その時は絶対にそうだと思っていた事なのに、後になってそれが勘違いだった!と気づいて恥ずかしい思いをした事や、後悔したという経験というのは誰にでもありますよね。

この勘違いというものは、人間関係が不可欠な私たちにとって、ありふれた光景とも言えるかも知れません。

しかしながら、自分は他人と比べて勘違いが多いと感じる人が存在しているのも事実。

実際に、そうでない人とどのような違いがあるのでしょうか。

今回はそんな勘違いしやすい人の気になる特徴ついてまとめてみました。

勘違いしやすい人の10個の特徴

人間関係で相手の事をよく観察していると、勘違いしやすい人の特徴が分かります。

ここからはそんな勘違いしやすい人にありがちな特徴をご紹介します。

自分や、周りの人間にも当てはまるというものがあるか是非チェックしてみて下さいね。

1.他人を見下す

う人にはどのような理由があるのでしょうか。

幾つか考えられる理由についてまとめてみました。

自分は偉いと勘違いしている

勘違いも甚だしいとは良く耳にしますが、他人を見下す人とはまさにそのような人の事。

心の中で、自分は他人よりも偉いと勘違いしているからという理由が考えられます。

その為、自分がいつでも正しいと思っており、他人の言う事は聞かない傾向があります。

職場の上司がもしこのような人だったら大変ですが、部下としても持ちたくないタイプかも知れませんね。

このようなタイプの人は、仮に自分が他人よりも実力が劣っている時でも、素直に負けを認める事が出来ません。

その悔しさから、他人を見下してしまう事もありますが、単なる負け惜しみにしか聞こえない事が多いのも特徴です。

2.自慢話が好きである

ろうと思うような自慢話をして、あたかも自分は大きな人間だと思わせたいのです。

このようなタイプの人は、毎日のように自慢話をしたがるので、ネタの収集に追われていますが、その多くはネットなどの情報をそのまま使っている事がほとんどであるという特徴があります。

尚、初対面の人でない限り、多くの人からまともに話を聞いてもらえずに呆れられているケースが多いです。

自分の話ばかりで相手のことを考えない

自慢話をする人はマシンガントークで、相手に付け入る隙を与えず常にマイペースです。

弾を撃ち尽くすまで話は続きます。

楽しい話題や、ためになる知識ならありがたいのですが、自慢話を延々と聞かされる相手の立場も少しは考えて頂きたいものですよね。

マシンガントークと聞くと芸能人の明石家さんまさんが思い浮かびますが、トーク番組などを観ていると、出演者の事をしっかり見ながら話している印象があります。

また、相手が話をしている時は、ちゃちゃを入れているようでしっかりと言葉を拾っています。

そのようなテクニックがある為、多くの人から受け入れられているのではないでしょうか。

明石家さんまさんを見習ってとまでは言わないまでも、相手の事を考える人とそうでない人では、大きな違いがあり、勘違いしていると思われてしまいがちです。

3.モテアピールをする

やたらとモテアピールをする人っていますよね。

気になる相手の気を引こうと努力しているのかも知れませんが、大抵の場合、逆効果になる事があります。

そして、何よりも実際に異性からモテているのであれば、わざわざ人前でアピールする必要はありません。

モテアピールをしている人こそ、実際は異性からモテていない人が多いのです。

更に残念な事に、モテアピールをする人の多くは、自分がモテているという勘違いをしてしまっているのです。

このようなタイプの人の場合、具体的にどのような特徴があるのかについてまとめてみました。

自意識過剰である

自分は周りの人間からどう思われているんだろう・・・というのは多かれ少なかれ誰でも気になる事ですよね。

しかしながら、モテアピールをする人は人一倍、周りの人間からどう思われているのかが気になってしまうようです。

他人からすれば、大した事ではないような事でも、つい気になってしまうのです。

そんな自意識過剰なところが、自分を大きく見せようとしてモテアピールをしてしまいます。

本当に自分に自信があるのであれば、敢えて口にする必要な無いはずですよね。

4.空気が読めない

集団行動ともなると、一人くらい空気の読めない人がいるものですよね。

そんなところを「KY」などと周りから非難されて、いじられてしまうといった事もよくある光景なのではないでしょうか。

また、大抵そのようなタイプの人は、周りから指摘をされても気付いていない事が多い印象を受けます。

ここからは具体的に、どのような行動がみられるのかまとめてみました。

自分中心でまわりが見えない

ちょっと空気が読めない程度であれば、ある意味天然で愉快な人になり得る事もあるかと思いますが、そもそも自分の事しか考えず、周りが見えないようなタイプの人はかなり勘違いしやすい人である可能性があります。

