自分の人生をどう生きていくか…。

ふとそんなことを考えるようになり、それがどんどん大きな悩みとなってしまう時ってありませんか?
立ち止まったまま前に進めなくなって、とても苦しくなったり…。

「人生これでいいのかな?」と今の自分、そして将来の自分に対して不安感を抱く。

これって、誰にでもあることだと思います。

人生の中で誰もが、一度は迷い立ち止まる。

その時、迷いが大きければ大きいほど、立ち止まっている時間が長いほど、不安だけが大きくなっていくんですよね。

だけど生き方に迷うことは、自分の人生を転換させていく、大きなチャンスでもあるのです。

生き方に迷った時に、その経験をどう生かすか。

何よりも、それが大事なことだと思います。

迷いから、何を考え何を学ぶのか…自分の人生の生き方は、いつだって自分で選択できるものなのです。

どうやって生きたらいいか…迷ったことありませんか?

生き方に迷って、その迷いから抜け出せなくなる時…多くの人は、生き方の正解を見つけようとしてしまう気がします。

自分はどう生きるべきか。

生き方ってどうあるべきなのか。

こうやって、正しい答えは何なのかってことを考え出してしまうのです。

でも、正解を見つけなきゃ!という考え方をしていると、きっと生き方に対する迷いは、迷宮入りしてしまうと思います。

生き方に、正解不正解はありません。

正解を見つけようと誰かを見ても、そこに正解があるわけでもありません。

だって、人の生き方は人それぞれ、各自自分だけのものなのですから。

なのに正しさを追求しようとしたら…きっと、いつまで経っても“生き方”の答えは見つからないと思います。

自分の人生は他人のものではなく、もちろん親のものでもなく、自分のものです。

どういった生き方をするか。

それは全て、自分に委ねられているのです。

生き方に不安を感じると迷うもの

とはいえ、「自分の生き方って?」と不安を感じてしまうと、とても迷うものですよね。

ほとんどの人は、毎日生き方について考えたりはしていないでしょう。

目標に向かって突き進んでいる人も、慌ただしい毎日に追われるように一日を終える人も、普段は生き方という壮大なテーマより、もっと身近なテーマに多くの関心を持っていると思います。

