魅力がある人の20の共通点

たくさんの人を惹きつける魅力溢れる人っていますよね。

話をしていても話題が豊富で楽しい人って魅力的ですよね。

なんだか話しやすい、なんだかこの人とワクワクする、また会いたいな、この人に元気をもらったなと思える人って魅力的な人の特徴ですね。

そんな人達には誰もが納得できる素敵な共通点がたくさんあるようです。

一体どんな人たちがたくさんの人たちを惹きつけて止まないのか、特徴を見ていきましょう。

1. 明るい性格

魅力的な人の大半は明るくポジティブな性格であることが多いです。

いつも明るい笑顔で人に接している人って印象がいいですし、周りに人が集まっているイメージが湧きますよね。

人が集まる中心には必ずと言っていいほど笑顔の素敵な人物がいます。

性格も明るくネガティブな言葉を使いません。

ネガティブな表現は人を遠ざけるばかりではなく、自分までもを負の感情に引っ張られていってしまいます。

ネガティブは発言をする人の近くにいるのはすごく疲れることでしょう。

学生時代や職場の同僚など、「疲れる」「だるい」「しんどい」「めんどくさい」とか人の悪口など欠点を探す人にあったことはないでしょうか?

そのような人と関わる際には少なからずともストレスを感じたはずです。

当たり前のことですが、ネガティブな言葉より、ポジティブな言葉の方が共感を得やすく、周りも気分がいいはずです。

また人の欠点よりも長所が見つけるのが上手い人の元に人は寄ってきます。

なぜなら人は褒められたい生き物ですし、自分の良いところを見つけてもらって悪い気は気ないからです。

このように表情も言葉も明るく人に接することができる人に人は魅力を感じ集まります。

2. 人当たりが良い

魅力的な人の特徴として明るいだけでなく、人当たりの良さを感じさせる人が多いです。

この人当たりの良さが刺すものは雰囲気ではないかと思います。

では一体人が醸し出す雰囲気とは何で決まるのでしょうか?

それには様々な要因が含まれますが、表情や、話す速さ、動きかたなど、感覚的に感じるもののようです。

言葉の内容は全く同じでも、話す人の雰囲気によって違う印象になるのはこのことからだと思われます。

ちゃんと聞いてみればいいこと言っているんだけどな・・・なんか仲良くなれないなと感じる人っていると思います。

逆になんか普通のこといてるのにすごいいい気分になれるな〜とまた会いたいなと感じる人もいると思います。

これはこの人たちが醸し出す雰囲気の差ですね。

前者はきっと表情が硬かったり、威圧感があったりどこか緊張してしまう雰囲気があるのでしょう。

しかし後者は表情が優しく、受け入れてくれそうな穏やかな空気感が漂っているのです。

もちろん後者の方が人当たりが良いといえますし、きっとたくさんの人を惹きつけていることでしょう。

3. 適度にお洒落

人を惹きつける人は清潔感があり、程よくお洒落です。

いき過ぎた個性的なファッションではなく、シンプルの中にもおしゃれを気遣っているんだなと感じられるような、少しその人らしさを感じるようなポイントがあったりします。

例えばアクセサリーやストール、靴やバッグなどの小物や、シンプルなのに少しデザイン性のあるシャツなど、「あの人ってなんかお洒落だね」と感じる人が多いように感じます。

多くの人を惹きつける人は身だしなみの大切さを理解している人が多いと言えます。

服装が第一印象で与える影響力は多大なものです。

人の印象は3秒で決まると言われます。

一瞬で得られる情報なんて言葉よりも見た目ですよね。

それは表情と服装と第一声の声色と言っても過言ではありません。

だらしない格好からは内面もだらしないと連想されることももちろんあります。

しかしそう言った理由のみでなく、魅力的な人の考え方として人に不快を与えないように気を使っていると言った方が正しいかもしれません。

人に対する思いやりや敬意を持った対応ができるからこそ人を惹きつけるのかもしれませんね。

4. 趣味があり人生を楽しんでいる

魅力的だと感じる人は話題が豊富だったり、興味のある話には子供のように目を輝かせて話してくれる人だったりします。

そう言った人たちと話しているとこっちまでウキウキしてくるような感覚を覚えることがあるのではないでしょうか。

この人たちは趣味や好きなものがあり人生を楽しんでいるからこそキラキラしていてポジティブな印象を与えるようです。

趣味があるということは時ごと以外に自分の時間を持つことになりますし、視野が広がります。

また自分の楽しみがあることで時間の使い方を考えることができます。

人生を楽しんでいる人は決して時間を無駄にしません。

もちろんたまにはゆっくり寝ることもあれば、何も考えずに過ごす時間もあることでしょう。

また自分にとって特に得がない人と話すこともあるでしょうし、人の愚痴を聞くこともあるかもしれません。

基本的には無駄なことに時間は使いません。

しかし避けられないことがあればそれは無駄なことではないと理解し、それらでさえも有意義なものにしてしまうのです。

物事は視点を変えれば面白い話になることもありますし、解決策を導き出すこともできたりします。

ようは気持ちの持ち方、姿勢次第で物事は変わるということです。

5. 身の周りの整理整頓がきちんと出来ている

魅力的な人の特徴として、なんとなく周辺がさっぱりとしている印象があります。

オフィスのデスク周りが綺麗に整理されていたり、お家に招かれても日頃からちゃんとしているんだろうなという印象を受けます。

いつも客観的に見る目があるので、これ以上汚いとみっともないなという線引きがあるように思います。

また常に使いやすい環境にしていることが無駄がないことも理解しているのでしょう。

ある程度整理整頓されていることで、人が見ても印象が良いだけでなく、自分自身気分がいいものです。

この自分自身にいい状態をきちんと作れる人だから心にも余裕が生まれているのかもしれませんね。

6. 心のキャパが広い

心の広い人を想像してみると、穏やかで、爽やかで、笑顔がやさしくて、人の話をちゃんと聞いてくれる。

そんな良いイメージばかりが出てきますよね?

想像しただけで魅力的な人物なのは言うまでもありません。

人の話を聞ける人は心に余裕があります。

相手の立場に立って考えてみることができますので、相手の話しやすいように言葉を選んで相槌を返してくれます。

すると相手はどんどん本音を話せてしまうことでしょう。

そのためこの人には話しやすいなぁ、という印象が残ると思います。

心の広い人は基本的にどんな考えやどんな感情も否定せずにまず聞いてみる姿勢を持っています。

この受け入れられている感覚が話しやすい雰囲気を作っているとも言えますね。

そして聞いたことを客観的に見る目も持っていますので、相手にとってのアドバイスも的確です。

また相手の望むことを見抜くところがあり、無理に正しい方向に持って行こうとはしません。

常識や自分の考えが、誰に対しても正しいわけではないことをわかっています。

人の意見や思想を尊重する気持ちが心のキャパの広さとも言えますね。