を撃ち尽くすまで話は続きます。

楽しい話題や、ためになる知識ならありがたいのですが、自慢話を延々と聞かされる相手の立場も少しは考えて頂きたいものですよね。

マシンガントークと聞くと芸能人の明石家さんまさんが思い浮かびますが、トーク番組などを観ていると、出演者の事をしっかり見ながら話している印象があります。

また、相手が話をしている時は、ちゃちゃを入れているようでしっかりと言葉を拾っています。

そのようなテクニックがある為、多くの人から受け入れられているのではないでしょうか。

明石家さんまさんを見習ってとまでは言わないまでも、相手の事を考える人とそうでない人では、大きな違いがあり、勘違いしていると思われてしまいがちです。

3.モテアピールをする

やたらとモテアピールをする人っていますよね。

気になる相手の気を引こうと努力しているのかも知れませんが、大抵の場合、逆効果になる事があります。

そして、何よりも実際に異性からモテているのであれば、わざわざ人前でアピールする必要はありません。

モテアピールをしている人こそ、実際は異性からモテていない人が多いのです。

更に残念な事に、モテアピールをする人の多くは、自分がモテているという勘違いをしてしまっているのです。

このようなタイプの人の場合、具体的にどのような特徴があるのかについてまとめてみました。

自意識過剰である

自分は周りの人間からどう思われているんだろう・・・というのは多かれ少なかれ誰でも気になる事ですよね。

しかしながら、モテアピールをする人は人一倍、周りの人間からどう思われているのかが気になってしまうようです。

他人からすれば、大した事ではないような事でも、つい気になってしまうのです。

そんな自意識過剰なところが、自分を大きく見せようとしてモテアピールをしてしまいます。

本当に自分に自信があるのであれば、敢えて口にする必要な無いはずですよね。

4.空気が読めない

集団行動ともなると、一人くらい空気の読めない人がいるものですよね。

そんなところを「KY」などと周りから非難されて、いじられてしまうといった事もよくある光景なのではないでしょうか。

また、大抵そのようなタイプの人は、周りから指摘をされても気付いていない事が多い印象を受けます。

ここからは具体的に、どのような行動がみられるのかまとめてみました。

自分中心でまわりが見えない

ちょっと空気が読めない程度であれば、ある意味天然で愉快な人になり得る事もあるかと思いますが、そもそも自分の事しか考えず、周りが見えないようなタイプの人はかなり勘違いしやすい人である可能性があります。

