「メンヘラ」? さて一体どういう意味なのでしょうか?調べてみましたところ、元々ネットの2チャンネルの掲示板にいた人の事を指しているようです。

心を病んでいる人達が集まる「メンタル・ヘルス掲示板」にいる人達の事を「メン・ヘラー」と呼んでいたのがいついつしか「メンヘラ」となったようですね。

では、メンヘラ男とはどのような特徴を持っているのか。

ご紹介して参りましょう。

あなたの周りにもメンヘラ男居ませんか?

メンヘラ男は特別な精神疾患の患者という事ではありません。

メンタルヘルスはいわば「心が弱った状態」「心が折れた状態」の人を総称して呼ぶもののはずです。

今は資格でも「メンタルヘルスマネジメント」というものがあるくらいですから、広く社会的に認知された症状なのです。

しかし、同じメンタルでも「メンヘラ」となるとちょっと意味合いが変わってくるのですよね。

その違う部分について見ていきましょう。

メンヘラ男とは

メンヘラ男というのは、基本的に自己中で自分の考えや思いが周囲の人に同調されたり称賛されないと気に入らない、我慢できない性質の人、という定義づけができそうですね。

こういった性格は人格がまだ十分、出来上がらない小中学生のうちならば受容もできるでしょう。

しかし、20歳を超えて普通に成人に見える年代になっても精神が子供の時のままだから問題があるのです。

メンヘラは女だけじゃないんです

通常、このような自己中的な考え方で自分の事を構って欲しい、という発想をしていたのは今までなら女性の方が多かったのです。

自立できず誰かに甘えたり寄生して生きていくしかできない類の人は人昔前までなら、女性がそれに該当していたのかもしれません。

しかし、時が移り行き時代が大きく変革していっている現代は男と女の立場が逆転している感じもするのですよね。

今の時代は、メンヘラは女だけではない、と断定してもいい世の中のようです。

隠れメンヘラ男も居る!

さて、この始末に負えないメンヘラ男。

堂々と正体を見せてくれていればまだ対応する術はあるのですが、普通の男の仮面を被って素顔を隠している輩もいます。

こうなってくると正体は中々見破れないので厄介です。

よって日常生活において常々、気を付けていく事でしょう。

メンヘラ男も口先八兆、手八丁です。

ありとあらゆる手段を講じてあなたに取り入ろうとします。

一度、取り入れられたりしたら大変。

あの手この手であなたの良心に訴えて離れないでしょう。

そうならないためにもメンヘラ男の特徴を知っておかなければなりません。

それでは次からはメンヘラ男の特徴をご紹介していく事にしましょう。

メンヘラ男の10個の特徴

それではメンヘラ男の特徴を探って参りましょう。

1、連絡がしつこい

メンヘラ男の特徴の一つ目は「連絡がしつこい」です。

通常のお付き合いの親友や職場仲間とのメールやLINEでのやりとりってどうでしょう?そんなに返信を催促されたり急がされたりすることって、あまりないのではないでしょうか?