例えば、仕事で周りが忙しくてバタバタしている時でも、このようなタイプの人は常にマイペース。

周りから指摘をされても、ポカンとしているような人です。

また、このようなタイプの人は自尊心が高く、自分の事を高く評価している可能性があります。

その為、他人から見れば空気が読めないと思われていても、本人は全く気付いていないだけでなく、間違っているとも思っていないのです。

対策としては、分かり易くストレートに指摘をするか、もしくは最初からあまり期待しない方が良いかも知れませんね。

5.楽観的である

学生時代、先生に叱られているのにヘラヘラしていている生徒っていませんでしたか。

大人になっても、仕事でミスをしたのに全く懲りていないような人もいますよね。

このように何かと考え方が楽観的な人も勘違いしやすい人である可能性があります。

ここからは楽観的な人に見られる特徴についてまとめてみました。

切り替えが早い

考え方が楽観的でいられるという事は、つまり気持ちの切り替えが早いとも言えます。

他人から非難をされて落ち込む事もありますが、瞬時に自分の中で前向きにとらえているのです。

その為、他人から見れば勘違いしているのではないかと思われる言動も、このような人にとってはプラスな事なのです。

考え方によっては、ちょっとした事でいちいち落ち込むようなタイプの人よりも付き合いやすく、ムードメーカーとしても活躍する可能性があります。

どちらかと言うと、体育会系が多い男性に良く見られるタイプです。

6.自分のことが好きである

俗に言うナルシストと呼ばれるタイプの人です。

男性、女性問わずナルシストな人っていますよね。

勘違いの代表とも言えるくらいありがちなタイプの人です。

そして、残念な事にこのようなタイプの人は多くの人から反感を買ってしまいます。

実際に、身近にこのようなタイプの人がいると、一緒にいるだけでこちらが恥ずかしくなってしまいますよね。

しかしながら、ナルシストな人は勘違い故か、なかなか本人が気づいてくれないという特徴があります。

ここからはそんな自分の事が好きな人についてまとめてみました。

みんなに見られていると思っている

自分の事が好きな人の多くが、みんなに見られていると思っているという特徴があります。

自分の見た目に自信があるというのは非常に良い事なのですが、度が過ぎると周りの人間からは自意識過剰だと思われてしまいます。

また、普段からそのような考え方からなのか、無意識にヘアスタイルを気にしたり、メイクや服装を気にしたりと大忙しです。

学校や、職場の鏡の前でよく見かけるという特徴もありますが、その時は自分の世界に入ってしまっているので周りの視線は気になりません。

また、最近ではSNSなどで自撮りをする時も、キメ顔とキメポーズを怠りませんし、他人からカメラを向けられれば瞬時に切り替える事ができます。

7.女性と上手く関われない

男性に対して全然女の気持ち分かってない!と思った事はありませんか。

世の中の男性の中にはどうも女性と上手く関われないという人が存在しているようです。

このようなタイプの人も勘違いしやすい人であり、その多くは女性の扱い方が分かっていません。

また、女性にとってはデリケートな部分も、このようなタイプの男性は平気で口にしてしまう事もありますし、フォローするにしても的外れな事を言ってしまったり、間が悪かったりと散々な目に遭う事もしばしばあります。

