とんちんかんな人って、ちょっと間が抜けていることが多いですよね。

でも何だか憎めなくて、そこが可愛いと思えてしまう不思議な魅力があります。

そんなとんちんかんな人の12個のかわいい特徴と、何故とんちんかんな性格をしているのかについてご紹介します。

とんちんかんな人の12個のかわいい特徴

とんちんかんな人は事あるごとに目立ちます。

何をしていても、自然と周囲から良くも悪くも浮いてしまうため、何かと人の目につくことが多いのです。

しかし本人は、わざと周りから目立とうとして振舞っているわけではありません。

意識している、していないに関わらず、その人の取るとんちんかんな行動に、思わず周りが注目してしまうのです。

そして、そのとんちんかんな行動は見ている人を「ああもう」「大丈夫かなぁ?」とハラハラさせたり、心配な気持ちにさせたりします。

また、その行動によっては思わずくすりと釣られて笑ってしまうこともあります。

思わず放っておけない行動を繰り返し、そしてどこか間が抜けていて可愛い、そんなとんちんかんな人の具体的な特徴を12個ご紹介していきます。

1. おっちょこちょい

とんちんかんな人は、おっちょこちょいであることが多いです。

目的地までの道を間違えたり、前をよく見ていなくて躓きかけたりするのは日常茶飯事です。

人から聞いた話を、自分に話してくれた同じ人に得意げに話そうとしてしまったり、何かすることがあってもちょっと他所事をすると、当初の目的を忘れてしまったりと、そんな些細なおっちょこちょいがたくさんあります。

プライベートな部分では見ている方が「おいおい大丈夫か?」と呆れながらも笑えてしまいますが、そのおっちょこちょいが仕事中でも発揮されてしまうと周りは大変です。

書類のミスや会議に使う重要なデータを紛失してしまう、接待相手を予約していない店に連れていったところ店が定休日だった、大事な仕事の打ち合わせにうっかり遅刻してしまうなどなど、責任感や信頼関係が重要となる仕事上で些細なミスが繰り返されてしまうと、巻き込まれる周囲の人間が迷惑に感じてしまうことも少なくはありません。

とはいえ、本人にはまったく悪気がなく、やってしまった後には本当に申し訳なさそうにぺこぺこと謝ってくることも多いため、怒るに怒りきれないというのが周囲の心情かもしれません。

2. ファッションが斬新

とんちんかんな人は、ファッションが斬新な場合も多いです。

一般的にはあまり合わせないような色合いの上下の服で合わせたり、一見奇天烈に見えるようなコーディネートを好んで着たりすることがあります。

一方で、オシャレにはまったく頓着せずに、着の身着のままに家から外に出歩くことがある人もまた、周囲から見ればかなり斬新で独特の服装をしているように見られることもあります。

3. いつも笑っている

とんちんかんな人は、いつもにこにこと笑顔でいることが多いです。

決して悩みがないわけではありませんが、必要以上に物事に悩むことがあまりなく、またあれこれと深く考え過ぎない性格をしています。

思慮深いというよりは、何にでも気軽に取り組むタイプで、よく考えてから行動しないことが多いため、その分ミスも少なくはありません。

しかし、深く考え込み過ぎないため、ミスをしてもその場限りで反省をして、後に引きずることがありません。

もちろん真剣に取り組むべき時には取り組みますが、うっかりミスが多いためその場その場で気持ちがリセットされることが多く、そこまで長時間集中力が持続することはそうありません。

基本的には楽観的な性格をしているので、周りの人が見た時ににこにこと笑顔でいることが多いです。

おっちょこちょいな部分では迷惑を被ることのある周りの人たちも、普段は明るいその笑顔を見ていると、つい憎みきれずに笑顔で返してしまうことが多いのです。

とんちんかんなところでは損をすることが多いですが、無意識に笑顔を振りまくことで周囲との関係性を良くしているため、本気で人から疎まれることはそうないのが大きな特徴です。

4. 同じミスを何度もする

とんちんかんな人はおっちょこちょいですので、同じミスを何度も繰り返してしまいます。

例えば頼んでおいたことがやれていなかったり、同じミスの指摘を3回以上もしているのに相変わらず同じようにミスを繰り返していたりと、キビキビ働くタイプの人からすれば、イライラすることこの上ない頼りなさとダメなところが行動に滲み出ています。

