人間は必ず年を取る生き物です。

それは、どんな人に対しても平等にやってきます。

どんなにお金持ちの人であろうと、賢い人であろうとその現実から逃れる事は出来ません。

人生は人によって様々な出来事が起きますが年を取りいずれ死んでいくという現実は、誰もが平等に訪れる唯一の現実なのではないでしょうか。

今の日本には、高齢者と呼ばれる方々が多く居ます。

彼らの比率は年々大きくなっており、子供達とのバランスが崩れ、高齢化社会と言われている程です。

高齢化社会になっていくと、お年寄りの生活を支える若い世代の数が少ない事もあり大きな負担がのしかかる事になってしまうでしょう。

その為、高齢化と言える年代になった方々も、まだまだ元気で働けるうちは社会に貢献するべきなのかもしれません。

基本的に、日本では年上の人を敬う傾向があります。

自分より目上の人として扱う事で、礼儀を覚えると言う事もあるでしょう。

ですが、高齢者=偉いという考えはどこか間違って居ます。

年上の人を大事にする気持ちは必要ですが、それが必ずしも偉いという図式にはならないのでは無いでしょうか。

最近では、自分の事を偉いと勘違いしている高齢者の方が多く居ます。

彼らのような存在の人の事を老害と呼び、世間から疎まれる存在となって居ます。

高齢者だからと言って、皆が皆社会の役に立つような人ばかりではありません。

中にはとんでもなく厄介な存在の人も居る事でしょう。

また、社会の変化について行く事が出来て居ないばかりか自分の理想論を思い切り押し付けてくるような人も居るでしょう。

そんな困った高齢者の事を老害と呼んでいるのです。

私たちは、年を取って行く中でいかに社会に迷惑をかけずに生きていく事が出来るかを学んでいかなければなりません。

それをする事が出来ないのであれば、私たちもいつの日か老害と呼ばれる存在になってしまう事も十分に考えられるでしょう。

あなたの周りに「老害だなぁ」と感じる人、居ませんか?

老害とは、最近時に話題となっている言葉です。

意味としては『害のある老人』といった所でしょうか。

基本的に、年上の人に対しては礼儀をもって接する必要があります。

しかし、だからと言って高齢者=偉いと言う図式ににはなりません。

礼儀を尽くすことは、相手を偉いと感じているから行う行為なのでは無く、 年齢が上の方に対してのいたわりの気持ちなのです。

しかし、それを勘違いしている人というのはどこの世界にも居る物です。

つい周りが優しくしてくれるから自分が偉くなったかのような気持になってしまうのでしょう。

その気持ちが暴走してしまうと、勘違いがエスカレートしてしまい結果として老害と呼ばれる行為となってしまうのでしょう。

老害とは、年を取ってりる事だけで自分の事を偉いと勘違いしてしまった人が起こす行動や言動の事を指します。

全くの時代錯誤を繰り返したり、相手に不快な思いをさせているのにも気が付かずに行動を繰り替えす事です。

それを続けて居れば、まわりから人が居なくなってしまうばかりではなく、社会全体から浮いてしまう事も十分に考えられるでしょう。

老害を引き起こしてしまう可能性は誰にでもあります。

特に男性の場合は、働いている時にチヤホヤされていた記憶が抜けずその後退社して一般人になった後も、つい役職がついて居る時のような気持ちになって話をしてしまうケーズが多々あります。

自分自身は偉いままのつもりであっても周りから見ればそれは単なる滑稽な行為でしかなく、周りの人を困惑させてしまう事でしょう。

もしかしたら、あなたの周りにも老害となる人は沢山居るかもしれません。

本人が気が付いて居ないだけで、周りに対して多大な迷惑をかけている事もあるでしょう。

もしそれが、あなたの身内なのであれば被害が大きくなる前に、きっちりと注意をする事も必要でしょう。

年上の方に礼儀を尽くす事と、なんでもゆうとおりに行う事は全くの別物です。

本人が勘違いしている用であれば、それを正して上げる事も家族としての重要な役割なのではないでしょうか。

老害ってどんな事を指すの?

