人としての良心や常識の域を超えた、危険な人たちっていますよね。

ここまではしないだろうとか、いくら悪人でも少しくらいの良心は持ち合わせているはず・・・という期待を裏切るほどの、本当に怖い人格を持っている人が、世の中にはいるのです。

そのような人たちを、時に「サイコパス」ということがありますが、皆さんは「サイコパス」の意味、そしてそのような人たちの傾向やどうしてそのように理解の域を超えたまでの反社会的な人格を持ってしまっているのか、ちうことを知っていますか?
今回は、もしかしたらあなたの周りにいるかもしれない、「サイコパス」について特集していきたいと思います。

️サイコパス、あなたの周りにもいるかも?

一見、優秀で人の良さそうなふりをしている人でも、じつはものすごく危険な人格を持っている人たちがいます。

時に、信じられないような凶悪な犯罪や連続殺人、そして残虐な犯罪を犯した人たちのニュースなどが流れてきますよね。

その中には、何か自分が犯した罪に関して全く後悔をしていなかったり、全く悪いと思っていなかったりしているような人もいて、何かに操られているような、人間としての普通の感情や感覚、良心というものを持っていないような人たちがいますよね。

ただただ犯罪を楽しんでいるような人、人間とは思えないような凶悪さを持っているのです。

そのような大きな犯罪を犯した人たちのことを「サイコパス」ということがありますが、そのように犯罪を犯すことがなくても、関わった人たちが「人としてちょっとおかしい・・・」と恐怖を感じるような、危険な人格を持っている人たちっていませんか?
思いやりが全くなく、一見とても社交的な人なのに、時折見せる冷淡で背筋の凍るような目つきや言動に恐怖を感じた、ということがあるかもしれません。

人間としての闇の部分は誰もが持っているけど、それがもはや一般の域を超えているような場合、「もしかして、この人サイコパスかも!?」と怖くなることがありますね。

凶悪犯罪者のイメージが強い「サイコパス」ですが、じつはあなたの周りにもいるかもいしれませんよ!

️サイコパスって?

でも、そもそもサイコパスって、どんな人たちのことをさしているのでしょうか?
皆さんは、その意味を説明できますか??
多分、どんな人物を指すのかはっきりと説明できる人は少ないでしょう。

しかし、実際にアメリカでは25人に1人がサイコパスだといわれています。

日本では200人~300人に1人だそうです。

この数字、かなり驚きませんか!?
200人っていうと、小学校の平均在籍人数が多いところで400~500人なので、小学校に1人か2人はいることになります。

会社だって、その会社の規模によりますが、数人はいることになります。

近所にだっているのかも・・・。

そう考えると、意外と自分の周りに存在しているのです。

怖いですよね。

アメリカなんて、相当の数ですよね!
一般の小学校だと、1クラスに1人か2人の割合でサイコパス、ということになります。

とにかく、自分の身の回りの身近なところにサイコパスがいる、ということなので、サイコパスについてはもう、他人事のようには思えなくなってきますね。

では、サイコパスとはどういった人物のことを指しているのでしょうか??

反社会的な人格を持っている人のこと

サイコパスの定義とは、「性格が正常から逸脱していて、それゆえに自分の性格により自身と周囲、社会が悩まされるもの」となっているようです。

「精神病質」、つまり英語ではサイコパシー(Psychopathy)と言われているもので、反社会的人格の一種を意味する心理学的用語です。

主に、異常心理学や生物学的精神医学などの分野で用いられている言葉のようですね。

日本では精神病としては捉えられていません。

パーソナリティー障害として、精神異常の位置づけではないので、「反社会性パーソナリティー障害」ともいわれています。

つまり、サイコパスは、反社会性の人格障害を持っていてる、きわめて特殊な人格者といえます。

それで、一般の人には理解できないような行動をとったり、言動によって周囲を恐怖に陥れたり、自身や周囲や社会を混乱させています。

正常から逸脱している、とということで、特殊な人格を持つ人ということなのですが、先ほども述べた通り、滅多に接することのない人たち、というわけでもないのです。

実は意外と身近にいるもので、住んでいる地域や国や環境によっても違ってきますが、多くの人にとって、少なくとも人生で一度は接する機会があるでしょう。

でも、「反社会的な人格」と言われても、ピンとこないという人も多いでしょう。

サイコパスの特徴としては、一言でいうと、良心や善意を持っていない人ということです。

ほかにもいろいろな特徴を持っているのであとで詳しくご紹介していきますが、極端に自己中心的で後悔や罪悪感を持たない人のようです。

これに関しても、それを持つ人たちにとっては、ちょっと想像しにくい、理解しにくい人格なのですが、それでも人を傷つけたり、だましたりすることも、なんとも思わずためらいなくする人たちのことを見たり、聞いたりしたことがあるのではないでしょうか?
それは、良心や善意といったものがまるで自分の中に存在しないからこそ、なのかもしれません。

それで私たちは、「サイコパスなんて自分の周りには絶対にいない」と思いたいものですが、現実にそのような精神病質をもつ人たちが存在していて、自分もそのような人と関わらなければいけないこともあるのだ、と認識しておく必要があるのでしょう。

️なぜサイコパスになるの?