一緒に仕事をしている人の中には、その人に任せると仕事が進まないといって自分だけで仕事を抱え込んでしまう人もいるでしょう。

団体で行動している時も、その人ばかりが同じミスを繰り返して、その場の雰囲気を悪くしてしまうこともあります。

とはいえ、本人はあくまでも一生懸命にそれに取り組んでおり、また取り組んでいる最中にはふざけた様子も見せないことから、本気で周囲に煙たがられたり、嫌われたりすることはそうありません。

人柄が良い人であれば、何度ミスを繰り返しても「あの人ならしょうがないか」と思われて、ため息をつかれる程度で済むこともあります。

またそのため息も、決して悪意だけが含まれているわけではないのです。

5. ボーっとしている

とんちんかんな人は、よくボーっとしていることが多いです。

何事かを一生懸命に考えているかと思いきや、聞いてみれば「今日のご飯何にしようか考えていた」や「卵と鳥ってどっちが先か悩んでいた」など、案外どうでもいいような内容をぼんやりと考えていることがあります。

また、一見して何も考えていなさそうな顔をしている時もあり、声をかけてみればやっぱり何も考えていなかった、なんてことも良くあります。

しかし、だからといってその人が悪いわけでもなく、見ている側からすれば何となく気持ちが和んでしまうこともあるでしょう。

バタバタと忙しく動き回っている人が見ると、「まったく何をぼんやりしているんだか」とちょっと腹立たしく思えることもあるかもしれませんが、その一方で「あんなにのんびりしている奴がいるんだから、自分も少しくらい肩の力を抜くか」と気持ちを切り替えるきっかけになることもあるかもしれません。

とはいえ、あまりボーっとしていると、それが原因でまたおっちょこちょいな行動を取ってしまいかねません。

6. 言われたことをすぐ忘れる

とんちんかんな人は、言われたことをすぐに忘れてしまいやすいです。

友達と話をしている時でも、仕事で指示を受けた時でも、少し経つとそこで話した内容や言われた指示をうっかり忘れてしまうのです。

しかしそれは、決して最初から話半分に聞いていたからというわけではありません。

話をしていた時には、本人は確かに意識してきちんとその内容を聞いていました。

しかし、その後で何か他所事や他の用事があると、そのことに意識のほとんどを取られてしまって、先ほど話していた内容が頭のどこかへと飛んでいってしまうのです。

仕事で指示を受けた場合には、その場でメモを取るなりしておかなければそこから重要なミスへと繋がりかねません。

とんちかんな人は人よりも不器用な部分が多いため、いつでも目の前のことだけに全力で集中します。

その結果、他のことがすっかり頭から抜け落ちてしまうのです。

そのため、過去に話した内容を当人に確認しようとしても、「そうだっけ?」と疑問符で返してきたり、「ああしまった忘れてた!」と焦った返答があったりすることは珍しくないのです。

周りの人からすれば迷惑を被ることも多いですが、決して本人に悪気があるわけではないということを分かっているからこそ、周囲の人も「仕方ないなあ」とため息一つで済ませられるのもかもしれません。

7. 人の話を理解できない

とんちんかんな人は、人の話を理解できないことがあります。

それは、他人の喜怒哀楽といった感情をいまいち理解出来ず、また話し手の意図するところを読み取ることが出来ないからです。

良くも悪くもとんちんかんな人はとても素直なところがありますので、怒られたり説教をされたりするとそれをそのまま受け取ります。

しかし、あくまでも「怒られた」という部分のみを受け取り、「何故自分が怒られたのか、何が相手を怒らせたのか」というところまでを深く考えようとはしないため、相手の思うところをいまいち理解することが出来ないのです。

