ホームシックとは、家庭や故郷を懐かしむ心情のことを指し、その典型的症状とは、故郷の家に帰りたくなることです。

志をもって都会へ出て、一人暮らしを始めた。

しかしときに孤独に耐えられなくなる。

そのときの脳内のスクリーンには、故郷のなつかしい情景がいっぱいに拡がっている、といイメージでしょうか。

これには、かかる人もいればかからない人もいて、またかかる人でも、その症状には大きな個人差があります。

あなたがかかるかどうかはわかりませんが、先人から経験談を聞いておくのはリスク管理として悪くありません。

ホームシックなど無縁だったという人でも、本音は違う可能性はあります。

いりいろと取材をしておき、予め備えておくのは、正しい在り方だと思います。

筆者の場合は、大学生の18歳から23歳(5年在籍した)、グループ会社へ出向した32歳から38歳の2度、地方から東京へ出て一人暮らしを経験しています。

基本的にホームシックにはかかりませんでした。

それは故郷での生活が懐かしむほどうるおいのあるものではなかった、ということが影響しています。

新しい生活の方がはるかに刺激に富んでいたのです。

とはいえ一瞬もホームシックにかからなかった、というわけではありません。

孤独感に苛まれた時期はそれなりにありました。

このようにホームシックの現れ方は、一人一人の背景によって大きく違います。

まただからこそ先人の話は参考になるものと思います。

ホームシックにならないための12個のメンタルの保ち方や慣れ方

ホームシックになるならないは、メンタルの保ち方によって100%決まるといってよいでしょう。

身体の不調からホームシックに至るというコースではないからです。

病気のとき孤独で、ひどく落ち込んだという話はよく聞きますが、そこから発症するというものではありません。

メンタルを保ち強化することで新しい生活に慣れ、ホームシックを克服していきましょう。

1. 仕事や趣味で思い切り忙しい毎日にしてしまう


仕事が充実して毎日忙しい状態が続いていれば、孤独を感じているヒマはありません。

休日も疲労回復のために充てられ、あっという間に終わってしまいます。

これが一番いい状態とは思えませんが、とりあえずホームシックを発症する時間は少なくてすみます。

しかし時間のある学生ではそうはいきません。

現代とは違う感覚でしょうが、筆者のころは、クラスとサークル、それにプラスワンで最低3つの所属集団を持っていなさい、というのが新入生への定番のアドバイスでした。

地域という支えがない以上、3つくらいは必要だろうという考え方です。

筆者の場合は、結局1.5くらいしかありませんでしたが、何とかホームシックなしに暮らしていけました。

ただしもっとこうしておけばよかった、という後悔は今でも残っています。

2. ペットを飼う

東京や大阪のアパート一人暮らしでは、犬猫はほとんど飼えません。

もとより小動物でさえ危険です。

筆者の一人暮らしをしていた知人は、小さくて可愛いウサギを譲り受け、大いに喜んでいました。

しかし1泊か2泊の出張に出て帰ってくると、あっさり死んでいたそうです。

食べ物はふんだんにあったということなので飢え死にではなさそうです。

では飲み水でしょうか。

しかしはっきりした死因はわかりませんでした。

故郷の一軒家にいたときのように小動物を愛玩する生活は、大都会では成立しません。

そのようなイメージを持ち込まないことが必要です。

都会の一人暮らしで飼えるのは、せいぜい金魚や昆虫くらいのものでしょう。

むしろ植物を愛でる方がいいのではないでしょうか。

3. 友人を家に招待してパーティをする


パーティーは東京や大阪のアパート一人暮らしでは成立しません。

仲のよい一人か二人を呼んで話し込むことは問題ないでしょう。

しかしそれ以上の人数で騒ぐと、たちまち苦情が来ます。

都会人は通常他人には無関心です。

しかし生活を乱される、と感じたときは別です。

いろいろ言ってくる人がきっといるはずです。

それにより自分の生活安定を損なってしまいます。

もし一人暮らしに不安なら、賄いつき学生専用アパートや社員寮に入り、その後改めて、自分に合ったより住みやすい環境を探しても遅くないでしょう。

4. インテリアを自分好みのものにどんどん変え居心地良くする

昨今のインテリアは、安い費用で変更を行うことが十分可能になりました。

今ではニトリやイケア、カインズホームだけではなく、100円均一ショップでも工夫次第で十分使えそうな面白いインテリアアイテムをそろえています。

頻繁に変更してもそれほどお金はかかりません。

気分一新にはもってこいです。

それを繰り返していれば、プラス思考に転換する可能性も高まるでしょう。