でも、人間はもともと誰にでも人としての善悪の感覚とか、良心というものを持っているように思いますよね?
でも、どうしてそのようなものが全くない、反社会的な人格障害を患っている人たちがいるのでしょうか?
そのような人になってしまう原因とはいったい何なのでしょうか??

脳の問題

人がサイコパスになる原因について、その仕組みは完全に理解されているわけではありません。

しかし、少なくとも脳に何らかの異常があることが分かってきているようです。

普通の感覚を持ち合わせず、正常な人格から逸脱している人たちの中には、先天的な原因を持っていることがあるようです。

サイコパスの原因は先天的なもので5割は遺伝性であるものとも考えられています。

その人たちの多くは、脳の前頭葉に問題がある可能性が高く、ホルモン異常が関係していると考えられています。

サイコパスとされている人たちの80%~90%は、言語能力をつかさどる人気既往にも障害があるといわれています。

わたしたちの脳は通常、左脳で言語処理を行っているようです。

しかし、サイコパスの場合、その言語処理が右脳で行われているということが分かっているそうです。

それで、脳電図で見てみると、言語活動を行っているサイコパスの脳波は、普通の人の脳波とは全然違うようです。

さらに、ある実験によると、サイコパスの脳は人間の感情に影響を与えやすいとされている「愛」とか「死」といった言葉が、「机」や「椅子」といった無機質な言葉と同じように反応している、というデータもあるようです。

脳の機能を完全に解明されているわけではありませんが、サイコパスの脳は通常とは違ったところがあるようですね。

家庭環境

さらに、家庭環境も大きな影響を与えていると考えられています。

小さい頃に虐待をされていたり、生育環境が劣悪だったりすると、サイコパスにとなる可能性が高いといわれています。

サイコパス、つまり異常性格者の思考回路は、生まれつきではなく、幼児期の家庭環境の劣悪さや、社会的な要因、つまりいじめや極度の疎外感によっても形成されるとの見解もあります。

幼少期に両親からの愛情を受けられなかったり、育児放棄をされて孤独や辛い経験をしてきことが原因になっていることもあるようです。

つまり、生まれつきの先天性の脳の異常ではなく、後天性の育ってきた環境や社会的な要因が、サイコパスを生みだしてしまう、ということもあり得るようですね。

ハッキリとした理由は不明

いずれにしてもサイコパスがどうして生まれてしまうのか、その原因をハッキリと説明することはまだ難しいようです。

サイコパスになる原因については、いろいろと諸説があるのが現状なので、根本的な原因については明確に述べることができません。

しかしながら、脳の異常が原因であれ、家庭環境や虐待といった要因が原因であれ、サイコパス自身と、周りの人間が、その影響によってどれほど被害にあっているかを考えると、恐ろしくなりますよね。

世の中には、健常者の理解を超えた、異なる感覚や考え方を持っている人がいる、というのが現実なのです。

️サイコパスな人の21の特徴

一般の正常な人とはかけ離れた人格を持つ、社会性がほとんど見られない人たちがサイコパスと言われていますが、では、サイコパスといわれる人たちには、実際にどんな特徴があるのでしょうか?
その人たちの行動や言動について、特に見られる特徴についてまとめてみました。

どこか人と違う

サイコパスは一見普通に見えるのですが、接していくうちに、どこか人とずれているようなところが見えてくるでしょう。

特に、愛情や思いやりといった人としての温かい感情がないような、非常に自己中心的で共感性のないところが見えてきます。

人によっては、そのような人としての当たり前の感情があまり感じられない、ということで、接していくうちにどこか恐怖を感じ始める人もいることでしょう。

もちろんそれは個性が違うとか、自分とは考え方が違うとか、感情の表し方が違うといった、人の多様性に関することではありません。

人間としての愛情などの感情や普通の人が持つ良心、善意が極端に欠落していることからくる、恐怖や「どこか人と違う」という違和感です。

一般にサイコパスというと、連続殺人犯や凶悪犯などを思い浮かべることが多いと思いますが、ほとんどの場合サイコパスがそのような犯罪者になることはありません。

人を殺したり傷つけることに快感を感じるサイコパスが凶悪犯罪者になることもありますが、そのようなことをするのはごくごく一部の人だけです。