老害とは、簡単に言ってしまえば老人からの害です。

例えば、自分の経験した事が全てだと思っている人は、今の若い人たちに自分が経験した事と同じような事を求めます。

しかしながら、時代が違って居る事もありそれは出来ない事もあるでしょう。

また、自分自身を偉いと勘違いしてしまっている人は、無駄に威張ったり周りを困らせるような行動を取る事があるでしょう。

これら全てを老害と呼ぶのです。

老害は誰でも起こしてしまう危険性のある行為です。

自分自身は大丈夫と思っている人程、ダメな場合が多々あります。

自分はまだまだ若い。

そう思っている気持ち自体が老害を引き起こすきっかけになる事があるのです。

年配の方には敬意を払わなければなりません。

意見をきちんと聞き、敬う気持ちも大切でしょう。

ですが、それが老人全てが偉いと言う事には繋がりません。

敬意を払う事と、なんでも全て言う事を聞く事とは全く違った話です。

自分の考えばかりを優先して、周りの気持ちを考える事が出来ないような人は、真っ先に周りから人が離れていき一人で過ごす事になってしまうでしょう。

近年、社会問題化している

日本は、先進国の中でも特に高齢化社会が進んでいる国です。

その為、子供を産みやすい環境を作って行くと共に、多く居る高齢者が今後どうやって生活していくのかを考えて行かなければなりません。

高齢化が進む中で、最近特に問題視されて居るのが老害の問題です。

老害とはその名の通り、老人が起こす害の事を指します。

新しい時代の変化を受け入れる事が無く、常に自分が正しいと考えているこのタイプの人は自分の考えに合わない事に、すぐ牙を向けます。

その為、クレーマーとも呼ばれるような人が多く存在する事となります。

老害が増える事によって、若者との溝はますます大きな物になって行くでしょう。

いくら高齢者に敬意を払うべきだとは分かって居ても、余りにも度が過ぎた要求をしてくる人に対してはこちらも敵意をもってしまいます。

そうした悪循環が続く事によって、高齢者が社会から孤立する事となってしまうのです。

私たちは、皆いつかは年を取ります。

その為、年を取ること自体を否定している訳ではありません。

しかし、年を取るにしても上手に取らなければなりません。

時には自分の意見を曲げる事も覚えねばなりません。

多くの人たちと上手に付き合っていく為には我慢が必要です。

それによってストレスを感じる事もあるかもしれません。

しかし、それが出来るよになって初めて幸せな老後を過ごす事が出来ると言うものです。

人と話す時は、相手はこれを言われてどんな気持ちになるのかを考えて発言しましょう。

子供の事には出来て居たような事が、大人になると出来なくなってします事があります。

いくつになっても、他人に対する敬意を忘れてはいけません。

それが例え、年上であろうと、年下であろうとその姿勢が変わる事はありません。

老害になってしまった人の9個の特徴


誰でも人間は年を取る生き物です。

どんなにかっこいい人も、お金持ちの人も皆平等に年を取って死んでいきます。

それは人間が神から与えられた唯一の同じ部分なのかもしれません。

その中でも、近年医療技術が進んだ事によって、私たちの寿命はドンドン伸びて

1、自分の意見を曲げない

老害と呼ばれていしまう人の多くは、自分の考えが全て正しいと思っています。

時代が変わった事に気が付く事もなく、常に自分が生きてきた世界が全てだと思って居るのです。

その為、自分の考えを他人に押し付ける事で、相手を困らせたり不快な思いにさせる傾向があります。

時代は常に変化しています。

昔の人を敬う気持ちは大事な所ですが、それが相手の全てを受け入れると言う事にはなりません。

あくまでもお互いは対等な関係であるべきであり、どちらかが偉いという訳では無いでしょう。

自分の意見を曲げないと言う事は、それだけ相手の意見を聞き入れないと言う事にもなります。

自分の意見を聞いてくれない人に、関わりたいと言う人は居ないでしょう。

自分の考えをきちんと相手に伝える事は大切な事ですが、それと同じように相手の気持ちを考える事も先人としてとても大切なポイントです。