例えば、仕事で周りが忙しくてバタバタしている時でも、このようなタイプの人は常にマイペース。

周りから指摘をされても、ポカンとしているような人です。

また、このようなタイプの人は自尊心が高く、自分の事を高く評価している可能性があります。

その為、他人から見れば空気が読めないと思われていても、本人は全く気付いていないだけでなく、間違っているとも思っていないのです。

対策としては、分かり易くストレートに指摘をするか、もしくは最初からあまり期待しない方が良いかも知れませんね。

5.楽観的である

学生時代、先生に叱られているのにヘラヘラしていている生徒っていませんでしたか。

大人になっても、仕事でミスをしたのに全く懲りていないような人もいますよね。

このように何かと考え方が楽観的な人も勘違いしやすい人である可能性があります。

ここからは楽観的な人に見られる特徴についてまとめてみました。

切り替えが早い

考え方が楽観的でいられるという事は、つまり気持ちの切り替えが早いとも言えます。

他人から非難をされて落ち込む事もありますが、瞬時に自分の中で前向きにとらえているのです。

その為、他人から見れば勘違いしているのではないかと思われる言動も、このような人にとってはプラスな事なのです。

考え方によっては、ちょっとした事でいちいち落ち込むようなタイプの人よりも付き合いやすく、ムードメーカーとしても活躍する可能性があります。

どちらかと言うと、体育会系が多い男性に良く見られるタイプです。

6.自分のことが好きである

俗に言うナルシストと呼ばれるタイプの人です。

男性、女性問わずナルシストな人っていますよね。

勘違いの代表とも言えるくらいありがちなタイプの人です。

そして、残念な事にこのようなタイプの人は多くの人から反感を買ってしまいます。

実際に、身近にこのようなタイプの人がいると、一緒にいるだけでこちらが恥ずかしくなってしまいますよね。

しかしながら、ナルシストな人は勘違い故か、なかなか本人が気づいてくれないという特徴があります。

ここからはそんな自分の事が好きな人についてまとめてみました。

みんなに見られていると思っている

自分の事が好きな人の多くが、みんなに見られていると思っているという特徴があります。

自分の見た目に自信があるというのは非常に良い事なのですが、度が過ぎると周りの人間からは自意識過剰だと思われてしまいます。

また、普段からそのような考え方からなのか、無意識にヘアスタイルを気にしたり、メイクや服装を気にしたりと大忙しです。

学校や、職場の鏡の前でよく見かけるという特徴もありますが、その時は自分の世界に入ってしまっているので周りの視線は気になりません。

また、最近ではSNSなどで自撮りをする時も、キメ顔とキメポーズを怠りませんし、他人からカメラを向けられれば瞬時に切り替える事ができます。

7.女性と上手く関われない

男性に対して全然女の気持ち分かってない!と思った事はありませんか。

世の中の男性の中にはどうも女性と上手く関われないという人が存在しているようです。

このようなタイプの人も勘違いしやすい人であり、その多くは女性の扱い方が分かっていません。

また、女性にとってはデリケートな部分も、このようなタイプの男性は平気で口にしてしまう事もありますし、フォローするにしても的外れな事を言ってしまったり、間が悪かったりと散々な目に遭う事もしばしばあります。

悪気が無いだけに、女性にとっては少々厄介な存在かも知れませんね。

変に優しくする

そんな女性と上手く関われない男性でも、女性に対しては基本的に優しくするという事は心得ているものです。

しかしながら、融通は利かない為、時として変に優しくしてしまう事があります。

女性は常に優しくしていれば喜ばれるという勘違いから、不自然な優しさが生まれてしまうのです。

肝心なのは相手の気持ちを汲み取る事であって、いつも優しくしてれば良いというわけではありませんよね。

女性なら誰でも知っている事です。

8.自分はイケていると思っている

自分はイケていると思っているという人も、勘違いしやすい人である可能性があります。

いわゆる「イタい」と思われてしまうタイプの人です。

他人から評価されるからこそイケているのであって、決して自分で判断できるものではありませんよね。

このようなタイプの人について共通して言える事は、強い思い込みが原因であるという事です。

具体的にどのような特徴があるのかについてまとめてみました。

無理に自分を演じている

本当は自分の事をよく知っているはずなのにそれを押し殺し、無理に自分を演じているというケースがあります。

そうする事で自分はイケていると思い込ませ、周りの人間からもそう思わせようとしているのです。

その為、他人がイケていると思っている事に便乗する事もあります。

しかしながら、他人から見れば無理をしている事もいずれしっぽが出てしまいます。

いつも自分がイケていると思っている人も、実は周りにはバレているかも知れませんよ。

9.しつこい

しつこい人は嫌われるとはよく聞きますよね。

相手にしつこく付きまとうという人は男性に多く見られ、勘違いしやすい人である可能性があります。

デートの誘いを断られたりする場合、大抵の人はそこで諦めるものですが、このようなタイプの人は、更に言い寄ってきます。

嫌がっている態度を見せていたとしても、ひょっとして照れているだけで本当は気があるんじゃないか、という勘違いをしてしまうのです。

何度もしつこく迫ってくる人もいますが、押せば何とかなる問題ではありませんよね。

まわりのみんな迷惑している

例えば、職場で同じ男性社員が仕事中にも関わらず、仕事に関係の無い事をしつこく聞いてきたり、デートの誘いをしてきたらどうでしょうか。

当然、相手の女性からは嫌がられますが、周りにいる他の社員にも見られていますよね。

このような光景は他人の立場でも見ていても不快ですし、仕事の邪魔でしかありません。

このようなタイプの人は、言えば言うほどしつこく迫ってくる可能性がありますので、対策としては上司から直接注意してもらうよう相談するのが良いでしょう。

少なくとも、職場でしつこくまとわりつくような事は無くなるはずです。

10.自分を客観的に見られない

勘違いしやすい人によく見られる特徴として、自分の事を客観的に見られないという事があります。

自分の事を他人が見たらどう思うのか、という事を普段から考える習慣がないのです。

その為、場違いな発言をしたり、マイペースな行動をしてしまうのです。

このようなタイプの人は学校や、職場などの集団の中でも白い目で見られがちですが、本人だけ気付いていないというケースが多いです。