そのため、例えば仕事において上司や取引先の相手が暗黙の内にこちらに対して求めていることを敏感に察知することが出来ません。

相手の意図を素早く察することが出来る人は、それだけ日頃から相手の様子や言動を観察し、相手が自分だったら今何を求めているのかを相手の立場に立って考えようとします。

しかし、とんちんかんな人はそこまで考えが至らず、また相手の気持ちを知ろうとも思わないため、人の話を理解出来ないことが多いのです。

8. 自分中心に世界が回っている

とんちんかんな人は、基本的に物事を自分中心で考えています。

しかしそれはなにも、わざと自分のことばかりを優先的に考えるような自己中心的な性格というわけではありません。

誰かを貶めて自分の存在価値を高めたり、他人と自分とを比べて自己中心的な考え方になるのではなく、あくまでも誰かのことまで考えるということが出来ないのです。

とんちんかんな人は共感能力が他の人ほど高くはないため、相手の立場に立って物事を考えたり、相手の気持ちになったりする事が出来ない人が多いです。

そのため、自然と自分のことだけを常に考えるようになるため、自分中心に世界が回っている状態となります。

自分中心に世界が回っていると、それだけ周りに合わせることが下手ですし、周囲と歩幅を合わせたり、協調性が持てません。

皆が忙しく走り回っている時に一人だけぼーっとしていることがあったり、他人の意図を察したり出来ないのもそのためです。

しかし当人に悪意があるわけでも、わざとやっているわけでもないのは周りから見ても分かりやすいため、場合によって邪険にされることはあっても、本質的に嫌われることはないのです。

9. 非論理的な話し方をする

とんちんかんな人は、基本的に物事を自分の頭の中だけで解釈して、それを外に発します。

一般的には物事を自分なりに解釈したら、それを口に出して他の人の意見も交えて考え方を正していくものですが、とんちんかんな人は、一度自分で「こうだ」と解釈したことはそのままの考えで曲げることはしません。

頑固というわけではありませんが、常に自分中心で物事を考え、人の話を上手に理解出来ない性格のために、自然と自分で思い込んだ考えを他の意見と照らし合わせて修正することが出来ないのです。

そのため、その人の考えのままに言葉を発するため、その内容が聞く側にとっては非論理的であることが少なくありません。

聞いている人が「え?ちょっと待ってよそれは違う」と訂正を入れたとしても、その意見を柔軟に自分の中に取り入れて考え直すことが出来ないのです。

そのため、間違いを指摘された場合には、「指摘された」という事実だけを素直に受け止めて「自分のどの部分が間違っていた」という具体的な部分までは理解していないことが多いです。

10. 空気が読めない

とんちんかんな人は、空気が読めないことが多いです。

それはとんちんかんな人の頭の中が、常に自分中心で回っているからです。

例えば集団で仕事の効率化を図るにはどうしたら良いのかを話し合っているとします。

一般的に考えれば、その場で発言すべきなのは仕事の効率化に関する話題についてですが、空気が読めない人はいきなりその場で翌週の会議の予定について質問をしたり、まったく議題とは見当違いの発言をしたりします。

場違いなことを発言すれば当然その場の空気は凍りますが、空気を読めない人はその凍てついた気まずい空気でさえ感じとることが出来ません。

「自分は何も間違っていないし、聞きたいことを聞いて何がいけない?」といった風に、怒られてもきょとんとしていることが多いです。

とんちんかんな人はまさにこの典型的なタイプと言えますので、仕事などの重要な場面で空気を読めない発言をしてしまうと、当人や、その人の努める会社が致命的なイメージダウンになってしまう恐れもあります。

そのため、大事な場面ほどとんちんかんな人と一緒にいる人はハラハラしっ放しになってしまうでしょう。

その当人はどこ吹く風、ですが。

11. 相手の気持ちが理解できない

先にも挙げたように、とんちんかんな人は常に自分中心に世界が回っています。

そして他人の言いたいことや意図を上手に察することが出来ません。

相手は相手、自分は自分というスタンスが強いため、相手の気持ちが理解出来ないのです。

例えば数人で話をしている時に、一人が「飼っているペットが死んでしまった」と悲しげに話をしたとします。

当然その場にいる人たちは口々に「可哀想」や「残念だったね」など、いかにもその人に同情しているといった態度を取ります。

相手に対して共感能力の高い人であれば、その人と同じくらいに悲しい気持ちになることが出来るでしょう。

また、共感出来なくても上辺では相手の気持ちに合わせた言動を取る人もいます。

しかし、とんちんかんな人は場の空気も読めず、相手の気持ちも理解出来ないため、「でもさ、これで病院代とかかからなくて済むね」や「そんなに悲しいんだ」など、うっかり相手の神経を逆なでしてしまうような発言をしてしまうことがあります。