根拠の無い過大評価を元に分の意見を押し付ける

年を取ると、ついつい自分の事を大きく見せようとしてしまいます。

その為、実際に起きた事よりも大きく話をしてしまう傾向にあります。

更に、人によっては実際におきた出来事を都合のいいように自分の中で変換して考えてしまう事があるでしょう。

そのせいで、無理難題を若い世代の人に伝えている事もあるかもしれません。

自分の事を過評価したくなる気持ちも分かります。

若い世代の人々に、尊敬されたりしたいという気持ちもあるのでしょう。

しかし、何事もやり過ぎてはいけません。

余りにもそれが度が過ぎると相手は嫌な気持ちになったりうっとおしいと感じるようになってしまう事でしょう。

そのせいで話を聞く事すらして貰えなくなってしまっては、まさに本末転倒では無いでしょうか。

私たちは全員年を取ります。

年を取っているからと言って、偉いという考え方は今の時代にはありません。

それ相応の教養を持ち、人格者である人が他人から尊敬される存在になる事が出来るのです。

その事を忘れ、いかに自分の事を偉いかという事を伝えて来る人を、他人は誰も尊敬する事が出来ません。

2、理不尽な怒りをぶつける

年を取ると、どうしても人間は短気になる物です。

自分の意見が通らなかったり、時間がかかったりすることに対してイライラする事もあるかもしれません。

ですが、それは誰でも同じ事です。

それなのにも関わらず、その感情のままに怒りをぶちまけて来る人に対して、老害と感じる事もあるでしょう。

年を取ると、穏やかになると言うのは幻想です。

ドンドン我慢が出来なくなって行く事でしょう。

加えて、都合の良い時にだけ年寄りになったりするのです。

その為、周りの人は、その感情の起伏に合わせなければならず、うんざりする事でしょう。

高齢者=偉いという方程式は存在しません。

それが客であろうと何だろうと同じ事です。

自分の立場を勘違いしているような人は、今後更に社会から取りの子されていく事でしょう。

自分は全知全能だと思い込んでいる

今の若者たちは、大きな夢を持ちません。

出来るだけ、堅実な人生を過ごしたいと思って居ます。

その判明、高齢者の人々は自分の話を常に大きく話す傾向があります。

それは自分自身を大きく見せたいという心理でもあり、それによって他人から尊敬されたいという気持ちもあるのかもしれません。

その考えが度を過ぎてしまうと、自分自身の事を全知全能の神のように感じてしまうことがあるのかもしれません。

高齢者と言えども、様々な人生があり多くの人々が居ます。

中には、確かに全知全能の神のような人も居るかもしれません。

しかし、そういった人は大抵人格者であり老害と言われる事はありません。

老害と呼ばれる多くの方は、自分自身の力量を分っておらず、勘違いしてしまった結果老害をおこしてしまって居るのです。

高齢者の方々は、長く生きている分だけ尊敬する部分があります。

しかしだからと言って、全てが正しいと言う事にはなりません。

人はその事を割れてはいけません。

3、人を見下してくる

老害を起こす多くの老人の口癖に『今どきの若い者は』と言うものがあります。

しかし、実際は今の若者に比べ高齢者の方がよっぽど社会のマナーが守れて居ない事があります。

公共の場所で大きな声で話をしたり、物を食べたり飲んだり。

自分たちの世界しか見えて居ないで、横柄な態度を取るのは、若者では無く高齢者の方なのです。

更に、若者はまだまだ未来があります。

注意されれば、改善する気持ちを持つ事が出来るかもしれません。

しかしながら、高齢者の場合はまず自分の非を認める事をしません。

その為、自分が悪い場合でも相手の事を責めるような態度を取る場合が多々あります。

更には、若いと言うだけで相手を見下しすぐに言いがかりを付ける事もあるでしょう。

冷静になればどちらが悪いかは、一目瞭然なのにも関わらず、自分の非に気が付く事が出来ないのです。

若者だからといって、高齢者が偉そうにして良いという理屈は全く通りません。