悪気が無いだけに、女性にとっては少々厄介な存在かも知れませんね。

変に優しくする

そんな女性と上手く関われない男性でも、女性に対しては基本的に優しくするという事は心得ているものです。

しかしながら、融通は利かない為、時として変に優しくしてしまう事があります。

女性は常に優しくしていれば喜ばれるという勘違いから、不自然な優しさが生まれてしまうのです。

肝心なのは相手の気持ちを汲み取る事であって、いつも優しくしてれば良いというわけではありませんよね。

女性なら誰でも知っている事です。

8.自分はイケていると思っている

自分はイケていると思っているという人も、勘違いしやすい人である可能性があります。

いわゆる「イタい」と思われてしまうタイプの人です。

他人から評価されるからこそイケているのであって、決して自分で判断できるものではありませんよね。

このようなタイプの人について共通して言える事は、強い思い込みが原因であるという事です。

具体的にどのような特徴があるのかについてまとめてみました。

無理に自分を演じている

本当は自分の事をよく知っているはずなのにそれを押し殺し、無理に自分を演じているというケースがあります。

そうする事で自分はイケていると思い込ませ、周りの人間からもそう思わせようとしているのです。

その為、他人がイケていると思っている事に便乗する事もあります。

しかしながら、他人から見れば無理をしている事もいずれしっぽが出てしまいます。

いつも自分がイケていると思っている人も、実は周りにはバレているかも知れませんよ。

9.しつこい

しつこい人は嫌われるとはよく聞きますよね。

相手にしつこく付きまとうという人は男性に多く見られ、勘違いしやすい人である可能性があります。

デートの誘いを断られたりする場合、大抵の人はそこで諦めるものですが、このようなタイプの人は、更に言い寄ってきます。

嫌がっている態度を見せていたとしても、ひょっとして照れているだけで本当は気があるんじゃないか、という勘違いをしてしまうのです。

何度もしつこく迫ってくる人もいますが、押せば何とかなる問題ではありませんよね。

まわりのみんな迷惑している

例えば、職場で同じ男性社員が仕事中にも関わらず、仕事に関係の無い事をしつこく聞いてきたり、デートの誘いをしてきたらどうでしょうか。

当然、相手の女性からは嫌がられますが、周りにいる他の社員にも見られていますよね。

このような光景は他人の立場でも見ていても不快ですし、仕事の邪魔でしかありません。

このようなタイプの人は、言えば言うほどしつこく迫ってくる可能性がありますので、対策としては上司から直接注意してもらうよう相談するのが良いでしょう。

少なくとも、職場でしつこくまとわりつくような事は無くなるはずです。

10.自分を客観的に見られない

勘違いしやすい人によく見られる特徴として、自分の事を客観的に見られないという事があります。

自分の事を他人が見たらどう思うのか、という事を普段から考える習慣がないのです。

その為、場違いな発言をしたり、マイペースな行動をしてしまうのです。

このようなタイプの人は学校や、職場などの集団の中でも白い目で見られがちですが、本人だけ気付いていないというケースが多いです。

いつも同じ失敗を繰り返す

自分の事を客観的に見られないという人は、仮に他人から指摘をされたとしても、その場しのぎとなって時間が経てば忘れてしまう事が多いと言われています。

このようなタイプの人は、自分が他人からどう思われているのか、という事を普段から考える習慣があまりないのです。

その為、いつも同じ失敗を繰り返す事となり、勘違いしていると同時に懲りない人と思われてしまいます。

もし、自分も心当たりがあるという人は、普段から自分の事を客観的に見られるよう心掛けておく事と、他人からの指摘を真っ向から否定するのではなく、一つの意見として素直に受け入れられる心の余裕が必要です。

