CoCoSiA(ココシア)

ピュアな人の特徴10個(続き6)

それは人に疑いの目を向けるということでもあり、ピュアな人にとって、とても難しいことでもあるでしょう。

普通は経験によって警戒心を備えるようになるのですが、それはある意味、ピュアな人が、ピュアな人ではなくなるということ。

ピュアな人がいなくなっていく世の中より、悪い人がいなくなっていく世の中になればもっといいのにって…思わずにはいられませんよね。

9.感情の浮き沈みが激しい

感情の浮き沈みが激しいところも、ピュアな人の短所となり得るところです。

物事がダイレクトに心に届くピュアな人は、繊細な心の持ち主とも言えます。

ちょっとしたことでも心が大きく揺さぶられてしまうので、感情の波も大きくなってしまうんですよね。

これは、人の心に寄り添える長所でもあり、自分が自分の感情に左右されすぎるという短所にもなるんです。

ピュアな人って心が綺麗で、キラキラした毎日を送っているようなイメージもありますけど…人一倍痛みや苦しみを感じている人でもあるんですよね。

普通はそんな感情を見ないようにしたり、意識的に避けたりするんですけど、ピュアな人の場合は真正面から受け取ってしまうんですよね。

ちょっとしたことで凹んでしまう

ですので、嬉しいことや楽しいことがあった時にはいいんですけど、悲しいことや辛い出来事があった場合には…とことん凹んでしまうんです。

きっと他人が想像するよりはるかに、ダメージを受けてしまっているのだと思います。

それが周りの人から見れば、ちょっと扱いづらい部分だったりもして、ピュアな人の悪い所とも言われてしまうんです。

ピュアな人の繊細な心は、弱さだとも思われてしまう。

痛みを一緒に感じてくれる時には優しさだと言うのに、人って本当に薄情ですよね。

ただ、ピュアな人のダメージは、ピュアじゃない人にとっては計り知れないものがあり…それを一緒に感じて寄り添おうとするのは、普通の人にとっては恐怖でもあるんです。

ピュアな人の痛みを感じるのが、怖いんです。

だって、普通は見ないようにしたり、避けたりしている感情なのですから。

だから、ちょっとしたことで凹むなんて心が弱すぎるって切り捨てられてしまうし、周囲の人には、そうするしか無いのだと思います。

10.人に甘えすぎる

先程ピュアな人の良い所として挙げた、“素直に人を頼ることができる”ところや“人懐っこい”ところ。

これを別の側面から見ると、“人に甘えすぎる”という短所になってしまうんですよね。

周囲の人は、頼られるのも懐かれるのも最初は嬉しくても、「限度がある」って感じているのだと思います。

ピュアな人の場合は、甘えた気持ちが根底にあるわけでは無いと思われますが…純粋すぎるゆえにちょっと空気が読めないところもあるようで、時に「そろそろ自分でやって」とか思われていることにも、気づけなかったりするようですね。

人に頼りすぎて成長が遅い

そんなこんなで、人に頼ることに慣れてしまうと、成長が遅いということにもなってしまうようです。

自分の出来る事と出来ないことをわきまえることも時には必要ですが、そうやって周囲のサポートを受けながら、成長もしていかなければなりません。

それが出来ないと、甘え上手なのは、自分にとっても周囲にとっても、マイナスになっていってしまうんですよね。

時に人に頼りながらも成長することは、ピュアな心を持ったままでも出来ること。

むしろ、ピュアだからこそ、様々な物事から吸収し、成長もスムーズに出来るはずなんですよね。

人に頼りすぎてしまう人の場合、ピュアな人というよりただの甘えた人。

どこかで、ピュアな心に“甘え”というフィルターを備えてしまったのかもしれません。

頼ることで自分が楽できるという、悪の心を備えてしまった…似非ピュアな人の可能性もありそうですね。