お互いがお互いに敬意を示す事で、良好な家族関係を築いて行く事が出来るのです。

その事に気が付く事が出来ないようなひとなのであれば、老害と言われてしまったとしても仕方のない事なのでは無いでしょうか。

見下す態度を改めようと思わない

高齢者の方々の中には、自分の事を100%正しいと感じている人が居ます。

年を取っているのだから、優遇される事が当たり前だと思っているのです。

ですが、そんな理屈はありえません。

年を取っていようが無かろうが、人間は常に平等であるべきです。

その中で、高齢者に対する尊敬の念がある事は大事な事ですが、それと同時に高齢者の方も若者に対する尊敬の念があって然るべきです。

若いからこそいって全てが未熟と決めつけてしまう事は、まさに人間としてお粗末な考え方であり、自分自身の視野を狭めて居る行為でしょう。

老害として排除される前に、自分の非を認める事や考え方を改善する事はとても大事な事です。

それをする事が出来るかどうかによって、今後の人生が変わってくると言っても過言ではありません。

自分の人生をより良い物にしたいのであれば、その事を忘れてはいけません。

4、「自分はルールだ」と思い込んでいる

高齢者になるにつれて、どうしても考えが凝り固まってしまう傾向にあります。

そのせいで、社会と上手く交わる事が出来ずにドンドン浮いた存在になってしまう事があるでしょう。

それが進む事によって、老害と呼ばれる存在になってしまうのです。

それは特に男性の方に強い傾向があると言われて居ます。

女性の多くは、子供などを通して比較的多くの社会と関わって居ます。

そこには役職などは無く皆平等の関係性で会話をしています。

その為、それが例え年齢を重ねたとしても、変わる事は無く上手く社会と関わって行く事が出来るスキルを身に付ける事が出来て居ます。

しかし、男性の場合は、多くの場合会社という狭い世界で日々を過ごしてきました。

会社に居れば、ある程度の年齢を重ねていると言うだけで、周りの若者達が優しくしてくれる事もあるかもしれません。

話を聞いてくれる事だって十分に考えられます。

その為、自分自身の事をつい勘違いしてしまう事があるのです。

ですが、会社から一歩出てしまえば単なる高齢者に過ぎません。

よほど凄い人でも無い限り多くの人に尊敬されるような人になる事は出来な居でしょう。

その事に気が付く事が出来なければ、ドンドン勘違いをした人生を過ごす事になってしまうでしょう。

社会のルールは自分で決める物ではありません。

社会が決めるのです。

その事を忘れてしまって居てはドンドン世界から取り残されて言ってしまう事になるでしょう。

5、老いや衰えを認めない

老害と呼ばれる人の多くが、自分が年をとった事に気が付いて居ない事が殆どです。

その為、いつまでも現役のような気持ちで話をしてしまうのです。

ですが、それは自分だけが思って居る事です。

他人から見れば、正に時代遅れであり、老人のたわごとにしか聞こえない事だってあるでしょう。

周りから冷ややかに見られて居る事にすら気付かずに過ごして居ては、それほど滑稽な事は無いかもしれません。

人間は誰しも必ず老いる者です。

それは決して悪い事では無く、極々自然な事なのです。

重要なのは、その事をどうやって受け入れ対応して行く事が出来るかと言う事です。

人間、老いて行く事が当たり前なのであれば、それを受け入れいかに社会に上手く関りながら生きていく事が出来るかを考えながら生活して行く事が大事でしょう。

年を取ると、必ず他人の力を借りて生きていかなければならない事があります。

その事をふまえ、常に謙虚の気持ちを忘れてはいけません。

6、間違いや過ちを認めない

高齢者は私たちの人生の先輩です。

その為、学ぶべき事も多々ある事でしょう。

ですが、だからと言って言っている事全てが正しいかと言えばそうとも限りません。

人は、年齢を重ねたからといって、皆が皆人格者になる事が出来るわけではありません。

人生の経験してきた事によってなる事が出来るのです。

例えば、若い頃に人徳が無かった人は年をとっても人徳は無いままです。

