CoCoSiA(ココシア)

キャリアウーマンの7個の特徴


キャリアウーマンという言葉が最近話題になっているのではないでしょうか。

最近ではお笑い芸人のブルゾンちえみさんがブレイクしており、キャリアウーマンネタで非常に人気となっていますよね。

仕事をバリバリ頑張るキャリアウーマンの恋愛観をかっこ良い言葉で笑わせてくれるブルゾンちえみさん。

実際に世の中には昔と比べて、仕事をばりばり頑張るキャリアウーマンの方は増えた様に感じています。

キャリアウーマンという言葉をたくさん使っていますが、実際に言葉の意味だったり、特徴など、深く意識した事はありますか?

大部分の方があまり意識をせずに使っている言葉になるのではないでしょうか。

今回はキャリアウーマンという言葉の意味だったり、その特徴など、徹底的に解説していきたいと思います。

まさにキャリアウーマンです、という方にほど見て頂きたい内容となっていますので、是非みてみてくださいね。

キャリアウーマンとは?

キャリアウーマンという言葉の意味ですが、一般的には女性賃金労働者という意味合いになっています。

意味合いとしてはそのままですが、長期的に専門的な職務遂行能力を活かすものという意味があります。

難しい意味合いですが、簡単には会社勤めで働く女性の会社員という意味合いですよね。

印象としては、仕事に関しては厳しく、バリバリ働くのが好きな上昇思考の方というようなイメージですよね。

管理職などになるような女性に使われた言葉であったりもしたようですが、かなり広義的な意味合いを持っているかと思います。

昔は女性はお茶くみや事務作業をしたりという事が一般的でしたが、現在では男女雇用機会均等法という方が制定されてからは第一線で活躍する女性の会社員の方が増えてきました。

そういった背景もあり、現在は女性がバリバリ働くという事も珍しい事ではなくなってきていますよね。

そういった過程の中でキャリアウーマンという言葉も生まれてきたのではないでしょうか。

キャリアウーマンとお局様の違い

お局という言葉を聞いた事もある方は多いかと思います。

あまり良い印象ではない言葉かもしれませんが、お局さんとは会社に長く居座って権力をふりかざしているような女性の会社員の方ですよね。

名前は違えど、結果的には女性の会社員なんでしょ?と感じるかもしれませんが、どちらかといえばキャリアウーマンはバリバリ仕事が出来る、仕事を中心に生きがいを感じているような女性という印象があるかと思います。

ただ、お局さんといえば、基本的には仕事をせずに大きな顔をしているような印象という事で、似ているようで全く似ていない言葉でもあります。

キャリアウーマンの女性の方は基本的には仕事が出来ますし、リーダーシップもあるような管理職になれる要素を秘めた内面を持っている印象も受けます。

なので、後輩の面倒見も良く、人間関係を上手に形成する能力を持っているという風にも捉えられます。

根本的に言えばすべては言葉の印象次第という風にはなってしまいますが、一般的には意味合いの違う言葉だと認識していただければと思います。

【お局の特徴については、こちらの記事もチェック!】

キャリアウーマンの7個の特徴

キャリアウーマンって具体的にどういう人なんだろうと思われたのではないでしょうか。

単純に会社勤めの女性という意味合いであれば、かなりの人がキャリアウーマンに該当するかと思いますが、厳密には特徴的な面も持っています。

あまり意識せずにキャリアウーマンという言葉を使っている方も多いかと思いますが、意味合いを気にした事がないという方は是非これからご紹介する意味をしっかりと理解して、キャリアウーマンという定義についてしっかりと知っていただけたらと思います。

もちろん様々な価値観もあるかと思いますので、あくまで参考にという事で頭の中に入れて頂けたらと思います。

1.朝から仕事スイッチが入っている

一般的には、キャリアウーマンというと仕事が出来る女性という意味合いもあります。

仕事が全くできない人をキャリアウーマンと呼ばれている印象はあまりないのではないでしょうか。

印象としてはやはり男性に負けないくらいの勢いで仕事をバリバリこなす、かっこよい女性の会社員というイメージだと思います。

なので、キャリアウーマンと呼ばれるような仕事が出来る女性は大きな特徴として朝からしっかりと仕事スイッチが入っている方が多いようです。

仕事が出来ない人ほど朝に弱かったりするという事は世界でも共通とされているようで、優秀な人ほど朝早く起きて作業をしたり、行動をしている割合が高いともいわれています。

しっかりと朝から行動し、朝の貴重な集中できる時間を活かしている人は自然と時間の使い方が上手ですし、効率も良い結果を出しているという結果が表れています。

時間の使い方は非常に重要ですし、時間を上手に使える人は優秀であるという事は共通しているのではないでしょうか。

2.できるできないをはっきりさせる

キャリアウーマンは出来る事、出来ない事をはっきりとさせるという特徴もあるとされています。

できるできないをはっきりさせるという事は、適切な取捨選択や的確な判断が出来ているという事でもあります。

これはできない事はなんでもできないという事ではなく、努力が必要なできる事に関してはできると言いますし、どんなに努力しても難しいなと感じる事であればできないとはっきりいうという事です。

女性の方は比較的優柔不断な対応をしてしまう方も多くいらっしゃいますが、キャリアウーマンと呼ばれる女性は、適切な判断力、素早い決断ができ、だからこそ優秀であり、結果的に仕事も出来るという事に繋がっているかと思います。

決断力がある人はリーダーシップも取れますし、ついていきたいと思えるような人で管理職などが適任かもしれませんね。

3.仕事もプライベートもすべてが充実している

キャリアウーマンと聞くと、仕事がバリバリ出来て、プライベートも充実させているという印象を受けますよね。