本人はもちろんわざとそう言ったわけではありませんが、相手の気持ちが理解出来ず空気が読めないということは、時に無神経に相手を傷つけてしまうことがあるのです。

それが原因で人間関係にひびが入ってしまうこともあります。

12. 人にどう思われようと気にしない

とんちんかんな人は、常に自分中心に世界が回っています。

そのため、何をする時もどんな物事に対しても、「自分が対象についてどう考えるか」ということが基本ですので、周りや相手が自分に対してどう考えているかということにはあまり意識を向けません。

それはつまり、自分が人からどう思われようと気にならない性格ということです。

周囲の視線や他人の意見に左右されやすい人からすれば何とも豪胆で羨ましく思えるかもしれません。

とはいえ、とんちんかんな人はあまりにも気にしなさすぎるきらいがあるため、自分の振舞いによっては自分の立場や首を絞めてしまうことにもなりかねません。

とんちんかんになってしまう原因とは

とんちんかんな人は、生まれつきとんちかんなのでしょうか?
それとも、成長していく過程で何かの理由があってそのような性格になったのでしょうか?
人によって原因はさまざまですが、一般的に周りの人から「とんちんかんな人だ」と称される人に多い理由を以下にまとめました。

1. コミュニケーション障害

最近では「コミュ障」と称されることも多いコミュニケーション障害ですが、何かと「自分はコミュ障だ」と自称する人は大抵コミュニケーション障害ではありません。

少し人付き合いが苦手だったり、他人と関わることを億劫に感じたり、自分に都合が悪いことがあると「コミュ障だ」と言い訳をしているのが大半です。

本当にコミュニケーション障害の人は、視覚や聴覚、発声や発語、知的障害などにより自分の意志を相手に伝達したり、相手の意志を理解して他人と円滑なコミュニケーションを取ることが出来ません。

性格云々の問題ではなく、実際に障害があって他人とのコミュニケーションを上手に取ることが出来ません。

そのため、コミュニケーション障害が原因でとんちんかんな行動になってしまっている人の場合は、その人に対してあれこれと求めるのではなく、周りがその人を受け入れる体制を整える必要があります。

とはいえ、コミュニケーション障害は多くの精神病のように、目に見えて分かるものではないため、中々理解され難い現状があります。

2 アスペルガーの可能性も

アスペルガーは、正式名称を「アスペルガー症候群」と言います。

何らかの理由により、脳に微細な損傷が生じ、その結果当人の人格にさまざまな問題を引き起こしてしまいます。

知能自体は一般的な人と何ら変わりはありませんが、社会性や社会の中での適応性が低く、他人とのコミュニケーションが上手く取れない、場の空気が読めないなどの人間関係におけるトラブルが発生しやすいです。