それを年齢を重ねたからと言って、自分がつい偉いかのように感じてしまう事は勘違い以外の何者でもありません。

自分の事を勘違いしてしまっている人のもう一つの特徴として、自分の過ちを認める事が出来ないと言う事があります。

自分の考えが全て正しいので、他人の話を聞き入れる事が出来ないのです。

自分の意見を主張する事も時には大事ですが、そればかりではいけません。

相手の意見も聞き入れる事が何よりも重要なポイントでしょう。

年を取ると、人はどうしても素直に謝る事が出来なくなってしまいます。

それによって、他人との関係を悪化させてしまう事も十分に考えられます。

謝る事は、人間同士が関わって行く中で、とても大事な行為です。

それをする事が出来るかどうかによって、周りの人々との関係性は大きく変わって行くでしょう。

その事を良く理解して過ごして行きましょう。

7、古い価値観以外を認めない

老害と呼ばれる人々の特徴として、自分たちのすごした時代こそが全てだと言う考え方があります。

戦後日本を復興させてきたような方々は、特にその考えが強いようです。

ですが、今は時代が違います。

時代が違えば大変な部分も大きく変わって来るでしょう。

当時は当たり前だった終身雇用が消え、いまでは核家族が進んでいます。

そんな中で、昔と同じような事を求められても、困ってしまう事でしょう。

昔の古い価値観の全てが悪いという訳ではありません。

しかしながら、同じことを若い世代に求める事は無理があると言う事なのです。

自分の生きてきた時代と、今の時代とは違うと言う事を十分に理解しておかなければ今の世代と共に生きていく事は出来ます。

それと同時に、昔は許されたようなセクハラまがいの発言などもいまの時代では一切NGです。

その事をきちんと理解出来て居なければますます立場は悪くなる一方でしょう。

自分は若い世代に教えているつもりであっても、向うから見れば単なる嫌がらせにしか感じないと言う事もあるかもしれません。

上手くやっていきたいと思うのであれば、自分の考えを訂正する事も必要です。

8、話がクドイ

いくつになっても仕事をしている人は居ます。

そういった方々は、日常的に他人と関わる機会があるので会話をしたいという欲求を持つ事は少ないかもしれません。

しかし、家に夫婦だけで居る人や一人で住んでいる人にとっては、他人と会話をする事はとても少ない機会であり、とても重要な機会なのです。

その為、店員の方など向うは仕事で話相手をしてくれているのにも関わらずつい長話をしてしまうときがあります。

多少の話であれば、相手も余り嫌がらずに相手をしてくれる事でしょう。

しかし、毎回毎回話をされてしまってはこちらも困ります。

あくまでも仕事中ですので、その時間の邪魔をされてしまうと相手に対してもイライラしてしまう事になるでしょう。

会話をしたいという気持ちは十分に理解する事が出来ます。

ですが、それは相手や場所を選んでするべきであり、それをする事が出来なければ単に迷惑行為になってしまうのです。

9、年寄り扱いされる事が嫌い

自分の年齢を受け入れる事が出来ず、まだまだ現役で頑張る事が出来る!と感じている人は少なくありません。

その為、年より扱いされる事を嫌がり自分の意見をしっかりと主張している人も居ます。

それは良い事でもあり、これから高齢化社会に向かっていく日本としては、一人でも多くの元気な高齢者が居て欲しいものです。

ですが、若い世代の意見を全く取り入れる事が出来ず自分のルールで生きている人はチョット困りものです。

世間と交わる事が出来ないので、他の人々に迷惑をかける事になってしまうかもしれません。

更には、相手の意見を聞き入れる事が出来ないので、浮いた存在になってしまう事でしょう。

また、こうした人の特徴としては、自分の都合が悪くなると年寄りに戻ってしまうと言うところです。

年よりを使い分ける事によって、自分の意見を通していこうと考えている。

その浅はかな考えが私たちをよりイライラさせる原因なのかもしれません。

老害になった人とどう付き合っていけば良い?