ところがメンヘラ男というのはこの連絡一つとっても神経質で細かいのです。

要は「超優秀な俺様のメールへの連絡をなぜタイムリーに返してこない」というスタンスがあるからです。

1度の連絡に対して返事が反ってこなかったら、何度でも返事の督促がやってきます。

それがメンヘラ男の特徴なのです。

返事が来ないとしつこさが増す

返事がちょっとでも遅くなると、矢継ぎ早にメールが送られてきます。

こっちが仕方なく連絡を入れると、その連絡内容に対して更に突っ込んだ事を聞いてきます。

そんなやり取りを下手をすると10回以上もやってきます。

凡そ相手の都合や予定を考慮してくれません。

一方的にメンヘラ男ペースなのです。

もしこのようなやり取りの連絡の仕方をしてくる男だったとしたら、その男はメンヘラの可能性大と思ってもいいでしょう。

今後の付き合い方を慎重に考えた方がいいかも分かりませんね。

メンヘラ男は別に何もあなたにいい事を与えてくれないのですから。

2、気分にムラがある

メンヘラ男の特徴の2つ目は「気分にムラがある」です。

メンヘラ男は情緒不安定?と思えるくらい感情の起伏が激しいようですね。

一般的に幼児期の子供は気分にムラのある子が多いとも言われています。

まだ自分の感情を自制できない年代なのですから無理はないのですが、それと同じような感情の起伏をメンヘラ男は持っています。

あなたが相手の男をメンヘラ男かどうかを見極めようと思ったら、まずこの点を使って試してみても良いでしょう。

感情をコントロール出来ていない

ちょっとしたことで機嫌が良くなったり悪くなったり。

いえ、機嫌の悪い時の方が多いかも分かりませんね。

あなたが相手の男の話をわざと聞かなかったり相手の話を上の空で聞いていたりすれば、たちどころに機嫌が悪くなります。

いついかなる時でも自分が構ってもらえていなければ気が済まないのですから。

そういう意味では確かに幼稚園児か小学生低学年組と言われても仕方ないですね。

大人になっても自身の感情をコントロールできないのは、誰の責任でもありません。

自分自身の問題なのです。

人は成長していくにつれて我慢や忍耐を学習していきます。

何でもかんでも親にせがめば与えられていた時とは違う訳ですからね。

感情をコントロール出来ないようになると、男は突発的に暴力に訴えます。

だから早めに相手の男がメンヘラかどうかを見極めておかないととんだDV被害を被ってしまわないとも限りませんよ。

3、嫉妬心が物凄い

メンヘラ男の特徴の3つ目は「嫉妬心が物凄い」です。

「嫉妬」は元来、女性の専売特許でした。

好きな男が他の女性と仲良くしていたり会話をするだけでも焼もちを焼いてプイっと頬っぺたを膨らませるのが女性の一つの特徴であり女心であるとドラマや小説などで描かれてきました。

ところがメンヘラ男に限ってはこの女性特有だった「嫉妬心」を持ち合わせているのです。

しかもかなり強烈なやつを。

今になってみればもうどうしようもないくらい物凄い嫉妬心を、なのです。

束縛も激しくしてくる

メンヘラ男の嫉妬心は、単に一人で勝手に嫉妬していてくれるような可愛い代物ではありません。

激しい束縛がついてくるのです。

要はあなたの一挙手一投足全てを独占したいのです。

自分以外の異性との関わりも根本的には許していません。

完全に籠の中の小鳥にしようとしています。

女性のあなたがいくら抵抗しても話し合いに持って行こうとしても、メンヘラ男には通用しません。

例え第三者を立てて話し合って、妥協点を見つけ合ってもほんの数日で反故にされてしまうでしょう。

メンヘラ男にとったら生きる術の全てがあなたになっているのですから、あなたが自分から離れていってしまうなどという非常事態だけは何が何でも避けようと躍起になってくるのです。

それは彼らの本能的な防衛手段ですから誰の手にも負えるようなものではないのです。

人並み外れた異様な束縛ぶりで嫉妬心も桁違い。

これがメンヘラ男の恐怖の一面なのです。

4、ヤキモチ焼かせようとする

メンヘラ男の特徴の4つ目は「ヤキモチを焼かせようとする」事です。

この特徴などはメンヘラ男のカマッテちゃん体質をそっくりそのまま表現した特徴でしょうね。

メンヘラ男は特定の彼女だけに対してではなく、自分の周囲にいる全ての人間に対していいように思われたがっています。

なのでその事についての発信手段は休む間もありません。

常に誰かから注意を引こうと思って目をぎらつかせています。

そして相手が女性であろうが男性であろうが自分の事が一番、という印象を持ってもらうためならばどこまででも努力できます。

相手の注意を自分から話したくないからです。