また、自分の中での決め事は絶対で、少しでもそれが狂うと途端にパニックを起こしたり、手順通りに物事を進めなければ上手く出来なかったりもします。

アスペルガーもコミュニケーション障害同様に、目で見えるものではないため大抵は周りから「本人の努力不足」や「甘えている」と冷たい評価を下されることが多いです。

しかし、れっきとした精神的な障害の一つですので、決して本人が悪いわけではありません。

ただそれを周りの人が理解出来ないことが多いため、世間からさまざまな冷たく厳しい評価や態度を受け、当人がとても辛い思いをしているのが現状です。

3. 自閉症の可能性も

自閉症は、脳の発達や成熟が何らかの原因によって障害されることにより、他者との心を通わせることが不自由になる神経発達の病気の一種です。

自閉症の場合は3歳までに発症すると言われているため、一般的なコミュニケーション障害とはまた少し違っています。

自閉症の人は自分の世界の中だけで生きていることが多いため、他者に対して興味を抱かず、また社会性に乏しい特徴があります。

アスペルガー同様に自分の中での決め事は絶対で、それが少しでも狂うとパニックを起こします。

他の人から見れば奇妙に思えるような行動も多く、極端にコミュニケーションを苦手としているため、人と話をする時にも目線を合わせることが出来ません。

また、他人に対して愛着を示しにくいのも特徴の一つと言われています。

もしとんちんかんだと称されている人が、極端に人との接触を避けたり、あたかも自分の世界に浸っているような場合には、自閉症の可能性もあります。

とはいえ、自閉症の場合には大抵子どもの頃からそうだと分かっているため、社会に出る際には障害手帳を持ち歩くなど、周囲が予め把握していることも多いです。

4. 生育過程で親との会話が正常ではなかった

子どもは学校に通い始める前から、家庭の中である程度の社会性を学びます。

特に自分の親となる存在とは非常に距離が近く絆も強いため、子どもの性格は親の教育の影響がダイレクトに表れます。

もし生育過程で親との会話が一般的な家庭の会話ではなかったり、親子間が不仲だったりした場合には、人間関係において十分なコミュニケーション能力を身につけることが出来ずに、成長してからも周りの人とは少し違った性格になることが多いです。

もちろん個人の性格はその人によって違いますが、生育過程で多少なりとも問題があった人の場合には特に、一般的な常識や物事の考え方、人とのコミュニケーションの取り方などが一般的ではないことが多いです。

5. いじめなどの経験から人間不信になっている

学生時代にいじめにあったことのある人は、他者に対して強い不安や恐怖心を抱きやすくなっています。

表面上では問題なく接しているように見えても、本心では「本当は自分のことを悪く思っているのではないか」と常に疑心暗鬼に陥っていることが多いため、積極的に自分から他人とコミュニケーションを取ろうとはしません。

いじめられた経験がある人は、人から好かれたり信頼されたりすると嬉しいと感じる反面、そうで無くなった時の不安を常に感じています。

そのため、一見どんなに上手にコミュニケーションを取っているように見えても、本心では自分以外の相手に対して心を許すことが出来ません。

また、過去のいじめで完全に他者に対して心を閉ざしてしまっている人の場合、社会で生活していく中で必要最低限のコミュニケーションしか取ろうとはしないため、それ以上相手と距離を近づけようとはしません。

相手と距離を取ることによって、自分がそれ以上傷つかないようにとの自衛の気持ちから自然とそうなってしまうのです。

6. 勉強不足

一般的な知能や人格的には何ら問題はなくても、社会の中で生活していく上で必要となる常識やルールについての勉強不足の場合には、周りから見た時にとんちんかんな行動に思われてしまうことがあります。

学生時代には仲良しこよしで過ごせていても、会社で働くようになれば必然的に新しく学ぶべきことがたくさん出てきます。

会社の中での序列から上司や取引先、同僚に対する言葉遣い、また仕事のやり方やどんな時にどんな風に自分が立ち回ればいいのかなど、実際に社会の中で生活しながら身につけていきます。

社会に出た直後にはそれらが勉強不足でも教えてくれる先輩はたくさんいます。

しかし、会社で何年も働いているのに未だにそれが身についていない人や、学ぶ機会を自ら見逃してきた人ではいつまで経っても社会の中で上手に立ち回っていくことが出来ずにいます。