世の中は高齢化社会です。

その為、残念ながら自分の意見を曲げる事が出来ず新しい社会に溶け込む事が出来ずに老害となってしまう方が多く居ます。

高齢者に対しては、優しく接する事はとても大事な事です。

ですが、だからと言って相手の言動を全て受け入れる必要はありません。

人によっては、とても理不尽な要求を突きつけたりクレーマーのように様々な事に対していちゃもんを付けて来る人も居るでしょう。

通常であれば、それでも高齢者だかたと言ってある程度受け取る必要があるのかもしれません。

ですが、余りにも酷い場合には無視する事も重要です。

老害を起こすような人は、比較的男性が多いと言われて居ます。

会社である程度の役職に付いた人程、そのチヤホヤされた経験が抜けずに偉そうな態度を自然としてしまうのです。

当時は、部下であったからこそみんな相手にしてくれて居ましたが、それが終わってしまえばタダの人です。

その事に気が付かず偉そうな態度を引き続き取る人を相手にする人は居ないでしょう。

本当であれば、老害のような人とは付き合わない事が一番です。

貴重な時間をつかって嫌な思いをする必要は無く、関わらないようにすればいいのです。

ですが、中にはなかなかそう切り捨てる事も出来ないような関係の人も居るかもしれません。

そんな時、私たちはいったい老害と呼ばれるような人とどう付き合っていけば良いのでしょうか。

必要以上に関わらない

老害だと感じるような人は、基本的にその後改善する事は殆ど望めまでん。

子供であれば注意する事で考えを変える事も出来ますが、相手は立派な大人です。

しかも、自分の考えが全て正しいと勘違いしてしまっているような大人です。

そんな人々は、もう頭がすっかり固まって居るので、他人の意見を聞きいれる事など出来ないんです。

その為、例え注意した所で改善するとは思えないのです。

自分がどうしてもかかわらなければいけないような相手であれば別ですが、それ以外の人はわざわざイヤイヤ付きあう必要はありません。

距離を置いてしまえば良いのです。

大人になったら友人は選ぶ事が出来ます。

それと同じように、自分の人生に関わる人を選ぶ事が出来ます。

嫌な人には関わるのを辞めてしまいましょう。

良い考えをする人も居る事を理解する

老害の問題が大きくなればなる程、世の中の高齢者に対する目も厳しくなります。

自分もいつか年を取るという現実は理解しつつも、まだまだ高齢者の気持ちを理解するまでには至って居ない人が殆どでしょう。

その為、高齢者という存在自体が鬱陶しいと感じる事もあるかもしれません。

ですが、今の日本は先進国の中でも群を抜いた高齢化社会です。

その為、私たちはいかに高齢者の方と共存しながら生活する方法を探さなければならないのです。

年を取ると、どうしても話が長くなる傾向にあります。

その為、何を離されても話が長いと決めつけてきちんと話を聞かない人が居ます。

しかしながら、高齢者からの話は時として私たちの生活をがらりと変えることがあるかもしれません。

その需要な話も、はなから老害だと思ってまともに話を聞いていない人には自分の物にする事は出来ないでしょう。

何事にも、いい面と悪い面があります。

ついつい悪い面ばかりが目に付いてしまいますが、物事を見極める為には両極の事を頭の中にいれつつ行動していく必要があるでしょう。

お年寄りの言葉に耳を傾けるのも重要

老害は確かに今の時代とても大きな問題になっています。

それによって嫌な思いをした事がある人も居るかもしれません。

ですが、だからと言って高齢者の方々は全て老害を引き起こすかと言えばそうではありません。

確かに、可能性はあります。

しかし、100%では無いと言う事を忘れてはいけないのです。

例えば、高齢者の方が何か話をしているとします。

その話全てを老害だと決めつける事は簡単な
事でしょう。

しかしながら、中にはとても為になる話だってあるのです。

高齢者の方々は、私たちより長く生きています。

その為、私たちの知らない事を知っている可能性だって大いにあるのです。

その中には私たちの悩みを解決してくれるような先人の知恵のような物もあるかもしれません。

その為高齢者=老害だと決めつける事は、自分自身にとってもマイナスな行為なのでは無いでしょうか。

年上の人には、最低限のマナーをもって接する事が最低限のマナーです。

それを忘れずに過ごしてください。

老害を受け入れてもストレスを感じない様に対応する事がベストな付き合い方

老害を受けると、ついこちら嫌な気持ちになりイライラとした対応を取ってしまう物です。

しかし、例え理不尽な扱いを受けたとしてもそれを上手く交わす事が出来るかどうかが重要なポイントになるのかもしれません。

誰で理不尽な目にあったらイライラする物です。

ですが、そんな人たちのせいで一日をイライラして過ごすと思うと勿体無いとは思いませんか?私たちの日々には限りがあります。

その限りある時間の中で、多くの事を学び楽しんで行かねばなりません。

そんな中で、老害によってイライラとした時間を過ごして居る事はとても勿体無い事と言えるでしょう。

愛情の裏返しは無視だとも言われて居ます。

相手に興味が無いと言う事自体が、多くの情報を遮断させ相手と距離を取る一番の方法なのかもしれません。

わざわざ嫌いな相手に敬意を払う必要はありません老害だと感じる人と出会った場合は極力付き合う事を止め距離を取る事をお勧め致します。

自分の時間を守る事が出来るのは自分自身です。

子供の頃は、当たり前のように皆と仲良くしましょう。

と言われてきました。

しかし、大人になると関わる人を選ぶ事が出来るのです。

例え、仕事などでどうしても関わらなくてはいけない場合があったとしても、それは友達では無いのです。

心を開かず、他人としての最低限の付き合いで十分です。

老害の人は、おそらくそこから変わる事は無いでしょう。

ずっとそのまま年をとっていく事になるのです。

ですので、そういった人からは出来るだけ離れ距離を取る事も大事な事なのでは無いでしょうか。