だからこそ、生き方に迷い始めると、どう対処したら良いのか、分からなくなってしまうんですよね。

普段なら例えば…仕事のノルマを達成したい。

ダイエットをして痩せたい。

趣味の作品でコンテストに入賞したい。

車を買いたい。

家を建てたい…等々、各自自分の生活に密接したテーマが一番の関心ごとになっていると思います。

悩みも、身近な出来事に対する悩みのほうが大きいはずです。

そういった身近な問題である場合、それを解決する糸口は見つかりやすいものなんですよね。

仕事のノルマを達成するためなら、営業の際にいつもとは違う工夫をしてみたり、とにかく頑張って数をこなしてみたり。

ダイエットをして痩せたいのなら、食事制限をしたり運動したり。

車や家を買いたいのなら、節約してお金を貯めたり、ローンを組むことを検討したり…。

それぞれの悩みに対して、“やること”も見つけやすいですよね?もちろん、やったとしても上手く行かないこともあり、その悩みを抱える場合もあります。

でも、また新たにやれることを考え、見つけ出すことが出来ると思います。

大きなストレスが付いて回る迷い…

だけど、“生き方”という壮大なテーマに直面すると、途端に思考停止に陥ってしまいます。

何か一つの具体的なことがテーマではないだけに、やれることもパッと思いつきません。

それに、何が正解かも分からない。

生き方について悩み始めたら、不安だけが募って大きなストレスにもなってしまうんですよね。

筆者個人的には、結構な頻度で、自分の“生き方”について思いを巡らせることがあります。

それが習慣化したからか、今となっては生き方に不安になって、迷い抜け出せないってこともありません。

時に大きく立ち止まっても、その時は、その状況にどっぷりつかってひたすら考えます。

自分の思考パターンも分かっているので、比較的冷静に、生き方と向き合うことが出来るのです。

だけど、普段生き方について深く悩んだことが無くて、急に不安を感じ始めてしまった人は…もうどうしたらいいのか分からなくなってしまいますよね。

抜け道も答えも見つからないまま、時間だけが過ぎていく。

その状況に、余計に焦ってしまう。

とても苦しいと思います。

生き方に迷った時に考えたい5個のこと

生き方に迷い、不安でたまらなくて、でもどうすればいいのか分からなくて…。

そんな時は、これからご紹介する考え方を参考にしてみて下さい。

生き方には、正解も答えも無く、「何を選択するかが重要」であると、筆者は思っています。

そして、その選択が納得出来るものであるかどうかも大切なことだと思います。

つまり、自分の生き方を、自分が満足出来る生き方に出来るかどうかは、自分が納得できる選択をするかどうかにかかっているということです。

その為にはやはり、自分を見つめなおすことが必要になってきます。

これまでの自分、そして今の自分を見つめ直す。

その上で、明日の自分の為に今、自分は何を選択したいのか。

自分と向き合い考えることで、「自分の生き方を自分で選択する」ことの意味も、わかってくるはずです。

これはある意味、自分で「自分の人生に責任を持つ」ということでもあります。

これまで、親や他人の意見や考え方を正解として生きてきた人は、実は自分の人生を生きていなかったりします。

結局それは、他人の人生を生きているも同然なのです。

人が何故、他人の人生を生きようとするかというと、他人の人生を生きるのにもメリットがあるからです。

他人の生き方を参考にしたり頼ったりするのは、安心感を得られます。

そして、自分でゼロから考え行動しなくていいから楽なんです。

安心で楽。

これが、他人の人生を生きる、最大のメリットと言えるでしょう。

そこにはひとつの生き方の答えがあり、その人が経験して導き出した正解があります。

経験に裏打ちされているのですから、間違いの無い生き方ということにもなるでしょう。

それを真似した方が、手探り状態で人生を生きていくより安心です。

と同時に、もし上手く行かなかったら、真似した誰かのせいにすることが出来るんですよね。

逃げ道があり、誰かのせいに出来るのは、とても楽でいられるのです。

でも実際は…。

他人の人生を生きて失敗したとしても、言い訳が出来るだけに留まります。

他人も親も、責任をとってはくれません。

結局は、自分が責任を負う羽目になるのです。

他人の人生を生き、その責任を負うというのは、とても納得できるものではありませんよね?他人の人生を生きることによって手に入れられる、安心で楽。

その代償は大きいということです。

だとしたら、自分の生き方を自分で選択し、自分で責任を持って生きる方が、よっぽどいいと思いませんか?そのほうが、すがすがしい生き方が出来るはずです。

それに今、生き方に対して迷い、不安があると言うことは結局、他人の人生に疑問を感じているからではありませんか?納得のいかない選択をしているからこそ、迷うのだと思います。

今生き方に疑問を感じ、迷っているということは、自分の生き方を自分で選びなおすチャンスかもしれません。

そのチャンスを無駄にしないよう、ここからご紹介する、“生き方に迷った時に考えたいこと”をヒントに、しっかり自分と向き合ってみて下さい。

1、迷いはチャンスだと考える

生き方に“迷った時、それはチャンス”だと考えましょう。

迷いや不安が生まれるということは、今の生き方に、何か疑問や不満があるはずです。

何か違うと感じていたり、思うように上手く行かないことばかりだったり…幸せを実感することが少なくて、なんだか辛い。

それは、自分の足で歩いていないような感覚だったりしませんか?
ふわふわと宙に浮いているようで、この世に生きているはずなのに、自分の足で人生を歩いている気がしない。

地に足がついている感覚が無く、とても不安定な状態なのではないでしょうか。

“生き方”という壮大なテーマに直面すると、自分のことなのに、自分がどうやって生きているのかも、どうやって生きていけるのかも分からなくなってしまうものだと思います。

こういった迷いを感じるのは、やはり“今に納得していない”からではありませんか?
だって、もし自分で納得した生き方を選択してきたのなら、失敗したとしても「仕方ない」と失敗を受け入れることが出来るはずです。

悩み事が出来たとしても、それも自分が選択した生き方の延長にあるものだと思えるはずですから。

成長のビッグイベント

つまり、生き方に迷ったということは、それは自分の生き方を選びなおすチャンスなんです。

これまでの、疑問や不満のある人生を続けていくのではなく、自分で納得できる生き方を選びなおす…そのキッカけを与えられているということです。

でもこれだって、神様が「選びなおしなさい」とチャンスを与えてくれたわけではありません。

自分が、今の生き方に疑問や不満を感じ、「これでいいの?」と迷いを持ったのです。

自分が、生き方を考え直したいと望んでのことなんです。

迷いは、答えや解決策が見えないと、とても苦しい時間になります。

苦しみを感じることを、自分が望んでいるだなんて、信じられないかもしれません。

でも、その苦しみを感じてでも、今の生き方を考え直したい。

そう自分の魂が叫んでいるようなものなのです。

迷いだって、自分の中から生まれてくる迷いなんですよね。

やっぱり、自分の人生は自分で何とかするしかないということなんです。

生き方への迷いは、自分の成長のビッグイベントです!
これから先の生き方をどう選択するか。

自分次第で、その後の人生も大きく変わっていくということです。

2、自分の事を見つめ直す・考える

“自分のことを見つめ直す・考える”のも、生き方に迷ったら考えたいことです。

その迷いは、どこから生まれたのか、何が原因なのか。

どうして不安で、どこに不満があるのか…。

生き方に悩んでしまった時、どういう生き方をすればいいんだろうってことばかりを、考えてしまうと思います。

でもこの時、生き方の正解を導き出そうとしても、きっと答えは見つかりません。

それよりも、“自分”をしっかりと把握すること。

まずはそれが先決なんです。

自分はどういう性格で、どういう気質?どんな価値観を持っていて、これまでは何をやってきた?何を感じ、何を考え、どんなことを楽しいと感じ、絶対に嫌なことは何か…。

と、自分の事を見つめ直してみるのです。

そこには、自分が生きてきた軌跡もちゃんとあるし、自分が今、ちゃんと生きていることも実感出来るはず。

これだけでも、ちょっと安心出来ると思います。

客観的に見る事で生き方が見える

そうやって、自分を客観的に、そして深く見つめ直すことで、自分がどういう生き方をしてきたかってことが見えてきますよね?自分の人生を自分で選択してきたかも…。

そうすると、何に迷っているのか、何に不満なのか。

問題の本質もクリアになっていくと思います。

悩むべきは、生き方という漠然としたテーマではなく、もっと具体的な問題。

そのひとつひとつを、自分の手で、納得出来る選択をしていくことで、生き方にも迷いが無くなっていくはずです。

生き方の正解なんてないと思うし、その答えは、生きてみないと分からないものでもあると思います。

でも、納得のいく人生にすることは出来ますよね?それは、自分で納得のいく選択をしていけば出来ることなのですから。

そして、自分の生き方に自分で責任を持てば、自分の足で、自分の力で生きているという充実感も、得ることが出来るはずです。