日頃の努力と考え方次第で、きっと改善するようになります。

なぜ勘違いはおこるのか

これまで勘違いしやすい人に見られる特徴についてご紹介してきましたがいかが だったでしょうか。

勘違いとは誰にでも起こり得事であり、自分の気づかないところでついしてしまう事が多いですよね。

この勘違いとは私たちにとってどのようなものなのでしょうか。

ここからは、なぜ勘違いが起こるのかという事についてまとめてみました。

物事を確認しないから

例えば仕事などで、部下に任せていた仕事を後でチェックしてみたらミスを起こしていたという経験はありませんか。

素直に自分のしたミスを認める部下であれば良いのですが、中には自分のミスを認めない人も存在します。

誰にでもミスや思い込みはある事なのですが、問題なのはミスに気が付かずに仕事を進めてしまった事にあります。

事前に確認をしていれば、このような勘違いによるミスも仕事によっては未然に防ぐ事ができるものもあります。

特に、ルーチンワークをしていると、仕事の慣れもあって物事の確認が疎かになりがちです。

また、忙しくて焦っている時ほど確認が重要になります。

身に覚えのある人は、こまめに確認をしながら仕事をするよう心掛けましょう。

時間をある程度置いてから再度確認をしたり、第三者に確認してもらうのも非常に効果的です。

トラウマがあるから

人間関係や仕事など、誰にでも一つくらいトラウマを抱えているものですよね。

そんなトラウマが原因で、勘違いが起こる事もあります。

過去に自分が犯した失敗がフラッシュバックしてしまうのは精神的に苦痛を伴い、できれば思い出したくない事ですよね。

それは時にプレッシャーとなって拒否反応を示したり、思いがけない言葉を発してしまったりする事もあります。

自分で物事を冷静に考える事ができない状態となり、勘違いが起こってしまう事があるのです。

トラウマは人によって様々です。

時間が経てば解決するようなものもあれば、いつまでもつきまとうようなものもあります。

このような事が頻繁に起こるという人は、一度真剣に向き合ったほうが良いかも知れません。

トラウマとは解釈の仕方とも言われており、解決には根本的な考え方を変える必要があります。

解決方法が分からない場合は、自分一人で悩まずに、身近な人や専門家に相談するのが良いかも知れませんね。

決めつけて行動するから

せっかちな人にありがちなタイプで、なんでも一人で勝手に決めつけて行動をしてしまう人です。

人間関係や仕事においても、常にいつも同じ考え方で上手くいくとは限りませんよね。

このようなタイプの人は「これで合っているに違いない」と決めつけて物事を進めてしまうので、どこかツメが甘いところがあります。

また、予定通りに事が進まなくなってしまった時でも「何とかなるだろう」と、どこか軽い気持ちがあり、慎重さに欠ける特徴もあります。

そもそも、そのような考え方が勘違いに繋がる為、仕事を始める前などは予め、ある程度の見通しを立てるなどの準備が必要です。

また、周囲に声を掛けるなどのコミュニケーションを取る事で、お互いに状況を把握する事ができます。

仕事の効率を考えてみても、その方が二度手間になる事がなくてスムーズですよね。

自分を過大評価しているから

自分の実力を信じるという事は大変素晴らしい事ではあるのですが、度が過ぎると勘違いに繋がる事があります。

自信過剰なところから、油断や隙が生まれる事となり、少し注意してみれば気付くような事も見逃してしまったり、甘い話につい騙されてしまう事もあります。

もし、自分にも心当たりがあるという人は、本当にこれで問題が無いか自問自答をしてみましょう。

少しでも不安な事がある時は、根拠となる情報を見つける必要があります。

こんなずでは無かったのに・・・と後でガッカリしたなんて事にはなりたくありませんよね。

自分で考えていないから

社会人デビューや、転職して新しい環境での生活が始まる時など、誰でも最初は新人ですよね。

入社当初は「分からない事は何でも聞いてね」と優しく気遣ってくれていた先輩や上司も、時が経てば「何でそんな事くらい自分で考えないんだ」とお叱りを受けてしまうというのはよくある光景です。