7. 内容について知識や興味がない

とんちんかんな人は基本的に自分中心で世界が回っていますので、他の人の話や自分以外の出来事に対しての関心が低いです。

それはプライベートの話であれ、仕事の話であれ、自分が興味を持てないと思ったものはその時点で聞き流してしまうことも少なくありません。

また、話を聞いている時は真剣でも、元々興味がないことであれば少し時間が経てば忘れてしまいます。

それを何度も繰り返しているため、周りからはとんちんかんな人だと思われてしまいやすいのです。

8. 疲れていて意識がもうろうとしている

とんちんかんな人は、いつでも楽観的で気分屋というわけではありません。

人によって何事にも常に全力で取り組んでいる人もいます。

しかし、その場では全力で取り組んでいても、少し時間が経ってしまうと興味が逸れて内容を忘れてしまうこともあります。

また、一生懸命な人ほど他の人に比べるとその時その時で熱を入れて集中しているため、人一倍疲れやすくもあります。

そうして疲れて意識がもうろうとしている時に誰かから話を聞いたり指示を受けたりしても、どうしても頭にしっかりと入ってはこず直ぐに忘れてしまうのです。

とんちんかんな人の中には、時にそうして「致し方がない」状況でそうなってしまう人も少なからずいます。

9. 相手のことを大事に思っていない

とんちんかんな人は、良くも悪くも自分のことを一番中心に考えて行動しています。

そのため、誰かと一緒にいても相手の存在にはさして気を配らずに、自分がその時気になったことや考えていることで意識がいっぱいになっていることも多いです。

そこからも分かるように、基本的には自分が一番大切なので、相手のことをさほど大事に思っているわけではありません。

だからこそ相手の気持ちを上手に理解することも出来なければ、相手との話の内容を忘れてしまったりもします。

とはいえ、毎回そんな風では将来を誓い合うようなパートナーとは到底巡り合えません。

もちろん自分が大事だと思えるような相手が現れれば、その時には真摯に相手の話に耳を傾け、心を集中させることでしょう。

10. 相手の話を聞く耳を持っていない

とんちんかんな人の特徴は、自分中心の考え方で他人の気持ちに理解が出来ず、また場の空気が読めないなど様々です。

そして、場の空気が読めずに他人の気持ちや意図することが理解出来ないということは、すなわち相手の話を聞く耳を持っていないとも言えるでしょう。

本人はきちんと相手の話に耳を傾けているつもりかもしれませんが、うっかり忘れてしまうようなことであれば、どんなに真剣に聞いたところでその人にとってはその程度の内容だったとしか言いようがありません。

精神疾患や神経の発達障害などの致し方ない理由以外でそのようになってしまう場合には、そもそも当人には相手の話を聞く耳を持っていない可能性もあります。

11. 自分に自信が無く自己表現ができない

とんちんかんな人の中には、自分に自信がなく上手に自己表現が出来ないために、周りから見るととんちんかんな行動に見えてしまう人がいます。

人とコミュニケーションを取るのが苦手であれば話している最中にもどこか上の空のような様子になったり、緊張のし過ぎで会話が終わった後に、肝心の内容が頭に入っていなかったりという場合もあります。

また、自分がどんな気分で何がしたいのかを上手に表現出来ない人は、他の人が見た時に一人で不可思議な行動を取っていると思われることもあります。

とんちんかんな人を解明しよう!

最近ではそこまで聞く機会のなくなった「とんちんかん」という言葉ですが、会社などで日々を過ごしていると上司や取引先相手が何かの言葉の拍子に「あの人はとんちんかんだ」などと発言することがあります。

とんちんかんは若い世代にはあまり馴染みがない言葉かもしれませんが、れっきとした辞書にも載っている日本語で、言葉自体に流行りや死語といったものもありません。

そのため、どこで耳にしても直ぐに何のことか分かるように、「とんちんかん」という言葉の意味について予め理解を深めておきましょう。

1. とんちんかんとは?

とんちんかんとは、辞書で引くと「物事の辻褄が合わなかったり、ちぐはぐになったりすること」を意味します。

また、「間抜けな言動をすることや、その人」を表す言葉でもあります。

要するに、言っていることとやっていることが矛盾している場合や、人から見ておかしな行動を取っているような人のことを指して「とんちんかんだ」と言うのです。

人を小馬鹿にしたような表現の言葉ではありますが、どこかユニークで憎めない印象の言葉でもありますね。

2. 漢字ではどう書くの?

とんちんかんは、漢字では「頓珍漢」と書きます。

言葉だけを見ると、「素っ頓狂で珍妙な様子の人」とも思えますが、漢字自体は当て字ですので、漢字の詳しい由来までは特にないようです。

3. 語源は?

とんちんかんの語源は、「鍛冶などで、師が鉄を打つ間に弟子が槌を入れるため、そのずれて響く音を模した擬音語」とされています。

師が鉄を打つ音と弟子が槌を入れる音がずれて響くことから、ちぐはぐなことを意味するようになり、さらにそこから間抜けな様子を指すようになったと言われています。

4. 会話が成立しないので相手は非常に困る

とんちんかんな人で、自分がとんちんかんであることに気付いている人は少ないです。

何故なら、その人をとんちんかんだと評価するのはあくまでも周りの人たちだからです。

しかし、そう称されてしまうだけあって、とんちんかんな人とは会話や行動、意図が噛み合わないことが多いです。

そのため、まともな会話が成立しづらく、話す相手は非常に困ることも多いのです。