人間は必ず年を取る生き物です。

それは、どんな人に対しても平等にやってきます。

どんなにお金持ちの人であろうと、賢い人であろうとその現実から逃れる事は出来ません。

人生は人によって様々な出来事が起きますが年を取りいずれ死んでいくという現実は、誰もが平等に訪れる唯一の現実なのではないでしょうか。

今の日本には、高齢者と呼ばれる方々が多く居ます。

彼らの比率は年々大きくなっており、子供達とのバランスが崩れ、高齢化社会と言われている程です。

高齢化社会になっていくと、お年寄りの生活を支える若い世代の数が少ない事もあり大きな負担がのしかかる事になってしまうでしょう。

その為、高齢化と言える年代になった方々も、まだまだ元気で働けるうちは社会に貢献するべきなのかもしれません。

基本的に、日本では年上の人を敬う傾向があります。

自分より目上の人として扱う事で、礼儀を覚えると言う事もあるでしょう。

ですが、高齢者=偉いという考えはどこか間違って居ます。

年上の人を大事にする気持ちは必要ですが、それが必ずしも偉いという図式にはならないのでは無いでしょうか。

最近では、自分の事を偉いと勘違いしている高齢者の方が多く居ます。

彼らのような存在の人の事を老害と呼び、世間から疎まれる存在となって居ます。

高齢者だからと言って、皆が皆社会の役に立つような人ばかりではありません。

中にはとんでもなく厄介な存在の人も居る事でしょう。

また、社会の変化について行く事が出来て居ないばかりか自分の理想論を思い切り押し付けてくるような人も居るでしょう。

そんな困った高齢者の事を老害と呼んでいるのです。

私たちは、年を取って行く中でいかに社会に迷惑をかけずに生きていく事が出来るかを学んでいかなければなりません。

それをする事が出来ないのであれば、私たちもいつの日か老害と呼ばれる存在になってしまう事も十分に考えられるでしょう。

あなたの周りに「老害だなぁ」と感じる人、居ませんか?

老害とは、最近時に話題となっている言葉です。

意味としては『害のある老人』といった所でしょうか。

基本的に、年上の人に対しては礼儀をもって接する必要があります。

しかし、だからと言って高齢者=偉いと言う図式ににはなりません。

礼儀を尽くすことは、相手を偉いと感じているから行う行為なのでは無く、 年齢が上の方に対してのいたわりの気持ちなのです。

しかし、それを勘違いしている人というのはどこの世界にも居る物です。

つい周りが優しくしてくれるから自分が偉くなったかのような気持になってしまうのでしょう。

その気持ちが暴走してしまうと、勘違いがエスカレートしてしまい結果として老害と呼ばれる行為となってしまうのでしょう。

老害とは、年を取ってりる事だけで自分の事を偉いと勘違いしてしまった人が起こす行動や言動の事を指します。

全くの時代錯誤を繰り返したり、相手に不快な思いをさせているのにも気が付かずに行動を繰り替えす事です。

それを続けて居れば、まわりから人が居なくなってしまうばかりではなく、社会全体から浮いてしまう事も十分に考えられるでしょう。

老害を引き起こしてしまう可能性は誰にでもあります。

特に男性の場合は、働いている時にチヤホヤされていた記憶が抜けずその後退社して一般人になった後も、つい役職がついて居る時のような気持ちになって話をしてしまうケーズが多々あります。

自分自身は偉いままのつもりであっても周りから見ればそれは単なる滑稽な行為でしかなく、周りの人を困惑させてしまう事でしょう。

もしかしたら、あなたの周りにも老害となる人は沢山居るかもしれません。

本人が気が付いて居ないだけで、周りに対して多大な迷惑をかけている事もあるでしょう。

もしそれが、あなたの身内なのであれば被害が大きくなる前に、きっちりと注意をする事も必要でしょう。

年上の方に礼儀を尽くす事と、なんでもゆうとおりに行う事は全くの別物です。

本人が勘違いしている用であれば、それを正して上げる事も家族としての重要な役割なのではないでしょうか。

老害ってどんな事を指すの?