このようなタイプの人に多く見られるのが、失敗を恐れているという事です。

普段から自分で考える習慣が無く、ただ教わった事だけをしていれば良いと思っいるので、少しでも不安な事があるとその度に他人に助けを求めてしまいがちです。

確かに、慣れない内は勝手な思い込みで物事を進めてしまうのは良くない事です。

しかしながら、いつまでもそのような考え方では、周囲から成長しない人と思われてしまいます。

同じ失敗でも、何も考えずにやってしまった場合と、自分なりに考えてやった場合とでは差があります。

また、何度も同じような失敗を繰り返してしまう人も、自分で考えずに行動をしてしまう事が原因となるケースが多く、中には他人のせいにしてしまうという人も存在します。

教わっていない事や、本当に知らない事について咎められるのは致し方ありませんが、自分で考える事をしない人は、即ち自分の意見が無い人と思われてしまいます。

日頃、勘違いや思い込みで失敗をする事が多いという人は、周囲の人間とコミュニケーションを取る事を心掛けましょう。

正直に思いを打ち明ければ、きっと周りからも理解を得られるはずです。

勘違いしやすい人、しにくい人の違いは

勘違いしやすい人には様々な特徴がありますが、世の中にはそうでない人も存在しているのも事実です。

以前は、勘違いしやすかったという人も、もしかしたら過去の経験を生かして改善できたという人もいるのかも知れません。

ここからは、勘違いしやすい人と、しにくい人の違いや特徴についてまとめてみました。

柔軟に考えられるかどうか

考え方とは人によって様々ですよね。

同じような辛い体験をしたとしても、考え方の違いによっては立ち直るスピードや捉え方も変わってくるものです。

物事を柔軟に考えられる人とは、こうあるべきであると言った決めつけをするような事がありませんし、色々な角度で見る事ができ、また視野も広いのです。

その為、行き詰ってしまった時でも、意外なところからヒントを得たり、他人の意見も素直に受け入れる事ができるので思い込みや、勘違いをしにくいのです。

また、そのような状況でも前向きな人で、努力家でもあります。

逆に柔軟に物事を考えられない人は、我が強く、一つの事に固執してしまいがちです。

周りが見えない為、他人の意見も素直に受け入れられず、思い込みや勘違いをしてしまうのです。

もし、自分にも心当たりがあるという人は、もう少し自分の視野を広げる意識をしてみましょう。

考え方が柔軟になれば、きっと頭も柔らかくなるはずです。

感情的になってしまうかどうか

仕事で忙しい時などは、焦りからつい感情的になってしまう事ってありますよね。

また、何か失敗した時にも、頭ではいけない事だと分かっていても、つい物に当たってしまう事もあるかと思います。

こんなシーンに直面した時に、感情的にならずにいられる人は、冷静に物事を考えられる為、勘違いをしにくいと言われています。

また、感情的になってしまうと、根拠の無い発想が生まれ、怒りだけでなく不安に襲われる事もあります。

気持ちが不安定になると、マイナス思考になって勝手な決めつけや思い込みをしてしまうのです。

そんな時は一度冷静になってじっくりと考え直してみましょう。

時には他人の意見を求めるのも良い事です。

確認を徹底しているかどうか

いつもやっている事だからと軽い気持ちで考えていると、思わぬしっぺ返しがくる事がありますよね。

確認を怠らない人は集中力があり、視野も広いので思い込みで物事を進めるような事はありません。

確たる根拠や裏付けが無いのに、自分の思い込みで物事を進めてしまうという事が、勘違いを招いてしまうのです。

その為、日頃から確認を徹底している人は、勘違いがしにくく、そうでない人は仕事においてもアラが見つかってしまいます。

自信が無ければ上司や同僚に相談するのも良いでしょう。

状況を報告する事にも繋がりますし、お互いに安心します。

もし自分で確認が雑だな、と感じたら、もう少し意識してみましょう。

確認が慎重な人は大抵仕事も丁寧です。

きっと周囲の人間から信頼されるようになります。

周りを見れているかどうか

いつも自分の事ばかり考えていて、人の話を聞かないような人っていますよね。

所謂、自己中心的な人であり、このようなタイプの人は、周りの事を見られない人です。

その為、何事も自分の考えが正しいと思っている節があり、視野も狭い為に知らず知らずの内に誤った行動を起こします。

厄介な事に多くの人が勘違いをしているという自覚が無く、なかなか気づいてくれません。

できればこのようなタイプの人とは距離を置いて付き合いたいものですが、もし自分の身近に周りを見れていない人がいたら、一度指摘をしてみてはいかがでしょうか。

頭ごなしに指摘をするのではなく、あくまで冷静にどうしてこのような結果となったのか、本人から説明してもらうのです。

すぐには思いが通じないようでも、後に考え方を改めるきっかけとなるかも知れません。

忍耐力や集中力があるかどうか

みんなと同じように取り組んでいるはずなのに、なぜかいつも自分だけ仕事のペースが遅くて置いてけぼりになっていると感じた事はありませんか。

勉強や仕事など、長時間続けているとだんだん集中力が落ちてきますよね。

そのような状況では注意力が乱れてしまって、つい思い込みや勘違いをしてしまいがちです。

勘違いしやすい人は、集中力があまり続かず、長時間の作業は苦手と言われています。

その分要領も悪くなり、仕事に追われる事にも繋がります。

趣味なども途中で投げ出してしまうという飽きっぽい性格jな人は、日頃から目標を決めてみましょう。

習慣づける事で、少しずつ集中力や忍耐力が養われ、長時間の仕事もこなせるようになります。

また、勘違いしにくい人は、集中力が続くような忍耐力を持っていますが、誰にでも限界はあります。

要領良く仕事をこなせる人は、適度に休憩を入れたりして気分転換をしているものです。

朝から晩まで机にしがみついているのは、一見仕事熱心に見えても、実際はそれほど要領良くできていない人も多いのです。

ちょっと集中力が切れてきたな、と感じたら無理をせず少し休憩をしましょう。

上手く自分の集中力をコントロールできれば、思い込みや勘違いも起こりにくくなります。

まとめ

これまで勘違いしやすい人についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

今回の記事が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

勘違いとは日常生活の中で笑ってしまうようなものあれば、場合によっては人命に関わる非常に危険な勘違いが生まれる事もあります。

日頃から注意深くしていても人間ですから、時にはついうっかり勘違いしてしまう事もあります。

また、必ずしも勘違いしてしまう人が全て悪いとは限りません。

もしかしたら一番勘違いしていてはいけないのは、どんな勘違いであってもそれは誰にでも起こり得るという事なのかも知れませんね。

勘違いしやすい人も、そうでない人もお互い気遣えるような人間関係を築いていけたらと思います。

勘違いしやすい人も、そうでない人もお互い気遣えるような人間関係を築いていけるように願っています!