これは是非お勧めしたいと思います。

5. 大きな目標を立ててそれに向かって突き進む

ホームシックにかかっている時間を、将来の自分を考える時間に変えましょう。

直近の仕事や生活課題を離れ、もっと遠大な人生目標を設定するのに時間を使ってみてははどうでしょうか。

最初は空想の世界に遊ぶだけでもかまいません。

それでも脱ホームシック効果は十分あると思います。

そうしているうちに具体的な目標設定にまで至れば、これは儲けものです。

6. 実家に随時連絡する

昔のコミュニケーション手段は郵便を除けば電話しかありません。

その上に市外通話は驚くほど高額でした。

つまりそう簡単に連絡は取れるものではありません。

SNS全盛となって、タダ同然で連絡のとれる現在とは全く異なった環境でした。

しかし人間の本質までは変わったわけではありません。

実家にまめに連絡を入れすぎる人は、かえって新しい生活やポジションの確立が遅れてしまいます。

真にホームシックを克服するためには、逆効果になってしまうでしょう。

「いつでも帰っておいで。」などと平気で言いそうな母親をお持ちの方は、かえって連絡を控えた方がいいと思います。

7. あまり家にこもらず外出するようにする

外出は心身にさまざまな刺激を与え、プラスの効果をもたらします。

しかし毎週のように都心まで出かけるのは大変でしょうし、それなりにお金もかかります。

また余計なもの買ってしまうリスクも高くなります。

そこで都会では都心とは逆方向に出かけるという手もあります。

大都市近郊には、いろいろなアミューズメント施設が、あちこちに点在しています。

この辺りは、地方出の人の感覚ではわかりにくいところです。

これはやり始めるとなかなか楽しくなってきます。

8. 新しい街を隅々まで探検して楽しむ

電車に乗るまでもなく、自分の街を歩くだけでも地方の人にとっては、驚きの連続のです。

ちなみに筆者の場合は、新宿、池袋、渋谷、銀座など名の知れた繁華街の賑わいは想像通りで驚きはありませんでした。

しかし吉祥寺のことはお寺の門前町だと思っていましたし、まして武蔵小山やら戸越やら、地方の人があまり知らない商店街の賑わいは、まったく田舎者の想像を超えていました。

こうした近隣を巡るだけでも、街歩きを十分楽しむことができるはずです。

9. 自由気ままに出来ることに感謝し、楽しもうとする気持ちを大事にする

そうした街歩きで、自由きまま感を味わうことができれば、もうしめたものです。

存分に楽しんでください。

そうなればホームシックなど入り込む余地はありません。

スマホの発達により、タウン情報はこれ以上考えつかないほど充実しています。

行き先に困ることなどありません。

都会的なたたずまいの店を前に、入りにくいなどと躊躇しないようにしましょう。

10. 強がらず周囲の人に相談し頼る

新しい生活の最初から、周囲に何くれとなく心配をしてくれる人がいれば理想的です。

そうでない場合は、自分で相談相手を探さなければなりません。

しかし初めて都会で会った人たちに相談するのは、少し気が引けます。

やはり感覚が違います。

都会の人はせかせかして見え、同じ悩みを共有してくれる人には思えないところがあります。

やはり相談相手としては、同郷の知人友人がもっとも適しています。

11. テレビ電話を有効利用する

テレビ電話はビジネスでの利用が大きく進んでいます。

そのおかげでテレビ会議が増えた、とこぼすサラリーマンたちの声もあちこちから聞こえます。

企業にとっては、支店の人を招集するコスト、出張コストは大きく下がっているものと考えられます。

そのため積極的に開催するのでしょう。

企業の場合はパソコンでSkypeを利用というのが一般的なようです。

パーソナルユースではどういう状況なのでしょうか。

スマホアプリ人気ランキングで調べてみました。

それによると、第1位はやはりSkype、以下は第2位、Google Duo、第3位、ハングアウト、第4位、タンゴ、第5位、WeChat(微信)となっていました。

どうやらパーソナルな場面でも盛んに利用されているようです。

なおWeChat(微信)とは中国最大のSNSで利用者数は9億4000万人といわれ、中国人必携のネットインフラです。

モバイル決済のWe Chat Pay(微信支付)も急拡大し、日本でも使える店が出てきています。

これから目や耳にする機会は間違いなく増えると思います。

12. 寂しい時は我慢しないで泣くと、意外とスッキリする

女性は泣くとスッキリすることができるでしょう。

そうとしか思えないケースは、確かによく見かけるからです。

女性の場合は、我慢を貯める方がよくないようです。

しかし男性には、そういう体質は認められません。