老害とは、簡単に言ってしまえば老人からの害です。

例えば、自分の経験した事が全てだと思っている人は、今の若い人たちに自分が経験した事と同じような事を求めます。

しかしながら、時代が違って居る事もありそれは出来ない事もあるでしょう。

また、自分自身を偉いと勘違いしてしまっている人は、無駄に威張ったり周りを困らせるような行動を取る事があるでしょう。

これら全てを老害と呼ぶのです。

老害は誰でも起こしてしまう危険性のある行為です。

自分自身は大丈夫と思っている人程、ダメな場合が多々あります。

自分はまだまだ若い。

そう思っている気持ち自体が老害を引き起こすきっかけになる事があるのです。

年配の方には敬意を払わなければなりません。

意見をきちんと聞き、敬う気持ちも大切でしょう。

ですが、それが老人全てが偉いと言う事には繋がりません。

敬意を払う事と、なんでも全て言う事を聞く事とは全く違った話です。

自分の考えばかりを優先して、周りの気持ちを考える事が出来ないような人は、真っ先に周りから人が離れていき一人で過ごす事になってしまうでしょう。

近年、社会問題化している

日本は、先進国の中でも特に高齢化社会が進んでいる国です。

その為、子供を産みやすい環境を作って行くと共に、多く居る高齢者が今後どうやって生活していくのかを考えて行かなければなりません。

高齢化が進む中で、最近特に問題視されて居るのが老害の問題です。

老害とはその名の通り、老人が起こす害の事を指します。

新しい時代の変化を受け入れる事が無く、常に自分が正しいと考えているこのタイプの人は自分の考えに合わない事に、すぐ牙を向けます。

その為、クレーマーとも呼ばれるような人が多く存在する事となります。

老害が増える事によって、若者との溝はますます大きな物になって行くでしょう。

いくら高齢者に敬意を払うべきだとは分かって居ても、余りにも度が過ぎた要求をしてくる人に対してはこちらも敵意をもってしまいます。

そうした悪循環が続く事によって、高齢者が社会から孤立する事となってしまうのです。

私たちは、皆いつかは年を取ります。

その為、年を取ること自体を否定している訳ではありません。

しかし、年を取るにしても上手に取らなければなりません。

時には自分の意見を曲げる事も覚えねばなりません。

多くの人たちと上手に付き合っていく為には我慢が必要です。

それによってストレスを感じる事もあるかもしれません。

しかし、それが出来るよになって初めて幸せな老後を過ごす事が出来ると言うものです。

人と話す時は、相手はこれを言われてどんな気持ちになるのかを考えて発言しましょう。

子供の事には出来て居たような事が、大人になると出来なくなってします事があります。

いくつになっても、他人に対する敬意を忘れてはいけません。

それが例え、年上であろうと、年下であろうとその姿勢が変わる事はありません。

老害になってしまった人の9個の特徴


誰でも人間は年を取る生き物です。

どんなにかっこいい人も、お金持ちの人も皆平等に年を取って死んでいきます。

それは人間が神から与えられた唯一の同じ部分なのかもしれません。

その中でも、近年医療技術が進んだ事によって、私たちの寿命はドンドン伸びて

1、自分の意見を曲げない

老害と呼ばれていしまう人の多くは、自分の考えが全て正しいと思っています。

時代が変わった事に気が付く事もなく、常に自分が生きてきた世界が全てだと思って居るのです。

その為、自分の考えを他人に押し付ける事で、相手を困らせたり不快な思いにさせる傾向があります。

時代は常に変化しています。

昔の人を敬う気持ちは大事な所ですが、それが相手の全てを受け入れると言う事にはなりません。

あくまでもお互いは対等な関係であるべきであり、どちらかが偉いという訳では無いでしょう。

自分の意見を曲げないと言う事は、それだけ相手の意見を聞き入れないと言う事にもなります。

自分の意見を聞いてくれない人に、関わりたいと言う人は居ないでしょう。

自分の考えをきちんと相手に伝える事は大切な事ですが、それと同じように相手の気持ちを考える事も先人としてとても大切なポイントです。

根拠の無い過大評価を元に分の意見を押し付ける

年を取ると、ついつい自分の事を大きく見せようとしてしまいます。

その為、実際に起きた事よりも大きく話をしてしまう傾向にあります。

更に、人によっては実際におきた出来事を都合のいいように自分の中で変換して考えてしまう事があるでしょう。

そのせいで、無理難題を若い世代の人に伝えている事もあるかもしれません。

自分の事を過評価したくなる気持ちも分かります。

若い世代の人々に、尊敬されたりしたいという気持ちもあるのでしょう。

しかし、何事もやり過ぎてはいけません。

余りにもそれが度が過ぎると相手は嫌な気持ちになったりうっとおしいと感じるようになってしまう事でしょう。

そのせいで話を聞く事すらして貰えなくなってしまっては、まさに本末転倒では無いでしょうか。

私たちは全員年を取ります。

年を取っているからと言って、偉いという考え方は今の時代にはありません。

それ相応の教養を持ち、人格者である人が他人から尊敬される存在になる事が出来るのです。

その事を忘れ、いかに自分の事を偉いかという事を伝えて来る人を、他人は誰も尊敬する事が出来ません。

2、理不尽な怒りをぶつける

年を取ると、どうしても人間は短気になる物です。

自分の意見が通らなかったり、時間がかかったりすることに対してイライラする事もあるかもしれません。

ですが、それは誰でも同じ事です。

それなのにも関わらず、その感情のままに怒りをぶちまけて来る人に対して、老害と感じる事もあるでしょう。

年を取ると、穏やかになると言うのは幻想です。

ドンドン我慢が出来なくなって行く事でしょう。

加えて、都合の良い時にだけ年寄りになったりするのです。

その為、周りの人は、その感情の起伏に合わせなければならず、うんざりする事でしょう。